I神戸FW田中美南、昨季の借りを返し7大会ぶりの皇后杯制覇に自信と歓喜「7度目お待たせしました!」

2024.01.28 22:50 Sun
皇后杯を手にするI神戸FW田中美南
©超ワールドサッカー
皇后杯を手にするI神戸FW田中美南
INAC神戸レオネッサのエースが勝鬨を上げた。27日、ヨドコウ桜スタジアムでは第45回皇后杯決勝の三菱重工浦和レッズレディースvsINAC神戸レオネッサが行われ、1-1で90分、延長戦を終了。PK戦の末にI神戸が6-5で勝利を収め、7大会ぶり7度目の優勝に輝いた。
前半は浦和に主導権を握られ、放ったシュートは田中美南の1本のみ。それでも、後半アディショナルタイムに田中のシュートからPKを獲得すると、これを髙瀬愛実が沈めて同点に。PK戦までもつれ込んだ一戦を制し、タイトルを手にした。

試合後のフラッシュインタビューに応じた田中は、土壇場での同点劇について「本当にもうやるしかなかったので。前半はいい戦いとは言えなかったですけれども、こうして粘り強く戦うのも今シーズンみんながしっかりやってきたことの成果だと思います」と、積み上げてきたことが生んだ結果だとコメントした。

PK戦では先攻の1番手として登場。「(コースは)決めていたので、思い切り蹴りました」と、プレッシャーを感じさせない豪快な一撃を左上へ突き刺した。
昨年の決勝は日テレ・東京ヴェルディベレーザに0-4で敗れ、涙をのんだI神戸。「去年はケガでベンチから見ていた時間も多かったですが、みんな本当に悔しい思いをして今年同じ舞台に立っているので、より気持ちが入った試合だった」と、田中は振り返る。

今季は、シドニー・オリンピックでスペイン代表として銀メダルを獲得した経験を持つジョルディ・フェロン氏を招へいし、ボールを保持しながら点を取るサッカーを目指しているI神戸。

この日もアンカーが経由地となるなど、その一端を見せつつも、前半で難しいと感じるや、後半は過去を踏襲したシンプルな攻撃にシフトする多様性も見せている。結果、WEリーグカップで産みの苦しみを味わって以降、リーグ戦、皇后杯と、公式戦11試合無敗で優勝までたどり着いた。

全てが理想通りでないことは、田中自身も理解している。その上で、ここまでの積み上げは大きな糧になっていると断言。2季ぶりのリーグ制覇へも強い意欲を覗かせ、駆け付けたファン・サポーターとともにタイトル獲得の喜びを分かち合った。

「内容は課題が多いですけど、それでも優勝という形で、皇后杯で強さを証明できたことは、積み上げてきたことやチームのやってきたことが間違いではなかったと証明できたのではと思います。このまま勢いを持ってリーグ(優勝)も取りに行きたいです」

「サポーターの皆さん、応援ありがとうございます!7度目、お待たせしました。今日は一緒に喜んでください、ありがとうございました!

1 2
関連ニュース

甲子園名物、大阪桐蔭の吹奏楽部がWEリーグに!14日のI神戸ホーム戦で特別演奏披露

INAC神戸レオネッサは6日、14日にノエビアスタジアム神戸で行われる2023-24 WEリーグ第14節の日テレ・東京ヴェルディベレーザ戦に、大阪桐蔭高等学校 吹奏楽部が来場し、特別演奏を行うことを発表した。 大阪桐蔭の吹奏楽部は、全日本吹奏楽コンクール全国大会通算14回出場し、「金賞」を6回受賞。全日本マーチングコンテスト全国大会でも通算5回出場し、「金賞」を4回受賞するなどの輝かしい成績を収めている。 第96回選抜高校野球大会でも、甲子園球場での大応援やレパートリーが話題になったばかりだ。 当日はメンバー紹介での「Are You Ready?」や、審判団・選手入場時のアンセム「WE PROMISE」をスペシャルバージョンで特別演奏する予定。さらにはハーフタイムにも演奏を行うとのことだ。 現在は1試合消化が少ない中で、首位・三菱重工浦和レッズレディースと2ポイント差の2位に位置するI神戸。皇后杯に次ぐタイトル奪還へ向け、力強い後押しとなりそうだ。 <span class="paragraph-title">【動画】大阪桐蔭高等学校吹奏楽部による「WE PROMISE」スペシャルバージョン</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="SD_QrUMh440";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.06 21:45 Sat

前半だけで計7発の乱打戦制した浦和が首位守る 2位I神戸も田中美南2アシストで関西ダービー制す【WEリーグ】

2023-24 WEリーグ第13節の4試合が31日に行われ、三菱重工浦和レッズレディースは首位の座をキープした。ミッドウィークの前倒し試合を制し、暫定ながら首位に立った浦和は8位につけるAC長野パルセイロ・レディースとのアウェイ戦に。試合は立ち上がりからゴールの奪い合いとなる。 2分にボックス右からの清家貴子のクロスがオウンゴールを誘って先手を奪った浦和は6分にボックス左の島田芽依が左足でネットを揺らして追加点。AC長野も10分にボックス左に岡本祐花が抜け出していくと、伊藤めぐみが反撃の一発で食い下がるが、11分に遠藤優のボールカットから味方との連携でボックス右に抜け出した栗島朱里の折り返しを塩越柚歩が押し込み、浦和が突き放す。 めげずのAC長野は18分に相手バックラインでの乱れを突いて、GK福田史織がトラップし切れなかったボールを安倍乃花が無人のゴールに蹴り込み、再び1点差に。ところが、浦和はその1分後に味方のスルーパスで背後を抜け出した清家がリーグ新をさらに更新の7戦連発弾を決めると、続く31分にも島田が高い位置で相手GKのパスを引っかけてそのまま流し込み、5-2で試合を折り返す。 リーグ最多記録となる両チーム併せて7ゴールが飛び出した前半を経ての後半も激しい打ち合いが期待されたが、互いに守備のところを修正してのリスタートとあって、あまりシュート数も伸びない流れに。60分に岩下胡桃が負傷交代したAC長野もボールを握れば、崩しの糸口を探るなか、浦和の方も69分に菅澤優衣香の交代カードを切り、次のゴールを目指す姿勢を打ち出していく。 そのなかで、AC長野は74分にバイタルエリア中央でハイボールを競り合った安倍乃花が粘ってボールを左に叩くと、伊藤が左足ミドルをゴール右下に突き刺して2点差に。79分にタニガーン・デーンダーを送り込み、さらなる反撃を試みるが、浦和も6点目を狙う姿勢を保ちつつ、これ以上の失点を許さず。5試合ぶりの勝利を目指した長野を5-3で振り切った浦和が首位の座を守った。 AC長野パルセイロ・レディース 3-5 三菱重工浦和レッズレディース 【AC長野】 伊藤めぐみ(前10、後29) 安倍乃花(前18) 【浦和L】 オウンゴール(前2) 島田芽依(前6、前31) 塩越柚歩(前11) 清家貴子(前19) そして、消化試合が1つ多い浦和Lを2ポイント差で追いかける2位のINAC神戸レオネッサは11位につけるセレッソ大阪ヤンマーレディースのホームで関西ダービー。4連勝中の好調さを生かして、7分に田中美南がボックス右から折り返すと、成宮唯が右足で蹴り込み、I神戸が幸先よく一歩前に出る。 だが、ウィンターブレイク明けの初勝利を目指すC大阪も押し返すなか、38分に脇阪麗奈が右サイドから右足でクロスを送ると、ボックス中央の田中智子が三宅史織のマークに遭いながらもヘッドでがGK山下杏也加の牙城を打ち破り、前半のうちに試合をイーブンに戻す。 前半終盤に追いつかれ、試合を折り返したI神戸だが、立ち上がりの48分に田中が右サイドに流れて右足でクロスを供給し、後半の頭からピッチに入った愛川陽菜が反応。勢いをもってニアに飛び込むと、ヘディングシュートをゴール左に沈め、再びリードに成功する。 その後、次のゴールを目指したI神戸は56分に田中がバイタルエリア中央からボックス右に仕掛けていき、右足ループで狙うシーンもあったが、ダメ押しとはならず。それでも、反撃を許さぬ試合運びで勝ち切り、今節を勝利した浦和を引き続き2ポイント差で追走した。 セレッソ大阪ヤンマーレディース 1-2 INAC神戸レオネッサ 【C大阪】 田中智子(前38) 【I神戸】 成宮唯(前7) 愛川陽菜(後3) <span class="paragraph-title">【ハイライト動画】浦和がAC長野との打ち合いを制す</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="4_0RilNF6JA";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.03.31 16:35 Sun

鮮烈ゴラッソ!元I神戸、韓国女子代表チ・ソヨンがNWSLシアトルでの初ゴールをマーク

シアトル・レインFCの韓国女子代表MFチ・ソヨンが、印象的なアメリカでの初ゴールをマークした。 現地時間23日に行われたナショナル・ウィメンズ・サッカーリーグ(NWSL)第2節、シカゴ・レッドスターズ戦に先発出場したチ・ソヨン。1点ビハインドの63分、クロスのセカンドボールをうかがうポジション取りから、読み通りこぼれ球に反応すると、胸トラップから右足を一閃。ペナルティアーク内からの鮮やかなミドルシュートが、右ポスト内側を叩いてゴールに吸い込まれた。 チ・ソヨンは、2011年になでしこリーグ時代のINAC神戸レオネッサでトップチームキャリアをスタートさせ、2014年1月にイングランドのFA女子スーパーリーグ(FAWSL)、チェルシーへ加入。10番を背負い、リーグ優勝6回を含む、13個の主要タイトル獲得に貢献した。 2022年の母国クラブ帰還を経て、NWSLのシアトル入り。韓国のスーパーエースは、新天地でも輝きを放っている。 <span class="paragraph-title">【動画】元チェルシーの10番、チ・ソヨンのNWSL初ゴールは見事なゴラッソ!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="Qg5sz160fj0";var video_start = 257;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.03.25 15:35 Mon

I神戸がAC長野を退け、4戦連続完封勝利で首位キープ!守屋都弥が先制ボレー含む3得点に絡む【WEリーグ】

24日、2023-24 WEリーグ第12節のINAC神戸レオネッサvsAC長野パルセイロ・レディースがノエビアスタジアム神戸で行われ、ホームのI神戸が3-0で勝利を収めた。 8勝3分けの勝ち点「27」で首位ターンを決めたI神戸は、連戦を加味してか今節はGK山下杏也加に代わってGK船田麻友が7試合ぶりに先発出場。対して3戦未勝利、6位・AC長野(勝ち点13)は伊藤めぐみをトップ下に置く2トップ1シャドーでプレッシャーを掛けると、3分にはI神戸のパスミスを誘発して安倍乃花が狙う。 それでも先制したのは地力に勝るI神戸。15分、左の高い位置を取った北川ひかるが1つ下げて成宮唯がストレート性の対角クロスを送ると、大外から顔を出した守屋都弥が右足ボレーで合わせ、ネットを揺らした。 さらに35分、スローインを起点に右の深い位置を陥れると、守屋から田中美南へのパスは阻まれたが、こぼれ球を拾った守屋のラストパスから成宮が決め、リードを広げて前半を終える。 後半も立ち上がりから攻勢を続けたI神戸は、押し返される中でもボックス内では相手に仕事をさせず、後半は被シュートゼロ。ジョルディ・フェロン監督がアディショナルタイム2分には桑原藍を投入すれば、その19歳FWは期待に応え、直後のファーストプレーで守屋の折り返しから追加点を奪う。 試合を決定づけたI神戸は、残り時間で戸梶有野里、辻澤亜唯をWEリーグデビューされる采配も振るい、盤石の4戦連続完封勝利。がっちりと首位キープしている。 INAC神戸レオネッサ 3-0 AC長野パルセイロ・レディース 【I神戸】 守屋都弥(15分) 成宮唯(35分) 桑原藍(90+3分) <span class="paragraph-title">【ハイライト動画】守屋都弥が3得点に絡み、I神戸がAC長野に勝利</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="W9CFwTo_LN8";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.03.24 18:25 Sun

3年目を迎えたWEリーグ、20名が通算50試合出場達成!歩みは確かなものに

日本初の女子プロサッカーリーグとして、2021-22シーズンの幕開けから3年目を迎えたWEリーグ。11チーム編成での2シーズンを経て、今季からはセレッソ大阪ヤンマーレディースが新たに参入し、計12チームで行われている。 16日に行われた今季の第10節は、発足からちょうど50節目となり、開幕時からケガや出場停止なく出場し続けた皆勤賞の選手12名が、WEリーグ通算50試合出場の節目を迎えた。 20日の第11節も含めて、計20名がWEリーグ通算50試合出場を達成。今週末23日と24日の第12節でも、多数の記録達成者が見込まれている。 ◆WEリーグ通算50試合出場達成者 ()内は現所属 ▽第10節にて達成 伊藤美紀(三菱重工浦和レッズレディース) 清家貴子(三菱重工浦和レッズレディース) 井上綾香(大宮アルディージャVENTUS) 仲田歩夢(大宮アルディージャVENTUS) 岸みのり(ちふれASエルフェン埼玉) 園田悠奈(ちふれASエルフェン埼玉) 木下桃香(日テレ・東京ヴェルディベレーザ) 大賀理紗子(ノジマステラ神奈川相模原) 成宮唯(INAC神戸レオネッサ) 髙橋美夕紀(サンフレッチェ広島レジーナ) 中嶋淑乃(サンフレッチェ広島レジーナ) 松本茉奈加(サンフレッチェ広島レジーナ) ▽第11節にて達成 國武愛美(マイナビ仙台レディース) 中島依美(マイナビ仙台レディース) 吉田莉胡(ちふれASエルフェン埼玉) 宮川麻都(日テレ・東京ヴェルディベレーザ) 石田千尋(アルビレックス新潟レディース) 脇阪麗奈(セレッソ大阪ヤンマーレディース) 三宅史織(INAC神戸レオネッサ) 市瀬千里(サンフレッチェ広島レジーナ) 2024.03.21 16:30 Thu
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly