讃岐DF金井貢史が現役引退! 横浜FMや鳥栖、名古屋などでプレー「ここからまた新しいスタート。ギラギラしていきたい」

2023.12.01 18:25 Fri
今季限りで現役を引退する金井貢史
©︎J.LEAGUE
今季限りで現役を引退する金井貢史
カマタマーレ讃岐は1日、DF金井貢史(33)の現役引退を発表した。

金井は横浜F・マリノスの下部組織出身で、ジュニアユース、ユースと昇格。2008年にトップチームに昇格した。
ルーキーイヤーから少しずつ出番を得ていた中、3年目の2010年には無免許運転が発覚し出場停止処分を受けることに。それでも2011年はJ1で21試合に出場するなどした。

2013年にサガン鳥栖へ期限付き移籍すると2014年に完全移籍。2015年はジェフユナイテッド千葉へと完全移籍を経験すると、2016年に横浜FMに復帰。その後は、名古屋グランパス、鳥栖、清水エスパルス、ヴァンフォーレ甲府、FC琉球と渡り歩き、今シーズンから讃岐でプレーしていた。

今シーズンは明治安田生命J3リーグで15試合に出場していた。
ここまではJ1通算167試合17得点、J2通算86試合9得点、J3通算15試合出場。天皇杯では27試合、リーグカップでは44試合5得点を記録していた。

現役を引退する金井はクラブを通じてコメントしている。

「今シーズンをもちましてプロサッカー選手を引退することを決意しました。16年間プロとしてサッカーを出来たこと誇りに思います」

「横浜F・マリノス、サガン鳥栖、ジェフユナイテッド千葉、名古屋グランパス、清水エスパルス、ヴァンフォーレ甲府、FC琉球、カマタマーレ讃岐と素晴らしいチームで素晴らしい皆様と出会い、とても幸せなプロ人生でした」

「この場を借りて、感謝を伝えさせていただきます。普段はなかなか口にすることができませんでしたが、両親には本当に感謝しかありません。大好きなサッカーをさせてくれた事、丈夫な身体に育ててくれた事、ダメなプレーにはダメ出しをいつまでもしてくれたこと本当にありがとうございました」

「妻、息子達は移籍する度に嫌な顔一つせず何処にいくにしてもついてきてくれサポートしてくれたこと 感謝以外言葉が見つかりません。ありがとう」

「プロサッカー選手としての金井貢史は終わりますがここからまた新しいスタートです。ギラギラしていきたいと思います。またシーズンが終わりましたら色々皆様にお伝えしていきたいと思います。明日が最終戦です。絶対勝ちましょう」
関連ニュース

「サッカー人生に後悔はありません」FC大阪退団のGK服部一輝が28歳で現役引退、最後に秘密を告白

FC大阪は5日、GK服部一輝(28)が現役を引退することを発表した。 FC東京のアカデミーにも在籍した服部は、札幌大谷高校、明治大学と進学。2017年にカターレ富山へと入団した。 その後、カマタマーレ讃岐、福島ユナイテッドFCを経て、2022年にヴァンラーレ八戸へ入団。明治安田生命J3リーグの25試合でプレーしたが、1年で退団となった。 2023年にFC大阪に完全移籍で加入。しかし、出番がないまま契約満了となり、そのまま引退を決断。プロ通算ではJ3で34試合、天皇杯で1試合の出場となった。 服部はクラブを通じてコメント。最後に大きな秘密を告白している。 ーーーーーー 現役を引退することに決めました。 富士見ヶ丘少年蹴球団でサッカーを始め、FC東京むさし、札幌大谷高校、明治大学という素晴らしい学校・チームでサッカーができたことを誇りに思います。 そして2017シーズンから7年間プロサッカー選手を経験し5クラブを渡り歩きました。 カターレ富山・カマタマーレ讃岐・福島ユナイテッドFC・ヴァンラーレ八戸・FC大阪 全ての関わる方々、本当にありがとうございました! 度重なる怪我で自分自身がもう100%でプレーできないと感じました。 サッカーを始めた頃から常に全力でプレーすることが自分のポリシーであり、このままサッカーを続けるのが自分の中ではできないと答えが出ました。 サッカー人生に後悔はありません。 プロとしての7年間は本当に悔しくて耐え難いものでしたがピッチに立って勝利した時、その一瞬の幸せが全てを忘れさせてくれる、それがサッカーでした。 サッカー人生では自分の想い描いていたステージに立てなかったけれど、未来は明るいし歩みを止めず突き進みたいと思います。 これからも素晴らしい人生が続きます。 悔しいことや苦しいことも今後あるだろうけど後悔だけはしない人生を歩んで行きます! そして僕たち子供のために身を削り、やりたいことを好きなだけやらせてくれた母、本当にありがとう。 世界で1番かっこいい母の姿を見て、折れそうになった心を何度も繋ぎ止めてくれました。 誰よりも自慢に思ってくれている姉。 近くで支えてくれた妻、息子。 もっとプロサッカー選手として試合に出ている姿を見たかったと思うし、見せたかった気持ちは山々だけど、この決断を尊重してくれてありがとう。 最後にサッカーというものが本当に多くの人との出会いをくれました。 ありがとう、サッカー! 一つだけ言い忘れていました。 身長を182cmとずっと記載していましたが本当は178cmです ーーーーーー 2024.02.05 11:20 Mon

讃岐退団の鯰田太陽が関東1部のエリース東京FCに加入

カマタマーレ讃岐は19日、MF鯰田太陽(24)の移籍先が関東サッカーリーグ1部のエリース東京FCに決まったと発表した。 鯰田は柏レイソルU-18、仙台大学を経て、2022年に讃岐でプロ入り。特別指定選手時代の2021年から出場機会が巡る状況だったが、昨季のJ3リーグでは5試合の出場に終わり、退団が決まっていた。 新天地では「クラブの目標であるJFL昇格に向けて、自分自身覚悟を持って加入する決断をしました。エリース東京FCのファン・サポーター、支えてくださるスポンサー企業の皆様、エリース東京FCの勝利、目標達成のために自分の全力を注ぎます。ご声援宜しくお願いいたします」とコメントしている。 2024.01.19 12:15 Fri

町田がレンタル先の讃岐で経験積んだ21歳DF奈良坂巧の復帰を発表「今年もたくさん勝ちましょう」

FC町田ゼルビアは11日、カマタマーレ讃岐へ期限付き移籍していたDF奈良坂巧(21)の復帰を発表した。 奈良坂は桐光学園高校に在学中の2020年途中から町田の特別指定選手となり、2021年に正式入団。ルーキーイヤーにデビューしたものの、出番は限られ、2023シーズンは讃岐へ期限付き移籍していた。 讃岐では主力センターバックとしてポジションを確保し、明治安田生命J3リーグで33試合に出場。天皇杯でも2試合に出場するなど経験を積んだ。 讃岐への期限付き移籍期間が満了し、J2優勝とJ1昇格を果たした町田へ復帰する奈良坂は、両クラブを通じてコメントしている。 ◆FC町田ゼルビア 「こんにちは、奈良坂巧です。ただいまです。この1年間試合に出て、1番感じたのは勝つ難しさでした。どれだけ勝ちたくても、勝てないチームが多いなか、全リーグ最後に笑えるのは1チームです」 「その中で勝つこと。それこそプロサッカー選手の仕事だな。と学ばせていただき、勝つことでチームメイト・スタッフの方々の家族・友人・ファン・サポーターの皆様、町田に関わる全ての人に幸せを届け、笑顔にしているんだな。と優勝パレードや、毎試合後のみなさんの姿から感じさせていただきました。やはり勝つことが価値なんだと思います」 「今年もたくさん勝ちましょう。素晴らしい監督・コーチ・チームメイトの皆様と共にFC町田ゼルビアの勝ちに貢献する為に、毎日死ぬ気で取り組みます。また共闘できる日を楽しみにしています!」 ◆カマタマーレ讃岐 「カマタマーレ讃岐ファン、サポーターの皆様、ご支援いただいたスポンサー企業の皆様、最高のチームメイト、恩師であり尊敬する米山監督、拾ってくださった竹内強化部長、素晴らしきスタッフ、トレーナーの皆様、大変恐縮ながら割愛させていただきますが、フードパートナーの皆様などなど関わっていただいた全ての皆様、1年と短い間でしたが、お世話になりました。本当にありがとうございました」 「みなさんと共に過ごせたことで、人としても、サッカー選手としても成長できたな。と思えるシーズンを過ごさせていただきました。とにかくありがとうです。ありがとうに次ぐありがとうです。それに尽きます」 「J2に昇格するチームだと思います。その為の積み上げができた昨シーズンだったと思います。チームは離れますが、共に積み上げた一員として、応援しています。奈良坂巧のことも気にかけていただけたら幸いでございます。お互い飛躍の年にしましょう!」 2024.01.11 18:02 Thu

讃岐が町田DF内田瑞己を期限付き移籍で獲得、2022年以来の復帰「J2昇格に向けて全力で闘います」

カマタマーレ讃岐は11日、FC町田ゼルビアからDF内田瑞己(24)が期限付き移籍で加入すると発表した。 移籍期間は2025年1月31日まで。加入中、町田との公式戦には出場できない。 U-15まで湘南ベルマーレの下部組織に所属していた内田。2022年に国士舘大学から讃岐へ加入してプロデビューを果たすと、2023シーズンに町田への完全移籍が発表された。 しかし、町田では出場機会を確保できず。明治安田生命J2リーグでの出場はなく、天皇杯3試合のみの出場にとどまった。 新シーズン、再び讃岐でプレーすることになった内田は両クラブを通じてコメントしている。 ◆カマタマーレ讃岐 「FC町田ゼルビアから加入しました内田瑞己です。もう一度カマタマーレ讃岐のエンブレムを胸に闘えることを嬉しく思います。J2昇格に向けて全力で闘いますので、応援よろしくお願いします!」 ◆FC町田ゼルビア 「この度、カマタマーレ讃岐に移籍する事になりました。FC町田ゼルビアではJ2優勝、J1昇格と素晴らしい仲間たちと素晴らしい経験をする事ができました。個人としては結果を残せなかったことを真摯に受け止め、FC町田ゼルビアでの経験を活かして頑張りたいと思います。これからも応援よろしくお願いします!」 2024.01.11 17:45 Thu

讃岐、日本体育大学DF左合修土の2024シーズン加入内定発表!「1日でも早くチームの勝利に貢献できるよう全力で」

カマタマーレ讃岐は11日、日本体育大学に在学するDF左合修土(21)の2024シーズン加入内定を発表した。 愛知県出身の左合は、矢板中央高校から日本体育大学に進学。クラブは特徴として「運動量とスプリント能力に優れた、左利きのSB」と紹介している。 新シーズンからプロキャリアをスタートさせることになった左合は、クラブを通じて意気込みを述べている。 「カマタマーレ讃岐の皆様。はじめまして!この度、2024シーズンから加入することになりました、日本体育大学の左合修土です。小さい頃からの夢であったプロサッカー選手としてのキャリアをカマタマーレ讃岐でスタートできること、嬉しく思います。1日でも早くチームの勝利に貢献できるよう全力で頑張ります!応援よろしくお願いします!」 2024.01.11 12:25 Thu
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly