「ボールは完璧だった」劇的決勝ゴールのハヴァーツがサカのクロスを称えるも、重要なのはゴールではなく「常にチーム」

2023.11.26 18:30 Sun
首位浮上にゴールで貢献したハヴァーツ
Getty Images
首位浮上にゴールで貢献したハヴァーツ
アーセナルのドイツ代表FWカイ・ハヴァーツが劇的なゴールを喜んだ。クラブ公式サイトが伝えた。
PR
25日、プレミアリーグ第13節でアーセナルはアウェイでブレントフォードと対戦した。
日本代表DF冨安健洋も右サイドバックで先発出場したこの試合。試合前にマンチェスター・シティとリバプールの首位攻防戦が引き分けに終わり、勝てば首位浮上のチャンスだった。

試合はアーセナルが主導権を握るも、ブレントフォードが要所で見せる攻撃に苦しむことに。何度も失点かと思われたシーンがあったが、決死のブロックでゴールを許さない。

一方で、攻撃陣はゴールを仕留めることができず。チャンスを作りながらもゴールレスドローかと思われた中、89分に途中投入のカイ・ハヴァーツが値千金のゴール。0-1で勝利を収め、首位に浮上した。
チームを首位に導く決勝ゴールを記録したハヴァーツ。「最も重要なのは常にチームだと思う」とコメント。「この瞬間をもう1度手に入れるために一生懸命努力して、今日それを手に入れることができたので、とても幸せだ」と決勝ゴールを決めたことを喜び、「僕たちは勝つためにここに来たので、勝ち点3を持ってホームに帰れるのはとても良い気分だ」と、チームの勝利も喜んだ。

ゴールではボックス右からのサカのクロスを、ファーサイドに飛び込んでハヴァーツが合わせてゴールを決めた。

ハヴァーツはクロスについて「ボールは完璧だった。僕らもトレーニングでよく練習してきたことで、もしかしたらそこに行けばと思っていた。ボールが届いて欲しいと思ったけど、完璧に届いたのでゴールできて嬉しい」とコメント。良いボールだったとサカのクロスを称えていた。

これでチームはシティとリバプールを抜いて首位に。昨シーズンは首位を走りながらも終盤に失速して2位に終わっていた。

ハヴァーツは「首位にいることはいつでも良いことだけど、試合ごとに見ていかなければいけないし、シーズンが長いからまだプレーしなければならない試合がたくさんある」と語り、「自分たちに集中して、試合に勝って、最後に何が起こるかを見るだけだよ」とコメント。今は順位のことを考えず、目の前の試合を戦うだけだとした。



PR
1 2
関連ニュース

「チームは諦めてしまった」アーセナルに大敗のチェルシー、ポチェッティーノ監督は嘆く「最も受け入れ難いのはスタート」

チェルシーのマウリシオ・ポチェッティーノ監督が、大敗を喫したアーセナル戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 23日、プレミアリーグ第29節の延期分でチェルシーはアーセナルとアウェイで対戦した。 今シーズンはなかなか成績が上がってこないチェルシー。3日前にはFAカップ準決勝でマンチェスター・シティに0-1で敗れて敗退していた。 このところ復調も見せていた一方で、その原動力となっていたコール・パーマーが不在。チームに違いをもたらせていた男を欠いた中、試合早々に失点。その後盛り返しを見せるもフィニッシュの精度がなく、後半にはいり連続失点。終わってみれば5-0で惨敗となった。 今シーズン最大の敗北となった一戦。ポチェッティーノ監督は大敗に失望し、チームのパフォーマンスの低さを嘆いた。 「残念だ。本当に残念だ。パフォーマンスは良くなかったし、本来の形で試合をスタートできなかった」 「あまりにも簡単にゴールを許し、アーセナルにとって簡単にさせてしまった。試合はビハインドでスタートしたが、その後は本当に大変だった。失点してから10分か15分くらい経った頃から、試合をやり直したかのように少しずつプレーをし、チャンスを作り始めた」 「『このレベルであのように試合を始めるのは無理だ』とハーフタイムに話していたが、後半はまた悪い立ち上がりで2失点してしまった。その後、チームは諦めてしまい、我々は試合に参加できなかった」 「最も受け入れ難いのは、我々のスタートだ。前半の残り30分間、よく競い合い、試合は互角だったので、チャンスを作るために幾つかのミスを起こさせていた」 「そして後半、3-0になった時のスタート。この瞬間、チームはとても苦しみ始め、ゲームをコントロールするのに苦労し始めたと思う」 <span class="paragraph-title">【動画】チェルシーがまさかの大敗…アーセナル相手に5失点</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="khB_jdUoMNc";var video_start = 5;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.24 09:38 Wed

「素晴らしいパフォーマンス」チェルシー相手に圧巻の5ゴール! ダービー制したアルテタ監督は選手を称える「優勝したいというメンタリティを持っている」

アーセナルのミケル・アルテタ監督が、チェルシー戦の大勝を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 23日、プレミアリーグ第29節の延期分でアーセナルはチェルシーと対戦した。 暫定的に首位で迎えたアーセナル。残り試合ではビッグ6との対戦が3つも残っており、優勝に向けて簡単ではない道のりとなる中、まずはチェルシーとの“ビッグロンドン・ダービー”を迎えた。 中2日という厳しい日程もありながら、アーセナルは開始4分でレアンドロ・トロサールが先制ゴールを記録。1点リードで迎えた後半には、ベン・ホワイトのゴールで追加点を奪うと、古巣対決となったカイ・ハヴァーツが2ゴールを記録。さらにホワイトが加点し、5-0と圧勝。首位をキープした。 アルテタ監督は試合を振り返り、選手たちのパフォーマンスを称えた。 「素晴らしいパフォーマンスだった。全体としても個人としても、絶好調の本当に良いチームを相手に、我々は本当に良かったと思う。彼らは我々に多くの質問を投げかけたが、我々はそれによく対応できた」 「試合のスタートから、我々は本当に果敢に攻め込み、流れに乗り、たくさんの勇気を持ってプレーし、色々なことを起こしていた。結果には本当に満足しているし、サポーターにとっても大事な日になったので満足している」 先週はリーグ戦でアストン・ビラに敗れて2024年初黒星を喫すると、チャンピオンズリーグ(CL)ではバイエルンとの2ndレグに敗れてベスト8で敗退と苦しい1週間だった。 しかし、アルテタ監督はそこから選手たちがよく立ち直ったと称え、久々のリーグ優勝への思いがしっかりと出ているとした。 「確かに、チームのエネルギーとスピリットを見せることとなった。後半、我々はフィジカル面での成長を見せ続けた」 「この10日間で、選手たちがやってきたことは信じられないし、何人かの数字を見れば、非現実的とも言える。ただ、彼らにはできるし、自分自身を向上させることができる」 「なぜなら、彼らがそれを求めており、本当に優勝したいというメンタリティを持っているからだ」 <span class="paragraph-title">【動画】優勝目指すアーセナルが5ゴールでチェルシーを圧倒</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="khB_jdUoMNc";var video_start = 5;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.24 09:15 Wed

昨夏ライスに続き今夏もシティとアーセナルによる中盤補強巡る争奪戦勃発か?

昨夏に続いてマンチェスター・シティとアーセナルによる中盤の補強を巡る争奪戦が勃発することになりそうだ。イギリス『テレグラフ』が報じている。 両クラブは昨夏の移籍市場でイングランド代表MFデクラン・ライスの獲得を巡って熾烈な争奪戦を繰り広げ、最終的に総額1億500万ポンド(約202億3000万円)をウェストハムに支払ったアーセナルが獲得にこぎ着けた。 その両者は今夏の移籍市場に向け、今度はニューカッスルのブラジル代表MFブルーノ・ギマランイス(26)を巡って争奪戦を繰り広げる可能性があるという。 2022年1月にリヨンから4000万ポンド(約77億円)で加入して以降、プレミアリーグ屈指の守備的MFとしての評価を確立したギマランイス。 そのブラジル代表MFに関しては1億ポンド(約192億7000万円)の契約解除条項が設定されているものの、ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)の問題を抱えるクラブは、それ以下の金額で売却を受け入れる可能性も報じられており、今夏の去就に注目が集まっている。 すでに同選手に対しては、パリ・サンジェルマンが関心を示しているが、ここにきてプレミアリーグのライバル2クラブが関心を強めているという。 シティはポルトガル代表MFベルナルド・シウバの去就が不透明なことに加え、替えが利かないスペイン代表MFロドリゴ・エルナンデスのバックアップが今夏の補強の優先事項となっており、以前から獲得に興味を示すウェストハムのブラジル代表MFルーカス・パケタと共にギマランイスの両獲りを画策している模様。 両者はリヨンとブラジル代表の同僚であり、プライベートでも親友という関係にあり、個々の能力の高さに加えてユニットとしての機能性も魅力的だ。 一方のアーセナルはガーナ代表MFトーマス・パルティ、イタリア代表MFジョルジーニョのベテラン2選手に移籍の可能性があり、ギマランイスをその後釜候補の一人とみなしている。 なお、ギマランイスサイドも両クラブからの関心を認識しているようだが、先日にはニューカッスル近郊のノーサンバーランドの高級住宅街にある新しい不動産に入札を行ったとの報道もあり、マグパイズ残留の可能性も残されているとのことだ。 2024.04.24 08:30 Wed

レーティング:アーセナル 5-0 チェルシー【プレミアリーグ】

プレミアリーグ第29節延期分、アーセナルvsチェルシーが23日にエミレーツ・スタジアムで行われ、ホームのアーセナルが5-0で圧勝した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽アーセナル採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/get20240424_0_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 22 ラヤ 6.0 難しい対応はほぼなかったが、危なげないパフォーマンスでクリーンシートに貢献 DF 4 ホワイト 7.5 2点目は幸運な形ではあったが、貴重なチーム2点目を含めてキャリア初の1試合2ゴールを達成。ムドリクの緩慢な守備を利用して再三効果的な攻撃参加を見せた 2 サリバ 6.5 難しい対応は少なかったが、ジャクソンをしっかりと抑え込んだ 6 ガブリエウ 6.5 最終的にジャクソンには仕事をさせず。何度かマイボール時に際どい対応はあったが、3点目の起点に 18 冨安健洋 6.5 マドゥエケに2度振り切られるシーンはあったが、再三の出足鋭い潰しでカウンターの起点に。ビルドアップへの絡みやクロス精度も申し分なし (→ジンチェンコ 5.5) リスクを冒さずに熱く冷静に試合をクローズ MF 8 ウーデゴール 8.0 圧巻の2アシストを含めて攻撃面の主役に。チャンスメークの質の高さに加え、過密日程の中でプレー強度の部分も傑出していた 5 トーマス 6.5 スタメン抜擢の一戦で安定したパフォーマンスを披露。試合勘の影響によって細かいミスは散見されたが、中盤の底で攻守に役目をこなした (→ジョルジーニョ 5.5) 古巣相手に安定感のあるパフォーマンスだった 41 ライス 8.0 先制点をアシスト。中盤を完全に制圧する圧巻のパフォーマンスを披露した FW 7 サカ 7.0 1アシストを記録。自身にゴールはなかったが、右サイドで攻撃の起点を担いエースの役目を十分に果たした (→ファビオ・ヴィエイラ -) 29 ハヴァーツ 7.0 前半は決定力を欠いたが、後半に古巣相手に痛烈な恩返しゴールを2発叩き込んで今季リーグ戦11ゴールに到達。起点づくりや守備への貢献度も評価に値 (→ガブリエウ・ジェズス 5.5) プレー強度をしっかりと維持 19 トロサール 7.0 結果的に圧勝となったが、その流れを作る貴重な先制点を記録。ハヴァーツに先んじてリーグ戦10ゴールに到達 (→マルティネッリ 5.5) 後半終盤の決定機逸などやや試合に入れていなかった印象 監督 アルテタ 7.0 対チェルシー相手の最大得点差での勝利に導く。攻守両面で相手を完全に圧倒した ▽チェルシー採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/get20240424_0_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 28 ペトロビッチ 5.5 屈辱の5失点を喫したが、ニアを抜かれた1失点目を除き大きな責任はなし。試合への興味を繋げる再三の好守で意地を見せた DF 42 ギルクリスト 4.5 ビッグマッチでプレミア初スタメンもほろ苦い一戦に。守備では何とか食らいついた印象だが、マイボール時に消極性や判断ミスが目立った (→チアゴ・シウバ 5.5) 展開もあったが、やや落ち着かせた 2 ディザジ 4.5 急造ディフェンスラインでリーダーシップが求められたが、さすがに荷が重かった。コーチングやラインコントロールといった守備面、ビルドアップの攻撃面でも物足りない出来に 5 バディアシル 4.0 アラートさを欠く守備面の拙さに加え、ビルドアップで再三のミスを繰り返した 3 ククレジャ 5.0 ムドリクの体たらくで常に数的不利で守る苦しい試合に。前半にカードももらったが、個人としてはよく身体を張った MF 11 マドゥエケ 5.0 前後半に3度の鋭い仕掛けなど貴重な攻め手を担ったが、決定的な仕事には至らず (→カサデイ 5.0) 守備では身体を張ったが、攻撃ではクオリティ不足だった 8 エンソ・フェルナンデス 5.0 ビルドアップのところで何とかアクションを起こしたが、相手の中盤に完全に封じ込まれた。守備ではコンディションの問題もあって無理が効かず (→チャロバー 5.5) チアゴ・シウバ同様にまずまず落ち着かせた 23 ギャラガー 5.5 攻守両面でマルチタスクを担い、最後まで走り切った。生え抜きとしての意地は見せた 25 カイセド 5.0 前半終盤に良い時間帯もあったが、試合を通しては攻守両面で相手の中盤に屈した 10 ムドリク 4.0 ダービーの意味を理解していないと言わざるを得ない覇気のないプレーに終始。責任感のない守備対応によって味方の足を引っ張り続けた (→スターリング 5.0) 直接FKや縦への仕掛けと見せ場はあったが、物足りないプレーだった FW 15 ジャクソン 5.0 最も相手守備陣の脅威となったが、課題の決定力不足は改善されず 監督 ポチェッティーノ 4.0 “パーマー・チーム”と揶揄されてもしかたない惨敗に。試合前の選手選考、ムドリクを引っ張った采配も含めて敗戦の責任は大きい ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ライス(アーセナル) ウーデゴールも捨てがたいが、攻守両面でのより幅広い役割をこなしたイングランド代表MFをMOTMに選出。カイセド、エンソ・フェルナンデスと自身と同じく超高額移籍のライバル相手に格の違いを見せつけた。 アーセナル 5-0 チェルシー 【アーセナル】 トロサール(前4) ホワイト(後7) ハヴァーツ(後12) ハヴァーツ(後20) ホワイト(後25) 2024.04.24 06:00 Wed

圧巻5発アーセナルがダービー連戦初戦に圧勝で暫定首位キープ! パーマー不在チェルシーは屈辱の惨敗…【プレミアリーグ】

プレミアリーグ第29節延期分、アーセナルvsチェルシーが23日にエミレーツ・スタジアムで行われ、ホームのアーセナルが5-0で圧勝した。なお、アーセナルのDF冨安健洋は72分までプレーした。 アーセナル(勝ち点74)は前節、ウォルバーハンプトンとのアウェイゲームに2-0の完勝。2024年リーグ戦初黒星を喫したアストン・ビラ戦、チャンピオンズリーグ(CL)のバイエルン戦で喫した公式戦連敗からのリバウンドメンタリティを示し、暫定ながらリーグ首位に返り咲いた。 逆転でのプレミア制覇に向けて最大の試練となるロンドン・ダービー連戦初戦に向けては先発2人を変更。キヴィオルに代えて冨安、ガブリエウ・ジェズスに代えてトーマスをアンカーで起用し、ハヴァーツが最前線に入った。 一方、9位のチェルシー(勝ち点47)は前節、エバートン相手に今季最多6ゴールを挙げての大勝。ただ、直近のFAカップ準決勝ではマンチェスター・シティに0-1と競り負けて今季の無冠が確定した。 逆転でのUEFAコンペティション出場権獲得へ残り試合で勝ち点3を獲得し続けるしかないポチェッティーノのチームは、そのシティ戦から先発4人を変更。ククレジャを除きディフェンスライン3人を入れ替えてグストとチアゴ・シウバ、チャロバーに代えて初先発のギルクリスト、ディザジ、バディアシルを起用。また、体調不良でベンチ外のパーマーに代えてムドリクを起用した。 ミッドウィーク開催のロンドン・ダービーは開始早々に動く。4分、相手陣内右サイドのサカからハヴァーツ、トーマスと中央を経由してボックス手前左のライスに繋がる。ライスはそのまま縦に運んで相手を引き付けてボックス左に走り込むトロサールへラストパスを通すと、ベルギー代表FWがニア下へ左足のシュートを突き刺した。 トロサールの2戦連発となる今季リーグ戦10点目で早くもリードを手にしたホームチームが以降も攻勢を継続。カウンターからボックス内に抜け出したハヴァーツが際どいシーンに絡むと、15分にはセットプレーからウーデゴールの左クロスに飛び込んだ冨安がヘディングシュート。だが、これは枠の上に外れる。 以降はジャクソンの馬力のある仕掛けを軸にチェルシーが押し返し始めるが、球際の勝負と切り替えの精度で勝るアーセナルがより多くの際どいシーンを作り出す。その中で出足鋭い潰しからカウンターの起点となった冨安は正確な左足クロスでサカの決定機を創出。 さらに、急造ゆえにコンパクトさを欠くディフェンスライン、ムドリクの緩慢な守備対応によってサカとホワイトがストレスなくプレーする右サイドを起点に良い形を作ると、26分と27分にはハヴァーツ、トロサールのボックス内での連続シュートで2点目に迫るが、ここはGKペトロビッチの見事なファインセーブに阻まれる。 守勢を強いられながらも辛くも2失点目を免れたチェルシーも、30分にはビッグチャンスを創出。右サイドでDF冨安を振り切ってボックス内に抜け出したマドゥエケの折り返しを、ファーでフリーのククレジャが左足シュート。これはDFホワイトのシュートブロックに遭うが、こぼれ球を回収したククレジャからのマイナスのパスをエンソ・フェルナンデスがダイレクトシュート。だが、これは惜しくも枠の左に外れた。 前半終盤にかけては連戦の疲労の影響も考慮してか、アーセナルがミドルプレスに切り替えたことで、チェルシーがボールを持つ時間帯が増える。ただ、持たされた感が強く効果的にボールを前進させられず、遅攻の局面ではチャンスを作れない。それでも、マドゥエケの単騎突破やギャラガーの正確な右クロスにジャクソンが良いタイミングで飛び込むなど、幾つか際どい場面を作って前半終了を迎えた。 試合内容ではホームチームが圧倒も、最少得点差に加えてゴール期待値ではほぼ互角という状況で折り返したダービー。 後半は再び前から圧力をかけたアーセナルが続けて決定機を作り出すと、早い時間帯に2点目が生まれる。52分、右CKの場面でアラートさを欠いた相手にショートコーナーから繋いでボックス手前のライスがミドルシュート。ゴール前の密集でDFが触ったボールがゴール右でフリーのホワイトの足元にこぼれると、左足の正確なシュートをゴール左隅に蹴り込んだ。 これで完全に勢いづいたホームチームは57分、自陣でマドゥエケのプレスを何とかかわしたガブリエウがハーフウェイライン手前左のウーデゴールに縦パスを通す。ここでノルウェー代表MFはすかさずターンして背後を狙うハヴァーツへ絶妙なミドルスルーパスを供給すると、そのままボックス内へ持ち込んだハヴァーツがチップキック気味のシュートで古巣相手に今季リーグ戦2桁に乗せる恩返しゴールを記録した。 この直後にゴール右に抜け出したジャクソンが決定機を逃すと、65分には右サイド深くでタメを作ったサカがボックスに切り込んで中央のハヴァーツに横パスを繋ぐと、ハヴァーツはDF2枚の間を抜く正確な左足シュートを放つ。これが右ポストの内側を叩いてゴールネットに吸い込まれた。 後半序盤の3失点で敗色濃厚のチェルシーは67分、エンソ・フェルナンデスとムドリクを下げてスターリング、チャロバーを投入。[3-4-2-1]に並びを変更した。 だが、この交代による変化を確認する暇もなくホームチームに5点目が生まれる。70分、右サイドのサカがタメを作って内側のウーデゴールに短く繋ぐと、ウーデゴールの絶妙な浮き球パスに反応してゴール右に抜け出したホワイトの右足インサイドの折り返しが、そのままゴール左隅に決まった。 この5点目でダメのダメを押したことを受け、アルテタ監督は72分に4枚替えを敢行。冨安、トーマス、ハヴァーツ、トロサールを下げてジンチェンコ、ジョルジーニョ、ジェズス、マルティネッリをピッチに送り出した。 その後、チアゴ・シウバ、カサデイを同時投入し、これ以上傷口を広げることを避けつつ、一矢報いるゴールを目指したチェルシーだったが、交代選手がしっかりと集中したプレーを見せたアーセナルを前に最後までゴールが遠かった。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、チェルシーに5-0の圧勝を飾ったアーセナルが、ロンドン・ダービー連戦の初戦を制して暫定首位をキープした。一方、“コール・パーマー・チーム”と揶揄されてもおかしくない惨敗を喫したチェルシーは、逆転でのUEFAコンペティション出場に暗雲たれ込める衝撃的な黒星となった。 <span class="paragraph-title">【動画】優勝目指すアーセナルが5ゴールでチェルシーを圧倒</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="khB_jdUoMNc";var video_start = 5;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.24 05:59 Wed
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly