ベティス、元ギリシャ代表DFソクラティスの獲得を正式発表!1年契約を締結

2023.10.27 08:00 Fri
Getty Images
レアル・ベティスは26日、元ギリシャ代表DFソクラティス・パパスタソプーロス(35)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までとなる。
PR
AEKアテネでプロデビューしたソクラティスは、ジェノアやミラン、ブレーメン、ドルトムント、アーセナルでプレー。2021年1月からオリンピアコスに活躍の場を移したが、昨シーズン限りでチームを退団していた。
なおベティスでは、今夏に復帰した主力センターバックのDFマルク・バルトラが右足のアキレス腱を負傷。長期離脱を余儀なくされており、センターバックの補強が急務となっていた。

PR
関連ニュース

トロント、昨夏にニューカッスルを退団したマシュー・ロングスタッフをフリーで獲得!

トロントFCは2月29日、イングランド人MFマシュー・ロングスタッフ(23)をフリートランスファーで獲得した。契約期間は2025年12月31日までで、1年間の延長オプションが付随している。 ニューカッスルのトップチームで主力として活躍するショーン・ロングスタッフを実兄に持つロングスタッフは、2019年10月のプレミアリーグデビュー戦となったマンチェスター・ユナイテッド戦でゴールを挙げる鮮烈なデビューを飾った。 しかし、以降は思うように出場機会を得られず、アバディーン、マンスフィールド、コルチェスター・ユナイテッドと武者修行を繰り返すと、昨季はレンタル先のコルチェスターで前十字じん帯損傷の重傷を負い、早期レンタルバック。シーズン終了後にはニューカッスルとの契約満了が発表されていた。 トロントのジョン・ハードマン監督は、ロングスタッフの加入について以下のようにコメントした。 「マシューが我々のチームに加わることを嬉しく思う。彼のプレミアリーグでの経験とダイナミックなプレースタイルは、我々の中盤に厚みを加え、戦術的なプランを補完してくれるだろう」 2024.03.01 07:00 Fri

ジェノア、ビッグクラブ関心のフレンドルップと2028年までの新契約締結!

ジェノアは2月29日、デンマーク代表MFモルテン・フレンドルップ(22)との新契約締結を発表した。新たな契約期間は2028年6月30日までとなる。 母国のブレンビーIFの下部組織で育ったフレンドルップは、果敢なプレスからのボール奪取能力が最大の特長のMF。主戦場はセントラルMFだが、守備的MFや中盤の両サイドでもプレーできるユーティリティ性を持ち合わせている。 2022年冬に加入したジェノアでは、すぐにレギュラーに定着。昨季は公式戦40試合に出場すると、今シーズンも主力としてここまで公式戦27試合に出場し1ゴール5アシストを記録している。 同選手に関しては、今冬の移籍市場でリバプールからの関心が伝えられたが、ジェノバの地でキャリアを継続する道を選択した。 2024.03.01 06:30 Fri

アルジェリア代表、新指揮官にウラジミール・ペトコビッチ氏を招へい

アルジェリアサッカー協会(FAF)は29日、ウラジミール・ペトコビッチ氏(60)を新監督に招へいしたことを発表した。 ラツィオで優れた手腕を発揮したペトコビッチ氏は、2014年ブラジル・ワールドカップ(W杯)後にスイス代表監督に就任。以降、ユーロ2016でベスト16、ロシアW杯でもベスト16、そしてユーロ2020ではスイスを初のベスト8進出に導いていた。 その後、スイス代表との契約を早期解消して2021年7月に就任したボルドーでは成績不振によってわずか半年で解任されていた。 アフリカ・ネーションズカップ(CAN)2023でグループステージ敗退の屈辱を味わったアルジェリア。この結果を受け、アルジェリアサッカー協会(FAF)は1月25日に2018年から長期政権を築いていたジャメル・ベルマディ監督(47)の解任を発表していた。 なお、FAFによればペトコビッチ氏は3月4日にアルジェリアに到着し、5日に記者会見を行うとのことだ。 2024.03.01 00:01 Fri

ブレーメン、ベテランDFユングとの契約延長オプション行使を発表

ブレーメンは28日、ドイツ人DFアンソニー・ユング(32)との1年契約延長オプションを行使したことを発表した。 RBライプツィヒやインゴルシュタットでプレーしたユングは、2021年の夏にデンマークのブレンビーIFからブレーメン加入。左ウィングバックを主戦場にこれまで公式戦89試合に出場。今季は左ウィングバックに加え、センターバックとして公式戦23試合に出場している。 新契約にサインしたユングは、公式サイトで以下のように喜びを語った。 「シーズン序盤で契約延長のための出場機会を得られたことはとても嬉しいことだ。」 「これで安心できるし、自分のプレーに自信を持てるようになった。僕は僕はとても幸せだし、誇りに思っているよ」 2024.02.29 08:15 Thu

カメルーンを率いたリゴベール・ソング監督が退任…エトー会長が明かす「サッカーの世界は厳しいもの」

カメルーンサッカー連盟(FECAFOOT)のサミュエル・エトー会長が、同代表を率いるリゴベール・ソング監督の退任を明かした。 ソング監督は、2022年3月に解任されたトニ・コンセイソン前監督の後任としてカメルーン代表の新指揮官に就任。 ここまで通算23試合を指揮し、6勝8分け9敗の戦績を残していた。先月行われたアフリカ・ネーションズカップ(CAN)2023では、グループステージを突破するも、決勝トーナメント1回戦でナイジェリア代表に敗れ、ベスト16敗退となっていた。 この結果を受け、カメルーンサッカー連盟はソング監督との契約を更新しないことを決断。エトー会長は『フランス24』の独占インタビューで以下のようにコメントした。 「ソング監督はこのチームに多くのものをもたらしてくれたが、我々は目標を達成できなかった。サッカーの世界は厳しいものだ。私は彼と話し合う機会があったから、我々の立場を説明した。我々は、彼の今後のキャリアにおける成功を祈りつつ、今は代表の将来について考えなければならない」 「私の代表チームでのキャプテンだったリゴベール・ソングに、この場を借りて賛辞を送らせてください」 2024.02.29 07:00 Thu
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly