ラツィオ、ルイス・アルベルトが今夏の“軍曹”退団を残念がる 「新加入選手と責任を共有しなければ」

2023.09.30 18:16 Sat
Getty Images
ラツィオの元スペイン代表MFルイス・アルベルトが前を向いた。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。
PR
今やラツィオの最古参の1人となったルイス・アルベルト。リバプール時代は存在感を発揮できなかったが、スペイン人らしいファンタジスタはラツィオで攻撃のタクトを振るい続け、クラブ通算270試合出場を誇る。
今シーズンもセリエA開幕7試合全てにフル出場する一方、昨季2位のチームは早くも3敗とやや低調なスタート。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』のインタビューに応じた背番号10は、“軍曹”セルビア代表MFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ(現:アル・ヒラル)の今夏退団を残念がった。

「僕自身はセルゲイ退団の呪縛から解放されていない。恋しくないはずがないよ。共にプレーした7年間で僕たちはお互い、チームで責任を負う立場だったけど、今は新しく来た選手たちと責任を共有しないといけない」

“責任”というワードを繰り返したルイス・アルベルト。2016年夏加入の同期であり、盟友でもあるイタリア代表FWチーロ・インモービレとロッカールームからチームをけん引する。
「チーロは問答無用でラツィオのアイコン。僕が彼をとても尊敬しているのと同じく、ラツィオというクラブも尊敬しているよ。チーロと僕は物事がうまくいかないとき、勝ち点を積み上げれないとき、率先して問題解決に関与しないといけない存在。選手のメンタリティと結果は相互作用だ」

「時にはモチベーションを高めるべく、ほこりを蹴飛ばすかのごとく意図的に大きなリアクションをすることがあるよ。ちょっとした音を出してチーム内に緊張感を作るのが好きだ。その結果は気にしない。自分が正しいと思ってることはやり通さなくてはいけない」

ラツィオは30日、敵地サン・シーロでミラン(セリエA第7節)とのビッグマッチを戦う。

PR
関連ニュース

「バイエルンのことを考えたら頭が…」国内で苦悩続くラツィオ、L・アルベルトも苦心「一歩前進して二歩後退の繰り返し」

ラツィオの元スペイン代表MFルイス・アルベルトが苦しい胸中を明かしている。 昨季のセリエAで2位となり、今季のチャンピオンズリーグ(CL)に出場するラツィオ。そのCLで見事にラウンド16進出を掴み、バイエルン相手に1stレグで勝利した一方、今季はセリエAでここまで8位と苦しい戦いが続く。 L・アルベルトはチーロ・インモービレと並ぶ古参組にして、紛うことなきチームのリーダー格。前半に自身の一撃で先制しながらも後半2発で逆転負けを喫した26日のフィオレンティーナ戦後、イタリア『スカイ』で不甲斐ない戦績を嘆いている。 「なんと言っていいかわからない…ハーフタイムの時点でリードするに値しないゲームだった。幸運の女神は当初、ラツィオに微笑んでいたと思う。けど、2-0にするチャンスを手放し、その後すぐに失点してしまった」 ラツィオはこの敗戦で8位転落。CL圏はおろか、欧州カップ戦に一切手が届かない位置まで落ちている。 「あまりに多くのゲームで負けている。欧州の大会に出ているチームがこの順位なんて、このうえなく厳しい事実だ。口を開くのはほどほどに、しっかりトレーニングしないといけない…まだ諦めるわけにはいかないんだ」 3月1日の次節はホームでミラン、さらにミッドウィークの5日は敵地でCLバイエルンと、ビッグマッチ2連戦が控えるラツィオ。 「今ここでバイエルンのことを考えると、本当に頭がおかしくなってしまう。自信を持ってバイエルン戦へ向かうには、ミランに勝つしかない…今季は奇妙すぎる。一歩前進するたびに、二歩後退している感じがする…」 バイエルンとの1stレグは本拠地オリンピコで1-0と辛くも勝利。敵地ミュンヘンに乗り込む2ndレグはスタジアム全体から圧力にさらされることとなるが、果たして。 2024.02.27 14:05 Tue

低調ラツィオがフィオレンティーナに逆転負けで8位転落…鎌田大地は2戦連続出番なし【セリエA】

セリエA第26節、フィオレンティーナvsラツィオが26日にスタディオ・アルテミオ・フランキで行われ、ホームのフィオレンティーナが2-1で逆転勝利した。なお、ラツィオのMF鎌田大地はベンチ入りも出場機会はなかった。 前節、トリノを2-0で破ってリーグ2戦ぶりの白星を収めた7位のラツィオは、ヨーロッパ出場権を争う8位のフィオレンティーナとの上位対決に臨んだ。サッリ監督は連勝を狙った一戦で前節から先発2人を変更。サスペンションのマリオ・ヒラとヒサイに代えてカザーレ、ラッツァーリを起用。鎌田は引き続きベンチスタートとなった。 試合は立ち上がりからホームのフィオレンティーナが押し込む展開が続く。開始直後から再三のセットプレーを獲得し、際どいシーンを作り出すと、18分には鮮やかな前進からボックス右のニコラス・ゴンサレスの左足コントロールシュート、こぼれに詰めたボナヴェントゥーラが決定的なシュートを放つが、GKプロベデルのビッグセーブと左ポスト、DFカザーレの圧巻のゴールカバーに阻まれる。 以降も攻勢を継続するヴィオラは24分、右CKの場面でビラーギの正確な左足インスウィングのクロスをベロッティが頭で合わせるが、今度も左ポストに嫌われる。 前半半ばから終盤にかけてもホームチームの時間が続くも、ビラーギの右CKにニアで反応したニコラス・ゴンサレスのヘディングシュートが右ポストに阻まれるなど決め切ることができない。 すると、ここまで防戦一方の状況を強いられたラツィオが見事な決定力を発揮し、先にゴールをこじ開ける。 前半終了間際の45分、GKプロベデルからのロングボールを競って収めたイサクセンを起点にインモービレ、ゲンドゥージとスムーズにボールが繋がってボックス手前右のゲンドゥージからボックス中央に走り込むルイス・アルベルトにラストパスが通る。ここで背番号10は冷静に右足シュートをゴール右隅に流し込んだ。 内容ではフィオレンティーナ圧倒も最初の枠内シュートをゴールに結びつけたラツィオの1点リードで試合は折り返す。 迎えた後半、ラツィオはイサクセン、マルシッチを下げてザッカーニ、ヒサイを同時投入。これで両翼は右にフェリペ・アンデルソン、左にザッカーニという形に。 一方、後半も同じメンバーで臨んだフィオレンティーナは立ち上がりから攻勢を仕掛けてゴールを匂わせる際どい攻撃を見せる。すると61分、自陣でのカヨデのパスカットから仕掛けたロングカウンターでベロッティがボックス左に抜け出すと、ゴールライン際で入れた高速クロスをカウンターの起点となったカヨデがワンタッチシュートで完結させ、嬉しいセリエA初ゴールとした。 この同点ゴールで完全に勢いづくホームチームはベロッティの仕掛けで得たPKはキッカーのニコラス・ゴンサレスが左ポストに当ててしまい、痛恨の決定機逸となったが、直後に逆転ゴールを奪う。69分、ペナルティアーク付近でベルトランが放った強烈なシュートをGKプロベデルが前にはじくと、こぼれに詰めたボナヴェントゥーラが冷静に押し込んだ。 これで厳しくなったラツィオはすでに投入していたベシーノに続いて、77分にはインモービレとフェリペ・アンデルソンを諦めてペドロ、カステジャノスを同時投入。これで5枚のカードをすべて使い切り、鎌田は2試合連続で出番なしに。 ただ、ラツィオの交代策は防戦一方の展開をイーブンに戻す効果しかなくなかなか攻撃に出ることができない。後半アディショナルタイムにはボックス内でベシーノにシュートチャンスが訪れたが、このシュートは大きく枠の上に外れた。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、上位浮上を目指すトップハーフ同士の直接対決はホームのフィオレンティーナに軍配が上がり、フィオレンティーナがラツィオを抜いて7位に浮上している。 2024.02.27 06:52 Tue

「目標はユーロ連覇」イタリア代表指揮官、若手の名前列挙し本大会選出へアピール要求! 19歳のサプライズ招集も示唆

イタリア代表のルチアーノ・スパレッティ監督が、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のインタビューでユーロ2024への意気込みを語った。 昨年9月にスクデット指揮官としてアッズーリを託されたスパレッティ監督。ユーロ予選途中からの指揮という、決して簡単ではない状況からの船出となったが、無事に予選突破を決めた。 全世界が注目する、“競技レベルはワールドカップ(W杯)よりも高い”と言われるユーロ本大会まで残り3カ月と少し。前回王者イタリア代表を率いる老将は、王座防衛を宣言する。 「我々は予選通過に値するプレーを見せ、見事にその資格を得た。強調されるべきは、各々が常に自らの仕事を放棄せず、積極的なサッカーを貫いている点だ。この集中力をもっともっと改善したい。チームはまだまだ発展途上だ」 「私にはイタリア代表を強くする責任があり、現状、満足できるものなどほとんどない。それはなぜか? 目標がユーロ連覇とW杯優勝だからだ。これは全イタリア国民の期待であり、過去の偉大な歴史がそれを欲しているのだ」 「イングランド、フランス、スペイン、ドイツ…強敵だらけだが、我々だって彼らのレベルに劣っているわけではない。しかし、イングランドを20分間凌駕するだけでは駄目だ。90分間良いプレーをして初めて勝るのだ」 欧州制覇への覚悟を滲ませるスパレッティ監督。その一方、一部の主力選手が所属クラブで不振に喘いでいる現状を危惧している。 「フェデリコ・キエーザ(ユベントス)にニコロ・ザニオーロ(アストン・ビラ)…私は彼らの困難な状況を注視しているよ。万が一に備え、方向転換して別の解決策を準備しておく必要があるだろう。具体的なことを1つ挙げると、[3-4-2-1]を検討している」 「これは守備的な考え方ではなく、そこにいるプレーヤーの快適さを考慮したシステム案だ。間違ってもボール非保持のときに5バックにする、というものではない。攻撃性を維持しつつ、バランスも必要なのだ」 キエーザらのユーロ本大会落選をちらつかせた一方、現時点では当落選上にいると考えられる、A代表未経験の若手を含む選手たちの名前を掲げ、シーズン後半戦でのアピールを期待していると、遠回しながらもハッパをかけた。 「アレッサンドロ・ボンジョルノ(トリノ/24歳)は本当に頑丈なセンターバックだ。ラウル・ベッラノーバ(トリノ/23歳)とリッカルド・カラフィオーリ(ボローニャ/21歳)も準備ができている。ジオバンニ・ファビアン(ボローニャ/19歳)を選んだらサプライズか?」 「ガエターノ・カストロヴィッリ(フィオレンティーナ/27歳)も最近は再びプレーし始めた。他にもアンドレア・カンビアーゾ(ユベントス/24歳)、トンマーゾ・バルダンツィ(ローマ/20歳)、ロレンツォ・ルッカ(アヤックス/23歳)、マルコ・カルネセッキ(アタランタ/23歳)、ミケーレ・ディ・グレゴリオ(モンツァ/26歳)、イバン・プロベデル(ラツィオ/29歳)…」 「リストに載るのは23名(正しくは26名)だが、大会前のトレーニングはさらに4〜6人を帯同させて少しでも経験を積ませたい。新たな花びらを加える可能性は十分にある」 かなり踏み込んだ内容まで語り、ユーロへのアツい意気込みをのぞかせたスパレッティ監督。これに奮起しない若手はA代表には不要だ。 2024.02.24 21:21 Sat

ラツィオが守護神プロベデルと契約更新、今季公式戦34試合に出場

ラツィオは23日、イタリア代表GKイバン・プロベデル(29)との契約更新を発表した。 2021年に解散・消滅したキエーヴォ・ヴェローナの下部組織出身であるプロベデルは、ファーストチーム昇格後にペルージャ、モデナ、エンポリ、スペツィアといった数多のクラブをわたり歩き、2022年夏にラツィオ入り。加入1年目からリーグ戦全38試合出場にすると、セリエAでの2位フィニッシュとチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に大きく貢献した。 今シーズンも守護神として公式戦34試合に出場。チームはセリエAでこそ現在7位と苦戦するが、コッパ・イタリアは準決勝進出、チャンピオンズリーグ(CL)ではラウンド16に進出するなど好調ぶりを披露している。 今回の新契約では、2027年6月までだった現行契約から契約期間自体は変わらなかった模様。一方で、年俸120万ユーロ(約1億9000万円)からの昇給が実現したと報じられており、イタリア『カルチョメルカート』などでは守護神が200万ユーロ(3億2000万円)の年俸を受け取る予定と伝えていた。 2024.02.24 11:20 Sat

3選手の連れ戻しをレアルが検討中…レンタル先で活躍のラファ・マリンら

レアル・マドリーが他クラブへ放出した選手の再加入を選択肢に考えているようだ。 現在ラ・リーガで首位を走り、チャンピオンズリーグ(CL)でも準々決勝進出が見えているマドリー。新戦力ではドルトムントから大金をはたいて獲得したイングランド代表MFジュード・ベリンガムが驚異的な活躍を見せている他、ミランからレンタルバックしたスペイン代表MFブラヒム・ディアスや、ラージョ・バジェカーノから買い戻したスペイン代表DFフラン・ガルシアなども戦力としてチームに貢献している。 周知の通り、マドリーは他クラブへ放出した選手でも手の届く範囲にとどめていることが多く、レアル・ソシエダで活躍する日本代表MF久保建英もその1人。50%の保有権があることから、今夏の買い戻しがにわかに囁かれていたが、最近2029年までの契約延長にサインしたこともあり、可能性はかなり低くなると考えられている。 しかし、スペイン『マルカ』によると、マドリーが今夏の再加入を検討しているのは久保ではなく、カンテラ出身の3選手とのこと。アラベスにレンタル移籍中のU-21スペイン代表DFラファ・マリン(21)、ラツィオのU-21スペイン代表DFマリオ・ヒラ(23)、ジローナのU-21スペイン代表DFミゲル・グティエレス(22)のようだ。 マリンは191cmのセンターバックで、昨夏アラベスへ武者修行。ここまで主力としてラ・リーガの21試合に出場し、来シーズンの復帰は確実とみられている。 同じくセンターバックのヒラは2022年夏にラツィオへ完全移籍したが、久保と同様にマドリーが保有権を50%残している形。昨年11月下旬あたりからレギュラーの座を勝ち取った今シーズンは、ここまでセリエAで11試合に出場している。 リーグ首位を争うジローナのグティエレスも2022年夏にマドリーから完全移籍。左サイドバックや左ウイングバックとしてチームの躍進を支えており、マドリーは安価での買い戻しが可能と言われている。 また、昨夏買い取りオプション付きのレンタルでミランへと移籍したスペイン人DFアレックス・ヒメネス(18)の動向も注視している模様。他にも多くの選手がマドリーの支配下にあり、さらなる成長が期待されている。 2024.02.18 23:00 Sun
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly