豪快ミドルでチーム救ったソボスライ、アシストの遠藤航ら称賛 「全員がベストを尽くしている」

2023.09.28 17:05 Thu
Getty Images
リバプールのハンガリー代表MFドミニク・ソボスライが勝利を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。
PR
今夏にRBライプツィヒから加入すると、早くもチームに欠かせない戦力となっているソボスライ。27日に行われたレスター・シティとのEFLカップ(カラバオカップ)3回戦でも同点の状況で65分に投入されると、MF遠藤航のパスから豪快なミドルシュートを叩き込んで逆転ゴールを記録し、3-1の勝利に貢献した。
途中出場でチームを救う働きを見せたソボスライは試合後に全体の成果だと胸を張り、アシストを記録した遠藤らチームメイトのパフォーマンスを称えている。

「正直に言って、僕がこのチームに来てからはいつも同じような展開であり、今回も0-1と劣勢の状況になった。それでも、毎試合、毎試合、僕たちは良い反応を示している。誰がピッチに立ち、誰が途中から入っても関係はない。僕らはチームとして働き、最後は常に勝ち点3か次のラウンドへの出場権を獲得する」

「このチームは全員がベストを尽くしている。経験のあるベテランの選手は、若手を助けてくれているんだ。僕たちは本当に大きなチームであり、全員が仕事に取り組む準備ができている」
「(今回のゴールは)とても特別なものだった。それが僕の最高のゴールだったかはわからない。代表でもザルツブルクでも最高のゴールを決めてきたからね。ただ、今回は間違いなく最高のゴールの1つだった」

「僕は自分のやるべきことをやり、一生懸命働き、チーム、ファン、自分自身のために戦う準備が常にできている。たくさんのチャンスをもらったなら、そのお返しがしたいと思うものさ」

「(遠藤やライアン・グラフェンベルフは)本当に良い試合をしていた。前半の結果は僕たちが望んでいたものではなかったけど、それは起こり得るものだ。もっとも重要なのはそこからのリアクション、後半にどのような姿勢で臨んだかだ」

「僕たちは後半、すぐコーディ(・ガクポ)がゴールを決めてくれた。そしてライアンや遠藤、ジャレル・クアンサーらもとても良い試合をしていたと思う。こうした事実は、チームに全員が必要であることを示しているね」

PR
関連ニュース

ケガ人多数のリバプール、サラーら3選手はEFL杯ファイナル出場が微妙…「最後の最後に決断を下す」

リバプールのアシスタントコーチを務めるペピン・リンダース氏がケガ人の状態を明かした。クラブ公式サイトが伝えた。 21日のプレミアリーグ第26節ルートン・タウン戦で4-1の逆転勝利を収めたリバプール。リーグ戦3連勝とし、25日に行われるチェルシーとのEFLカップ(カラバオカップ)決勝に弾みをつけた。 決戦に先立って会見に出席したリンダース氏は、ルートン戦を欠場したエジプト代表FWモハメド・サラー、ウルグアイ代表FWダルウィン・ヌニェス、さらには1月からハムストリングに問題を抱えているハンガリー代表MFドミニク・ソボスライについてコメント。チェルシー戦での復帰の可能性について語った。 「またクレイジーなスケジュールを過ごしている。3日ごとにプレーしている。我々としては1分1秒、1日1日を大切に使い、選手たちの状態を見極めることが重要だ。これはモー(サラー)、ドム(ソボスライ)、ダルウィンについてだ」 「あと2回のトレーニングがある。そこで彼らの状態を見て、最後の最後に決断を下すことになる」 また、ブラジル代表GKアリソン・ベッカー、イングランド代表DFトレント・アレクサンダー=アーノルド、ポルトガル代表FWジオゴ・ジョタ、U-21イングランド代表MFカーティス・ジョーンズは欠場が確定。ほとんどの選手が3月下旬の代表ウィーク後の復帰になると述べた。 「他の選手たちはもっと時間がかかる。アリ(アリソン)は筋肉損傷、トレントはLCL(ヒザ外側側副じん帯損傷)、ジョタはMCL(ヒザ内側側副じん帯損傷)、カーティスは足首の捻挫。彼らはもっと長く離脱するだろう」 「カーティスはおそらく最初に復帰する選手になる。インターナショナルブレイク前後だ。他の選手は全員インターナショナルブレイク後に復帰するはずだ」 2024.02.23 22:15 Fri

日本人5人出場のELラウンド16組み合わせ決定! 三笘ブライトンはローマ、堂安フライブルクはウェストハム、遠藤リバプールはスパルタ・プラハと対戦

23日、UEFAヨーロッパリーグ(EL)のラウンド16組み合わせ抽選会がスイスのニヨンで行われた。 22日にプレーオフが終了し、ベスト16のチームが決定。日本人所属クラブでは、日本代表MF遠藤航のリバプール、MF三笘薫のブライトン&ホーブ・アルビオンが1位通過。プレーオフでは、MF堂安律のフライブルク、MF守田英正のスポルティングCP、GK小久保玲央ブライアンのベンフィカが勝ち上がり、5名が出場する。 遠藤のリバプールはスパルタ・プラハと、三笘のブライトンはFW上田綺世が所属するフェイエノールトをプレーオフで下した強豪・ローマと対戦が決定。堂安のフライブルクは、昨シーズンのヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)王者のウェストハムと、守田のスポルティングはアタランタ、小久保のベンフィカはレンジャーズと強豪との組み合わせが決まった。 また、優勝候補のミランはスラビア・プラハと対戦する。 1stレグは3月7日、2ndレグは3月14日にt開催される予定となっている。なお、スポルティングの1stレグは、ベンフィカと同じ街での開催となるため、3月5日に1試合だけ前倒してやられる。 スパルタ・プラハ vs リバプール(遠藤航) ローマ vs ブライトン&ホーヴ・アルビオン(三笘薫) フライブルク(堂安律) vs ウェストハム ミラン vs スラビア・プラハ マルセイユ vs ビジャレアル ベンフィカ(小久保玲央ブライアン) vs レンジャーズ スポルティングCP(守田英正) vs アタランタ カラバフ vs レバークーゼン 2024.02.23 20:35 Fri

本命はシャビ・アロンソだが…リバプールのクロップ後継者探し、スポルティングCP指揮官が第2候補か

リバプールの新監督候補にスポルティングCPのルベン・アモリム監督(39)が浮上している。 2015年10月に指揮を託されてからというもの、プレミアリーグにチャンピオンズリーグ(CL)と複数のタイトルに導き、今季は2度目のリーグ制覇に突き進むクロップ監督だが、今年1月下旬に今季限りでの退任を表明。ドイツ人指揮官の後継ぎが誰になるのかが注目どころとなっている。 そんな候補の筆頭に挙がるのは今季のレバークーゼンで公式戦32戦負け知らずな上、ブンデスリーガでもバイエルンを抑えて首位を走るシャビ・アロンソ監督。だが、こちらはバイエルンがトーマス・トゥヘル監督と今季で袂を分つとなってから、関心が取り沙汰され、争奪戦の様相だ。 となると、リバプールが用意する次の手が注目どころだが、イギリス『インデペンデント』によると、スポルティングCPの指揮官が候補に挙がっているという。以前から候補の1人に挙がるブライトン&ホーヴ・アルビオンのロベルト・デ・ゼルビ監督よりも有力な選択肢だそうだ。 39歳の青年指揮官であるアモリム氏は2017年に32歳でスパイクを脱いでから、カーザ・ピアで監督キャリアを開始。ブラガを挟み、2020年3月からスポルティングCPを率いると、指揮2年目のリーグ戦で19年ぶりの優勝に導いた。 今季のスポルティングCPでも2度目のリーグ制覇をベンフィカと争い、最近ではマンチェスター・ユナイテッドのエリク・テン・ハグ監督が解任時の後任に浮かぶなど、主要クラブから人気を博す。あくまでシャビ・アロンソ監督が第1候補のリバプールだが、アモリム氏にも目を光らすようだ。 2024.02.23 14:30 Fri

リバプールにバイエルンと去就加熱のシャビ・アロンソだが…「新たに言うことは何も」

レバークーゼンのシャビ・アロンソ監督が去就を巡る憶測をシャットアウトした。 今季のここまで公式戦32戦無敗を続け、ブンデスリーガ初優勝に迫るレバークーゼン。率いて2年目となるシャビ・アロンソ監督の手腕にも大きな注目が集まり、今季終了後に新監督を迎えるリバプール&バイエルンの古巣勢が関心を示す。 リバプールのユルゲン・クロップ監督からは「次世代では傑出している」とその手腕が高く評価され、今夏の動向が注目される42歳のスペイン人指揮官だが、レバークーゼンでの今に完全集中しているようだ。『ESPN』が伝えている。 「私の将来について質問があるかもしれないが、私から新たに言うことは何もない。前もって言っておきたかった」 22日の会見でそう語ると、「私にとって、その件は問題じゃない。私の目標は自チームで成功すること。それこそが私の仕事だ。現在の我々は良い位置にいるし、維持したい。「質問があるのは普通だが、私にとって問題じゃない」と続けたという。 「質問があるのは普通だが、それは私にとってどうでもいい」 また、契約が2026年までのレバークーゼンを来季も指揮する可能性に対しては「そう思っている」と返したそう。 2024.02.23 08:45 Fri

ELベスト16が決定! 堂安らPO突破で日本人5選手が参戦

ヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメントのプレーオフが23日に終了。この結果、ラウンド16に進出する16チームが決定した。 ELグループステージ2位通過8チームと、チャンピオンズリーグ(CL)の3位敗退8チームによって争われたプレーオフ。 3シーズン連続の対戦で注目を集めたFW上田綺世を擁するフェイエノールトと昨季準優勝チームのローマの対戦は、PK戦を制したローマが三度フェイエノールト撃破に成功した。 また、2ndレグで大逆転勝利を挙げたMF堂安律のフライブルク、MF守田英正のスポルティングCP、GK小久保玲央ブライアンのベンフィカ、優勝候補のミランといった強豪が順当にラウンド16進出を決めた。 この8チームに加え、MF三笘薫を擁するブライトン、MF遠藤航を擁するリバプール、レバークーゼン、アタランタら各グループ首位チームが次ラウンドから参戦する。 なお、ラウンド16の組み合わせ抽選会は23日にスイスのニヨンで開催され、各グループの首位通過チームとプレーオフ通過チームが対戦する形となるが、今ラウンドでは同一サッカー協会に所属するチーム同士の対戦はない。そして、ラウンド16は2024年3月上旬以降の開催となる。 ◆ELプレーオフ結果 スタッド・レンヌ 3-2(AGG:3-5) ミラン フライブルク 3-2(AGG:3-2) RCランス トゥールーズ 0-0(AGG:1-2) ベンフィカ カラバフ 2-3(AGG:6-5) ブラガ ローマ 1-1(AGG:2-2[PK:4-2]) フェイエノールト スポルティングCP 1-1(AGG:4-2) ヤング・ボーイズ スパルタ・プラハ 4-1(AGG:6-4) ガラタサライ マルセイユ 3-1(AGG:5-3) シャフタール ◆ELラウンド16進出チーム ▽プレーオフ突破 ミラン(イタリア) フライブルク(ドイツ) ベンフィカ(ポルトガル) カラバフ(アゼルバイジャン) ローマ(イタリア) スポルティングCP(ポルトガル) スパルタ・プラハ(チェコ) マルセイユ(フランス) ▽ストレートイン[グループ首位] ウェストハム(イングランド) ブライトン(イングランド) レンジャーズ(スコットランド) アタランタ(イタリア) リバプール(イングランド) ビジャレアル(スペイン) スラビア・プラハ(チェコ) レバークーゼン(ドイツ) 2024.02.23 08:13 Fri
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly