クラブにバカにされたオシムヘン、怒りはチームメイトにも?ホテル前で完全に無視

2023.09.27 22:10 Wed
Getty Images
クラブとの関係が破綻してしまったナイジェリア代表FWビクター・オシムヘンだが、チームメイトとも関係は冷めているのかもしれない。
PR
ナポリのエースとして活躍するオシムヘン。ここまで107試合で62ゴールを記録。今シーズンもセリエAで開幕5試合に先発し3ゴールを記録している。
クラブとの契約延長の話も出ていた中、ナポリはクラブのTikTokでオシムヘンの動画をアップ。24日に行われたボローニャ戦でPKを失敗したシーンをアップし、「PKをください」というアテレコをしているものだった。

ルディ・ガルシア監督との確執が生まれ、クラブからはまさかの嘲笑する動画をアップされたオシムヘン。代理人であるロベルト・カレンダ氏は、「我々はビクターを守るために法的措置やあらゆる有益な取り組みを行う権利を留保する」と自身のX(旧ツイッター)に投稿。「TikTok上のナポリの公式アカウントで起こったことは容認できない」と怒りを露わにしていた。

大きな問題を抱えたオシムヘンだが、27日にはウディネーゼとのリーグ戦を控えることに。メンバー入りを果たしており、試合に先発すると見られているが、怒りは収まらないようだ。
オシムヘンがチームホテルに到着した際の動画がSNS上でアップ。表情もどこか怒りを含んでいるようだが、エントランス前の階段に座っていたMFピオトル・ジエリンスキらチームメイトを完全無視。挨拶をせずに横を通り過ぎていった。

監督との確執、クラブにはバカにされ、チームメイトとの関係も冷え切っているのか。この先オシムヘンがどうなっていくのか注目だ。



PR
1 2
関連ニュース

ポリターノがメモリアル弾も格下相手に2度追いつかれたナポリがホームで痛恨ドロー…【セリエA】

セリエA第32節、ナポリvsフロジノーネが14日にスタディオ・ディエゴ・アルマンド・マラドーナで行われ、2-2のドローに終わった。 逆転でのヨーロッパ出場権獲得を目指す7位のナポリは、降格圏の18位に沈むフロジノーネとのホームゲームで連勝を狙った。前節、モンツァとの打ち合いを4-2で制したパルテノペイは、その試合から先発3人を変更。負傷のファン・ジェズスとオリベラに代えてエスティゴーアとマリオ・ルイ、サスペンションのウンゴニエに代えてポリターノを起用した。 開始直後にGKトゥラティと交錯した際にオシムヘンが左手を痛めるアクシデントが発生したが、ナポリの主砲は無事プレーに復帰。行ったり来たりの立ち上がりを経て10分過ぎから押し込む形を作り出したホームチームは、ボックス内でのオシムヘン、エスティゴーアのシュートでゴールに迫る。 すると、その流れのまま早い時間帯に先制に成功した。16分、相手陣内右サイドで仕掛けたポリターノが得意のカットインからボックス右角で左足を振り抜くと、絶妙なコントロールシュートがゴール左隅に突き刺さった。 ポリターノのセリエA通算50点目のメモリアルゴールで先手を奪ったナポリは、直後にもGKメレトからのロングボールに被ったDFロマニョーリと完璧に入れ替わったオシムヘンにGKと一対一のビッグチャンスが舞い込むが、ここはシュートを枠の左に外してしまう。 一方、何とか2失点目を凌いでいたフロジノーネも前半半ば過ぎにビッグチャンスを迎える。ボックス内に抜け出したシェディラがDFラフマニに足をかけられてPKを獲得。だが、キッカーのスーレが右を狙って蹴ったシュートはGKメレトに完璧に読まれてキャッチされた。 守護神のビッグプレーでリードを維持したホームチームは、前半終盤にかけて再び攻勢を強めたものの、2点目を取り切れずにハーフタイムを迎えた。 後半はオシムヘンにいきなり決定機が訪れたが、先にゴールをこじ開けたのはアウェイチーム。50分、ナポリのゴールキックからのビルドアップの場面でGKメレトにプレスを仕掛けたスーレが引っかけると、ゴール前でこぼれに反応したシェディラが冷静にゴールネットへ流し込んだ。 PKストップの守護神の痛恨ミスで追いつかれたナポリはすぐさま反撃を開始。クワラツヘリアが続けてボックス付近で際どいシュートを放つと、ここまで沈黙の主砲が仕事を果たす。 63分、セットプレーの二次攻撃からクワラツヘリアのピッチへ強く叩きつけるボレーシュートがゴール前に向かうと、ラインを上げ切れなかったDFと入れ替わりで飛び出したオシムヘンがGKの手前でコースを変えて流し込んだ。 勝ち越したナポリだが、試合の流れを完全に掌握するまでには至らず。徐々にフロジノーネが反撃に打って出ると、73分には相手GKのロングボールを撥ね返したカウンターの流れから右サイドのゾルテアからの正確なクロスをゴール前にタイミング良く走り込んだシェディラがヘディングでゴール左隅に流し込んだ。 2度のリードを守り切れずにイーブンに戻されたナポリは、その後も途中出場のセックに際どいシーンを作られるなど難しい戦いを強いられる。これを受け、カルツォーナ監督はラスパドーリ、カユステに加え、中盤を削ってシメオネを投入。より攻撃的な布陣でゴールをこじ開けにかかる。 しかし、集中したアウェイチームの堅守に手を焼くと、後半アディショナルタイムにはカウンターをファウルで止めたマリオ・ルイが2枚目のカードをもらって退場となるなど、最後まで流れを好転することはできず。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、格下相手のホームでの不甲斐ないドローにホームサポーターからの強烈なブーイングを浴びる中でランチタイムキックオフの一戦を終えることになった。 2024.04.14 21:38 Sun

元千葉LのMF十川ゆきがSSDナポリへ加入、2人目の日本人選手に!今夏イスラエル移籍も戦闘の影響で緊急帰国

SSDナポリは9日、日本人MF十川ゆき(23)の加入を発表した。 ナポリにはすでに日本人DF小林海青が在籍。十川はクラブにとって2人目の日本人プレーヤーとなる。 JFAアカデミー福島8期生の十川は、卒業後に国内チームではなく、スペインのレアル・オビエドへ加入し、ラシン・サンタンデールを経て2022年8月にジェフユナイテッド市原・千葉レディースへと完全移籍。初のWEリーグでは2試合、WEリーグカップ1試合の出場にとどまった。 今季からはイスラエル女子1部のハポエル・ペタク・チクヴァに加入し、同国史上初の日本人女子プロサッカー選手となったが、ハマスによるイスラエル攻撃の影響を受け、リーグは中断。クラブ判断により、2023年10月にで緊急帰国していた。 晴れて新たな所属チームが決まった十川は、自身のX(旧:ツイッター)にて「残り2ヶ月、最大限に活躍できるように頑張ります」と意気込みを語っている。 ナポリはレギュラーシーズンを1勝3分け14敗と、10チーム中9位で終えた。現在は、勝ち点がそのまま持ち越される下位5チームによる2回戦総当たりのプレーオフを戦っている最中で、2試合を終えて1勝1分け。残留へ向けて歩みを進めている。 <span class="paragraph-title">【写真】水色のユニフォームに袖を通した十川ゆき</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="it" dir="ltr"> Il Napoli Femminile rende noto di aver ingaggiato la centrocampista mancina giapponese - classe 2000 - Yuki Togawa: benvenuta!<a href="https://twitter.com/hashtag/forzanapolisempre?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#forzanapolisempre</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/napolifemminile?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#napolifemminile</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/serieafemminile?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#serieafemminile</a> <a href="https://t.co/ynyBcn2Gpw">pic.twitter.com/ynyBcn2Gpw</a></p>&mdash; Napoli Femminile (@NapoliFemminile) <a href="https://twitter.com/NapoliFemminile/status/1777647511529807879?ref_src=twsrc%5Etfw">April 9, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.04.09 20:58 Tue

後半4得点巻き返しのナポリ、指揮官は前半の走力不足指摘「ハーフタイムに奮い立たせた」

ナポリのフランチェスコ・カルツォーナ監督が逆転勝利を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 セリエA前節のアタランタ戦では、カルツォーナ体制となってから初のリーグ戦黒星を喫したナポリ。7日の第31節モンツァ戦ではリーグ戦4試合ぶりの勝利を目指した。 前半立ち上がりの失点により1️点ビハインドで折り返したナポリだったが、ナイジェリア代表FWビクター・オシムヘンの打点の高いヘディングで追いつくと、途中投入のイタリア代表FWマッテオ・ポリターノが逆転ゴール。その後、ポーランド代表MFピオトル・ジエリンスキ、イタリア代表FWジャコモ・ラスパドーリが加点し、最終的に4-2の大勝を収めた。 この逆転劇についてカルツォーナ監督は、「ハーフタイムに話し合い、お互いを奮い立たせた」とコメント。前半の入りの悪さを嘆いた一方、立て直した選手たちを称えている。 「我々はダイナミズムを少し欠いて試合に入った。サッカーは戦術の前に走力がある。それなのに我々は常にボールを待っている状態で、ほとんど動きがなかった」 「しかし、後半はより強度が増し、クオリティが出てきた。素晴らしいリアクションを見せた選手たちが何人かいた。だからこそ、今シーズンの道のりには悔いが残る」 「チームスピリットのおかげで我々は立て直すことができた。繰り返すが、サッカーにおいて何よりも重要なのはモチベーションと走力であり、後半に入ってそれを見つけられたのは何よりだ」 また、カルツォーナ監督は後半の4得点も回想。イタリア代表DFジョバンニ・ディ・ロレンツォのシュートのこぼれ球を押し込んだラスパドーリのゴールに深く触れた。 「オシムヘンの同点弾で試合を振り出しに戻し、ポリターノの逆転弾で精神的な障壁がなくなった。我々は目を見張るようなゴールをいくつか決めたが、信じて走り込み、確実にゴールに押し込んだラスパドーリのスプリントも良かった」 スロバキア代表も兼任するカルツォーナ監督は、シーズン途中からのナポリでの指揮についても言及。今回の勝利で7位に順位を上げた中、欧州カップ戦出場を目指して最後まで戦うと意気込んだ。 「代表チームとの契約はあるが、ナポリは私の人生であり、良い思い出を残したい。このクラブは私のキャリアにとって大きな意味があるし、価値のあるものだからだ」 「ヨーロッパ(カップ戦の出場権を得られるか)はもはや我々だけの問題ではないが、ここから最後までできるだけポイントを獲得するよう全力を尽くしたい」 2024.04.08 20:37 Mon

ポリターノ&ラスパドーリが投入直後弾、ナポリがモンツァに逆転勝利【セリエA】

ナポリは7日、セリエA第31節でモンツァとのアウェイ戦に臨み、4-2で逆転勝利した。 前節アタランタに完敗してカルツォーナ体制でのリーグ初黒星を喫した8位ナポリ(勝ち点45)は、負傷明けのクワラツヘリアがオシムヘン、ウンゴニエと3トップを形成した。 11位モンツァ(勝ち点42)に対し、押し込む入りとしたナポリだったが9分に失点する。古巣対決となるゼルビンの左クロスからジュリッチにヘディングシュートを決められた。 追う展開となったナポリは17分、CKの流れからルーズボールをボックス内のディ・ロレンツォがシュートに持ち込むも枠に飛ばせなかった。 前半半ば以降も押し込むナポリは40分、GKディ・グレゴリオのパスをカットしたボックス内のクワラツヘリアがシュートを放ったが、ディ・グレゴリオにセーブされ、1点ビハインドのままハーフタイムに入った。 迎えた後半、開始4分にナポリが追いつきかける。ボックス右からウンゴニエがネットを揺らしたが、戻りオフサイドでゴールならず。 それでも55分、オシムヘンが同点弾。アンギサの右クロスを打点の高いヘッドで押し込んだ。さらに2分後、ナポリが一気に逆転する。直前に投入されていたポリターノが浮き球のルーズボールを見事なボレーで蹴り込んだ。 止まらないナポリは61分、ジエリンスキがペナルティアークから反転左足ミドルを叩き込み、リードを広げた。 その1分後、コルパーニにカットインシュートを決められ、すかさず1点差に戻されたが、69分に4点目。ボックス右に侵入したディ・ロレンツォがGK強襲のシュートを放つと、ルーズボールを直前に投入されていたラスパドーリが押し込んだ。 終盤にかけてはナポリが試合をコントロール。4-2のまま試合を終わらせ、勝利を取り戻している。 2024.04.08 00:03 Mon

充実のスカッド誇るインテル、タレミ&ジエリンスキも確保して…次はどこを補強?

インテルの補強戦略をイタリア『カルチョメルカート』が考察する。 2020-21シーズン以来3季ぶりのスクデットに限りなく近づいたインテル。チャンピオンズリーグ(CL)はベスト16でショッキングな敗退を喫するも、シモーネ・インザーギ監督の評判が下がるものではない。強固なチームがそこにある。 気が早いかもしれないが、来季に向けてはポルトのイラン代表FWメフディ・タレミ(31)、ナポリのポーランド代表MFピオトル・ジエリンスキ(29)を実質確保済み。ジュゼッペ・マロッタCEOが“伝家の宝刀”フリー獲得で釣り上げたとされる。 現時点でかなりの充実度を誇るスカッドに対し、(おそらく)最前線と中盤を拡充。では、ここからさらに競争力と刺激を加えるべきポジションとは、どこになるだろうか。 『カルチョメルカート』は「グズムンドソン・スタイル」というワードを創造し、攻撃に彩りをもたらすクラックの獲得を提唱する。 由来はジェノアのアイスランド代表FWアルベルト・グズムンドソン(26)。彼はジェノアで主に2トップの一角を任され、シャドーストライカー気味に自由に動き回るドリブラー。今季はセリエA28試合で11得点3アシストを記録する。 また、下部組織で育てた若手タレントを登用するのも面白いと指摘。インテルからモンツァへ貸し出し中のアルゼンチン代表MFヴァレンティン・カルボーニ(19)は、185cmのスラリとした攻撃的MFで、友好関係にあるモンツァでは途中出場メインながらも定期的にプレーする。先月28日にA代表デビューも飾った新進気鋭の若手だ。 昨夏ボローニャへ完全移籍で売却したU-21イタリア代表MFジョバンニ・ファビアン(21)は、今季がキャリア初のセリエAながらも20試合出場で5得点2アシスト。チームが中盤戦からグングン順位を上げるとともに先発起用も増え、直近7試合で3得点2アシスト…いま最も評価を高める1人だ。 こちらは“2025年夏”に1200万ユーロ(約19億7000万円)の買い戻しオプションが発生する契約となっているが、今夏での復帰はあるだろうか。 このように、グズムンドソン、カルボーニ、ファビアンと並べた『カルチョメルカート』。しかし同時に、インテルはグズムンドソンに確かな関心を寄せつつも、カルボーニは来季も再レンタルさせる方針であると紹介している。 AZの日本代表DF菅原由勢(23)への継続的なリストアップも報じられるインテル。今夏はどう動くだろうか。 2024.04.06 19:10 Sat
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly