「良い文化がなかった」テン・ハグ監督がユナイテッド内部の問題を指摘、チームから外したサンチョにも言及「誰かが一度だけミスを犯したということではない」

2023.09.15 22:45 Fri
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドのエリク・テン・ハグ監督が、チームの中で起こっている問題について言及した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。
PR
2022年夏にユナイテッドの監督に就任したテン・ハグ監督。チームは3位でプレミアリーグを終えるなどし、近年の低迷から脱却し始めている。
今シーズンもチームを率いる中で、クラブには多くの問題が。最もホットな話題は、イングランド代表FWジェイドン・サンチョとの確執問題だ。

中断期間の前に行われたアーセナル戦でサンチョはメンバー外。テン・ハグ監督は「練習態度に問題があった」と語った一方で、サンチョは「不当な扱いを受けている」と主張。公に監督を批判した。

しかし、14日にユナイテッドは声明を発表。サンチョをファーストチームのトレーニングに参加させない方針を決め、個人トレーニングのみ行うとした。
監督との確執が尾をひいており、一部ではテン・ハグ監督とクラブに対して謝罪しない限りはファーストチームには戻れないとされている。

そんな中16日のブライトン&ホーヴ・アルビオン戦に向けた記者会見に出席したテン・ハグ監督がこの問題について言及。1度のミスで厳しく罰することはないとし、ユナイテッドのチーム内に良い文化がなかったと、チームのあり方に問題があると指摘した。

「これはチームの構築、グループの力学に関するものだ。しかし、チームの問題であり、チームが何よりも重要だ」

「このチームでは、誰もが自分の役割を果たし、誰もが異なる。様々なキャラクターがいて、それらのキャラクターをマネジメントしなければいけない。ただ、チームは常に、他のものよりも優先される」

「クラブは私に、昨シーズンが始まる前には良い文化がなかったので、基準を設けるように頼んだ。だから、基準をコントロールするのが私の仕事だ」

「もちろん、誰かが一度だけミスを犯したということではない。厳密なラインについて一定の結果を得るまでの全てのプロセスが重要だ」

「スタッフであれ、選手であれ、誰であれ、一線を越える構造があるのであれば、強くなければいけない」

サンチョはドルトムント時代から酷い遅刻癖があることがわかっており、テン・ハグ監督も対策を練っていたが、徐々にその効果も薄れたとされている。決して1度何かミスをしたということではなく、注意されても改善されないことが問題であり、それを厳しく律せない文化も悪かったようだ。

また、別の問題も発生。ブラジル代表FWアントニーが元恋人へのDV疑惑により捜査対象となっており、他の女性への暴行疑惑も浮上している。そのため、ブラジル代表からは外され、さらに帰国が遅れることも発表されていた。

ピッチ外の問題だらけのユナイテッドだが、テン・ハグ監督はシーズン中に選手を欠くことはあるとし、起用できる選手は問題ないとコメント。アントニーも問題ないとした。

「チームは強く、元気で、良い気分で試合に臨める。彼らは非常に優秀だ。シーズン中に時々挫折したり、選手がケガをしたり、その他の理由で出場できないことだってある。だから、チームを構築する。出場可能な選手は、やる気に満ちている」

「分からない。もちろん、彼はがっかりしているだろうが、大丈夫だろう」

PR
関連ニュース

2週連続途中交代のルーク・ショーが再びの負傷離脱に…このまま今季終了も

マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表DFルーク・ショーが再離脱した。 シーズン当初からケガ人続きで厳しい戦いを強いられるユナイテッド。ショーもその1人で、昨年8月下旬から離脱を余儀なくされ、11月下旬に復帰した。 先週末に行われたプレミアリーグ第25節のルートン・タウン戦も先発したが、45+2分にヴィクトル・リンデロフと交代。診断結果が待たれるところだった。 プレミアリーグ第24節のアストン・ビラ戦に続く途中交代となるなか、ユナイテッドは続報として筋肉系のケガによる長期離脱を明らかにしている。 程度がわかるためにさらなる検査が必要だが、数カ月の離脱見込み。イギリス『スカイ・スポーツ』によると、今季の残り試合全休が予想されるそうだ。 ユナイテッドの左サイドバックではタイレル・マラシアの離脱が長引き、ローン加入のセルヒオ・レギロンもこの冬に退団。バックアップが枯渇している。 また、代表レベルでは来月のイングランド代表活動も不参加が濃厚に。来る夏のユーロ2024参戦も怪しくなった。 2024.02.22 08:55 Thu

グリーンウッドのユナイテッド復帰は閉ざされず…ラトクリフ氏「公正な決断を下す」

元イングランド代表FWメイソン・グリーンウッド(22)のマンチェスター・ユナイテッド復帰の可能性は依然として閉ざされていないようだ。イギリス『The Atletic』が報じている。 ユナイテッド生え抜きの逸材アタッカーとして将来を嘱望される存在だったグリーンウッド。しかし、2022年1月に強姦未遂などの容疑で逮捕。活動が停止させられた。 自身のスポンサーであったナイキとの契約が解消されたほか、クラブからも謹慎処分を受け活動停止。しかし、2023年2月に英国王立検察局(CPS)が「もはや有罪判決の現実的な見込みは無い」と結論付け。訴訟が取り下げられた。 しかし、女子チームやサポーターズトラストなど関係各所からの反発などもあり、当時の最高経営責任者(CEO)であるリチャード・アーノルド氏やグリーンウッド、その家族らとの最終協議の結果、最終的にユナイテッドでのキャリア継続を断念。その後、9月初旬にヘタフェへの1年間のレンタル移籍が発表された。 その新天地では、ここまで公式戦24試合7ゴール5アシストを記録。1年半以上のブランクから順調に試合勘、コンディションを戻している。この活躍によってスペイン国内の強豪クラブが獲得に関心を示しているとの報道も出ている。 しかし、イギリス国内では依然として一部でグリーンウッドに対する拒否反応はあり、同選手自身も現時点での母国帰還は時期尚早との思いもあるようだ。 ただ、先日にクラブの少数株式取得が正式に承認されたサー・ジム・ラトクリフ氏は、グリーンウッドに対する今後の対応を問われると、「我々は決定を下し、その正当性を示すつもりだ」と新たな決断を下す可能性を認めた。 さらに、同選手の状況を慎重に見極めることを条件に、状況次第では再びスカッドの一員として扱う可能性も示唆している。 「彼はマンチェスター・ユナイテッドのプレーヤーであり、我々がフットボール部門を担当している」 「したがって、答えはイエス、我々は決断を下す必要がある。我々が決断を下さなければならないことは明らかだ。ただ、決定がなされたわけではない」 「彼は明らかにレンタル中だが、それは彼だけではない。我々には対処しなければならないフットボーラーが1人か2人いて、決断を下さなければならないし、そうするつもりだ」 「そのプロセスとは、誇大広告ではなく事実を理解し、価値観に基づいて公正な決断を下すことである。そして、彼がマンチェスター・ユナイテッドで誠実にプレーすることができるのか、我々はそれを受け入れることができるのか、ファンはそれを受け入れることができるのか、ということだ」 なお、グリーンウッドとユナイテッドの現行契約は2025年までとなり、1年の延長オプションも付帯している。 2024.02.22 06:00 Thu

リバプールがグエイ獲得レースに参戦へ

リバプールが、クリスタル・パレスのイングランド代表DFマーク・グエイ(23)の争奪戦に参戦する構えだ。イギリス『テレグラフ』が報じている。 ユルゲン・クロップ監督の今シーズン限りでの退任によって今夏の大幅なスカッド刷新も見込まれるリバプール。センターバックに関しては近年負傷が目立つベテランDFジョエル・マティプの退団が濃厚で、少なくとも1人か2人は新戦力を獲得する可能性が高い。 そういったなか、以前から獲得候補の一人として名前が挙がるグエイ獲得に動く構えだ。 チェルシーのアカデミー出身で2021年のパレス加入以降は高い身体能力と安定した技術を武器に、国内屈指の若手センターバックの評価を確立。イングランド代表でも徐々にプレー機会を増やしている。 その逸材はイーグルスと2026年まで契約を残しているものの、新たな契約を結ぶ意思はなく、クラブは今夏のタイミングでの売却を考慮している模様だ。 ただ、同選手に対してはブラジル代表DFチアゴ・シウバの後釜を探す古巣チェルシーに加え、マンチェスター・ユナイテッドが獲得に興味を示している。 とりわけ、ユナイテッドの新スポーツディレクターに就任することが確実なダン・アシュワース氏は、ニューカッスルでも同選手の獲得に動くなどその才能を高く評価しており、リバプールにとっては強力な対抗馬となりそうだ。 2024.02.21 23:01 Wed

中盤の新たな相棒メイヌーをカゼミロが絶賛!「今後数年間プレミアで最高のMFの1人」

マンチェスター・ユナイテッドのブラジル代表MFカゼミロが、チームメイトのU-19イングランド代表MFコビー・メイヌー(18)を称えた。クラブ公式サイトが伝えた。 下部組織育ちのメイヌーは、シーズン序盤ケガで出遅れたものの、復帰して以降はカゼミロらの離脱の機会を活かして一気に序列を高めた。1日に行われたプレミアリーグ第23節ウォルバーハンプトン戦では、3-3の同点とされた試合終了間際に劇的な勝ち越しゴールを決め、勝利の立役者となっていた。 1月末に戦線復帰し、メイヌーと中盤でコンビを組むようになったカゼミロは、クラブの企画である「TeamViewer Diaries」で若き逸材についてコメント。その能力や姿勢を絶賛している。 「まずはコビーに賛辞を贈りたい。彼はまだ18歳なのに、マンチェスター・ユナイテッドのようなクラブですでにスタメンだ」 「簡単なことではないし、大きなプレッシャーが伴う。しかし、ユナイテッドは今後数年間、容易にトッププレーヤーを抱えることができる。彼はトッププレーヤーだし並外れている。謙虚でハードワークもする。人の話もよく聞くし、素晴らしい選手だ」 「一緒にプレーしているからわかる。マンチェスター・ユナイテッドは今後数年間プレミアリーグで最高のミッドフィルダーの1人を擁するだろう」 「僕らは彼の価値をよく理解する必要があると思う。彼は素晴らしい選手だ。彼が僕らの味方でとても嬉しい。彼が今と変わらず真っ直ぐ前を向き続ける限り、僕らはここユナイテッドで何年もの間、素晴らしい選手と過ごすことができるだろう」 また、ユナイテッドに移籍するまでレアル・マドリーで数々の栄光を手にしてきたカゼミロは、これまでの経験を踏まえてメイヌーにアドバイスを送っていることも明らかにした。 「もちろん、それは長く険しい道のりだ。僕はいつも『物事は簡単ではない。常に努力しなければならない』と彼に伝えるようにしている。常により多くを望む必要がある。それがフットボールだ」 「だけど、彼が真っ直ぐ前を向いているのはわかる。素晴らしい選手だ。我々は間違いなく、長い間素晴らしい選手を味方につけることになるだろう」 2024.02.21 16:54 Wed

ユナイテッドの32歳コーチ・ラムジー氏が監督業挑戦で退団へ

マンチェスター・ユナイテッドのアシスタントコーチ兼セットプレーコーチ、エリック・ラムジー氏(32)が監督業へ進むようだ。 ラムジー氏はウェールズ出身の現在32歳。MFクリスティアン・エリクセンやMFカゼミロと同い年の氏は、史上最年少でUEFAプロコーチライセンスを取得、21歳でスウォンジーU-18の指揮を任されたところから指導者キャリアを歩み始めた。 スウォンジー退団後はシュルーズベリー(イングランド3部)とチェルシーU-23のアシスタントコーチを経て、2021-22シーズンからユナイテッドへ。昨年3月〜9月にかけてはウェールズ代表のアシスタントコーチも兼任した。 また、ユナイテッドでは語学力を活かして通訳的役割も。スペイン語とフランス語を流暢に話すことができ、DFラファエル・ヴァランやMFカゼミロの適応に大きく貢献した。 イギリス『フットボール・インサイダー』によると、ラムジー氏はメジャーリーグ・サッカー(MLS)のミネソタ・ユナイテッドFCで指揮官に就任するのが確実とのこと。20日にユナイテッドを含めた3者協議が行われ、近々完全合意に達するとみられている。 就任が実現した場合、ラムジー氏は育成年代以外で初の監督業となり、MLS最年少の指揮官になる。 ミネソタはプレミアリーグでも活躍したフィンランド代表FWテーム・プッキが絶対的エース。2023シーズンのMLSは11位でフィニッシュし、2024シーズンのMLS開幕節を25日(オースティンFC戦)に控えている。 2024.02.21 13:20 Wed
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly