「レジェンド2人」「素晴らしい2人」バルサのレジェンドで元同僚プジョールが緊急来日? イニエスタを訪問し2ショット「会えて嬉しい」

2023.04.22 22:15 Sat
Getty Images
今夏来日する可能性があると報じられているバルセロナだが、クラブのレジェンドが既に来日していた。
PR
スペイン『ムンド・デポルティボ』はバルセロナが来日の計画を立てていると報じ、アンドレス・イニエスタと連絡を取っているとしていた中、そのイニエスタをレジェンドが訪問していた。
イニエスタが所属するヴィッセル神戸は、昨シーズンまでスポンサーでもあった楽天との関係もあり、バルセロナとの関係が強い。現在はイニエスタ、そして下部組織育ちのMFセルジ・サンペールが所属。過去にも、FWダビド・ビジャ、FWボージャン・クルキッチ、DFトーマス・フェルマーレンとバルセロナでプレーした選手たちが所属していた。

今回来日しているのは、元スペイン代表DFカルレス・プジョール氏。バルセロナ一筋の元キャプテンで、イニエスタとはバルセロナでもスペイン代表でもチームメイトとして多くの成功を収めてきた仲だ。

プジョール氏は自身のインスタグラムを更新。神戸の港をバックにイニエスタと肩組み2ショットを投稿。「偉大な、何よりも偉大な友人と。アンドレス・イニエスタに会えて嬉しい。全て最高だ」と投稿していた。
2010年の南アフリカ・ワールドカップを制したチームメイトでもある2人のショットには「素晴らしい2人」、「最高のチャンピオンたち」、「大好きだ」、「レジェンドが2人」とスペインからのコメントが多く寄せられている。

果たしてこれはバルセロナ来日と何か関係があるのか。プジョール氏はストリーズではラーメンを食べたことも報告しており、日本での束の間の時間を楽しんでいるようだ。




PR
1 2
関連ニュース

柏が敵地で王者神戸を撃破! 新戦力の木下が83分決勝弾【明治安田J1第2節】

2日、明治安田J1リーグ第2節のヴィッセル神戸vs柏レイソルがノエビアスタジアム神戸で行われ、柏が0-1で競り勝った。 連覇を目指す神戸は開幕戦で昇格組のジュビロ磐田から順当に勝利。対する昨季残留争いの柏が王者相手に狙うは今季初白星。開幕戦は京都サンガF.C.と対戦し、後半ATの被弾でドロー発進…エース細谷に今季初ゴールも欲しい。 体調不良の吉田監督に代わって菅原コーチが指揮する神戸。開幕戦と同じ先発11人を並べたなか、10分、扇原のFKに山川が頭で合わせてファーストシュート。惜しくもゴール左へ外れる。 柏のポゼッションに対してカウンター主体で先制点を狙うなか、右ウイングの佐々木が積極的に最終ライン背後へスプリント。ファーストシュートに繋がったFKも佐々木が獲得したものだ。 柏も神戸同様、開幕戦と同じ先発11人。24分、自陣でのボール奪取から相手を連続で“剥がして”ロングカウンターを発動すると、最後はCKを獲得。これを機に流れを引き寄せ、直後には敵陣深くのハイプレスでショートカウンターも。 そんななか、やや劣勢の神戸にアクシデント。汰木が接触プレーで痛めて交代を余儀なくされる。33分、ジェアン・パトリッキがピッチへ入る。 その神戸は36分、センターサークル付近で扇原が柏の縦パスをカット、拾った山口を経由し前を向いた大迫が佐々木へスルーパス。佐々木はボックス右から右足を振るもゴール左へ外れる。汰木交代は痛いが、ここに来てギアが上がり、攻撃にも“らしさ”が現れる。 しかし、ゴールレスで折り返した後半立ち上がりに再びアクシデント。51分、積極性が光った佐々木が痛め、武藤との交代に。武藤が今季初出場となった一方、神戸はこの時点で残りの交代可能回数が1回となった。 60分過ぎからオープンな展開となりながらも、決め手を欠く両チーム。柏は67分、白井・山田・小屋松を下げ、島村・土屋・木下をピッチへ。今季加入の島村がJ1デビューとなったなか、細谷&木下の2トップに変更する。 柏としては、前半から引き続きポゼッションで上回り、敵陣深くまで運ぶことはできるが、堅守神戸を上回る一手には乏しく、結果的に攻守を繰り返す展開。 神戸は試合も終盤に差し掛かる80分、最初の戦術的交代として、扇原を下げて宮代を投入。こちらも大迫&宮代の2トップに変更し、[4-4-2]のミラーゲームと化す。 そうなると、神戸と柏、互いに選手の守備位置を外した“動き出し”が重要となるわけだが、これを繰り出したのが柏。試合終盤、アウェイチームが王者相手に均衡を破る。 83分、後方からのロングボールを右サイドに流れた細谷が回収すると、粘って潰れ、追い越した島村にボールが渡る。ボックス右外まで運んだ島村が中央へラストパスを送り、これに途中出場の木下が右足シュートで応え、GK前川の手をかすめてゴール右隅へと吸い込まれた。 追い込まれた神戸は猛攻へ。後半アディショナルタイム3分、二次攻撃から酒井が右からクロスを上げると、飛び込んだジェアン・パトリッキのヘディングシュートは惜しくもゴール右へ。 続く90+4分にはエース大迫がゴール前でドンピシャヘッド。今度は枠をとらえるも、柏GK松本のファインセーブに遭う。最終盤に来てようやく決定機を迎えた神戸だが、結局最後まで1点が遠く、0-1でタイムアップ。王者は第2節にして今季初黒星となった。 柏は昨季2戦2分けの王者から勝ち点「3」。接戦をモノにし、開幕1勝1分けとした。 ヴィッセル神戸 0-1 柏レイソル 【柏】 木下康介(後38) 2024.03.02 15:05 Sat

ホーム開幕戦の神戸、吉田孝行監督が体調不良で不在…菅原智コーチが暫定的に指揮

ヴィッセル神戸は2日、同日に行われる明治安田J1リーグ第2節の柏レイソル戦における指揮について発表した。 ホーム開幕戦となる神戸だが、吉田孝行監督が体調不良で不在に。この試合では菅原智コーチが暫定的に指揮を執るという。 連覇を目指す神戸は先のジュビロ磐田戦を2-0で制し、白星スタート。今節は連勝がかかっている。 2024.03.02 10:30 Sat

神戸がリンコンと双方合意で契約解除 昨年復帰も序列上がらず

ヴィッセル神戸は1日、FWリンコン(23)と双方合意による契約解除を発表した。 リンコンは2021年に母国クラブのフラメンゴから完全移籍加入し、1年目は公式戦18試合で1ゴール。翌年は公式戦13試合で3ゴールだったが、同年夏にブラジル2部のクルゼイロECに期限付き移籍した。 昨年3月からは神戸に戻り、公式戦10試合で4ゴールだったが、年々と出番を減らすなか、契約解除による退団が決まった。 2024.03.01 15:15 Fri

2024-25シーズンのACLEとACL2の出場クラブが決定! 神戸、横浜FM、川崎FがACLE、広島がACL2に

日本サッカー協会(JFA)は29日、2024-25シーズンのAFCチャンピオンズリーグエリート(ACLE)とAFCチャンピオンズリーグ2(ACL2)に出場する日本のクラブを発表した。 ACLは2023-24シーズンから大会の開催時期を変更していた中、2024-25シーズンからはさらに大会の方式が変更。今までなかったACL2が誕生し、今までの大会はACLEとして開催されることとなった。 JリーグからはJ1の上位2チームと天皇杯の優勝クラブがACLEに参加。これまでACLのプレーオフに回っていたJ1の3位チームはACL2に回ることになっていた。 2024-25シーズンは、ACLEにJ1王者のヴィッセル神戸、2位の横浜F・マリノス、そして天皇杯王者の川崎フロンターレが参加。ACL2にはJ1で3位のサンフレッチェ広島が参加することとなる。 神戸は過去2度ACLに出場しており、2020年に記録したベスト4が最高位。横浜FMは2023-24シーズンで唯一Jリーグ勢として勝ち上がっており、クラブ史上初のベスト8まで残っている。 川崎Fは11回目の出場となり、4大会連続の出場に。広島はACLに過去5度出場しており、ベスト16を2回記録している。 2024.02.29 17:45 Thu

神戸MF井出遥也が右ハムストリング肉離れで全治6~8週間…FUJIFILM SUPER CUPの川崎戦で負傷

ヴィッセル神戸は27日、MF井出遥也の負傷を報告した。 井出は17日に行われたFUJIFILM SUPER CUP 2024の川崎フロンターレ戦で負傷。神戸市内の病院で検査を行った結果、右ハムストリングの肉離れと診断されたとのことだ。全治は受傷日から6~8週間の見込みとなっている。 千葉県出身の井出は、ジェフユナイテッド千葉、ガンバ大阪、モンテディオ山形、東京ヴェルディを経て、2023シーズンから神戸に加入。昨シーズンは明治安田J1リーグで18試合に出場しており、リーグ優勝を決めた第33節の名古屋グランパス戦では貴重な先制ゴールを挙げていた。 2024.02.27 13:30 Tue
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly