フランクフルトがエクアドルの逸材CBパチョ確保へ! エンディカ後釜に

2023.03.23 06:30 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フランクフルトが、ロイヤル・アントワープに所属するエクアドル代表DFウィリアム・パチョ(21)を獲得することになるようだ。

フランクフルトは、バックラインの主力を担ってきたフランス人DFエヴァン・エンディカが契約満了によって今夏退団が確実視される。

これにより、同選手に代わる新たなセンターバックの獲得に動いていたクラブは、昨夏にポルトガル人DFアウレリオ・ブタを獲得したアントワープから若手逸材を確保したようだ。
ドイツの移籍市場に精通するジャーナリストのフロリアン・プレッテンベルク氏によると、モナコやレンジャーズも関心を示したパチョ獲得に向けてフランクフルトは、900万ユーロ(約12億8000万円)の条件で合意を取り付けたという。

また、個人間では細かい条件は不明も、長期契約での合意に至っているようだ。

近年、多くの逸材を輩出する母国のインデペンディエンテ・デル・バジェでプロキャリアをスタートしたパチョは、昨年1月にアントワープへ完全移籍で加入。今シーズンはリーグ戦29試合に出場するなど、元ベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルトと共にセンターバックのレギュラーを担い、リーグ最少失点の堅守を牽引。

187cmの左利きのセンターバックは、エンディカの後釜候補ということもあり、スピードやパワーといったアスリート能力の高さが最大の特長。また、粗削りではあるものの、左足のフィードや積極的なドライブなど攻撃面でも伸びしろ十分だ。

関連ニュース
thumb

日本語で「私の兄」鎌田大地とフランクフルト同僚の掛け合いが話題「尊い」「かわいすぎる」

フランクフルトの日本代表MF鎌田大地とマリ代表DFアルマミー・トゥーレがSNSでも仲の良さを見せている。 2019-20シーズンからフランクフルトで一緒にプレーしている2人。昨シーズンにはともにヨーロッパリーグ(EL)制覇にも大きく貢献していた。 ただ、2人とも今シーズン限りでフランクフルトとの契約が満了。今夏に退団することが決まっている。 そんな中、28日にトゥーレが自身のツイッターを更新。フランクフルトのベンチで鎌田と並んで座っている写真を添えると、「この写真にタイトルをつけて」と投稿。さらに鎌田のアカウントをメンションしながら、「私の兄」と日本語で綴った。 鎌田の笑顔が印象的な1枚だが、これに鎌田本人も「僕より年上じゃん」とコメント。26歳の鎌田が27歳のトゥーレにツッコんでいた。 2人のやり取りには、ファンも「尊い」、「トゥレかわいすぎる」、「なんだかんだちゃんと返信するカマダやっぱりツンデレでかわいい」と反応している。 今シーズン残すはDFBポカール決勝のみとなったフランクフルト。仲良し2人はチームにタイトルという最高の置き土産を残せるだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】鎌田の笑顔が印象的!トゥーレがお題に使ったベンチでの1枚</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"> <a href="https://twitter.com/sagantos24?ref_src=twsrc%5Etfw">@sagantos24</a> 私の兄 <a href="https://t.co/szEdjXfIft">pic.twitter.com/szEdjXfIft</a></p>&mdash; Almamy Touré (@A_Toure38) <a href="https://twitter.com/A_Toure38/status/1662779202729390085?ref_src=twsrc%5Etfw">May 28, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.05.29 20:10 Mon
twitterfacebook
thumb

鎌田大地のミラン移籍話がさらに加速! 7日後にメディカル、2028年までの契約か

日本代表MF鎌田大地(26)のミラン移籍が現実味を帯びているようだ。 今季をもってフランクフルトを去る鎌田。昨季のヨーロッパリーグ優勝に大きく貢献したほか、今季も公式戦46試合で16ゴールを決める選手とあって、欧州各国のクラブが目を光らせるといわれるが、最近はミラン行きの話で一色だ。 そんな鎌田の去就はやはりミラン移籍で決着に迫っているという。移籍市場に精通するイタリア人記者のファブリツィオ・ロマーノ氏いわく、すでに基本合意のミラン側も楽観視。ただ、サインするまで注意を払ってもいるとのことだ。 となれば、気になるのが今後の鎌田だが、予定どおりなら7日後にもメディカルチェックを受けるとも。ドイツ『Sport1』が報じたところによると、契約は2028年6月までになる模様だ。 ミラン加入となれば、本田圭佑以来となるが、そのときが近づいているようだ。 2023.05.29 10:55 Mon
twitterfacebook
thumb

鎌田アシストのフランクフルトに逆転負けのフライブルク、CL出場権獲得ならず《ブンデスリーガ》

フライブルクは27日、ブンデスリーガ最終節でフランクフルトとのアウェイ戦に臨み、1-2で敗れた。フライブルクのMF堂安律はフル出場、フランクフルトのMF鎌田大地はフル出場、DF長谷部誠は71分までプレーしている。 前節ヴォルフスブルク戦を勝利した5位フライブルク(勝ち点59)は、チャンピオンズリーグ出場権の得られる4位ウニオン・ベルリンと同勝ち点で並ぶ中、堂安が[3-4-2-1]の2シャドーの一角で先発となった。 鎌田が2戦連発中の8位フランクフルト(勝ち点47)に対し、フライブルクは7分に先制のチャンス。CKの流れから堂安がゴールエリア右まで侵入して折り返し、ラインハルトがシュートに持ち込んだが、枠の上に外してしまった。 自陣に構えながら好機を待つフライブルクは38分、ゲッツェのコントロールシュートをゴールカバーに入ったギンターが好クリアで凌ぐと、44分に先制する。右サイドからのサライのクロスをファーサイドのグリフォがヘッドで押し込んだ。 迎えた後半もフライブルクは自陣に引きながら対応。うまく時間を消化していった中、終盤の79分のピンチではGKフレッケンがコロ・ムアニのゴール至近距離からのヘディングシュートをセーブ。 しかし83分、鎌田の右クロスからコロ・ムアニのヘディングシュートが決まって同点とされてしまう。さらに追加タイムにエディンベのゴールを許して逆転されたフライブルクは1-2で逆転負け。 ウニオン・ベルリンがブレーメンに勝利したことで5位フィニッシュとなり、CL出場権獲得はならなかった。 2023.05.28 01:03 Sun
twitterfacebook
thumb

フランクフルト、DFマックスの買取OP行使で2026年まで契約

フランクフルトは26日、PSVに所属するドイツ代表DFフィリップ・マックス(29)の買い取りオプションを行使したことを発表した。2026年6月まで契約を結んでいる。 アウグスブルクで頭角を現した左サイドバックを主戦場とするマックスは、今年1月にPSVからフランクフルトに買い取りオプション付きのレンタルで加入。 4月半ば以降はハムストリングの負傷によって欠場が続いているが、加入直後から試合に絡み、ブンデスリーガ9試合、チャンピオンズリーグ2試合に出場していた。 2023.05.26 22:30 Fri
twitterfacebook
thumb

フランクフルト、昨季EL制覇に貢献のCBアルマミー・トゥーレが今季限りで退団…

フランクフルトは25日、マリ代表DFアルマミー・トゥーレ(27)の今シーズン限りでの退団を発表した。 トゥーレは2019年1月にモナコから完全移籍で加入。ここまでセンターバックや右サイドバックを主戦場に、公式戦80試合に出場し、3ゴール6アシストを記録。昨シーズンはヨーロッパリーグのバルセロナとの準々決勝2ndレグから4試合連続でスタメン出場し、優勝に大きく貢献していた。 だが、今シーズンはハムストリングや筋肉系のトラブルに見舞われ、ここまで公式戦8試合の出場にとどまっていた。 スポーツディレクターを務めるマルクス・クレシェ氏は、契約満了に伴いクラブを離れることが決定した27歳DFへの感謝を口にしている。 「アルマミーは近年アイントラハトで多くの経験を積んできており、彼が必要なときはいつでも頼ることができた。彼がピッチに立って自分の役割を果たしたセビージャでの勝利は、明らかに記憶の中に長く残るだろう。我々は彼にとても感謝しており、彼の将来のキャリアが最高のものになることを願っている」 2023.05.26 05:30 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly