オセールがアルジェリア代表DFゼダドゥカをレンタル! 今季リール加入もポジション争いで苦戦

2022.12.10 05:45 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
オセールは9日、リールからアルジェリア代表DFアキム・ゼダドゥカ(27)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は「13」に決定している。

今夏、ローマに旅立ったトルコ代表DFメーメト・ゼキ・チェリクの後釜として加入したゼダドゥカ。しかし、今季ここまではU-21フランス代表DFバフォデ・ディアキテとのポジション争いで苦戦を強いられ、リーグ戦8試合1ゴールも先発出場は3試合にとどまっていた。

ナポリが保有権を持つMFカリム・ゼダドゥカを弟に持つゼダドゥカは、イストレやRCランス、マリニャーヌ・ジニャックといった故郷フランスのクラブを渡り歩き、2019年に当時リーグ・ドゥに所属していたクレルモンに加入。
主力としてリーグ・アン昇格に貢献すると、昨シーズンは自身初の1部の舞台でリーグ全試合に出場し、3アシストを記録。チェリクの後釜に指名されたように推進力のある攻撃的なサイドバックだが、一対一の対応を含め守備でも貢献できる安定したサイドプレーヤーだ。

関連ニュース
thumb

リールが元フランス代表GKコスティルを補強、今季はオセールで正守護神務める

リールは26日、オセールから元フランス代表GKブノワ・コスティル(35)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月まで、背番号は「25」に決まった。 コスティルはカーンの下部組織育ち。18歳でカーンのファーストチームに昇格すると、ヴァンヌ、スダン、スタッド・レンヌ、ボルドーでプレー。2022年7月にオセールに完全移籍で加入した。 今シーズンはリーグ・アンで19試合に出場し、正守護神として活躍していた。 世代別のフランス代表歴もあり、2014年からはフランス代表にも招集。控えという立場ながら、ユーロ2016では準優勝を経験。わずか1試合しか出場はないものの、2021年にも招集を受けていた。 リールでは、ここまで21歳のGKリュカ・シュヴァリエが正守護神を務めていた中で、成長を促すための貴重な補強であるとクラブは説明している。 コスティルはクラブを通じてコメントしている。 「フランス最大のクラブのひとつであるこの壮大なクラブに、素晴らしいチームと素晴らしいプロジェクトと共に参加できることをとても嬉しく思う。これは、僕にとって別のレジスターでの新しい挑戦でもある。リュカ・シュヴァリエと一緒なら、良い仕事ができると思う。他のゴールキーパーやコーチと一緒に楽しみたい」 「最後に、サポーターの皆さんに、僕は本当にうまくやりたいと思っていること、そしてシーズンの終わりに僕たち全員が幸せになることを願っていることを伝えたいと思う。僕たちがお互いを知り、感謝することをすぐに学ぶことを願っている」 2023.01.27 10:15 Fri
twitterfacebook
thumb

インテルGKラドゥがオセールにレンタル! 今季前半戦はクレモネーゼでプレー

オセールは25日、インテルからルーマニア代表GKヨヌーツ・ラドゥ(25)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は「1」に決定している。 ラドゥは昨夏、セリエA昇格のクレモネーゼに1年間のレンタル移籍で加入。ここまで公式戦10試合に出場していたが、昨年10月初旬に負傷して以降は、U-21イタリア代表GKマルコ・カルネセッキとの序列が入れ替わっていた。 ラドゥは、ディナモ・ブカレストの下部組織出身で、ペルゴレッテーゼを経て、2013年8月にインテルの下部組織に加入。2016年7月にトップチームへと昇格していた。 しかし、元スロベニア代表GKサミル・ハンダノビッチの牙城を崩せず、ここまでアヴェッリーノ、ジェノア、パルマへと武者修行を繰り返していた。昨シーズンはインテルで公式戦2試合に出場も、セリエA終盤戦のボローニャ戦での痛恨のミスが大きくクローズアップされていた。 2023.01.26 22:51 Thu
twitterfacebook
thumb

マルセイユの若手DFトゥーレがオセールへ武者修行へ! 昨夏加入した206㎝の超大型CB

オセールは3日、マルセイユからU-19フランス代表DFイザーク・トゥーレ(19)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は「95」に決定している。 トゥーレはフランス代表のMFポール・ポグバや、DFフェルラン・メンディ、アルジェリア代表MFリヤド・マフレズらが過去に在籍していたことで知られる育成の名門ル・アーヴル育ちの206cmの大型センターバック。 2020年8月にトップチームデビューを飾ると、2021-22シーズンのリーグ・ドゥ(フランス2部)では17試合に出場。その規格外のサイズを生かした圧倒的な空中戦の強さに加え、線の細さアジリティにこそ難はあるものの、スピードにも優れるフィジカルモンスター。さらに、サイズの割に足元の技術にも優れており、長いリーチを生かした最後尾からのドライブや、左足のフィードにも伸びしろを感じさせる。 マンチェスター・シティも関心を示したトゥーレは昨夏にマルセイユへ加入したものの、ここまでリーグ戦5試合の途中出場にとどまっており、クラブは更なる成長を促すためにオセールへ武者修行に出すことを選択した。 <span class="paragraph-title">【画像】超大型CBがオセールへ武者修行に</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr"> Isaak Touré prêté à l’<a href="https://twitter.com/AJA?ref_src=twsrc%5Etfw">@AJA</a> <br><br>Le jeune défenseur central de 19 ans est prêté par l’<a href="https://twitter.com/OM_Officiel?ref_src=twsrc%5Etfw">@OM_Officiel</a> jusqu’à la fin de la saison, sans option d’achat.<br><br>Plus d’infos <a href="https://t.co/166Isvlszt">https://t.co/166Isvlszt</a><a href="https://twitter.com/hashtag/TeamAJA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#TeamAJA</a></p>&mdash; AJ Auxerre (@AJA) <a href="https://twitter.com/AJA/status/1610229966557401090?ref_src=twsrc%5Etfw">January 3, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2023.01.03 22:42 Tue
twitterfacebook
thumb

モナコが17歳新星ベン・セギルのデビュー弾2発で再開初戦勝利! 南野拓実はPK奪取も前半のみの出場に《リーグ・アン》

リーグ・アン第16節、オセールvsモナコが28日にアベ・デシャンで行われ、アウェイのモナコが2-3で勝利した。なお、モナコのFW南野拓実は先発出場し、前半終了までプレーした。 マルセイユとの上位対決に敗れてリーグ6位でカタール・ワールドカップ中断期間に入ったモナコ。約1カ月ぶりに再開された2022年ラストゲームでは17位のオセールとアウェイで対戦した。 この再開初戦ではW杯帰りの南野が左サイドハーフで先発起用となり、ディザジとフォファナのフランス代表コンビはベンチスタートも、エンボロやヤコブスがスタメンに入った。 立ち上がりからボールの主導権を握るモナコだが、相手のコンパクトな[4-5-1]の守備に苦戦。南野はサイドに張ることなく中央やライン間でボールを受けながら2トップとの連携を試みるが、チーム全体の機能不全もあって存在感を示せない。 20分過ぎにようやくオセールにファーストシュートが生まれるなど、クローズな展開が続く中で半ば過ぎにスコアが動く。ボックス内での競り合いでPKを獲得したオセールは、キッカーのニアンが冷静に中央に蹴り込んで30分の先制点とした。 一方、失点直後のカマラの直接FKでようやくファーストシュートを放ったモナコは、攻撃が停滞したまま前半終了かに思われたが、ボックス内で足元にボールを収めた南野がDFメンサーのファウルを誘ってPKを獲得。これをキッカーのベン・イェデルが冷静に決め切って前半の内に追いついた。 1-1のイーブンで後半に臨んだモナコだが、やはりクレメント監督は攻撃面の出来に満足しておらず、ハーフタイムに3枚替えを敢行。その中で南野はベン・イェデルと共にベンチへ下げられ、代わってゴロビンやフォファナという主力が投入された。 すると、ハーフタイムの修正と共にこの選手交代が完璧に嵌る。58分、カウンタープレスからゴロビンがボックス手前でパスカット。カマラとのパス交換からボックス左に走り込むベン・セギルに絶妙なラストパスを送ると、リーグデビューの17歳MFが左足のシュートをゴール右隅に流し込み、値千金のデビュー戦ゴールとした。 17歳の新星の活躍で試合を引っくり返したアウェイチームは以降も危なげなく試合をコントロール。だが、68分にはオセールの左CKの場面でクリアをし損ねたフォファナのオウンゴールで追いつかれてしまう。 その後、ディザジとヴァンデウソンと主力をピッチに送り込んだモナコだが、追いつかれて以降は中盤での細かいミスが目立つなどリズムを掴み切れない。だが、ゴロビンと共に後半の攻撃を牽引していた新星がまたしても決定的な仕事を果たした。 85分、自陣ボックス付近からのロングカウンターでボックス手前左でボールを受けたベン・セギルが複数のDFを前にカットインを仕掛けて右足を一閃。ブレ球気味となったシュートがゴール右上隅の完璧なコースに突き刺さった。 そして、ベン・セギルの2点目を今度こそ守り切ったモナコがオセールとのシーソーゲームを3-2で制し、再開初戦を白星で飾ると共に2022年を勝利で締めくくった。 2022.12.29 02:57 Thu
twitterfacebook
thumb

リーグ・アン無敗でブレイクへ! PSG指揮官が5発快勝締めに「素晴らしい午後」

パリ・サンジェルマン(PSG)のクリストフ・ガルティエ監督が胸を張った。クラブ公式サイトが伝えている。 13日のリーグ・アン第15節でオセールをホームに迎え撃った首位のPSG。11分にFWキリアン・ムバッペが先制ゴールを決めると、試合終了までにMFカルロス・ソレール、DFアクラフ・ハキミ、MFレナト・サンチェス、FWウーゴ・エキティケも続いて、5-0と快勝した。 カタール・ワールドカップ(W杯)のブレイク前最終戦も勝利して、これで5連勝の開幕15戦負けなし。ガルティエ監督は試合を振り返るなかで、同じく5連勝で2位につけるRCランスを警戒しつつ、自チームの現状に満足した。 「そうだね。素晴らしい午後だった。日曜日の午後で、満員の観客に、賛辞もあったね。そして何より勝つのが一番だった。RCランスが我々の後ろに張りついており、信じられないほどの勝ち点を稼いで非常に良い2位のポジションにいる」 「我々は非常にプロフェッショナルで、非常に集中する必要があった。選手たちはプロフェッショナルで、献身的で、決意もあったね。もちろん、あっという間に先制すれば試合の流れが変わるが、今回ばかりはハーフタイムが役立ったよ」 「そして、5つのゴールを5選手が決めてくれた。3-0にして相手の様子が目に入った瞬間から、私はどの選手を休ませるかとそればかりを考えていたんだ」 2022.11.14 11:25 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly