宮崎のMF小野寺達也が現役引退、小林悠、太田宏介、ぺこぱ・シュウペイとは高校の同期「自分が納得できるまでプレーする事ができました」

2022.12.09 19:28 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
テゲバジャーロ宮崎は9日、MF小野寺達也(35)が現役引退することを発表した。

小野寺は神奈川県出身で、麻布大学附属渕野辺高校から拓殖大学へと進学した。

高校時代は元日本代表DF太田宏介(FC町田ゼルビア)、FW小林悠(川崎フロンターレ)、お笑いコンビ・ぺこぱのシュウペイと同期で、小林とは大学でもサッカー部で共にプレーした。
2010年に栃木SCに入団。2016年にはV・ファーレン長崎へと完全移籍すると、2017年にギラヴァンツ北九州へと期限付き移籍。2018年に完全移籍した。

2019年には当時JFLの宮崎に完全移籍。2020年にはチームのJ3昇格に貢献していた。

J2通算122試合6得点、J3通算35試合出場。JFLでは40試合で1得点を記録した。

小野寺はクラブを通じてコメントしている。

「2022シーズンをもって、現役を引退することに決めました。サッカーをする事が中心の生活から離れるのは少し寂しいですが、自分が納得できるまでプレーする事ができました」

「これまでプレーしてこられたのは共に戦ってくれたファン・サポーターの皆様、チームメイト、監督、スタッフ、スポンサーの皆様、自分に関わって下さったすべての方々のおかげです」

「栃木SC、V・ファーレン長崎、ギラヴァンツ北九州、テゲバジャーロ宮崎でプレーができてとても幸せでした。本当にありがとうございました」

「サッカーを通じて色々な事を学び、出会えた人が自分の宝物です。今後も大好きなサッカーと向き合っていきたいと思います」

「最後に、どんな時でも1番近くで支え続けてくれた家族に感謝しています。13年間ありがとうございました」

なお、小野寺は強化部スタッフに就任することも決定。コメントを寄せている。

「2023年シーズンより、強化担当スタッフをさせて頂く事になりました。来年もテゲバジャーロ宮崎の一員として戦える事を嬉しく思います」

「クラブに貢献できるように精進していく所存です。宜しくお願い致します」

関連ニュース
thumb

「夢にまで見た」「カッコ良すぎるやろ!」宮崎が新ユニフォーム発表!斜めのラインが大好評「良いデザイン」「強すぎる」

テゲバジャーロ宮崎は27日、2023シーズンの新ユニフォームを発表した。 2021シーズンにJリーグに参入した宮崎は、旋風を巻き起こして3位フィニッシュ。2022シーズンは9位でシーズンを終えていた。 2023シーズンに向けては昨シーズン途中からガンバ大阪を率いていた松田浩監督が就任。新たなスタートとなる中、ユニフォームはヨネックスが引き続きサプライヤーを務める。 デザインのコンセプトは「真摯な姿勢でブレずにまっすぐ進んでいくという想いを込めたライン」が入ることに。今期はその想いをさらに太く力強くしました。斜めのラインには、困難にも立ち向かい、右肩上がりで成長するという意味を表現している。 タスキにも見えるこのラインにはクラブ、サポーター、ホームタウン、スポンサー…みなさまの力と想いを掛けて戦う姿を象徴している。 ホームユニフォームはクラブカラーの白をベースにピンクのライン、アウェイはオレンジをベースに紺のラインが入っている。 GKのホームは黄色に紺のライン、アウェイは紫に紺のラインが入っている。 ファンは「斜めライン素敵」、「めっちゃカッコいい!」、「良いデザイン」、「強すぎる」、「夢にまで見たタスキ掛け」、「デザインカッコ良すぎるやろ!」とコメント。また、スポンサーにZOZOが入ったことも大きなサプライズとなったようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】宮崎の新ユニフォームはタスキがけのライン!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">2023シーズン 公式ユニフォームおよびユニフォームスポンサー決定のお知らせ<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%86%E3%82%B2%E3%83%90?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#テゲバ</a><a href="https://t.co/oY5ODUqLeJ">https://t.co/oY5ODUqLeJ</a></p>&mdash; テゲバジャーロ宮崎【公式】 (@55tegevajaro) <a href="https://twitter.com/55tegevajaro/status/1618822616432918528?ref_src=twsrc%5Etfw">January 27, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">2023 オーセンティックユニフォームの第一次販売受付について<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%86%E3%82%B2%E3%83%90?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#テゲバ</a><a href="https://t.co/jEeNysi3a0">https://t.co/jEeNysi3a0</a></p>&mdash; テゲバジャーロ宮崎【公式】 (@55tegevajaro) <a href="https://twitter.com/55tegevajaro/status/1618822884864163842?ref_src=twsrc%5Etfw">January 27, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.27 13:50 Fri
twitterfacebook
thumb

G大阪、今季プロ入りの南野遥海が宮崎に1年レンタル! 昨季デビューの世代別代表FW

テゲバジャーロ宮崎は13日、ガンバ大阪からFW南野遥海(18)の期限付き移籍加入を発表した。加入期間は2024年1月31日まで。同期間中、G大阪との全公式戦に出場できない。 南野は世代別の日本代表に名を連ねる左利きのストライカー。昨季の5月中旬にトップチームで新型コロナウイルスの感染者が相次いだのをきっかけに片野坂知宏前監督から抜擢され、デビューを果たすなど、公式戦8試合に出場した。 そして、今季からトップチームに正式昇格となるはずだったが、9日のキックオフイベントでG大阪の取締役の和田昌裕氏から期限付き移籍で調整中との旨が話され、宮崎に1年レンタルとなる運びとなった。 今季の宮崎は昨季途中からG大阪を率いた松田浩氏が新指揮官に就任。そんな宮崎での武者修行決定を受け、クラブの公式サイトを通じて、意気込みを語っている。 「テゲバジャーロ宮崎でプレーすることになりました南野遥海です。チームを勝たせるプレーが出来るように日々努力します。選手、サポーター、クラブが一丸となって戦いましょう! よろしくお願いします!」 一方のG大阪を通じては「テゲバジャーロ宮崎に期限付き移籍することになりました。成長してガンバ大阪でプレー出来るように宮崎で得点を量産してきます! 頑張ってきます!」とコメントした。 2023.01.13 10:25 Fri
twitterfacebook
thumb

宮崎が長崎からFW山崎亮平を獲得! 「自分の全てを捧げて頑張ります!」

テゲバジャーロ宮崎は9日、V・ファーレン長崎からFW山崎亮平(33)の完全移籍加入を発表した。 千葉県出身の山崎は2007年に八千代高校からジュビロ磐田に入団。2014年まで在籍すると、その後はアルビレックス新潟、柏レイソルを経て、2021年1月に長崎へ完全移籍した。 加入初年度は公式戦で得点なしの不本意な成績に終わったが、昨年は明治安田生命J2リーグで4ゴールを記録。しかし、目標のJ1昇格を逃したチームで、シーズン終盤は出場機会が減少していた。 新シーズンからJ3でのプレーが決まった山崎は、両クラブを通じてコメントしている。 ◆テゲバジャーロ宮崎 「長崎から移籍してきました山崎亮平です! チームの目標達成の為に自分の全てを捧げて頑張ります!よろしくお願いします!」 ◆V・ファーレン長崎 「J1 昇格という目標を達成できずチームの力になりきれなかった 2 年間でした。それでも長崎の色々な人たちにお世話になり、良いチームメイトにも恵まれて楽しい 2年間でした! そしてサポーターの皆さんには良い時も悪い時もサポートしてもらって感謝してます! 2年間ありがとうございました!」 2023.01.09 11:24 Mon
twitterfacebook
thumb

宮崎がキャプテンDF代健司と契約更新「死に物狂いで戦います!」

テゲバジャーロ宮崎は9日、DF代健司(33)との契約更新を発表した。 代は広島観音高校から福岡大学へと進学。2011年に水戸ホーリーホックへと入団した。 水戸ではケガの影響などもありJ2で13試合、天皇杯で3試合1得点に終わると、2013年に愛媛FCへ完全移籍。2シーズン半を過ごしJ2で60試合1得点。天皇杯で4試合に出場。2015年途中にレノファ山口FCへ期限付き移籍すると、J3で17試合1得点を記録。2016年からはカターレ富山へ完全移籍した。 富山では4シーズンを過ごし、J3で96試合7得点、天皇杯で5試合に出場。2020年に当時JFLの宮崎に加入した。 JFLでベストイレブンに輝くなどチームをJ3昇格に導く活躍を見せると、2022シーズンはキャプテンに就任。シーズン中に左ハムストリングス肉離れ、右ヒザ外側側副じん帯損傷と負傷するも、明治安田生命J3リーグで29試合に出場した。 代はクラブを通じてコメントしている。 「あけましておめでとうございます。お待たせしてすみません。今回はどうしてもこのタイミングでリリースをしたかったので、クラブにお願いをし、待ってもらっていました。今シーズンもテゲバジャーロ宮崎の一員としてプレーさせていただきます!」 「昨シーズンは多くの苦楽を共にし、選手を後押しし続けて頂きありがとうございました!とても心強く、頼もしかったです。このクラブで皆さんと多くの笑顔を共にし、多くの喜びを感じたい。その為に今シーズン死に物狂いで戦います!」 「そして、昨シーズン共に闘い、旅立ってしまった友の言葉「どんな時も前向きに」を胸に感謝の気持ちを忘れず毎日全力で取り組んでいきます」 「今シーズンも共に熱く真摯に闘い、宮崎をサッカーで盛り上げましょう!皆さん、ぜひお知り合いの方をお誘いの上、スタジアムで共に勝利を喜び合いましょう!応援よろしくお願いします」 2023.01.09 09:49 Mon
twitterfacebook
thumb

宮崎が奥田裕貴と契約更新 「2023シーズンも自分らしくピッチ内外でベストを」

テゲバジャーロ宮崎は6日、DF奥田裕貴(30)の契約更新を発表した。 ガンバ大阪門真ジュニアユース出身の奥田は初芝橋本高校から明治大学に進学。その後、アイゴッソ高知、知ユナイテッドSC、Y.S.C.C横浜、ガイナーレ鳥取を経て、2019年に宮崎入りした。 チームとともに加入当時の日本フットボールリーグ(JFL)からJリーグに駆け上がり、昨季は明治安田生命J3リーグ12試合でプレー。契約更新を受け、決意を新たにしている。 「2023シーズンもテゲバジャーロ宮崎でプレーさせて頂く事になりました。まず初めに、2022シーズンもご協力、ご支援、ご声援頂いた、行政、スポンサー、ファン、サポーターの皆様、本当にありがとうございました。今年で宮崎県に住むのも5年目となり、自分の人生において故郷の大阪についで、2番目に長く住む『第二の故郷』と呼べる特別な土地となりました」 「宮崎県に来た当初はこんなにも長く宮崎にいるとは正直考えていませんでした。この4年間宮崎県の住みやすい気候、美味しい食材や自然の豊かさなどの県の良さに加え、宮崎県民の沢山の人達の温かい心に触れ、いつしかこの街が大好きになっていました。そんな大好きな宮崎県のためにテゲバジャーロ宮崎のエンブレムを背負い今年もプレーできる事を心から幸せに思います」 「そしていつも応援してくださるファン、サポーターの皆様、どんな時も応援して下さる皆さんがいるおかげで、プロサッカー選手としてプレーする事が出来ています。本当にいつもありがとうございます。2023シーズンも自分らしくピッチ内外でベストを尽くし、宮崎県、テゲバジャーロ宮崎を盛り上げます! 今シーズンも宜しくお願いします!!」 2023.01.06 19:40 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly