トリッピアー、代表チーム束ねる主将ケインを絶賛 「その模範的行動には…」

2022.11.29 14:25 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
イングランド代表DFキーラン・トリッピアーが主将のFWハリー・ケインを称えている。イギリス『Evening Standard』が報じた。

カタール・ワールドカップ(W杯)グループBの2試合を戦って勝ち点4で首位に立つイングランド代表。29日の最終節ではウェールズ代表相手に引き分け以上で決勝トーナメント進出が決まる。

ここまでの2試合にいずれもフル出場するトリッピアーはトッテナム時代にも共にプレーした3歳年下のチーム主将を称え、真のプロフェッショナルだと絶賛している。
「(ケインと)代表チームで長く一緒にプレーしてきて思うんだ。僕は彼と同じチームにいられて幸運だし、ハリー・ケインとは僕が見てきた中で最高のプロフェッショナルの1人。そして何より、僕たちのリーダーだ」

「誰もが毎試合でプレーしたいと思っているし、ハリーも同じ。彼は勝者であり、勝って国の誇りになりたいと思っている。でも、全試合に出るかどうかは彼次第だ」

「彼は陰で自分自身を律し、模範になろうとしている。その模範的行動には、若い選手も尊敬の念を隠さない。若手たちは彼がどのようなトレーニングをしているか、しばしば観察しているんだ」

「もちろん、僕も彼を尊敬している。日々、彼から何かしらを学んでいるのさ」

関連ニュース
thumb

【プレミア注目プレビュー】約2週間ぶりの再戦! コンテ不在のスパーズは逆境撥ね退けられるか

プレミアリーグ第22節、トッテナムvsマンチェスター・シティが、日本時間5日25:30にトッテナム・ホットスパースタジアムでキックオフされる。前回対戦で激闘を演じた両雄が約2週間ぶりに対峙する上位対決だ。 現在、5位のトッテナム(勝ち点36)は、アーセナル、シティとの前回対戦で連敗。前半戦では対ビッグ6で1分け4敗と、改めてクオリティ不足を露呈する形となった。それでも、前節は好調フルアムを相手にFWケインのクラブ歴代最多得点(266点)に並ぶ鮮烈なゴールを守り抜いて連敗をストップ。また、直近のFAカップではチャンピオンシップ(イングランド2部)のプレストンを相手にFWソン・フンミンの2ゴール、FWダンジュマのデビュー弾で3-0の快勝を収め、実りある公式戦連勝となった。 とはいえ、逆転でのトップ4フィニッシュへこれ以上の取りこぼしは許されない状況となっており、前回対戦で2点差を引っくり返される厳しい2-4の敗戦を喫した昨季王者へのリベンジは必須。ただ、この大一番に向けては胆嚢炎が発覚し、1日に摘出手術を受けたコンテ監督が不在となり、副官ステッリーニ氏を暫定指揮官に据える形での戦いに。ピッチサイドで共に闘う闘将不在という逆境を撥ね退けられるか。 一方、トッテナムとの前回対戦でマンチェスター・ダービー敗戦を払しょくした2位のシティ(勝ち点45)。前節は復調気配見せるウォルバーハンプトンに3-0の快勝を収めると、FAカップではリーグ戦で鎬を削るアーセナルを相手にDFアケのゴールを守り切って1-0の勝利。リーグ前哨戦を制して公式戦3連勝とした。 また、その黒星がリーグ首位チームにネガティブな影響を与えたか、今節先に試合を戦ったアーセナルは19位に低迷するエバートンにまさかの敗戦。このトッテナム戦で勝利できれば、暫定での勝ち点差を「2」まで縮められることになった。 ◆トッテナム◆ 【3-4-3】 ▽予想スタメン <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/get20230204_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK:ロリス DF:ロメロ、ダイアー、ベン・デイビス MF:エメルソン、ベンタンクール、ホイビュア、ペリシッチ FW:クルゼフスキ、ケイン、ソン・フンミン 負傷者:なし 出場停止者:なし 出場停止者はいない。負傷者に関してもリシャルリソン、ルーカスらの復帰によって全選手が起用可能だ。 スタメンに関しては前回対戦と全く同じメンバーの起用が濃厚だが、ラングレやセセニョンの起用も想定される。直近のFAカップでデビューを飾ったダンジュマ、古巣対戦でのデビューが期待されるペドロ・ポロはいずれもベンチから出番を窺うことになるはずだ。 ◆マンチェスター・シティ◆ 【4-3-3】 ▽予想スタメン <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/get20230204_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK:エデルソン DF:リコ・ルイス、ルベン・ディアス、アカンジ、アケ MF:デ・ブライネ、ロドリ、ギュンドアン FW:マフレズ、ハーランド、グリーリッシュ 負傷者:DFストーンズ 出場停止者:なし 出場停止者はいない。負傷者に関してはハムストリングを痛めているストーンズが唯一の欠場者となる。 スタメンに関しては前回対戦のスタメンから2選手の変更を予想。負傷のストーンズに代わってルベン・ディアス(ラポルテ)、アルバレスに代わってデ・ブライネが復帰するとみる。ただ、ウォーカーやフォーデン、ベルナルド・シウバといった実力者の起用も十分にあるはずだ。 ★注目選手 ◆トッテナム:MFロドリゴ・ベンタンクール <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/get20230204_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 攻守両面でカギを握る司令塔。クラブ歴代最多得点記録樹立が懸かるケイン、復調気配漂うソン・フンミンの両エースに加え、ダンジュマとポロの新戦力2人に注目が集まるところだが、勝敗のカギを握るウルグアイ代表MFを注目選手とした。 昨冬、クルゼフスキと共にユベントスから加入して以降、闘将ホイビュア以上に替えが利かない選手となった25歳。相棒同様の運動量や守備強度に加え、マイボール時はロメロやケインと共にビルドアップの起点を担い、持ち味のキープ力や展開力を遺憾なく発揮している。その存在の大きさは不在時の拙いボール回しで明らかだ。 また、ユベントスとウルグアイ代表では枠を大きく外れるミドルシュートなどフィニッシュに絡むプレーが課題となっていたが、今季ここまではセットプレーの流れが多いものの、キャリアハイの公式戦5ゴールを記録。そのすべてが決勝点や同点ゴールと勝ち点に直結する貴重なモノとなっており、今回のビッグマッチでもウルグアイ人司令塔による攻守に渡る貢献がスパーズ勝利のカギを握る。 ◆マンチェスター・シティ:DFナタン・アケ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/get20230204_100_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 存在感増す万能型DF。今季ここまでルベン・ディアスやストーンズ、ラポルテ、ウォーカーと主力DFの離脱が目立つシティにおいて、新戦力のアカンジ、アカデミーから台頭したリコ・ルイスと共に抜群の存在感を示すオランダ代表DF。 直近2シーズンは便利屋の印象が強かったが、智将グアルディオラの下で着実に戦術眼を養うと、かつてのウォーカーのように傑出したアスリート能力に巧さを加えた万能型DFとして存在感を増し、移籍市場最終日にバイエルンへ電撃移籍したカンセロを押し出す形となった。 被カウンター時のカバーリング、一選級のアタッカーとのマッチアップと守備面の安定感が重用される最大の要因だが、ビルドアップの局面でも堅実なボール捌きでノッキングを起こさず、チームの歯車として機能している。以前からセットプレーでの存在感は光っていたが、直近のFAカップでは1列前のグリーリッシュへの絶妙なサポートから意表を突く逆足でのコントロールシュートで決勝点を挙げるなど、流れの中での攻撃参加にも自信を示している。スパーズ戦では対面のクルゼフスキや両エースを抑え込むことがメインタスクとなるが、アーセナル戦のように試合を決める仕事も期待したいところだ。 2023.02.05 12:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ミランがCLノックアウトラウンド登録メンバー発表、イブラヒモビッチやデストが選外

ミランは3日、チャンピオンズリーグ・ノックアウトラウンドの登録メンバーを発表した。 決勝トーナメント1回戦に進出しているミランは、14日にトッテナムとの1stレグを控える。ヒザの負傷から回復途中のFWズラタン・イブラヒモビッチや、控え右サイドバックに甘んじているDFセルジーニョ・デストがメンバー外となっている。 またふくらはぎの負傷から回復途中のGKマイク・メニャンも選外となっているが、トッテナム戦前日までメンバー変更が可能とのことで守護神が出場できる可能性があるようだ。 2023.02.03 22:45 Fri
twitterfacebook
thumb

【プレミアリーグ第22節プレビュー】各新戦力らの活躍に注目! シティは指揮官不在のスパーズと激突

EFLカップやFAカップを挟んで2週間ぶりの開催となるプレミアリーグ。この間に移籍市場が閉幕し、大小様々な取引が行われた。とりわけチェルシーは欧州全体で市場の主役に。総額510億円を費やしてムドリクやエンソ・フェルナンデスを獲得した。 要注目のチェルシーの試合は金曜日開催。相手は戦力では大きく劣るフルアムだが、順位では10位のチェルシーに対して7位と3つ上。プレミアリーグでの通算成績でもわずか2勝だが、現在のブルーズにとっては丁度良い相手だろう。新戦力たちの活躍も楽しみだが、ポッター監督によると負傷離脱していたベン・チルウェル、リース・ジェームス、ラヒーム・スターリング、ルーベン・ロフタス=チークのイングランド人たちが復帰する予定。上位浮上の追い風にしたいところだ。 そのチェルシーから大黒柱のジョルジーニョを獲得したアーセナルはアウェイでエバートンと対戦する。トロサールやキヴィオルに続く今冬3人目の補強はロンドンの宿敵からとなった。優勝に向けて強力な援護射撃となったが、FAカップ4回戦ではリーグ戦でもライバルのマンチェスター・シティに敗戦。これで調子が崩れなければいいが…。 アーセナルを5ポイント差で追うシティはアウェイでトッテナム戦。5ポイント差だが消化試合は1試合多く、これ以上の取りこぼしは許されない状況だ。上述のようにFAカップでアーセナルを下しているため、15日に行われる第12節分のアーセナル戦に向けて良い感触を掴んだに違いない。もちろんトッテナムは手強い相手だが、ここで躓いてはいられない。 前回対戦からわずか3週間での対戦となる両者。先月19日に行われた第7節分の一戦では4-2で敗れたトッテナムは、その後のフルアム戦、FAカップのプレストン戦の連勝で挽回して見せた。だが、先日にコンテ監督が胆嚢摘出のための緊急手術を受け、しばらくマネジメントから離れることに。サイドラインの闘将の不在はどのように影響するのだろうか。一方で、ダンジュマとペドロ・ポロの新戦力のデビューは楽しみなところだ。 4位のマンチェスター・ユナイテッドはクリスタル・パレスをホームに迎え撃つ。前節はアーセナルに敗れ公式戦11試合ぶりの黒星がついたが、その後、EFLカップとFAカップでぞれぞれノッティンガム・フォレストとレディングを退け次のステージへ。EFLカップでは決勝でニューカッスルと対戦する。その勢いをリーグに持ち込みたいところだが、主力のエリクセンが足首のケガで3カ月の離脱を強いられることに。代わりにバイエルンからレンタルしたザビツァーに期待したい。 リバプールはアウェイでウルブスと対戦する。前節は共に不調同士のチェルシーと0-0の引き分けを演じ、痛み分けとなった。ただ、次のFAカップ4回戦のブライトン戦では三笘薫にゴールを奪われるなどして敗戦。公式戦ここ6試合でわずか1勝と体たらくが続いている。移籍市場でもガクポに続く援護射撃は受けられず。加えて、コナテがハムストリングを負傷で3週間の離脱に直面しており、厳しい状況が続いている。 ◆プレミアリーグ第22節 ▽2/3(金) 《29:00》 チェルシーvsフルアム ▽2/4(土) 《21:30》 エバートンvsアーセナル 《24:00》 アストン・ビラvsレスター ブレントフォードvsサウサンプトン ブライトンvsボーンマス マンチェスター・ユナイテッドvsクリスタル・パレス ウォルバーハンプトンvsリバプール 《26:30》 ニューカッスルvsウェストハム ▽2/5(日) 《23:00》 ノッティンガム・フォレストvsリーズ 《25:30》 トッテナムvsマンチェスター・シティ 2023.02.03 17:00 Fri
twitterfacebook
thumb

「彼が憎たらしい笑」解説者も思わず…引退から1カ月経たずにゴルファーデビューのベイル、PGAツアーでプロも驚愕のスーパーショット披露

1月9日に現役引退を電撃発表した元ウェールズ代表FWガレス・ベイルがゴルファーとしてデビューを果たした。 ウェールズ代表としてカタール・ワールドカップ(W杯)を戦ったベイルは、その後にピッチに立つことはなく引退を発表した。 そのベイルは現役時代からサッカーと同様に愛していたのがゴルフ。自身の大会を開くなどの熱の入れようで、一時期はケガでサッカーがプレーできない中でゴルフをすることもあり、ゴルフの方が大事だとファンに揶揄されることも少なくなかった。 そのベイルは、アメリカプロゴルフのツアーであるPGAツアーの1つであるAT&Tペブルビーチ プロアマに出場することを報告していたが、ついにその夢が叶った。 156人のプロとアマチュアのゴルファーが出場するこの大会。ベイルはアメリカ人のョセフ・ブラムレットとペアを組んでいる。 アマチュアの参加者の中では10番目にハンディキャップが少ないベイル。その大会では、プロゴルファーも脱帽のスーパーショットを見せた。 グリーン脇のカートが通る道の外に出ていたボールをベイルがショット。すると、直接カップを狙うのではなく、手前のラフで一度バウンドさせてグリーンに乗せることに成功。カップまで1mもない位置につけるスーパーショットとなった。 これにはコース脇で見ていたコメンテーターも「彼が憎たらしいね」と冗談めいてコメント。プロゴルファーからも嫉妬されるほどのゴルフの腕前をしっかりと大会でも見せるあたりは、サッカーで大舞台に立ち続けてきた経験がなせる技なのかもしれない。 サウサンプトンの下部組織で育ったベイルは、2006年4月にファーストチームデビュー。2007年夏に加入したトッテナムでは2013年までの在籍期間に公式戦203試合56ゴール58アシストを記録した。 2013年夏にトッテナムから8500万ポンド(約115億3000万円)といわれる移籍金でレアル・マドリーに加入。クラブ公式戦通算251試合の出場で105ゴール68アシストの成績を収め、5度のチャンピオンズリーグ制覇や3度のラ・リーガ優勝など計15個ものタイトル獲得に貢献。キャリアの最後はメジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルスFCで過ごしていた。 カタール・ワールドカップ(W杯)では64年ぶりとなる出場に導くなど、ウェールズ代表最多の111キャップを誇り、40ゴールを記録していた。 <span class="paragraph-title">【動画】プロ顔負けの実力!ベイルが見せたとんでもないスーパーショット!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="DZfgmrryV88";var video_start = 86;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.02.03 12:50 Fri
twitterfacebook
thumb

スーパーコンピューターがプレミアリーグの最終順位を予想…今冬510億円投下のチェルシーは8位

あるイギリス企業が開発したスーパーコンピューターが、今季のプレミアリーグの最終順位を予測した。イギリス『サン』が伝えている。 冬の移籍市場が閉幕し、泣いても笑っても現スカッドで戦うのみとなった欧州リーグ。プレミアリーグでは例年通り、他国を圧倒する資金力で数多の移籍が成立した。 その中で今冬の主役となったのは間違いなくチェルシーだ。総額3億6360万ユーロ(約510億円)もの大金を投下し、ミハイロ・ムドリクやエンソ・フェルナンデスなど多くのビッグクラブが注目したタレントを次々と獲得。エンソ・フェルナンデスは英国史上最高額となる1億2100万ユーロの移籍金を記録した。 この移籍市場を踏まえてプレミアリーグの今後の順位変動は気になるところだが、イギリスのベッティング企業『bettingexpert』の専門家チームが、プレミアの最終順位表を予測するスーパーコンピューター『BETSiE』を開発した。 その『BETSiE』の予想では、優勝は現在トップのアーセナル。演算の結果、88.5ポイントの勝ち点でこのまま逃げ切るという。2位はマンチェスター・シティで82.9ポイント。3位にはマンチェスター・ユナイテッドがニューカッスルを抜いて割って入るとみられ、それぞれ勝ち点は71.4、70.9と僅差となっている。 5位と6位にはトッテナムとリバプールが予想されている。極度の不振に喘ぐ現在9位のリバプールだが、最終的にはなんとか欧州カップ戦の出場権を手にするようだ。 そして、気になるチェルシーはというと8位と結果振るわず。前半戦のような戦いを繰り返すと見込まれ、グレアム・ポッター監督の古巣であるブライトンにも及ばずという予測がなされている。 一方で、下位に目を向けると、最下位はエバートン。現在19位の同クラブはフランク・ランパード監督を解任し、後半戦の巻き返しに向けてショーン・ダイチ監督を招聘した。しかしながら最下位予想。現在降格圏に沈んでいるボーンマスとサウサンプトンと共に2部降格の可能性が高いようだ。 ◆スーパーコンピューター予想の最終順位表 (勝/引/負/勝ち点) 1. アーセナル(27.6/5.6/4.1/88.5pt) 2. マンチェスター・シティ(25.4/6.6/6.0/82.9pt) 3. マンチェスター・ユナイテッド(21.5/7.1/9.1/71.4pt) 4. ニューカッスル(19.3/12.9/5.0/70.9pt) 5, トッテナム(18.6/7.3/12.6/63.2pt) 6. リバプール(17.9/9.2/12.2/63.0pt) 7. ブライトン(18.0/8.5/11.7/62.5pt) 8. チェルシー(15.4/10.0/14.7/56.2pt) 9. ブレントフォード(13.8/12.9/10.2/54.4pt) 10. フルアム(14.6/7.8/16.1/51.5pt) 11. アストン・ビラ(14.1/8.8/15.9/51.1pt) 12. クリスタル・パレス(10.9/10.7/16.8/43.5pt) 13. ウェストハム(11.5/7.5/18.2/41.9pt) 14. リーズ(10.3/10.1/16.6/41.1pt) 15. レスター(10.4/7.7/20.9/39.0pt) 16. ノッティンガム・フォレスト(9.2/10.0/18.1/37.7pt) 17. ウォルバーハンプトン(8.8/9.5/19.8/36.0pt) 18. サウサンプトン(8.8/7.4/20.7/33.9pt) 19. ボーンマス(7.3/9.3/21.6/31.1pt) 20. エバートン(7.0/9.8/20.4/30.9pt) 2023.02.02 17:05 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly