水戸が横浜FCのMF安永玲央を完全移籍で獲得、今季途中から期限付きで加入「目標である新しい景色を」

2022.11.25 19:45 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
水戸ホーリーホックは25日、横浜FCのMF安永玲央(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。

かつて横浜F・マリノスなどでプレーした安永聡太郎氏の息子である安永は、川崎フロンターレ、横浜FCの下部組織で育つと、2018年にトップチーム昇格。2019年途中からカターレ富山へと期限付き移籍を経験していた。

2022年も横浜FCでプレーを始めたが、シーズン途中に水戸へと期限付き移籍。水戸では明治安田生命J2リーグで9試合に出場していた。
安永は両クラブを通じてコメントしている。

◆水戸ホーリーホック
「この度、横浜FCから完全移籍で加入することになりました安永玲央です。夏に秋葉監督に必要とされ加入しながらも期待に添えず申し訳なく思っていましたが、もう一度力を発揮するチャンスを頂き大変嬉しく思います」

「このチャンスを活かし水戸の目標である新しい景色をファン・サポーターの皆様と一緒に掴みにいきます。応援宜しくお願いいたします!」

◆横浜FC
「この度、水戸に完全移籍することになりました。育成時代から含め7年間、本当にありがとうございました。ファン・サポーターの皆様の期待に応えることが出来ず、チームを去ることになり申し訳ありません」

「私自身、新しい場所でJ1リーグに戻って来れるように精進してまいります。横浜FCのJ1リーグでの活躍を心より応援しています」

関連ニュース
thumb

水戸、新戦力のFW内田優晟、FW草野侑己が共に負傷

水戸ホーリーホックは27日、FW内田優晟、FW草野侑己の負傷を発表した。 今季ユースから昇格する内田は、20日に負傷。茨城県内の病院で検査を受け、左腓腹筋損傷と診断されたとのことだ。 また横浜FCから加入した草野は、22日に負傷。検査の結果、左足関節内反捻挫と診断されたという。 共に新シーズンからの戦力となる中で、開幕前に負傷となった。 2023.01.27 20:37 Fri
twitterfacebook
thumb

水戸、期限付き移籍中のマスコット・モユ太の期間終了を発表 ファンから惜しむ声多数「このオフ1番悲しいお知らせ」「今はただ、つらい」

水戸ホーリーホックは27日、モユ太の期限付き移籍期間終了を発表した。 モユ太は「燃ゆる想い(心)」と「萌ゆる花(ダンデライオン)」を由来とするライオンのマスコットで、パートナー企業である東部燃焼株式会社から2022年2月に水戸へ期限付き移籍。水戸の小島耕代表取締役社長による「コロナ禍でスポーツが難しい状況の中、明るい話題を提供したい」との想いから移籍が実現した。 今季は水戸のマスコットであるホーリーくんらとに各イベントやホームゲームなどを盛り上げ、ぬいぐるみも発売。誕生日である11月14日にちなんだ、背番号「1114」を着用したアイテムは、31日9時59分まで購入可能となっている。 移籍期間終了の報にはサポーターからも多くのメッセージが寄せられている。「このオフシーズンで1番悲しいお知らせ」、「せっかくぬいぐるみを手に入れたのに寂しい」、「お疲れ様でした」、「え、残念すぎる、、、」、「また会おうね。今はただ、つらい」、「そ、そんな...」、「サンキューモユ太、また戻ってきてね」など、これまでの感謝や退団を惜しむ声、再会を望むコメントなどが届いている。 <span class="paragraph-title">【写真】水戸への期限付き移籍が終了となったモユ太</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">【モユ太選手 期限付き移籍終了のお知らせ】<br><br>この度、モユ太選手が期限付き移籍期間が終了することが決定しましたので、お知らせいたします。<a href="https://t.co/cqNYIU9nEb">https://t.co/cqNYIU9nEb</a><br><br>2022シーズン共に盛り上げてくれてありがとう‼<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%A2%E3%83%A6%E5%A4%AA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#モユ太</a> <a href="https://twitter.com/moyuta1114?ref_src=twsrc%5Etfw">@moyuta1114</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%B0%B4%E6%88%B8%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%9B%E3%83%83%E3%82%AF?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#水戸ホーリーホック</a> <a href="https://t.co/Nij0Ju8HA7">pic.twitter.com/Nij0Ju8HA7</a></p>&mdash; 水戸ホーリーホック (@hollyhock_staff) <a href="https://twitter.com/hollyhock_staff/status/1618745733133336581?ref_src=twsrc%5Etfw">January 26, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.27 16:05 Fri
twitterfacebook
thumb

今治がDF細川淳矢の現役引退を発表、仙台、水戸でもプレーしJリーグ通算271試合6得点「16年間最高に楽しく幸せで刺激的な日々を送る事が出来ました!」

FC今治は15日、DF細川淳矢(38)の現役引退を発表した。 細川は埼玉県出身で、武南高校から仙台大学を経て、2006年にベガルタ仙台へと入団。6シーズンを過ごすと、2012年に水戸へと完全移籍した。 水戸では長年レギュラーとして出場機会を得ており、守備を支えたが、2021年限りで退団。2022シーズンは今治でプレーした。 通算成績はJ1で3試合、J2で265試合6得点、J3で3試合、リーグカップで3試合、天皇杯で8試合に出場し1得点を記録していた。 細川はクラブを通じてコメントしている。 ーーーーーー 2022年シーズンをもってプロサッカー選手を終える事を決断しました。 これまで応援して頂いた皆さん、心の底から本当にありがとうございました! 皆様のお陰で16年間最高に楽しく幸せで刺激的な日々を送る事が出来ました! プロサッカー選手になって応援される側になり、自分のプレーやチームの勝利で喜んでくれる人、感動してくれる人、憧れてくれる子供達が居てくれる事が自分にとっての1番のやりがいでした! そして皆んなが喜んでくれる要因でありたい。その中心にいたい。それが自分にとってのモチベーションでした! すべてはファン、サポーターが居てくれて成り立っていた自分のサッカー人生。 もう一度心の底からありがとうを伝えたいです。 そしてこんな最高なサッカー選手になれたのは、大芦少年団、吹上中サッカー部、武南高校、仙台大学、そこで出会えた指導者の方々、仲間達、サッカーに関係無い所で出会えた方々、皆さんと共に過ごした時間のおかげです!心の底からありがとうございます! そしてプロの世界に引っ張ってくれたベガルタ仙台、色々とご迷惑をお掛けしたにも関わらず沢山の人達が守ってくれて育ててくれた暖かいクラブでした。 そして怪我で無所属の約1年間、その間にお世話になった方々、支えてくれた皆さんのお陰でその後も長くプロサッカー選手で居る事ができました。 そして無所属の自分をまたプロの世界に戻してくれた水戸ホーリーホック、サッカーを学び、サッカー選手を学び、沢山のモノを頂きました。この10年が自分のサッカー人生を作ってくれたと思っています。 そして試合に出ていない自分を欲しいと言ってくれたFC今治、このクラブの為にもうひと花咲かせてやるんだと意気込んできたのに警察ごっこしか出来なかった。移籍を経験した事で沢山の方々と出会い沢山の考え方を学ばせて頂きました。 この所属した3クラブとその間に出会えた関係者の皆様、スポンサーパートナー企業の皆様、仲間達、心の底の底からありがとうございました!! そして家族!絶対に味方で居続けてくれる存在、これが無かったらとっくに心が折れてた!本当にありがとう! 中でも両親と奥さんには中々言えないのでこの場を借りてありがとう!きゃー恥ずかしい。 もう皆さんに対して足を向けて寝れないのでこれからは立って寝る事にします! 今まで出会ってくれた方々の幸運を祈っています! 最高の16年間ありがとうございました! 2023.01.15 12:53 Sun
twitterfacebook
thumb

水戸退団のMF平田海斗、2シーズン過ごしたJFLの青森に加入「Jへ行けるよう全力を尽くします」

水戸ホーリーホックは11日、MF平田海斗(21)がJFLのラインメール青森へ完全移籍することを発表した。 平田は水戸のユース出身で、2019年9月に2種登録。2020年にトップチーム昇格を果たした。 プロ1年目にJ2で2試合に出場するも、2021年は出番がなく、2021年8月に青森へ育成型期限付き移籍。2022シーズンも青森でプレーした。 青森では1年目の2021シーズンはJFLで7試合に出場したが、2022シーズンは2試合で1得点に終わり、どちらも契約満了となっていたが、完全移籍となった。 平田はクラブを通じてコメントしている。 「今年も青森でプレーすることになりました。サッカーができることに感謝し、Jへ行けるよう全力を尽くします」 2023.01.11 11:10 Wed
twitterfacebook
thumb

水戸がドイツ人DFレオナルド・ブローダーセンと契約満了、兄は横浜FCの守護神

水戸ホーリーホックは5日、ドイツ人DFレオナルド・ブローダーセン(19)との契約満了を発表した。 ブローダーセンはザンクトパウリやハンブルガーSVといったドイツクラブの下部組織を渡り歩き、昨年8月に水戸入り。実兄は横浜FC所属の元U-24ドイツ代表GKスベンド・ブローダーセンだ。 水戸では昨年9月に行われた明治安田生命J2リーグ第31節の東京ヴェルディ戦でスタメン出場しJリーグデビュー。だが、この1試合が唯一の出場という形になった。 契約満了にあたり、公式サイトでコメントを発表している。 「水戸で過ごした時間は短かったですが、サッカー選手として、また、人間として、日本で成長できたことは、自分にとってかけがえのないものとなるでしょう。全ての関係してくださった皆さまのご支援に感謝します」 2023.01.05 16:38 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly