浦和、岩尾憲の完全移籍移行を発表! 恩師去った来季も「『覚悟』を決めて挑みたい」

2022.11.17 17:10 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
浦和レッズは17日、MF岩尾憲(34)の完全移籍移行を発表した。

岩尾は今季から徳島ヴォルティスからのレンタルで浦和入り。恩師のリカルド・ロドリゲス監督を1年遅れて追っての浦和入りとなり、明治安田生命J1リーグで29試合1得点をマークするなど、公式戦43試合に出場した。

来季からリカルド・ロドリゲス監督から指揮官が代わるが、引き続き浦和でプレーする決断を下した岩尾。浦和の公式ウェブサイトを通じて決意を新たにしている。
「浦和レッズに関わる全てのみなさま、あらためまして岩尾 憲です。このたび、完全移籍で浦和レッズに加入することになりました。まず、僕をこれからも必要としてくれたクラブに感謝申し上げます。そして、浦和レッズの一員になれた事を大変光栄に思います」

「この1年間、自分の目でみて、自分の耳で聞き、自分の心で感じたことを来年に生かせるように、プレーヤーとして、また1人の人間として、日々精進していきたいと思います。先日、阿部勇樹さんの『僕はつなぐ』の著書を読ませていただきました」

「その中で、このクラブには生かしていかなければならない思いや歴史があると強く感じました。その思いを結果として結びつける為に必要なことは、日々どうしたら優勝できるのか、真剣に考え、考え抜き、覚悟を決め、実行することであると書かれていました」

「身を粉にして向き合ってきた人の言葉には重さと熱があると僕は思います。僕にとって簡単な道ではありません。でもやろうとしなければ一生できない。僕はまだまだ未熟でスペシャルな選手ではないですが、この1年『覚悟』を決めて挑みたいと思います」

「一緒に闘いましょう!! We are REDS!」

一方で、徳島を通じては「徳島ヴォルティスに関わる全ての皆様、こんにちは。岩尾憲です。このたび、浦和レッズへ完全移籍で加入することになりました」と別れの挨拶をした。

「まずはじめに、岸田社長をはじめ、岡田強化本部長、スポンサー並びに株主の皆様、本当にありがとうございました。僕に6年もの時間を与えていただいたことに、心から感謝申し上げます」

「徳島で喜んだ事、徳島で怒った事、徳島で挫折した事、徳島で泣いた事、徳島で笑った事、徳島で出会った人、徳島で食べた物、徳島でのその全てが、その一瞬一瞬が、僕の人生の宝物です」

「そしてキャプテンとして『東京で待ってます』と大口を叩いた2017年。
あれから良い時も悪い時も、サポーター団体のBLUVEZを中心に僕を支え続けてくれた全てのファン・サポーターの皆様、素晴らしい時間と空間を作ってもらえて僕は幸せです!本当にありがとうございました!!」

「またいつか、お互いの挑戦の途中なのか、お互い挑戦を終えた後なのかわかりませんが、未来で会える事を願って挨拶とさせていただきます。Love Vortis!!」


関連ニュース
thumb

浦和行き合意報道から一転、アトランタへと移籍したギアクマキスが決断した理由は? 「ファン、サッカー、施設」

アトランタ・ユナイテッドへの加入が決まったギリシャ代表FWギオルゴス・ギアクマキスが、移籍の決め手を語った。クラブ公式サイトが伝えた。 メジャーリーグ・サッカー(MLS)のアトランタは8日、セルティックからギアクマキスが完全移籍で加入することを発表。2026年までの契約を結んだ。 ギアクマキスには浦和レッズも獲得のオファーを出していたなかで、アトランタもオファー。ギアクマキスは家族の問題を理由に日本行きをやめ、アメリカに気持ちが傾いていた。 しかし、レンタル移籍のオファーだったためにセルティックが拒否。そのためギアクマキスも翻意し、オランダで浦和のメディカルチェックを受診。浦和に加入すると思われたが、アトランタが完全移籍でのオファーに切り替え。二転三転の末にアトランタ入りが決まった。 アトランタはギアクマキス加入を知らせる際、「飛行機が埼玉に行く予定からアトランタに変更になった」と、盛大に浦和を煽ったことが大きな話題となっていた。 晴れて望み通りのアメリカに移籍できたギアクマキス。アトランタ行きを決めた理由を語った。 「まず、この2、3年はMLSをよく見ていた。もちろん、プレーしたいリーグの1つだった。アトランタは、とてもとても良いクラブだと思っていたし、とても素敵なクラブだと知っていた」 「多くのファンがいるビッグクラブだ。僕は情熱的な人間で、アトランタの熱狂的なファンの前でプレーするのが大好きだ。とても気に入っている」 「昨シーズンのアトランタ・ユナイテッドの試合を全てチェックした。決心してアトランタと契約するのに大いに役立った。そして、トレーニング施設やスタジアムを調べてみたけど、どれも素晴らしいものばかりだった。アトランタに入団するモチベーションがさらに高まったよ」 家族の問題もありながら、熱狂的なファン、チームのサッカー、そして施設なども移籍の理由だと語ったギアクマキス。新天地での目標はリーグ優勝と多くのゴールだと語った。 「アトランタに入団したら、優勝を最大の目標にしなければいけないね。そして、できるだけ多くのトロフィーを獲得することが主な目標だ」 「また、リーグで得点王になり、多くのゴールでチームを助けることも目標の1つだ。できることなら全ての試合でゴールを決めて、チームの目標達成に貢献したい」 <span class="paragraph-title">【動画】浦和を最大限煽るアトランタの動画</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Buckle up, Atlanta <a href="https://twitter.com/hashtag/5StripesDontStop?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#5StripesDontStop</a> <a href="https://t.co/sY9m13HvLW">pic.twitter.com/sY9m13HvLW</a></p>&mdash; Atlanta United FC (@ATLUTD) <a href="https://twitter.com/ATLUTD/status/1623392543265157121?ref_src=twsrc%5Etfw">February 8, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.02.09 12:10 Thu
twitterfacebook
thumb

ギアクマキス獲得失敗の浦和、強奪したアトランタに獲得発表で煽られファンは怒り「初めて嫌いな海外クラブできた」「あからさまな挑発」

メジャーリーグ・サッカー(MLS)のアトランタ・ユナイテッドの公式SNSの動画が物議を醸している。 8日、アトランタ・ユナイテッドはセルティックのギリシャ代表FWギオルゴス・ギアクマキス(28)を完全移籍で獲得したことを発表。セルティックでは日本代表FW古橋亨梧の控えという立場だったものの、2021-22シーズンは公式戦29試合で17ゴールを記録。今シーズンは公式戦28試合で9ゴール1アシストを記録しているパワフルなストライカーだ。 そのギアクマキスに対しては、今冬の移籍市場で浦和レッズがオファー。浦和のメディカルチェックをオランダで受け合格するなど獲得に近づいていた。 しかし、ギアクマキスは家族の理由で日本行きよりもアメリカ行きを選択。当初はレンタル移籍のオファーだったアトランタ・ユナイテッドが完全移籍のオファーを提示したことで交渉がまとまった。 ギアクマキスの加入を発表したアトランタ・ユナイテッドだったが、クラブの公式SNSに1本の動画を投稿。飛行機が映された動画で、機長が「日本の埼玉からジョージア州のアトランタに行き先を変更する」とアナウンスする内容だった。 明らかに浦和を意識した動画にはファンも注目。「ふざけんな」、「面白い」、「嫌いな海外クラブ初めて出来たわぁ」、「なめやがって」、「海外らしい煽り方で嫌いじゃない」、「あからさまな挑発」と怒りや呆れ、さらには笑いの反応が入り混じっている。 ギアクマキスとの交渉が難航する中、別のターゲットにもオファーを提示していた浦和。開幕は目前だが、新たなストライカーを獲得することは叶うだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】明らかに浦和を意識したアトランタの獲得発表動画</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Buckle up, Atlanta <a href="https://twitter.com/hashtag/5StripesDontStop?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#5StripesDontStop</a> <a href="https://t.co/sY9m13HvLW">pic.twitter.com/sY9m13HvLW</a></p>&mdash; Atlanta United FC (@ATLUTD) <a href="https://twitter.com/ATLUTD/status/1623392543265157121?ref_src=twsrc%5Etfw">February 8, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.02.09 11:10 Thu
twitterfacebook
thumb

アトランタ・ユナイテッド、浦和行きも報じられたギアクマキスの獲得を正式発表!

メジャーリーグ・サッカー(MLS)のアトランタ・ユナイテッドは8日、セルティックのギリシャ代表FWギオルゴス・ギアクマキス(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2026年シーズン終了までとのことだ。 ギリシャ代表で通算11キャップを誇るギアクマキスは、VVVフェンロ時代の2020-21シーズンのエールディビジで得点王に輝き、2021年夏にセルティックに完全移籍。 セルティックでの2021-22シーズンは公式戦29試合で17ゴールを記録し、FW古橋亨梧と共にチームを牽引。しかし、今シーズンは公式戦28試合で9ゴール1アシストを記録しているが、途中出場でのプレーが主となっていた。 ギアクマキスを獲得したアトランタ・ユナイテッドのカルロス・ボカネグラTD(テクニカル・ディレクター)は、公式サイトで以下のように喜びを語った。 「ギオルゴスは以前からクラブが注目していた選手であり、アトランタに彼を連れてこられ嬉しいよ。彼はパワフルなストライカーで、ゴール前に入ってゴールを決めるのが好きだ。高いインテンシティでプレーし、ハードワークするので、攻撃面でも守備面でもチームを助になってくれるだろう」 2023.02.09 05:20 Thu
twitterfacebook
thumb

浦和行きも報じられたギアクマキス、アトランタ移籍に向けメキシコ渡航か?

浦和レッズ移籍も取りざたされたセルティックのギリシャ代表FWギオルゴス・ギアクマキス(28)だが、やはりアトランタ・ユナイテッドに加わるようだ。 2021年夏にVVVフェンロからセルティックへと加入したギアクマキス。2021-22シーズンは公式戦29試合で17ゴールを記録し、FW古橋亨梧と共にチームを牽引。しかし、今シーズンは公式戦28試合で9ゴール1アシストを記録と控えに回ることが多く、移籍の噂が浮上。 今冬の移籍市場では、浦和レッズが獲得に動き、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のアトランタも応戦。先月末には浦和のメディカルチェックに合格したという報道が出た一方で、アトランタが完全移籍のオファーを出したという報道も出ており、両クラブの争いが続いているとされていた。 そんな中、移籍市場に精通するイタリア人記者のファブリツィオ・ロマーノ氏によれば、ギアクマキスのアメリカ移籍が間もなく正式決定するという。 アトランタは430万ポンド(約7億円)の移籍金でセルティックと合意。ギアクマキスは現在、アトランタがプレシーズンキャンプを実施しているメキシコに代理人と共に渡航しており、メディカルチェック受診後に延長オプション付きの3年契約にサインするとのことだ。 2023.02.05 06:30 Sun
twitterfacebook
thumb

「決断に時間は要らなかった」浦和の新助っ人・ホイブラーテン、ピッチで見せたい強み「ゲームの流れを読んでプレーする」

浦和レッズに加入したノルウェー人DFマリウス・ホイブラーテンが入団会見を行った。 ノルウェーのボデ/グリムトから完全移籍で加入したホイブラーテン。これまでは母国のノルウェーでプレーを続け、エリテセリエン(ノルウェー1部)では185試合で4ゴール6アシストを記録していた。 左利きのセンターバックであり、DFアレクサンダー・ショルツとともに浦和の守備を支えることが期待されるホイブラーテン。浦和への移籍を決めた理由については「非常に速いプロセスで物事が進んだ。レッズから興味をもらって、代理人と話、重要なチャレンジ、トライしていきたいと思った。グリムトとのプロセスも早く進んで現在に至る」とコメント。オファーをもらい、興味を持ったと明かした。 ノルウェーでしかキャリアを過ごしていないホイブラーテンだが、「この話をもらった時に何か違った物を体感できると思った」とコメント。「元々アジアの国でプレーすることは目標にあった」と、国外、そしてアジアでのプレーに興味はあったという。その中での浦和からのオファー。「日本という文化的にも優れた国、浦和レッズというビッグクラブでプレーするということは、決断するには時間は要らなかった」と、大きなチャンスと感じたようだ。 浦和やJリーグの印象については「強度が高く、スキルもあり、技術も高い印象。パスの技術も高く、自分にとっても素晴らしいチャレンジになると思う」と語ったホイブラーテン。浦和はマチェイ・スコツツァ監督を新たに迎え、新チームとして立ち上がる中、監督とのコミュニケーションについては「コーチングスタッフや監督とは色々と話をした。自分がどのような役割を担うのか、プランは明確だった。そこにフィットできる感覚もある」と、監督のやり方にマッチするだろうと見解を述べた。 自身のストロングポイントについては「1番の強みはゲームの流れを読んでプレーすること。カバーリング、対人のところが強み。そこをしっかり表現したい」と語るホイブラーテン。土田尚史SD(スポーツダイレクター)は「浦和が志向したい、表現したいサッカーでCBに求める物を全て兼ね備えた選手」と評価。「そして左利きということ。マチェイ監督からのオーダーでもあり、リストの中から精査し、彼の獲得に至った」と、獲得の経緯を説明。監督とクラブが求めていた人材だったとした。 ボデ/グリムトといえば、今シーズンは名古屋グランパスへと期限付き移籍しているFWキャスパー・ユンカーもプレーしたクラブ。ホイブラーテンはユンカーから多くの話を聞いていたと明かした。 「様々な情報をもらっていた。生活面、日本の文化、浦和というクラブの話。全てがポジティブな話だった。自分にとってはベストなチョイスだなと確信を持つことができた。物凄く安心できる話を色々とキャスパーから聞いている」 「キャスパーから言われたのは、いろいろなことがしっかり準備され、オーガナイズされていると聞いている。実際にそうだなと実感している。ノルウェーだと移籍すると自分達で何もかもやらなければいけないことが多いが、日本のオーガナイズは実感して驚いている」 日本とノルウェーの差をすでに感じているというホイブラーテン。ユンカーからは浦和のファン・サポーターについても聞かされていたという。 「情熱だったりというものは物凄く伝わっている。すでに、ホテルの外を歩いていた時にサインを求められたり、浦和のファンの方々の人生そのものなんだなと感じている」 “マリウス”とこれまでは呼ばれてきたホイブラーテン。「逆に日本らしいクールなニックネームをつけてもらうのも良い」と語ったが、浦和のファン・サポーターはなんと呼んでいくのか。最後にファン・サポーターに向けてコメントした。 「早くみんなの前でプレーしたくてうずうずしている。ぜひスタジアムに足を運んで欲しい。よろしくお願いします」 <span class="paragraph-title">【動画】浦和に合流、別メニューで調整するホイブラーテン</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/urawareds?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#urawareds</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%B5%A6%E5%92%8C%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%BA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#浦和レッズ</a> <a href="https://t.co/c6EVuWvuJ9">pic.twitter.com/c6EVuWvuJ9</a></p>&mdash; 浦和レッズオフィシャル (@REDSOFFICIAL) <a href="https://twitter.com/REDSOFFICIAL/status/1621359147236356097?ref_src=twsrc%5Etfw">February 3, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.02.03 21:40 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly