浦和に罰金2000万円、度重なる声出し応援の違反で…今後は勝ち点剥奪の可能性も

2022.07.26 17:44 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
Jリーグは26日、浦和レッズに対して、けん責と罰金2000万円の処分を下すことを発表した。

これは、浦和レッズのサポーターによる新型コロナウイルス対策ガイドラインの違反による処分となっている。

事案は2つあり、1つ目は5月21日の明治安田生命J1リーグ第14節の鹿島アントラーズ戦において、試合前に少なくとも60名のサポーターが浦和レッズのチームバスの到着前後に約10分間集団で声を出して応援していたこと。さらに、「マスク着用」が求められている中、一部のサポーターがマスクを着用していなかったことだ。
また、浦和レッズはサポーターによる秩序を損なう行為を行うことを防止することも、制止することもできず、「観客にホームスタジアムおよびその周辺において秩序ある適切な態度を保持させる義務」に明らかに違反したためとされる。

2つ目は7月2日、アウェイのパナソニックスタジアム吹田での明治安田生命J1リーグ第19節のガンバ大阪戦にて、「声出し」が禁止されている中、100名以上のサポーターが約5分間集団で声出し応援を行っていた。また、この際も一部はマスクをしていなかった。

また、浦和レッズはビジターでもサポーターの行為を制止できずにいた。

今回の懲罰の内容決定に関しては、過去に同様のことを繰り返したと説明。また、クラブの対応にも問題があったとJリーグは説明した。

「浦和レッズは、2020年10月31日開催の対大分トリニータ戦における同種事案により、2021年2月22日に罰金300万円及び譴責処分の懲罰を科されたのにも関わらず、短期間の間に本件各違反を繰り返した」

「また、2022年5月13日開催の対サンフレッチェ広島戦及び同月18日開催の対横浜F・マリノス戦において、サポーターから提出された「フットボールに情熱を戻す決断は誰の責務?PRIDEを奪われたサポーターを無視して忖度を続けた結果、失ったものは何?」という横断幕掲出申請を承認するに当たり、サポーターが声出し応援の禁止等の規制に強い不満を抱いており、ガイドラインに違反して声出し応援等を行うおそれがあることが十分予見できた。それにもかかわらず、サポーターに対する十分な啓発や声出し応援を制止するための体制整備を行った形跡がおよそみられなかった」

「さらには、事案1の後、Jリーグからの再三の求めにもかかわらず、サポーター等に向けた対外的なステートメントも発出せず、かつ、声出し応援等を行ったサポーターに対する制裁処分の発動、声出し応援を制止するための体制整備等、同種事案の再発を防止するのに有効と考えられる対応も何らとらないまま、事案2に至った。事案1、事案2の各行為は、スポーツ庁をはじめとする政府当局からも指摘を受けるなど、社会的影響も大きく、Jリーグの信用を毀損し、声出し応援の段階的な再開を含む、Jリーグの試合の正常化に向けた取り組みを阻害しかねない」

「なお、浦和レッズは、事案2の発生を経て、ホームページ上に「違反行為への適時適切且つ毅然とした対応(即時退場を含む)」を含む再発防止策等に言及するステートメントを発出している」

また、今後更なる違反行為があった際には、無観客試合の開催や勝ち点剥奪の可能性もあることを追加している。

「浦和レッズに対するサポーターの行為に起因する懲罰事案は、複数回に及んでおり看過できないものとなっている。集団で声を出して応援することはサポーターによる応援の本質的事項に関わるものであり、声出し応援の禁止等のガイドライン遵守をはじめとする秩序維持にはサポーターの強い自律が必要であって、クラブには、これを促すための不断の改善努力が求められる。短期間のうちに少なくとも複数回にわたり秩序を損なう行為を阻止できなかったことは重く受け止めざるを得ない」

「かかる状況はJリーグ全体への社会的信用の低下につながるものであることを再認識するよう要請するとともに、今後Jリーグも浦和レッズと共に再発防止に向けて対応するものの、浦和レッズが再びサポーターの行為に起因する懲罰事案を発生させた場合、無観客試合の開催又は勝点減といった懲罰を諮問する可能性があることを付言しておく」

関連ニュース
thumb

浦和が育成出身の石井僚と契約満了…YS横浜からも退団

浦和レッズは22日、GK石井僚(22)の退団を発表した。 石井は2018年に浦和の下部組織からトップチームに2種登録され、2019年に昇格。2021年からレノファ山口FC、Y.S.C.C.横浜に貸し出された。 今季も2021年途中からプレーするYS横浜で成長を期して、明治安田生命J3リーグ14試合に出場。だが、保有元の浦和とは契約満了となった。 YS横浜からも契約終了が発表され、石井は両クラブを通じて別れの挨拶をしている。 ◆浦和レッズ 「今シーズン限りで浦和レッズと契約満了になり、クラブを離れる事になりました。浦和に戻って、これまでサポートしていただいたクラブ関係者、そして浦和のファン・サポーターのみなさんの前でプレーする姿を見せることができず、とても悔しいです。最後になりますが、ユースからの7年間本当にお世話になりました」 ◆Y.S.C.C.横浜 「今年でチームを離れることになりました。今シーズンはチームとしても個人としてもなかなかいい結果が出せず、ファン、サポーターの皆さんには申し訳ない気持ちでいっぱいです。このチームでJリーグデビューをさせてもらい、本当に感謝しています。一年半本当にありがとうございました」 2022.11.22 17:33 Tue
twitterfacebook
thumb

「あざといな〜」「持ち方可愛い」浦和MF小泉佳穂、首里城再建支援マッチでマスコット抱く姿が話題に!ドイツ戦の解説生配信にも出演

浦和レッズのMF小泉佳穂の仕草が注目を集めている。 前橋育英高校から青山学院大学を経てFC琉球でプロキャリアをスタートさせた小泉は、19日に行われたOB戦へ出場した。 琉球はタピック県総ひやごんスタジアムで「首里城再建支援チャリティマッチ」を開催。現琉球メンバーと、沖縄出身選手や琉球のOBで構成される「沖縄レジェンドメンバー」が対戦し、小泉は後者の一員として出場した。試合は4-4の打ち合いに終わっている。 琉球の公式ツイッターは試合前の選手の様子を公開。カメラはマスコットのぬいぐるみを大事に抱える小泉の姿をとらえていた。 "ジンベーニョ"を両手でそっと抱える小泉には「可愛いなあ」、「ジンベーニョちゃんになりたい人が多発!」、「ナチュラルにあざとい」、「ぬいぐるみの扱い方=彼女の扱い方」、「持ち方が可愛いな」、「需要わかってるよね笑」など声が多数寄せられている。 琉球の人見拓哉からも「あざといな〜。笑」と指摘されると、小泉は「持たされたので無罪です。」と返した。 小泉は23日、前橋育英の同期であるFC東京のMF渡邊凌磨がYouTubeで配信する、カタール・ワールドカップ(W杯)の日本代表vsドイツ代表戦の解説生配信にゲスト出演する予定だ。 <span class="paragraph-title">【動画】"ジンベーニョ"を両手でそっと抱える小泉</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%B0%8F%E6%B3%89%E4%BD%B3%E7%A9%82?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#小泉佳穂</a> 選手が…<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%B8%E3%83%B3%E3%83%99%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%A7?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ジンベーニョ</a> を…<a href="https://twitter.com/hashtag/FC%E7%90%89%E7%90%83?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FC琉球</a> <a href="https://t.co/vufnhH2enF">pic.twitter.com/vufnhH2enF</a></p>&mdash; FC琉球 | FC RYUKYU (@fcr_info) <a href="https://twitter.com/fcr_info/status/1593827676103405568?ref_src=twsrc%5Etfw">November 19, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.11.20 19:55 Sun
twitterfacebook
thumb

選手もご満悦!フランクフルトは新幹線で大阪へ「ブレット・トレイン体験!」

来日中のフランクフルトは日本が誇る高速鉄道で西へと向かった。 「ブンデスリーガジャパンツアー2022 powered by スカパーJSAT」で来日しているフランクフルト。16日にさいたまシティカップで浦和レッズと埼玉スタジアムで対戦した。 翌日にはリカバリーや観光を行い、18日にはパナソニックスタジアム吹田でのガンバ大阪戦へ向けて移動。日本が誇る高速鉄道、新幹線を利用した。 東京駅出発から到着までの様子をフランクフルトの公式インスタグラムが公開。今夏に封切りとなった映画になぞらえ、「ブレット・トレイン体験!次は大阪」と紹介している。 勝手を知る長谷部誠はもちろん、セバスティアン・ローデもグリーン車でご満悦の模様。ファンからも「日本の高速列車をシーズン後半のお手本にしましょう」、「世界クラスの新幹線」などの声が寄せられている。 選手たちは主演のブラッド・ピットのように派手なアクションを演じることなく、無事に目的地へ到着。クラブ公式サイトによれば、清水寺を訪れたとのことなので、降車したのは京都駅だったと思われる。 浦和戦では2-4と敗れたヨーロッパリーグ(EL)チャンピオン。G大阪戦ではブンデスリーガの代表として維持を見せたいところだったが、1-2で逆転負けを喫している。 <span class="paragraph-title">【写真】移動も快適!フランクフルトが新幹線で東京を出発</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/ClF2oTHI6lr/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/ClF2oTHI6lr/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/ClF2oTHI6lr/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Eintracht Frankfurt Official(@eintrachtfrankfurt)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.11.19 16:50 Sat
twitterfacebook
thumb

浦和のDF宮本優太、MF安居海渡、DF工藤孝太の若手3名がベルギー2部・KMSKデインズのトレーニング参加

浦和レッズは18日、若手3選手の海外クラブトレーニング参加を発表した。 今回トレーニングに参加するのは、DF宮本優太(22)、MF安居海渡(22)、DF工藤孝太(19)の3選手。ベルギー2部のKMSKデインズのトレーニングに参加する。期間は11月21日から12月3日までとなる。 宮本と安居は流通経済大学から今シーズン加入した大卒ルーキー。宮本は右サイドバックとして明治安田生命J1リーグで15試合に出場。安居は開幕戦で先発デビューを飾ったが、J1では6試合の出場に終わった。 また、工藤は浦和の下部組織育ちで2021年5月にプロ契約を締結。今シーズンはJ1での出番はなかった。 KMSKデインズは、2022年2月にACAフットボール・パートナーズがオーナーとなりチームを強化。アカデミーの組織改革にも取り組んでおり、今回ベルギー西部の「Futurosport」と提携。「Futurosport」はフランスのリールに隣接するベルギーのムスクロンを拠点とし、12面ものピッチやフィットネス器具を完備するベルギー国内最大級のトレーニング施設として知られている。 2022.11.18 22:07 Fri
twitterfacebook
thumb

浦和ユンカーを描いた高校生サポーターの“黒板アート”に本人が反応!高校生はデンマーク語で感謝

浦和レッズのデンマーク人FWキャスパー・ユンカーがファンの思いに応えた。 2021年にノルウェーのボデ/グリムトから加入したユンカー。鮮烈なJリーグデビューを果たすと、21試合で9ゴールを記録。YBCルヴァンカップでも6試合で4ゴールを記録した。 迎えた2年目はケガの影響もあり欠場する試合もあった中、21試合で7ゴールを記録。16日に行われたブンデスリーガジャパンツアー2022のフランクフルト戦では、2ゴールの活躍もあった。 多くのファンを抱えるユンカーだが、その人気は高校生にも広がっているようで、浦和サポーターの高校生が「休み時間にユンカー書いてみた」と教室の黒板にチョークでユンカーの姿を描いた。 赤と白の2色のチョークで描かれたユンカーはゴール後に味方やサポーターを煽っている時の姿にも見え、迫力ある作品だ。すると、これにユンカー本人が反応。「天才」とハートの顔の絵文字を添えて絶賛した。 まさかの本人からの回答には高校生サポーターも驚いたようで「奇跡が起きました」とコメント。さらにデンマーク語を駆使し、「ユンカー、インスタグラム、ツイッターでの投稿ありがとうございます 改めて、今シーズンもユンカーのユニフォームを着て応援できることを嬉しく思いました 来シーズンもたくさん点を取って、浦和を優勝に導いてください」と感謝の言葉を伝えている。 <span class="paragraph-title">【写真】ユンカー本人も絶賛した高校生サポーターの黒板アート</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">天才 <a href="https://t.co/a1zVzdOInT">https://t.co/a1zVzdOInT</a></p>&mdash; Kasper Junker (@KasperJunker) <a href="https://twitter.com/KasperJunker/status/1593149543037964290?ref_src=twsrc%5Etfw">November 17, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.11.18 16:35 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly