母国復帰を待ち焦がれるL・アルベルト、セビージャ行きが再燃

2022.11.15 21:00 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラツィオの元スペイン代表MFルイス・アルベルト(30)に、セビージャ移籍の可能性が再燃しているようだ。

ルイス・アルベルトは2016年夏にリバプールからラツィオへ移籍。2018-19シーズンにコッパ・イタリア制覇に貢献したほか、翌季はセリエAで驚異の16アシストを叩き出すなど、近年のラツィオを代表する選手の1人となっている。

一方、かねてより母国スペインへの復帰希望を公言しており、今夏はプロデビュー時の古巣セビージャへの移籍を希望。その影響もあってか、今季はチーム内で序列が下がり、ベンチスタートが増えている状況だ。
イタリア『カルチョメルカート』によると、ラ・リーガで降格圏の18位に低迷するセビージャは、以前にも増してルイス・アルベルトの獲得に熱心。来冬に向けて本腰を入れているという。

ただ、ラツィオのクラウディオ・ロティート会長が設定した2000万ユーロ(約29億円)という条件を飲み込むことが困難と目されており、粘り強く交渉に臨む必要があるとされている。

関連ニュース
thumb

かつては将来が約束されたMFヤヌザイがイスタンブールへレンタル…今季はセビージャで6試合出場に終わる

イスタンブール・バシャクシェヒルは3日、セビージャの元ベルギー代表MFアドナン・ヤヌザイ(27)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 シーズン終了までの契約となり、背番号は「11」をつける。 ヤヌザイはマンチェスター・ユナイテッドの下部組織出身。2015年8月にドルトムントへレンタル移籍。その後サンダーランドへのレンタル移籍を経験し、2017年7月にレアル・ソシエダへと完全移籍する。 ソシエダでは公式戦167試合に出場し23ゴール21アシストを記録。今シーズンからセビージャに完全移籍したが、公式戦6試合出場に終わっていた。 かつては大きな期待が寄せられていたヤヌザイだが、トルコで再び輝けるだろうか。 2023.02.03 18:18 Fri
twitterfacebook
thumb

セビージャがマルセイユから指揮官サンパオリの教え子獲得! パプ・ゲイエを半年レンタル

セビージャは30日、マルセイユからセネガル代表MFパプ・ゲイエ(24)を買取オプションなしの半年ローンで獲得した旨を発表した。 先のカタール・ワールドカップ(W杯)にも出場したゲイエ。ワトフォード在籍歴も持つが、ル・アーヴルでのプロ入りからフランスが主戦場の守備的MFで、2020年夏からマルセイユでプレーしている。 同年夏のワトフォード入りからわずか17時間後のマルセイユ移籍を国際サッカー連盟(FIFA)に不正とされ、活動停止命令を受けもしたが、通算100試合の出場数が示すように加入1年目から主力を張る。 今季もここまで公式戦19試合に出場して1得点1アシストだったが、この冬のタイミングでスペイン挑戦を果たす運びに。ホルヘ・サンパオリ監督とはマルセイユ時代に共闘して以来の再会となる。 24日に24歳の誕生日を迎えたばかりのゲイエはクラブ公式メディアで「サンパオリとの話が大きかった。彼とは知っている仲だし、僕の資質もわかってくれている」と移籍の決め手を明かし、喜びを語った。 「セビージャに来られてとても幸せだし、誇りに思う。ファンのみんなさんとここでプレーするのが楽しみだ。この契約は間違いなく良いバースデープレゼントさ。この新しい冒険のスタートを切るのを楽しみにしている」 2023.01.31 10:45 Tue
twitterfacebook
thumb

セビージャ、トッテナムMFブライアン・ヒルを半年ローン! 古巣復帰に

セビージャは30日、トッテナムからU-21スペイン代表MFブライアン・ヒル(21)の半年レンタルを発表した。買取オプションなしでの加入となる。 セビージャアカデミー育ちのヒルは2019年にトップチーム昇格。レガネスや、エイバルでのローン移籍も経験して、2021年7月に元アルゼンチン代表エリック・ラメラと入れ替わる形でトッテナムに加入した。 だが、トッテナムでは思うように力を出せず、半シーズンでバレンシアにローン移籍。今季からトッテナムに戻ったが、プレミアリーグでは4試合の出番しかなく、古巣セビージャで再起を期す運びとなった。 ヒルはクラブの公式Twitchチャンネルで「セビージャは僕の成長を見てきたクラブ。幸せな時間を過ごした場所でもある。人生のクラブなんだ」と喜びを言葉にした。 「まさか戻ってくるとは思ってもいなかったし、エージェントから話を聞いた瞬間、『これ以上探すな』と言った。家族も僕も、彼らに対する愛情は信じられないほどのものだ」 今季のセビージャはラ・リーガでスタートに躓き、下位に低迷。昨年10月にフレン・ロペテギ監督からホルヘ・サンパオリ監督にスイッチして、13位に持ち直すなか、今冬の補強にも精を出している。 2023.01.31 10:15 Tue
twitterfacebook
thumb

イスコ、ウニオン・ベルリン移籍決定的に! 昨年12月にセビージャ退団

元スペイン代表MFイスコ(30)がウニオン・ベルリン移籍を決めたようだ。 2013年夏から9シーズンをレアル・マドリーで過ごした後、今季からセビージャ入りしたイスコ。マドリー時代に師事を仰いだフレン・ロペテギ監督を慕っての移籍だったが、昨年10月に監督交代が起こり、同年12月に2年契約を解消する形で退団が決まった。 移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ記者によると、様々な国のクラブからアプローチを受ける1992年生まれのテクニシャンだが、ブンデスリーガ2位でクラブ初のチャンピオンズリーグ出場権獲得にまい進するウニオン・ベルリン行きを決断した模様だ。 イスコはデッドラインデイとなる31日にメディカルチェックを受ける見込み。ドイツ『スカイ』によると、契約は1年延長オプション付きの2024年までとなるものと推察される。 2023.01.31 09:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ホッフェンハイム、セビージャからデンマーク代表MFデラネイをレンタル移籍で獲得

ホッフェンハイムは30日、セビージャに所属するデンマーク代表MFトーマス・デラネイ(31)を今季終了までのレンタル移籍で獲得した。背番号は「17」を着用する。 1年半ぶりのブンデスリーガ復帰となったデラネイは、公式サイトで以下のようにコメントしている。 「ホッフェンハイムでブンデスリーガに戻れることを嬉しく思います。ホッフェンハイムの一員として成功できるように、自分の役割を果たしたいと思っている」 コペンハーゲンの下部組織出身のデラネイは、ブレーメンやドルトムントでの活躍を経て2021年8月にセビージャへ加入。セビージャでは、度重なるケガに苦しめられたものの、在籍1年半で公式戦47試合2ゴール1アシストを記録していた。 また、72キャップを誇るデンマーク代表では、先のカタール・ワールドカップ(W杯)にも出場。しかし、グループステージ初戦のチュニジア代表戦でヒザを負傷し、ハーフタイムで交代。そのままチームを離脱していた。 2023.01.31 07:30 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly