「『FIFA』をちょっとやっているような感じ」起用に応え2G1Aのネルソンが自身のゴールを振り返る「ただひたすら前進してチームを助け」

2022.10.31 22:02 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アーセナルの元U-21イングランド代表FWレイス・ネルソンが、自身のゴールと勝利を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えた。昨シーズンはフェイエノールトにレンタル移籍していたネルソン。公式戦32試合で4ゴール7アシストを記録。ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)の決勝に進んだチームで、高いパフォーマンスを見せていた。

今シーズンはアーセナルに復帰。ヨーロッパリーグ(EL)ではこれまで3試合に出場。しかし、プレミアリーグでは出番がない状況だった。
このところベンチ入りしていたネルソンは、イングランド代表FWブカヨ・サカの負傷交代で27分と早い時間ピッチに立つ。普段なら起用されないところをミケル・アルテタ監督が大胆采配。すると前半はなかなかパフォーマンスが出せずにいた。

しかし、後半に入り動きが改善。1-0で迎えた49分に追加点となるシーズン初ゴールを決めると、その3分後にはガブリエウ・ジェズスのクロスにヘディングで合わせて2点目。さらに5分後には、右サイドを仕掛けてボックス内に侵入するとマイナスのパス。これをガーナ代表MFトーマス・パルティが豪快にミドルシュートを叩き込み、アシストも記録。2ゴール1アシストの活躍でチームの大勝に貢献していた。

試合後、ネルソンはインタビューに応じ、勝利とゴールをまずは喜んだ。

「素晴らしい試合だった。もちろん、ゴールを決められて嬉しいよ。でも最も重要なのは、3つのゴールを奪えたことと、見せたパフォーマンスだ」

「ウォーミングアップに行った時、『ウォーミングアップしてまた戻るだろう』と思っていたんだ。それを繰り返していたんだけど、『レイス、いくぞ』と言われて『うわー』と思ったんだ」

「でも、僕にとっては大事な瞬間で、そのチャンスを掴む必要があったんだ。だから、チームに加わり、チームを助けることができて、ただ幸せで嬉しいよ」

突然訪れた出番。本人としても驚きだったようだが、ゴールを振り返ると冗談混じりに喜びを露わにした。

「凄かったね。まるで『FIFA』をちょっとやっているような感じだったよ。最初のゴールは、ガビ(ガブリエウ・ジェズス)がボックス内にいる僕を見て、あそこに行けると思った。だから行くしかなかったんだ」

「1回目で蹴ろうと思ったけど、なんとなく左に転がして打ったら、GKがセーブしていたんだ。そして僕はがっかりしたけど、シュートが跳ね返ってきて、目が輝いたね。そのまま打ったら…ゴールの上隅にバーンって決まったんだ。本当に嬉しかった」

「2点目は、ボックスに入るために必死になって動いていたらそこに辿り着いたんだ。でも、本当に嬉しいし、こんな機会には圧倒されているんだ」

レンタル先で活躍し、復帰してやっと結果を残せたネルソン。この先も成長していくために努力すると語った。

「世界中の全ての人に自信を与えることができると思う。さっきも言ったように、僕は毎日トレーニングをハードに続けていくつもりだ」

「もしまた機会があれば、できる限りハードに、ただひたすら前進し、チームを助け、そしてまた前進していくのみだよ」

1 2

関連ニュース
thumb

冨安と伊東も祝福!ブライトンからアーセナルへ移籍したばかりの三笘の元ライバルFWトロサールに第2子誕生

アーセナルのベルギー代表FWレアンドロ・トロサールは慌ただしい1月を過ごしたようだ。イギリス『サン』が伝えている。 1月20日にブライトン&ホーヴ・アルビオンからアーセナルへの移籍が発表されたトロサール。ブライトンでは左ウイングの日本代表MF三笘薫らとポジション争いを繰り広げながら活躍していたが、ロベルト・デ・ゼルビ監督との関係が悪化し、新天地を求めた。 22日のマンチェスター・ユナイテッド戦で早速新天地デビューを果たすと、27日のマンチェスター・シティには初先発。良いスタートを切っている。 大きな変化のあったトロサールだが、1月にはさらに大きな出来事があったようだ。 30日に妻のラウラ・ヒルビンさんが第2子となるアマデオくんを出産。トロサールは2日に自身のインスタグラムでそのことを報告している。 トロサールの報告には、アーセナルのチームメイトである日本代表DF冨安健洋やヘンク時代の同僚である日本代表MF伊東純也もいいねで祝福している。 プレミアリーグ首位を快走するアーセナル。大きなパワーを得たトロサールのさらなる活躍にも期待できそうだ。 <span class="paragraph-title">【写真】トロサールが第2子誕生を報告&妻ラウラさんとの2ショット</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CoHzH22oEHx/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CoHzH22oEHx/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CoHzH22oEHx/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Leandro Trossard 2023.02.02 19:45 Thu
twitterfacebook
thumb

スーパーコンピューターがプレミアリーグの最終順位を予想…今冬510億円投下のチェルシーは8位

あるイギリス企業が開発したスーパーコンピューターが、今季のプレミアリーグの最終順位を予測した。イギリス『サン』が伝えている。 冬の移籍市場が閉幕し、泣いても笑っても現スカッドで戦うのみとなった欧州リーグ。プレミアリーグでは例年通り、他国を圧倒する資金力で数多の移籍が成立した。 その中で今冬の主役となったのは間違いなくチェルシーだ。総額3億6360万ユーロ(約510億円)もの大金を投下し、ミハイロ・ムドリクやエンソ・フェルナンデスなど多くのビッグクラブが注目したタレントを次々と獲得。エンソ・フェルナンデスは英国史上最高額となる1億2100万ユーロの移籍金を記録した。 この移籍市場を踏まえてプレミアリーグの今後の順位変動は気になるところだが、イギリスのベッティング企業『bettingexpert』の専門家チームが、プレミアの最終順位表を予測するスーパーコンピューター『BETSiE』を開発した。 その『BETSiE』の予想では、優勝は現在トップのアーセナル。演算の結果、88.5ポイントの勝ち点でこのまま逃げ切るという。2位はマンチェスター・シティで82.9ポイント。3位にはマンチェスター・ユナイテッドがニューカッスルを抜いて割って入るとみられ、それぞれ勝ち点は71.4、70.9と僅差となっている。 5位と6位にはトッテナムとリバプールが予想されている。極度の不振に喘ぐ現在9位のリバプールだが、最終的にはなんとか欧州カップ戦の出場権を手にするようだ。 そして、気になるチェルシーはというと8位と結果振るわず。前半戦のような戦いを繰り返すと見込まれ、グレアム・ポッター監督の古巣であるブライトンにも及ばずという予測がなされている。 一方で、下位に目を向けると、最下位はエバートン。現在19位の同クラブはフランク・ランパード監督を解任し、後半戦の巻き返しに向けてショーン・ダイチ監督を招聘した。しかしながら最下位予想。現在降格圏に沈んでいるボーンマスとサウサンプトンと共に2部降格の可能性が高いようだ。 ◆スーパーコンピューター予想の最終順位表 (勝/引/負/勝ち点) 1. アーセナル(27.6/5.6/4.1/88.5pt) 2. マンチェスター・シティ(25.4/6.6/6.0/82.9pt) 3. マンチェスター・ユナイテッド(21.5/7.1/9.1/71.4pt) 4. ニューカッスル(19.3/12.9/5.0/70.9pt) 5, トッテナム(18.6/7.3/12.6/63.2pt) 6. リバプール(17.9/9.2/12.2/63.0pt) 7. ブライトン(18.0/8.5/11.7/62.5pt) 8. チェルシー(15.4/10.0/14.7/56.2pt) 9. ブレントフォード(13.8/12.9/10.2/54.4pt) 10. フルアム(14.6/7.8/16.1/51.5pt) 11. アストン・ビラ(14.1/8.8/15.9/51.1pt) 12. クリスタル・パレス(10.9/10.7/16.8/43.5pt) 13. ウェストハム(11.5/7.5/18.2/41.9pt) 14. リーズ(10.3/10.1/16.6/41.1pt) 15. レスター(10.4/7.7/20.9/39.0pt) 16. ノッティンガム・フォレスト(9.2/10.0/18.1/37.7pt) 17. ウォルバーハンプトン(8.8/9.5/19.8/36.0pt) 18. サウサンプトン(8.8/7.4/20.7/33.9pt) 19. ボーンマス(7.3/9.3/21.6/31.1pt) 20. エバートン(7.0/9.8/20.4/30.9pt) 2023.02.02 17:05 Thu
twitterfacebook
thumb

38歳チアゴ・シウバはチェルシーと契約延長へ「喜んで助けたい」…ライバルへ移籍のMFジョルジーニョにも言及「偉大なリーダーを失った」

チェルシーのブラジル代表DFチアゴ・シウバ(38)が自身の将来についてコメントした。 2020年8月にパリ・サンジェルマン(PSG)からチェルシーへと完全移籍で加入したチアゴ・シウバ。ベテランの域に入っているもののそのパフォーマンスは評価され、チェルシーの守備の要となっている。 今シーズンもプレミアリーグで18試合に出場し、チャンピオンズリーグ(CL)でも5試合に出場。昨年のカタール・ワールドカップ(W杯)にもブラジル代表の一員として出場した。 チアゴ・シウバとチェルシーの契約は今シーズン終了時に満了を迎える予定となっている。そんな中、『ESPN』のインタビューに応じたチアゴ・シウバは、契約延長について話していると明かし、数日中にも発表されるだろうとした。 「僕たちはそのことについて話し合っている。おそらく、全てが今後数日で起こるだろう。僕の考えも、クラブの考えも一緒にいることだ」 「クラブは今僕を必要としてくれている。僕もそのためにここにいる。とにかく、彼らは若い選手が多い。自分の経験から、クラブを再建していくこのプロセスを助けることができると思っている。そのためにここにいる。喜んで助けたい」 チェルシーはロマン・アブラモビッチ前オーナーが、ロシアによるウクライナへの軍事侵攻の影響で資産凍結される可能性があり、昨シーズン終了前に売りに出されることに。今シーズンが始まる前にオーナーが交代した影響もあり、夏の移籍市場では望む選手を補強できずにいた。 トーマス・トゥヘル監督の下でスタートを切るも低調な結果に終わると即解任。ブライトン&ホーヴ・アルビオンからグレアム・ポッター監督を連れてきたが、チームは浮上できずにプレミアリーグで10位に位置している。 一方で、冬の移籍市場では総額3億6360万ユーロ(約510億円)の大金を投じて補強。ここからの巻き返しができるのか大きな注目を集めている。 チアゴ・シウバはやるべきことがまだまだあるとコメント。アーセナルへと移籍したイタリア代表MFジョルジーニョが居なくなった影響はあると語った。 「僕たちには多くの仕事が待ち受けていることを理解している。偉大なリーダーの1人だったジョルジーニョをロッカールームから失った。ジョルジーニョはよく話す人間だった」 「この穴は大きく空くが、僕たちは先に進まなければいけない。彼がまさか出ていくとは思わなかったけど、結局は去って行った。今は彼の不在をできるだけ最高の形で埋め合わせなければいけない」 2023.02.02 13:20 Thu
twitterfacebook
thumb

「実現しなかった」過去にアーセナル行き叶わずのジョルジーニョ、プレミア制覇へ意気込み「約束できるのは全力を尽くすということ」

移籍期限最終日にチェルシーからアーセナルへと加入したイタリア代表MFジョルジーニョが、最初のインタビューに応えた。 1月31日、アーセナルはジョルジーニョを完全移籍で獲得。移籍金は1200万ポンド(約19億3000万円)と見られ、1年間の延長オプションがつく1年半契約を結んだとされている。 ボランチの選手が手薄となっているアーセナル。19年ぶりのプレミアリーグ優勝に向けて補強に動いていた中、経験豊富なジョルジーニョを手にすることができた。 ロンドンのライバルクラブから加入したジョルジーニョ。移籍はあっという間に決まったとし、ミケル・アルテタ監督の存在は大きかったとした。 「彼は大きな影響力を持っていた。なぜなら、彼は僕を前にも何度か手にしたいと思っていたことを知っている。それは僕の願いではなく、別の理由で実現しなかった。だから、彼の影響は大きかった」 「この新たな挑戦にとても興奮しているし、正直に言ってピッチに立つのが待ちきれない。全てがとても迅速に起こった。少し驚いたけど、この素晴らしい挑戦の機会を利用したいと思った」 「大切なシャツだね。素晴らしいクラブだし、ビッグクラブだし、ここに来られて本当に興奮しているし、幸せだ」 アーセナルへの移籍を喜んだジョルジーニョ。チェルシーの選手として対戦した中、今シーズンのアーセナルは上手くいくと感じていたとコメント。これまでの経験を生かして、チームの躍進を助けたいと意気込んだ。 「本当に大変だったよ。プレシーズンでも親善試合で対戦し、アーセナルが今シーズンはとても上手くいくと感じていたし、それを見ていた。だから、スタンフォード・ブリッジで再び対戦した時、全く驚きはなかった」 「チームを助けるためにポジティブなエネルギー、ハードワーク、経験をもたらせられるように努める。それはいつも僕が心掛けていることだ」 「他のクラブでの経験を生かし、チームがより多くのことを達成できるように、できる限りのことをしたいと思っている。それが僕の目標だ。僕が約束できることは、このクラブを代表するために、全力を尽くすということだけだよ」 <span class="paragraph-title">【写真】アーセナルのユニフォームでキメるジョルジーニョ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CoHey51qJ6b/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CoHey51qJ6b/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CoHey51qJ6b/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Arsenal(@arsenal)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2023.02.01 22:20 Wed
twitterfacebook
thumb

「最も賢い同僚はジョルジーニョ」→すでにアーセナル移籍が決定…思わぬ形で退団を知らされたチェルシーDFのリアクションが話題に

チェルシーのスペイン代表DFマルク・ククレジャが、イタリア代表MFジョルジーニョの移籍に驚いた。 今夏の移籍市場でブライトン&ホーブ・アルビオンから加入したククレジャ。ジョルジーニョとともにクラブの主力としてプレーしており、直近のリバプール戦でも2人ともフル出場していた。 しかし、ジョルジーニョを冬の移籍市場最終日にあたる1月31日にアーセナル移籍が決定。アーセナルはブライトンのエクアドル代表MFモイセス・カイセドの獲得に力を注いでいたが実現せず、代役として白羽の矢が立った格好だ。 そんな中、『GOAL』のインタビューを受けていたククレジャ。「最も賢いチームメイトは?」という問いに対し、何も知らないスペイン代表DFは「ジョルジーニョだ」と答えた。 その直後、インタビュアーにジョルジーニョのアーセナル移籍を知らされると、ククレジャは「ノー?」と驚き。さらに止めと言わんばかりにスタッフからアーセナルのユニフォームに袖を通したジョルジーニョの写真を見せられると、再び「ノー」と嘆いていた。 思わぬ形でチームメイトの退団を知らされることとなったククレジャ。一緒にプレーしたのは約半年とはいえ、ジョルジーニョのすごさはひしひしと伝わっていたようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】思わぬ形でジョルジーニョ移籍を知らされたククレジャ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Marc Cucurella&#39;s reaction when we told him Jorginho was joining Arsenal <a href="https://t.co/9j4zIte2Wx">pic.twitter.com/9j4zIte2Wx</a></p>&mdash; GOAL (@goal) <a href="https://twitter.com/goal/status/1620456896951095298?ref_src=twsrc%5Etfw">January 31, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.02.01 19:15 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly