「彼らほどハードに取り組んでいなかった」EL初出場でミス、失点を招いたラムズデールが立ち直りを誓う「ここから学ぶ」

2022.10.28 15:13 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アーセナルの守護神であるイングランド代表GKアーロン・ラムズデールが、PSV戦を振り返った。『UEFA.com』が伝えた。

27日、アーセナルはヨーロッパリーグ(EL)グループA第5節でPSVとアウェイで対戦した。

1週間前に対戦した試合では1-0でアーセナルが勝利。勝てば首位でグループステージ突破が決まる試合だった。
先週末はサウサンプトン相手に苦しみ1-1のドロー。久々に勝利を逃したが、この試合もアーセナルはPSVのコンパクトな守備の前に苦戦。相手には何度も決定機を作られることになった。

それでも前半はなんとか凌いだが、後半に2失点。攻撃面もギアが上がらず、2-0で完敗に終わった。

今シーズンのELではアメリカ代表GKマット・ターナーが出場していたが、前日のトレーニングでそ径部部を痛めていることがわかり出場見送りに。ラムズデールは初出場となった。

試合後、チームのパフォーマンスについて物足りなかったと語ったラムズデール。相手が良いプレーを見せていたと振り返った。

「僕たちのいつものプレーのやり方では、今夜のピッチで最初から最後まで戦い続けることはできなかった。オフザボールでは、おそらく彼らほどハードに取り組んでいなかったと思う」

「僕たちは1失点したが、僕のミスで2-0となった。アウェイでは不可能に近いチャレンジだった」

「彼らの結果は、彼らが本当に良いプレーをしたからだ。ビッグボーイ(ルーク・デ・ヨング)は、チームとファンを駆り立ててくれた。そして彼らを後押しした」

ただ、次節勝利すれば首位でのグループステージ突破となる。リーグ戦でも引き分け、公式戦2試合で勝利から遠ざかっているが、ここから立ち直りたいとした。

「我々は今後数日でそれを経験し、そこから学び、トップの座を確保するためのもう1つのゲームで勝たなければいけない」

「ホームで勝てばグループ首位に立てる。それが僕たちの目標だ」

「これはほんの小さなつまづきに過ぎない。ここから学び、より強くなって戻ってこられるだろう」

関連ニュース
thumb

カイセドの今冬ブライトン残留が決定的に! ジョルジーニョ確保アーセナルとの新たな交渉はなし

ブライトンのエクアドル代表MFモイセス・カイセド(21)の今冬残留が決定的となったようだ。 今冬の移籍市場でステップアップを求めたカイセド。しかし、相思相愛と思われたアーセナルから届いた6000万ポンド(約96億2000万円)、7000万ポンド(約112億2000万円)の2度のオファーは、今冬の主力流出を望まないブライトンにいずれも拒絶された。 その頑ななシーガルズの姿勢を受け、今冬の獲得が困難と判断したアーセナルは、チェルシーのイタリア代表MFジョルジーニョ(31)にターゲット変更。移籍金1200万ポンド(約19億3000万円)でクラブ間合意に至り、同選手は1年の延長オプションが付帯する2024年夏までの1年半契約を結ぶ見込みだ。 そして、移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏は、ブライトンとアーセナルの間で新たな交渉が行われていないことを確認。さらに、ブライトンが今冬のカイセド残留のプランを変更していないとし、事実上の残留を明言した。 2023.02.01 01:55 Wed
twitterfacebook
thumb

アーセナルが19.3億円でジョルジーニョ獲得合意、メディカルチェックも完了

アーセナルがチェルシーのイタリア代表MFジョルジーニョ(31)獲得を確実なものとしたようだ。 ジョルジーニョは、ブラジルにルーツを持つイタリア人。エラス・ヴェローナでキャリアをスタートさせると、ナポリで飛躍。マウリツィオ・サッリ監督の下で大きく羽ばたき、イタリア代表にも選出されるようになると、2018年7月にサッリ監督と共にチェルシーへと完全移籍していた。 アンカーとして長短のパスを使い分けてゲームメイクができる中盤の選手で、ポジショニング能力と戦術眼に長けており、PKキッカーとしても活躍。チェルシーでは公式戦213試合に出場し29ゴール9アシストを記録。プレミアリーグでも143試合で21ゴール5アシストの成績を残している。 ブライトン&ホーブ・アルビオンのエクアドル代表MFモイセス・カイセドの獲得に力を注いでいたアーセナルだったが、交渉が上手くいかずにジョルジーニョにターゲットを変更したとのことだ。 『The Athletic』によれば1200万ポンド(約19億3000万円)の移籍金で合意したとのこと。2024年夏までの契約となり、1年間の延長オプションもついているという。 また、移籍に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によれば、ジョルジーニョはアーセナルのメディカルチェックに合格したとのこと。残すは契約するだけとなったようだ。 2023.01.31 22:43 Tue
twitterfacebook
thumb

プレミア優勝目指すアーセナルに痛手、MFエルネニーが右ヒザを手術…長期離脱が確定

アーセナルは31日、エジプト代表MFモハメド・エルネニーの負傷状況を発表した。 クラブの発表によると、エルネニーはヒザを負傷。トレーニングで痛めたとされ、右ヒザに重傷を負っていることが検査の結果分かったという。 ケガの詳細は明かされていないが、ロンドンで受けた手術は成功とのこと。長期間欠場することとなり、リハビリの初期段階が完了した後に、復帰時期が判明するとのことだ。 エルネニーは2016年1月にバーゼルからアーセナルに加入。中盤のバックアッパーとしても重要な役割を担っていた中、徐々に出番を失い、2019年9月にはベシクタシュにレンタル移籍。2020年8月に復帰した。 ミケル・アルテタ監督の下、2021-22シーズンは手薄となったボランチを支える活躍。今シーズンは出番が限られていたが、公式戦8試合で1ゴールを記録していた。 エルネニーの負傷に加え、ガーナ代表MFトーマス・パルティが負傷。ボランチが手薄となっているアーセナルは、チェルシーのイタリア代表MFジョルジーニョの獲得に合意したとされており、さらにもう1名補強する動きを見せるようだ。 2023.01.31 22:15 Tue
twitterfacebook
thumb

アーセナルのMFサンビ・ロコンガがクリスタル・パレスへ? 出場機会のためにレンタル移籍の可能性

アーセナルのベルギー代表MFアルベール・サンビ・ロコンガ(23)がクリスタル・パレスへと移籍する可能性があるようだ。イギリス『フットボール・ロンドン』が伝えた。 今冬の移籍市場でボランチの選手を獲得しようと動いているアーセナル。エジプト代表MFモハメド・エルネニーがヒザの負傷で離脱中。ガーナ代表MFトーマス・パルティも負傷と、19年ぶりのプレミアリーグ優勝に向けてボランチが手薄になっている。 ブライトン&ホーヴ・アルビオンのエクアドル代表MFモイセス・カイセドの獲得に動いたが失敗。チェルシーのイタリア代表MFジョルジーニョの獲得ではチェルシーと1200万ポンド(約19億3000万円)の移籍金で合意したと報じられている。 そんな中、貴重なボランチの人材であるサンビ・ロコンガにチームを離れる可能性があるという。 加入1年目の昨シーズンは公式戦24試合に出場。攻撃面での特徴を出していた一方で、ボランチとしての守備の強度の低さが課題とされていた。 今シーズンはヨーロッパリーグ(EL)ではグループステージの全6試合に出場。しかし、プレミアリーグでは出番が限られ、公式戦では15試合でプレーするにとどまっている。 サンビ・ロコンガにはモナコが関心を寄せているとされていた中、クリスタル・パレスが興味。シーズン終了までのレンタル移籍でのオファーを出しているという。 クリスタル・パレスはクラブOBでもあるパトリック・ヴィエラ監督が指揮。成長を促したいという考えがあるようだ。 2023.01.31 21:08 Tue
twitterfacebook
thumb

ノリッジがアーセナルFWマルキーニョスのレンタル移籍を発表…アーセナルでは6試合1ゴール1アシスト

ノリッジ・シティは31日、アーセナルのブラジル人FWマルキーニョス(19)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は今シーズン終了まで。背番号は「13」を着用することとなる。 マルキーニョスは2022年6月にサンパウロからアーセナルに加入したマルキーニョス。左右のウイングでプレーし、今シーズンは6試合に出場し1ゴール1アシストを記録した。 プレミアリーグでは1試合、ヨーロッパリーグでは3試合に出場し1ゴール1アシストを記録していた。 マルキーニョスはクラブを通じてコメントしている。 「ノリッジにこられて本当に嬉しいし、試合でプレーできることにとても興奮している」 「ここイングランドでの適応の一環として多くのことを学んだ。ブラジルとは全く違う。より集中力が必要だが、ノリッジを助けるためにうまく適応しいてきたい」 「また、新たなクラブ、新たな文化、新たな都市を知ることができて本当に嬉しい。ファンのみんなは僕が欲望を示すことを期待しているだろう」 2023.01.31 18:20 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly