無人のゴールに決めきれず…セルティック戦での決定機逸シーンが「CL史上最大のミス」と酷評

2022.10.26 19:45 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
シャフタールのウクライナ代表FWダニロ・シカンにとって悔しい試合となった。25日にチャンピオンズリーグ(CL)グループF第5節でセルティックと対戦したシャフタール。すでにグループリーグ敗退が決まっているセルティック相手に勝ち点3を狙った。

旗手怜央古橋亨梧もスタメンで起用された試合は、前半にセルティックが先制するも58分にシャフタールが同点に追い付く。
勝ち越しを狙うシャフタールは72分に最大のチャンスを迎える。ミハイロ・ムドリクが左サイドのスペースに抜け出してDFを振り切ると、そのままボックス内に持ち込んでDFとGKを引き付けて右でドフリーのシカンにプレゼントパス。だが、シカンはややマイナス気味に入ったボールのトラップをミスし、ボールはそのままゴールラインを割ってしまった。

シカンの信じがたいミスにはイギリス『talkSPORT』のレポーターを務める デイビッド・ターナー氏も「チャンピオンズリーグで見た中で最悪のミスだ」と酷評。SNS上でも「どうしてここからゴールを逃すんだ?」、「最悪のシュートではなく最悪のファーストタッチだ」と注目を集めてしまった。

勝ち越しを逃したシャフタールは勢いを失い、結局1-1で引き分け。何とか2位RBライプツィヒとの最終節での直接対決に望みを繋いでいる。

1 2

関連ニュース
thumb

レスターがシャフタールFWテテをレンタルで獲得…今季はリヨンでプレーしリーグ戦17試合6ゴール

レスター・シティは29日、シャフタール・ドネツクのU-23ブラジル代表FWテテ(22)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月までとなる。背番号は「37」に決まった。 テテはグレミオの下部組織出身で、2018年1月にファーストチームに昇格。2019年2月にシャフタールへ完全移籍した。 2022年3月からはリヨンへとレンタル移籍。レスターで新たな挑戦をスタートする。 シャフタールでは公式戦108試合で31ゴール15アシストを記録。リヨンでは公式戦30試合で8ゴール10アシスト。今シーズンのリーグ・アンでは17試合で6ゴール3アシストを記録していた。 右ウイングを主戦場に左ウイングでもプレー可能。世代別のブラジル代表を経験しており、U-23ブラジル代表でもプレーした。 テテはクラブを通じてコメントしている。 「ここに来られて本当に幸せだ。ピッチとスタジアムを見て、それは美しく、多くのファンがどのような感じかを想像できる」 「たくさんのゴールとアシストを記録したい。みんなが僕のプレーを見て喜んでくれることを願っている。フォックスでよかった」 <span class="paragraph-title">【動画】レスターがテテ獲得を発表</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="pt" dir="ltr">Welcome to Leicêster, Tetê! <a href="https://t.co/aZVJK7wlun">pic.twitter.com/aZVJK7wlun</a></p>&mdash; Leicêster City (@LCFC) <a href="https://twitter.com/LCFC/status/1619651577630818304?ref_src=twsrc%5Etfw">January 29, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.29 21:10 Sun
twitterfacebook
thumb

降格回避へ… 1月中の補強急ぐレスター、リーズFWハリソン獲得は断念か

レスター・シティが、リーズ・ユナイテッドのイングランド人FWジャック・ハリソン(26)獲得を断念したようだ。 ハリソンはリバプールとマンチェスター・ユナイテッドの下部組織育ち。だが、家族の仕事の都合で13歳でアメリカに渡り、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のドラフト抽選を経て、ニューヨーク・シティFCでプロデビューしたという異色の経歴の持ち主だ。 2018年1月には同系列クラブであるマンチェスター・シティへの移籍で母国帰還。シティでの公式戦出場はないが、同年夏にレンタルで加入したリーズでエース級の活躍を披露し、のちに完全移籍へ移行。クラブ通算185試合で29得点28アシストを記録している。 イギリス『90min』によると、プレミアリーグで降格圏と1ポイント差の14位に低迷するレスターが、リーズとの契約を2024年夏まで残すハリソンの獲得を模索するも、リーズへの問い合わせ段階で却下されたという。 前線の選手層が薄いレスターは今冬中の補填に奔走。すでにフィオレンティーナのアルゼンチン代表FWニコラス・ゴンザレス(24)への照会も断られ、現在はレンジャーズのイングランド人FWライアン・ケント(26)、シャフタールの元U-23ブラジル代表MFテテ(22)に接触しているとされる。 2023.01.27 15:28 Fri
twitterfacebook
thumb

レスターがシャフタールの22歳MFテテ獲得へ…リヨンとのレンタル解消が進行中

レスター・シティがシャフタールから元U-23ブラジル代表MFテテ(22)のレンタルを画策しているようだ。イギリス『90min』が伝えている。 財政難が影響して、昨夏はGKアレックス・スミシーズとDFバウト・ファエスの獲得にとどまったレスター。上積みに乏しいせいか、プレミアリーグで降格圏とわずか1ポイント差の14位に低迷し、ブレンダン・ロジャーズ監督の求心力低下も指摘されている。 なんとか上昇気流に乗るべく、快足ウィンガーのテテのレンタルに本腰。テテはグレミオでプロデビュー後、19歳でシャフタールに移り、現在はロシアのウクライナ侵攻による国際サッカー連盟(FIFA)の特別措置で昨年3月からリヨンにレンタル移籍中だ。 リヨンでは右ウィングを定位置に今季のリーグ・アン17試合で6得点3アシスト。主力としてプレーしているが、ローラン・ブラン監督が志向するサッカーに合致しておらず、契約解消の手続きが進行中だという。 昨年末にはアーセナルやトッテナム、ニューカッスルなどからも関心が寄せられていたというテテ。現在、レスターはテテの代理人と接触しており、リヨンとの契約解消はほぼ確実と考えられている。 2023.01.25 16:34 Wed
twitterfacebook
thumb

ムドリク争奪戦で明暗分けたアーセナルとチェルシー、シャフタールのディレクターが背景を説明

先日にウクライナ代表FWミハイロ・ムドリクのチェルシー移籍を発表したシャフタールだが、ゼネラル・ディレクターのセルゲイ・パルキン氏が『The Athletic』のインタビューでその背景を明かした。 15日に発表となったムドリクのチェルシー移籍。移籍金は7000万ユーロの固定額に最大3000万ユーロのボーナスを加えた総額1億ユーロと巨額なものとなった。 ただ、ムドリクは当初、アーセナルへの移籍が迫っていたとされている。本人もノースロンドン行きを希望していたとも言われており、チェルシー移籍は急転直下の出来事だった。 その背景をパルキン氏が説明。移籍金の条件や両クラブの態度の違いが明暗を分けたようだ。 「オファー額は同じだった。固定部分は7000万ユーロ、変動部分は3000万ユーロだったが、ボーナスに関して、アーセナルよりチェルシーの方が遥かにハードルが低かったのだ」 「プレミアリーグやチャンピオンズリーグでの優勝を条件にボーナスを支払うという提案をしたチェルシーに対し、アーセナルはムドリクがバロンドールを受賞することを条件として提示してきたのだ」 「両クラブとも異なる支払い方法を提示してきた。動きはアーセナルの方が早かったが、チェルシーのそれは、より説得力のあるものだった。ただ、チェルシーがオファーを持ってトルコに来る前に、我々はアーセナルとムドリク売却でほぼ合意していたのだ」 しかし、パルキン氏の話を聞くと、どうやらシャフタール陣営はアーセナルのアプローチに不満を持っていたようで、チェルシーが登場すると、迷わずこちらを優先させたという。 「アーセナルはうちに了承を得る1カ月半前から選手側と連絡をとっていた。我々は彼らに、まず我々に了解を得るべきだと伝えたのだが、話は聞いてもらえなかった。正式な苦情は出さないことにしたがね」 「12月末にチェルシーから電話があり、『ムドリクに興味があるので、選手と話をしたいから連絡してもいいか』と聞かれた。私は『問題ない。連絡して大丈夫だ』と答えた」 2023.01.18 13:45 Wed
twitterfacebook
thumb

ラキツキが古巣シャフタールに4年ぶりの帰還! 「僕の心はシャフタールだけのもの」

シャフタールは16日、アダナ・デミルスポルから元ウクライナ代表DFヤロスラフ・ラキツキ(33)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。背番号はお馴染みの「44」に決定。契約期間は今シーズン終了までとなる。 愛する古巣へ4年ぶりの帰還を果たしたベテランDFは、クラブ公式サイトを通じて万感の思いを語った。 「僕はいつもシャフタールに戻ることを夢見ていた。このクラブが大好きで、僕の心はシャフタールだけのものだ。どこでプレーしても、このクラブに忠実だ」 「シャフタールの野望は変わらないよ。常にトップにあり、ヨーロッパカップで良い結果を達成する。その中で僕の仕事はチームを助けることだ」 ラキツキはシャフタールの下部組織出身で、2009年から2019年1月までトップチームに在籍。公式戦326試合に出場し、14ゴールを決め、19のトロフィー獲得に貢献していた。 その後、ゼニトに完全移籍して主力として活躍したが、昨年2月のロシアによる母国ウクライナへの軍事侵攻を受け、クラブとの契約を解除。今シーズンの前半戦はアダナ・デミルスポルでプレーしていた。 2023.01.17 23:15 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly