リバプール育ちの元イングランド代表DFフラナガンが29歳で現役引退…ヒザのケガが原因

2022.10.19 10:55 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
かつてリバプールでもプレーした元イングランド代表DFジョン・フラナガン(29)が現役引退を発表した。アイルランドとイングランドにルーツを持つフラナガンは、リバプールのアカデミーに入団。2011年1月にファーストチームに昇格を果たす。

右サイドバックのポジションには元イングランド代表DFグレン・ジョンソンなどライバルも多く、多くの出場機会を得ることはできず。それでも、2013-14シーズンはブレンダン・ロジャーズ監督の下でレギュラーポジションを掴み、リーグ優勝に近づくチームで活躍。リバプールでは51試合で1ゴール5アシストに終わった。
それでも、2014年6月にはイングランド代表にも選出され1試合プレー。その後、バーンリーやボルトンへのレンタル移籍を経験し、2018年7月にレンジャーズへと完全移籍する。

レンジャーズでは公式戦39試合で1アシストを記録。2020年7月に退団すると、同年11月にはベルギーのシャルルロワに加入。しかし、レンジャーズ時代から悩まされていた股関節の状態が思わしくなくプレー機会はなし。1年で退団すると、HBキューゲでは4試合に出場していた。

ただ、若い頃にも行ったヒザの手術を行うと、思うような回復ができず、引退を決断したという。

フラナガンは自身のSNSを通じて引退を発表。感謝の気持ちを述べ、健康のために引退を決断したと明かした。

「残念ながら、慎重に検討した結果、これまで最も厳しい決断を下すことになった。プロのサッカー選手を引退することにした」

「この14カ月間、最近のヒザの手術から回復するために、可能な限りのことを試してきた。しかし、最終的には僕の長期的な健康を第一に考えなければならず、医師のアドバイスにしたがって、僕が今すべき正しいことは、試合から引退することだ」

「少年時代の僕の夢は、成長して生計を立てるためにサッカーをすることだった。今日、僕はとても誇りに感じている。僕はその夢を生きることができた」

「少年時代のクラブであるリバプールでプレーし、キャプテンを務めただけでなく、母国でのプレーも果たした。これらの思い出は一生続くものであり、ほとんどの人が望んでいるだけの経験ができたことにもとても感謝している」

「僕の旅をサポートしてくれた全ての人、特にガールフレンド、家族、友人、チームメイト、監督、代理人に感謝したいと思う。僕の人生にみんながいてくれてとても幸運だった」

「また、リバプール、レンジャーズ、バーンリー、ボルトン、シャルルロワ、HBキューゲのファンのみんな、僕をずっと支えてくれて本当にありがとう。皆さんは素晴らしく、僕の旅を忘れられないものにしてくれた」

「僕は今、フットボールの旅の次の章をスタートさせようとしており、未来がもたらすものに興奮している。また、近いうちにお会いしましょう」

1 2

関連ニュース
thumb

サンプドリア、ヴェネツィアからMFキュイザンスをレンタル移籍で獲得

サンプドリアは30日、ヴェネツィアに所属するフランス人MFミカエル・キュイザンス(23)を今季終了までのレンタル移籍で獲得した。背番号は「80」を着用する。 ナンシーの下部組織出身であるセントラルMFのキュイザンスは、ボルシアMGやバイエルン、マルセイユでのプレーを経て、2022年1月にヴェネツィアへ完全移籍。 ヴェネツィアではセリエAで13試合に出場したが、チームは最下位でシーズンを終え、セリエBに降格。今季もチームに残留したキュイザンスは、ここまでリーグ戦13試合に出場し2ゴール2アシストをマークしてた。 サンプドリアはセリエA前半戦を終え自動降格圏の19位に沈んでおり、残留圏内の17位スペツィアとは勝ち点差は「9」となっている。 2023.01.31 08:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ホッフェンハイム、セビージャからデンマーク代表MFデラネイをレンタル移籍で獲得

ホッフェンハイムは30日、セビージャに所属するデンマーク代表MFトーマス・デラネイ(31)を今季終了までのレンタル移籍で獲得した。背番号は「17」を着用する。 1年半ぶりのブンデスリーガ復帰となったデラネイは、公式サイトで以下のようにコメントしている。 「ホッフェンハイムでブンデスリーガに戻れることを嬉しく思います。ホッフェンハイムの一員として成功できるように、自分の役割を果たしたいと思っている」 コペンハーゲンの下部組織出身のデラネイは、ブレーメンやドルトムントでの活躍を経て2021年8月にセビージャへ加入。セビージャでは、度重なるケガに苦しめられたものの、在籍1年半で公式戦47試合2ゴール1アシストを記録していた。 また、72キャップを誇るデンマーク代表では、先のカタール・ワールドカップ(W杯)にも出場。しかし、グループステージ初戦のチュニジア代表戦でヒザを負傷し、ハーフタイムで交代。そのままチームを離脱していた。 2023.01.31 07:30 Tue
twitterfacebook
thumb

リーズ、ユベントスからアメリカ代表MFマッケニーを買取OP付きのレンタル移籍で獲得

リーズ・ユナイテッドは30日、ユベントスからアメリカ代表MFウェストン・マッケニー(24)を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得した。背番号は「28」を着用する。 2021年夏にシャルケからユベントスへ加入したマッケニーは、複数ポジションをこなせるユーティリティ性の高さでチームを支え、公式戦90試合以上に出場。今季もここまで公式戦21試合に出場して3得点2アシストを記録していた。 また、41キャップを誇るアメリカ代表では、リーズに所属するMFブレンデン・アーロンソン、MFタイラー・アダムスと共に昨年末に行われたカタール・ワールドカップにも出場。全4試合に出場しチームのベスト16進出に貢献した。 なお、クラブは2月5日に行われるノッティンガム・フォレスト戦でマッケニーがプレミアリーグデビューする可能性を示唆している。 2023.01.31 07:01 Tue
twitterfacebook
thumb

リーベル・プレート、エバートンとの契約を解除したベネズエラ代表FWロンドンを獲得

リーベル・プレートは30日、ベネズエラ代表FWサロモン・ロンドン(33)をフリートランスファーで獲得した。契約期間は2025年12月末までとなる。 かつてマラガやゼニト、ニューカッスルなどで活躍したロンドンは、一時中国を活躍の舞台としたが、ニューカッスル・ユナイテッド時代からの恩師であるラファエル・ベニテス氏の誘いもあって、2021年夏にエバートン入り。 通算167試合36ゴールの数字を残すプレミアリーグに舞い戻った大柄ストライカーだが、自身を呼び寄せたベニテス氏が成績不振により、わずか半年で解任され影響もありエバートンでは通算31試合出場で3ゴールにとどまっていた。 今季はエースのFWドミニク・キャルバート=ルーウィンがケガで不在の中始まったが、公式戦8試合に出場してノーゴールに終わっていた。エバートンとの契約は今季終了までとなっていたロンドンだが、昨年12月17日に双方合意の下で契約を解除していた。 2023.01.31 06:30 Tue
twitterfacebook
thumb

低迷するバレンシアがガットゥーゾ監督の解任を発表

バレンシアは30日、ジェンナーロ・ガットゥーゾ監督(45)を解任したことを発表した。 スイスのシオンで監督キャリアをスタートさせ、パレルモやピサを経て、ミランやナポリといったセリエAの強豪を指揮したガットゥーゾ監督は、昨季限りで解任となっていたホセ・ボルダラス前監督の後任として、昨年6月に就任。 その新体制では、リーグ開幕5試合で3敗とスタートダッシュに失敗すると、ラ・リーガ前半戦を終えた時点で自動降格圏の18位カディスと1pt差の14位と低迷。また、直近の3試合ではカディス、アルメリア、バジャドリーと残留を争うクラブを相手に1分け2敗と未勝利に終わっていた。 バレンシアは解任したガットゥーゾ監督に対して「クラブはこの数ヶ月間トップチームの指揮を執った同監督の献身的な努力に感謝するとともに、同監督の今後の活躍を祈っている」と、感謝の声明を発表している。 なお、後任決定まではチームマネージャーのサルバドール・ゴンサレス氏が暫定監督を務めるとのことだ。 2023.01.31 06:00 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly