「私がトレントなら代表から引退する」TAA冷遇のサウスゲイト監督に代表OBの不満爆発

2022.09.29 15:07 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元イングランド代表FWのガブリエル・アグボンラホール氏が、リバプールの同代表DFトレント・アレクサンダー=アーノルドの状況に憤った。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。

リバプール不動の右サイドバックとして、23歳の若さながらすでに多くのタイトルを手にしているアレクサンダー=アーノルド。しかし、イングランド代表では多くの有力選手との激しいポジション争いもあり、ポジションを掴むまでには至っていない。

9月に行われたインターナショナルマッチウィークでは、代表に招集されながらも試合出場はなし。こうした扱いに批判の声が上がると、ガレス・サウスゲイト監督は「キーラン・トリッピアーの万能性はアレクサンダー=アーノルドより優れている」と発言し、自身の采配を正当化した。
しかし、この指揮官の発言が火に油を注ぐ事態に。イギリス『Talksport』に出演したアグボンラホール氏は、アレクサンダー=アーノルドへの侮辱だと非難しており、指揮官が交代するまで選手は代表から退くべきだと持論を展開した。

「もし私がトレントなら、ワールドカップのメンバーから外されたときに代表から引退するだろう。新しい監督がイングランドの指揮を執り、私にチャンスを与えてくれるとわかるまではね。それは100パーセント確実だ」

「こうしたインターナショナルマッチウィークで、プレーもしないのに遠出することの意味があるだろうか? 自分のクラブに残って休み、リバプールでの試合に向けて準備もできたのだからね」

「サウスゲイト監督が、トレントよりトリッピアーが優れていると言い出したのは侮辱だろう。私はトリッピアーも好きだが、トレントの方がオールラウンドに優れている。私の中でカイル・ウォーカーリース・ジェームズはトレントより上だが、トリッピアーとはね。冗談はいい加減にしてほしい」

「もし本当に彼が代表から引退しても、私は驚かないよ。過去にイングランド代表から引退した選手を見ても、出場機会に恵まれなかったという理由が多かったからね」

関連ニュース
thumb

「本当に恥ずかしい行為」ゴミ拾いが話題の一方で、イングランドサポーターが中身入りのカップをみんなで投げ捨て炎上「アルコールを提供したくない理由だろう」

綺麗に片付けて帰っていくサポーターたちが増えているカタールとは裏腹に、わざわざ散らかして帰っていくというサポーターがいたようだ。 カタール・ワールドカップ(W杯)もあと2日でグループステージの全日程が終了を迎え、ベスト16が出揃うことになる。 番狂わせが起こったほか、抜け出すチームがないなど、いつもとは違う様相となる一方で、ピッチ外では日本人サポーターの行動が大きな話題となっている。 以前から行われていたものの、試合後にゴミを拾って片付けて帰る日本人サポーターの姿が大きくクローズアップ。国際サッカー連盟(FIFA)がインタビューを行うなど脚光を浴びると、世界からも称賛の声が殺到。そして、称賛されるだけでなく、イランやモロッコ、エクアドル、フランス、チュニジアなど多くの国のサポーターがゴミを拾う姿が大会が進むごとに増えていく。 日本代表もこれまで通りドレッシングルームを綺麗に整頓して立ち去っており、コスタリカ代表戦で敗れた後もその綺麗さには世界が驚くことに。そんな中、わざわざ散らかす行為を見せたサポーターたちに嘆きの声が上がっている。 それはイングランド代表のサポーター。イギリス『First Edition』というニュース番組の公式ツイッターが1つの動画を投稿。それは、25日に行われたグループステージ第2戦でイングランドがアメリカ代表とゴールレスドローに終わった後の映像だ。 ロンドンで行われたパブリックビューイングに集まったサポーターたち。初戦の快勝から一転して、不甲斐ない戦いを見せたことに腹を立て、試合終了のホイッスルと同時に持っていた中身入りのコップ投げ出す人が続出したのだ。 1人が始まれば、続々と同じ行動をする人が現れ、中身も全て飛び散る事態に。一方で、このことを予期していたのか、カッパを着用して濡れるのを防ぐサポーターも多くいるのだ。 カタールでは片付けるというものがクローズアップされている中でのこの行為には、多くの人が批判。「これを家でやるのだろうか」、「本当に恥ずかしい行為」、「不満はあるがビールは捨てない」、「パブで試合を観戦してなぜポンチョを着るのか」、「これがカタールでアルコールを提供したくない理由だろう」などとコメントが集まった。 中には、「6ゴールの後に1ゴールもなかったんだから当然だ」、「90分見て何も起こらなかったからだ」と、このような行為が当然と捉える人も少なくなく、やはり文化の違いというところだろう。 <span class="paragraph-title">【動画】引き分けた瞬間に飛び交うカップと飲み物…イングランドサポーターの行為が炎上中</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">FT: England 0-0 USA.<br><br>Watch the moment fans in London started throwing their drinks in frustration at the result.<a href="https://twitter.com/hashtag/WorldCup?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#WorldCup</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/ENGUSA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ENGUSA</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/WorldCup2022?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#WorldCup2022</a> <a href="https://t.co/4gbNmwx4ZS">pic.twitter.com/4gbNmwx4ZS</a></p>&mdash; First Edition (@FirstEdition) <a href="https://twitter.com/FirstEdition/status/1596245731509096449?ref_src=twsrc%5Etfw">November 25, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.12.01 18:20 Thu
twitterfacebook
thumb

ホワイトの代表離脱に「我々は君のそばにいる」 所属先アーセナルがメッセージ

DFベン・ホワイトのイングランド代表離脱に所属先のアーセナルが反応した。 カタール・ワールドカップ(W杯)グループBを2勝1分けで首位突破したイングランド代表。決勝トーナメント1回戦の相手もグループA2位のセネガル代表に決まり、ここからもう1つギアを上げていきたいところだ。 だが、イングランドサッカー協会(FA)は11月30日にホワイトの私事による離脱を報告。すでにイングランド代表が拠点を置くアル・ワクラから離れ、帰国した旨とともに、再合流の見通しがないとも記されている。 そのリリースではプライバシーの尊重も求められたなか、アーセナルがFAに追随する形で渦中のベン・ホワイトに関する声明を発表。多くに触れず、「我々は誰もが君のそばにいる、ベン」とのメッセージを送った。 2022.12.01 16:55 Thu
twitterfacebook
thumb

W杯16強入りのイングランド代表、ベン・ホワイトが私事で離脱…復帰見通しなしとも

イングランドサッカー協会(FA)は11月30日、DFベン・ホワイトのイングランド代表離脱を発表した。 カタール・ワールドカップ(W杯)グループBを2勝1分けで首位突破したイングランド代表。決勝トーナメント1回戦ではグループA2位のセネガル代表と対戦する。 だが、ホワイトはプライベートの諸事情でアル・ワクラにあるイングランド代表のトレーニングセンターを離れ、帰国の途に。戻ってくる見通しもないという。 また、その発表では選手のプライバシー尊重を求める文面も。アーセナルで主力を張るホワイトだが、今大会では出場がなかった。 2022.12.01 09:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ルーク・ショーの祖母が他界…カタールW杯直前の凶報

イングランド代表としてカタール・ワールドカップに参戦中のルーク・ショーだが、開幕直前に祖母の死に直面していたようだ。 今大会においてグループステージ全3試合に先発出場し、チームの決勝トーナメント進出に貢献したルーク・ショー。初戦のイラン戦ではジュード・ベリンガムの攻撃をアシストした。 大車輪の活躍を見せるショーだが、実は大会前に祖母の訃報があった模様。イギリス『アスレティック』のインタビューで明かし、ガレス・サウスゲイト監督からは慰めの言葉がったという。 「悲しいことに、祖母が大会前に亡くなったんだ。長い間ガンを患っていて、亡くなったのは初戦の直前だったよ」 「でも、ガレスは本当によくしてくれて、『大丈夫か?』と言ってくれた。時間が必要かと尋ねてくれたんだ」 「だけど僕はここにいる。このW杯は僕にとっていろんな意味を持つ。だから絶対に逃したくなかったんだ」 「子供の頃、彼女は本当に大切な存在だった。だけど悲しむ時間を経て、W杯に集中することができたよ」 2022.11.30 20:10 Wed
twitterfacebook
thumb

「数日前に友だちの1人を亡くした」 2発ラッシュフォードの天指差しパフォに込めた思い

イングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードが亡き友にゴールを捧げた。 カタール・ワールドカップ(W杯)のグループBで首位に立つイングランド代表は29日の最終節でウェールズ代表を3-0で撃破。グループステージ2勝1分け無敗で首位突破を決めた。 そんな一戦で輝きを放ったのがラッシュフォード。初戦のイラン代表戦でダメ押しの5ゴール目を記録したマンチェスター・ユナイテッドの10番は最終節で今大会初先発した。 0-0で折り返した50分に目の覚めるような直接FKを決め、先制点をもたらすと、68分にも左足でチームの3得点目。今大会の得点ランキングでも首位タイに浮上している。 圧巻のラッシュフォードだが、直接FKからのゴール時にひざまずいて天を指さすパフォーマンスを披露。ウェールズ戦を前に友人が闘病の末に帰らぬ人となってしまったようだ。 イギリス『デイリー・メール』によると、ラッシュフォードは試合後、友人であるガーフィールド・ヘイワード氏の死に直面しての一戦だったと明らかにした上で思いを馳せた。 「不幸にも、数日前に友だちの1人を亡くした。彼はかなり長いこと、がんと闘っていた。だから、彼のためにゴールを決められて嬉しいよ」 「彼はいつだって僕の大きなサポーターだった。人としても素晴らしかったし、僕の人生に彼がいてくれたのを本当に嬉しく思っている」 2022.11.30 16:55 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly