シュクリニアル退団の可能性を残すインテル、チェルシーの若手イングランド人CBに関心か

2022.09.29 11:37 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
インテルがチェルシーからイングランド人DFトレヴォ・チャロバー(23)の獲得を検討しているようだ。

インテルは今夏、パリ・サンジェルマン(PSG)からスロバキア代表DFミラン・シュクリニアル(27)に対するオファーを受けたが、拒否。守備の柱を残留させることに成功したが、2023年6月までの契約の延長交渉に進展なく、選手側はフリーでのPSG加入を画策していると報じられている。

イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、シュクリニアル退団に備えるインテルは有力な後釜候補としてチャロバーに狙いを定めているとのこと。チャロバーとチェルシーの契約は2026年夏まであり、完全移籍での獲得には膨大な移籍金が生じるため、レンタルを狙う模様だ。
チェルシーの下部組織出身であるチャロバーはイプスウィッチやハダースフィールドなどへの武者修行を経て、昨季に復帰すると、公式戦30試合に出場してファーストチームに定着。しかし、今季はDFカリドゥ・クリバリやDFヴェスレイ・フォファナが加入した影響で公式戦1試合の出場にとどまっている。

なお、インテルはチャロバーのほかにレスター・シティのトルコ代表DFチャグラル・ソユンジュ(26)もセンターバックの獲得リストに含めていると報じられている。

関連ニュース
thumb

シュクリニアルの今冬のPSG移籍は保留、来夏フリーで加入へ

パリ・サンジェルマンが獲得を狙うインテルのスロバキア代表DFミラン・シュクリニアル(27)だが、今冬の移籍は実現しないようだ。移籍市場に精通するジャーナリスト『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』が報じている。 フランス『レキップ』はPSGがシュクリニアル獲得のため、ナーセル・アル=ヘライフィー会長が自ら、移籍期限最終日の本日、イタリアに向かって交渉をまとめにかかったと報道。 移籍金1500万ユーロ(約21億2000万円)に加え、アドオン500万ユーロ(約7億円)の新オファーを提示したようだが、『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』によればインテルは拒否した模様だ。 PSGと仮契約を結んでいるとされるシュクリニアルの後釜としてインテルは今冬、アタランタのトルコ代表DFメリフ・デミラル(24)の獲得を確実としているが、今冬でのシュクリニアル売却は考慮していないと結んだ。 2023.01.31 22:45 Tue
twitterfacebook
thumb

インテル、U-21伊代表FWエスポージトがアンデルレヒトからレンタル先変更! 後半戦から2部バーリへ

セリエBのバーリは31日、インテルからU-21イタリア代表FWセバスティアーノ・エスポージト(20)のローン加入を発表した。 エスポージトはインテルのアカデミー出身で、2019年3月に16歳の若さにしてヨーロッパリーグ(EL)でプロデビューしたストライカー。2020年9月のSPAL行きから修行が続いており、ヴェネツィア、スイスのバーゼルときて、昨夏からベルギーのアンデルレヒトに活躍の場を移した。 バーゼルで公式戦34試合7得点9アシストとそれなりの結果を残してのベルギー行きだったが、ここまで公式戦21試合に出場して2ゴールと振るわず、アンデルレヒトとは1年のレンタル契約を前倒しで解消に。この後半戦から自国に戻り、バーリでプレーする運びとなった。 2023.01.31 19:20 Tue
twitterfacebook
thumb

インテル、アタランタDFデミラルの獲得目前か… 買取義務or買取OP付き半年レンタル

インテルがアタランタのトルコ代表DFメリフ・デミラル(24)獲得に急接近しているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝える。 インテルは今冬ないし夏にスロバキア代表DFミラン・シュクリニアル(27)がパリ・サンジェルマン(PSG)へ移籍することが確実に。その後釜として複数の選手をリストアップしていると伝えられてきた。 シュクリニアルは夏までは残留しそうな雰囲気が漂うが、一方で後継者となり得る新センターバックは今冬中にやってくる模様。その選手こそアタランタのデミラルだ。 アタランタで不動の地位を築くデミラルだが、年明け以降はベンチスタートが続き、28日に行われたセリエA第20節のサンプドリア戦ではわずか3分間の出場に。ここ数週間で「風向きが変わった」とされ、両クラブとも交渉締結を確信しているという。 デミラル本人もインテル行きを希望。半年レンタルが軸となるようで、移籍市場閉幕が迫るなか、買い取り義務か買い取りオプションのどちらを付帯するかで話し合いが続いているとのことだ。 一方、シュクリニアルの今冬中のPSG移籍もまだ可能性が残されており、現段階ではインテルの要求額とPSGのオファーに開きがあるものの、両者とも歩み寄りの姿勢があると考えられている。 だが、PSGはチェルシーからモロッコ代表MFハキム・ツィエク(29)のレンタル獲得が目前となっており、ファイナンシャル・フェアプレーの観点から両選手を獲得できる公算は低いとも指摘されている。 2023.01.31 15:06 Tue
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、リンデロフのオファー受けず…インテルやアトレティコが打診も

マンチェスター・ユナイテッドはスウェーデン代表DFビクトル・リンデロフ(28)をキープする方針のようだ。 2017年夏にベンフィカから加わって、今季で6年目のリンデロフ。通算211試合の出場数を誇るが、エリク・テン・ハグ監督就任の今季はDFラファエル・ヴァランと新顔のDFリサンドロ・マルティネスにポジションを取って代わられ、イングランド代表DFハリー・マグワイアとともに出番を減らす。 カタール・ワールドカップ(W杯)後も左サイドバックが主戦場のDFルーク・ショーがセンターバックで使われたりとさらに出番が限られる状況だが、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、ユナイテッドはいかなるオファーも受けないと決めたという。 水面下ではインテルからここ数日にわたってリンデロフにアプローチがあったようで、アトレティコ・マドリーからも数週間前に獲得の申し入れが…。だが、テン・ハグ監督から戦力にカウントされた存在であり、リンデロフは残留する模様だ。 チームが調子を掴むなか、マグワイアとともに序列の低下が明らかなリンデロフだが、報道通りなら、今季は少なくともこのままユナイテッドでプレーすることになりそうだ。 2023.01.30 10:10 Mon
twitterfacebook
thumb

PSG行き濃厚のシュクリニアル、今冬のオファーはインテル拒否か

インテルはスロバキア代表DFミラン・シュクリニアル(27)の今冬移籍を巡って、パリ・サンジェルマン(PSG)と交渉中のようだ。 2017年夏の加入から間もなくレギュラーに定着し、2020-21シーズンにはクラブにとって11年ぶりとなるスクデット獲得に大きく貢献したシュクリニアル。一方で、クラブとの現行契約は今季終了までとなっており、その去就に注目が集まっていた。 契約延長を急ぐインテルは具体的なオファーを提示したものの、シュクリニアルはこれを拒否。PSG入りが取り沙汰される中で、すでに今夏の加入について個人合意に達したとの報道もある。 先日には代理人であるロベルト・システィッチ氏が契約延長の可能性なしと語るなど、今夏の移籍がほぼ確実となっているが、PSGはこの1月に前倒しての獲得も狙っている模様。イタリア『スカイ』は、インテルに1000万ユーロ(約14億1000万円)のオファーを提示したと伝えた。 しかし、『スカイ』によると、インテルはこの最初のオファーを拒否した模様。同クラブは少なくともその倍額となる2000万ユーロ(約28億2000万円)を要求しており、後継者となるセンターバックを獲得できるかどうかも、今冬移籍実現の重要なファクターとなるようだ。 2023.01.29 18:39 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly