山口のDF菊地光将が今季限りで現役引退…川崎F、大宮でも主軸として活躍

2022.09.28 14:42 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
レノファ山口FCは28日、DF菊地光将(36)の現役引退を発表した。

菊地は今シーズン限りでの引退となり、10月23日の最終節に引退セレモニーを実施するとのことだ。

菊地は埼玉県出身で、浦和東高校から駒澤大学へと進学。2008年に川崎フロンターレに入団した。
ルーキーイヤーからJ1で17試合に出場するなど出場機会を得ると、センターバックのレギュラーに定着。2012年に大宮アルディージャへと完全移籍すると、高校・大学の同期で、骨肉腫を患った塚本泰史の意志を引き継ぎ、背番号「2」を背負うこととなった。

加入1年目からゲームキャプテンを務めると、2年目にはキャプテンに就任。持ち前の空中戦の強さと対人守備の強さを発揮し、大宮の最終ラインを支え続け、毎年のようにセットプレーからのゴールも決めていた。

2019年に大宮を契約満了となり、2020年から山口に入団。ベテランとして要所で出場機会を得ていたが、今シーズンは明治安田生命J2リーグで10試合に出場し1得点、天皇杯で1試合の出場に終わっていた。

J1通算230試合11得点、J2通算119試合6得点、天皇杯通算21試合1得点、リーグカップ通算31試合1得点を記録していた。

関連ニュース
thumb

町田が山口の大卒ルーキー沼田駿也を獲得、今季プロ入りも41試合7ゴール

FC町田ゼルビアは9日、レノファ山口FCからFW沼田駿也(23)の完全移籍加入を発表した。 沼田は関西大学卒のルーキー。今季がプロ1年目ながら、明治安田生命J2リーグ41試合に出場して7ゴールを記録した。町田の公式サイトを通じて意気込みを語っている。 「FC町田ゼルビアに関わる全ての皆様、はじめまして。レノファ山口FCから加入することになりました沼田駿也です。強い覚悟を持ってここへ来ました。自分の特徴を最大限に発揮し、FC町田ゼルビアのJ1昇格に貢献出来るよう全力で戦います! 熱い応援を宜しくお願いします!」 一方、山口の公式サイトを通じては「この度FC町田ゼルビアに移籍することになりました」と移籍を報告しつつ、別れの言葉を綴った。 「レノファでプレーできる機会をいただけていなければ、維新のピッチに立つ事や山口県という土地、温かいファンサポーターの皆さんと出会う事が出来なかったと思うと本当に感謝の気持ちでいっぱいです。どんな時も側で支えてくれて、パワーをくれてありがとうございました」 「ナツさんをはじめ素晴らしいスタッフ・選手のもとで戦えたこと、レノファの一員になれたことを誇りに思います。レノファでの経験は間違いなく今後のサッカー人生のベースとなり、自分の背中を押してくれると思っています」 「チームは変わりますが新しい環境でのチャレンジを決断した以上、強い覚悟を持って必ず大きくなった姿を皆さんにお見せできる様に成長します! 維新で聞けた自分のチャント、一生忘れません。1年間という短い間でしたが、本当にありがとうございました」 2022.12.09 10:30 Fri
twitterfacebook
thumb

山口、DF生駒仁と契約更新「街全体で1つになって闘いましょう」

レノファ山口FCは8日、DF生駒仁(23)と来季の契約を更新したことを発表した。 U-18日本代表歴を持つ生駒は、2018年に高校卒業後に横浜F・マリノスへ入団。半年後には出場機会を求めてカターレ富山へ期限付き移籍したが、結局プロ1年目は一度も公式戦に出られなかった。 2019年からは3シーズン連続でギラヴァンツ北九州へ期限付き移籍。その初年度はリーグ戦4試合の出場にとどまったものの、プロデビューを果たし、2年目、3年目と着実に出場機会を増やしていった。 そして、2022年は山口へ完全移籍加入。J2で27試合に出場し2ゴールを挙げた。 来季も山口でプレーすることを決めた生駒。クラブ公式サイトで「来シーズン、レノファ山口が街全体が1つになり共に闘いましょう!」と意気込みを示している。 2022.12.08 17:25 Thu
twitterfacebook
thumb

横浜FCが山口のMF高井和馬を完全移籍で獲得、初のJ1挑戦「日々全力で臨みます」

横浜FCは7日、レノファ山口FCのMF高井和馬(28)を完全移籍で獲得することを発表した。 高井は日本体育大学から2017年にザスパクサツ群馬に入団。プロ1年目からJ2で39試合に出場し10得点を記録すると、東京ヴェルディへと完全移籍。しかし、出番が得られず、シーズン途中に山口へと移籍する。 山口では3シーズン半在籍すると、J2で136試合に出場し27得点を記録。今シーズンは水戸ホーリーホックへと完全移籍。J2で18試合に出場し3得点を記録するが、シーズン途中に山口へと完全移籍していた。山口でもJ2で16試合に出場し7得点を記録していた。 キャリアを通じてJ2のみでプレーし、通算212試合47得点を記録。自身初のJ1挑戦に向けて意気込みを語った。 ◆横浜FC 「初めまして。レノファ山口FCから来ました高井和馬です。このクラブでプレーできることが楽しみでワクワクしています」 「感謝の気持ちと向上心を常に持ち日々全力で臨みます。よろしくお願いします」 また、合計5シーズン所属した山口を通じてもコメントしている。 「山口に戻ってきてサッカーの本質、サッカーの楽しさ、サッカーが大好きなんだということを改めて感じさせてもらいました。半年で戻ってきて、また移籍するという僕のわがままを快く受け入れて送り出してくれたクラブに感謝しています」 「僕のことを嫌いな人は、たくさんいると思うけど僕はレノファというクラブ、山口という街、山口の人が大好きです。また増しました」 「正直この文章では伝えられないくらいの想いや、感情が山口で僕に関わってくれた全ての人にあります。だからまた、このクラブ、この街に帰って来れるように常に感謝の気持ちを忘れず、日々努力して自分の可能性を信じてやっていきたいと思います」 「引き続き僕のことを応援してくれたら、本当に嬉しいです。また会いましょう!ありがとうございました!」 2022.12.07 13:40 Wed
twitterfacebook
thumb

山口、長期離脱中のMF石川啓人と契約更新 「しっかりとケガを治して、勝利に貢献できるように」

レノファ山口FCは5日、MF石川啓人(24)の契約更新を発表した。 サガン鳥栖の下部組織で育った石川は2016年にトップチームデビュー。その後はなかなか出場機会を得られず、ロアッソ熊本を経て2021年に山口入りを果たすと、初年度から明治安田生命J2リーグで40試合に出場した。 今シーズンもリーグ戦14試合でプレーするなど出番を得ていたが、8月に右ヒザの外側半月板を断裂。全治6カ月程度と診断され、残るシーズンを棒に振ることになった。 それでも、山口との契約更新が発表された石川は、クラブを通じて早期復帰と来季の活躍に対する意気込みを述べている。 「今シーズンたくさんの応援をありがとうございました。まずはしっかりとケガを治して、来シーズンは開幕からレノファ山口の勝利に貢献できるように頑張ります。応援よろしくお願いします」 2022.12.05 11:11 Mon
twitterfacebook
thumb

山口が今季2度の負傷離脱を経験したFW大槻周平と契約更新「自分らしく楽しんで頑張りたい」

レノファ山口FCは1日、FW大槻周平(33)との契約更新を発表した。 大槻は京都府出身で、福知山成美高校から大阪学院大学へと進学。2012年に湘南ベルマーレに入団した。 その後、ヴィッセル神戸、モンテディオ山形、ジェフユナイテッド千葉でプレー。2021年8月に期限付き移籍で山口に加入すると、今シーズンからは完全移籍に切り替わっていた。 今シーズンは4月に右ハムストリング肉離れ、8月には右ヒザ内側側副じん帯損傷と2度の負傷離脱を経験。明治安田生命J2リーグで19試合に出場し3得点、天皇杯で2試合に出場していた。 大槻はクラブを通じてコメントしている。 「今シーズンたくさんの応援ありがとうございました。今年は怪我を二回してしまい、その時にたくさんの人から「大丈夫?早く戻ってきてね」と言われたことが本当に励みになりました」 「今年の悔しさを生かし、来年は必ず結果で恩返しできるよう自分らしく楽しんで頑張りたいと思います。やまぐち一番をたくさん踊りましょう!」 2022.12.01 13:47 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly