勝ち越しゴール後にバナナが投げ込まれる…リシャルリソンへの人種差別行為に会長が怒り「罰はもっと厳しくする必要がある」

2022.09.28 10:12 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブラジルサッカー連盟(CBF)のエドナルド・ロドリゲス会長が、トッテナムのブラジル代表FWリシャルリソンに向けられた人種差別に反対のコメントを残した。事件が起きたのは27日に行われた、チュニジア代表とのフレンドリーマッチ。カタール・ワールドカップ(W杯)に向けた大事な試合は、5-1で勝利を収めた。

ハフィーニャネイマールリシャルリソンと前線で起用した選手がゴールを決める活躍を見せた中、事件はブラジルの2点目が入った後に起きた。
ゴールを決めたリシャルリソンがコーナーフラッグに駆け寄り喜びを露わに。するとしばらくして、スタンドからリシャルリソンに向けてバナナが投げ込まれる事態となった。

これは人種差別的な侮辱行為であり、CBFはこのことを問題視。試合後に声明を発表した。

「ブラジルの2つ目のゴールの後、バナナがリシャルリソンに向かって投げられた。CBFは差別に対する姿勢を強化し、フットボールにおける人種差別のさらに別の出来事に激しく反対したいと思う」

「フィールドの内外を問わず、このような行動は容認できない」

また、ロドリゲス会長が断固反対の意志を示すためにコメント。人種差別をなくすべきだとし、重いペナルティをかさなければいけないと訴えた。

「もう一度、私は自分が反対することを表明するために公の場に来た。今回は自分の目で見た。これは我々に衝撃を与える」

「肌の色、人種、宗教に関係なく、我々は皆同じであることを常に覚えておく必要がある」

「人種差別との戦いは大義ではなく、この種の犯罪を地球から一掃するための根本的な変化だ。罰はもっと厳しくする必要があると主張したい」


1 2

関連ニュース
thumb

「扉を閉ざすわけではないし、100%戻ってくるとも言いたくない」、ネイマールがセレソンでの今後に言及

自身3度目のワールドカップ(W杯)敗退が決定したブラジル代表FWネイマールがセレソンでの今後について言及した。ブラジル『グローボ』が伝えている。 ブラジルは9日に行われたカタールW杯準々決勝でクロアチア代表と対戦。0-0のまま突入した延長前半終了間際の106分に味方との2度のワンツーでボックス内に侵入したネイマールのゴラッソで先制に成功。だが、延長後半終盤の失点で同点に追いつかれると、PK戦を2-4で落として無念のベスト8敗退となった。 同試合後、ピッチに座り込み、人目をはばからず号泣したネイマールの姿を見ると、大会前に示唆していた通り、これが最後のW杯となる可能性が濃厚と思われたが、試合後の取材では必ずしもセレソンの扉を閉ざしてはいないようだ。 「今は考えることがたくさんあって、熱くなっているし何も言いたくない。自分にとって何がいいのか、代表チームにとって何がいいのか、この時間を使って考えたい。扉を閉ざすわけではないし、100%戻ってくるとも言いたくない」 また、試合全体についての振り返りを求められたセレソンのエースは、「悪夢のようだ」と大きなショックを隠さない。 「悪夢のようだ。僕にはここで起こったことが信じられない。この敗北は長い間、僕らを傷つけるはずだ。ブラジルファンのサポート、愛情、そしてすべてのチームメイトへの敬意に感謝したい。残念ながら、夢を実現できなかったとはいえ、それは人生の一部であり、フットボールであり、起こり得ることなんだ。今は家に帰り、嘆き悲しみ、敗北に苦しむときだ」 「今は話すのが難しいし、何も言いたくない。ただ、ゲームで起こったことがすべてだ。誰のせいでもないし、僕らは一緒に勝ち、一緒に負ける」 「このグループの一員であることを嬉しく思うよ。一人一人を誇りに思っている。残念ながら、このグループに勝利をもたらすことはできなかったけど、それは起こり得ることだ。今は悲しみの瞬間にあるし、それぞれを慰める言葉を見つけるのは難しいよ」 2022.12.10 07:32 Sat
twitterfacebook
thumb

PK戦で無念敗退のブラジル、チッチ監督は「サイクルの終わり」と退任を改めて明言

ブラジル代表を率いるチッチ監督が、9日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)準々決勝、クロアチア代表戦を振り返った。 ブラジルはクロアチア戦、優勢に試合を進めながらも相手GKリヴァコビッチに阻まれゴールレスで90分を終了。延長戦でFWネイマールが先制ゴールをこじ開けたが、同点弾を奪われてPK戦の末に無念の敗退となった。 大会前に退任を発表していたチッチ監督はこの悔しい敗戦を受けて以下のように振り返った。 「痛ましい敗戦だ。これはサイクルの終わりだよ。1年半前に言った。勝つためにここにやって来た。それが達成されず、監督を続けるつもりもない。私を知っている人ならわかるはずだ」 2016年にブラジル代表指揮官督に就任したチッチ監督は2019年コパ・アメリカ優勝に導いたものの、前回ロシアW杯と今大会ではベスト8止まりと結果を出せず悔しさを滲ませた。 ブラジル代表に何を残したかと問われたチッチ監督は力なく「敗退した今、それを分析する能力は今の私にはないよ」と沈痛だった。 2022.12.10 06:50 Sat
twitterfacebook
thumb

夢破れたネイマールが号泣…ペリシッチ息子が慰める

悲願のワールドカップ(W杯)制覇をまたしても逃したブラジル代表FWネイマールが試合後に感極まった。 ブラジルは9日に行われたカタールW杯準々決勝でクロアチア代表と対戦。相手の堅守に手を焼いたブラジルは90分の戦いを0-0で終えたが、延長前半終了間際の106分に味方との2度のワンツーでボックス内に侵入したネイマールのゴラッソで先制に成功した。 ブラジルの英雄、ペレ氏が持つ同国代表歴代最多得点(77ゴール)に並ぶエースのゴールによってベスト4進出かに思われたが、チームは不屈のクロアチアに延長後半の土壇場で追いつかれてPK戦に持ち込まれる。そのPK戦では1人目のFWロドリゴ・ゴエス、4人目のDFマルキーニョスが失敗し、5人目と目されたネイマールにキッカーが回ることなく無念のベスト8敗退となった。 大会前に今大会が自身最後のW杯になることを示唆していた30歳FWは、PK戦後にピッチに座り込み、人目をはばからず号泣。その後、DFダニエウ・アウベスとDFチアゴ・シウバの重鎮2人に声をかけられて抱き起された同選手は立ち上がって歩き始めたが、涙は止まらず。 そういった中、ネイマールの元に駆け寄ったのが、クロアチア代表MFイバン・ペリシッチの息子であるレオナルド君だった。 当初、ブラジル代表のスタッフは背番号4のクロアチアのユニフォームを着用したレオナルド君をピッチへの乱入者と誤解したか、一度遠ざけようとしたが、少年は自身がペリシッチの息子であることを何とか説明できたか、ネイマールとの接触に成功。短い言葉を交わしつつ握手とハグを行い、ブラジルのエースを慰めた。 そのレオナルド君の心遣いもあってか、少し落ち着きを取り戻したネイマールは、チームメイトと合流してここまで献身的にサポートしてくれた母国サポーターのもとに挨拶へ向かった。 先日の日本代表戦では父親のペリシッチが悲しみに暮れる日本の選手を労う振る舞いが称賛されたが、偉大な父親の振る舞いはしっかりと息子に受け継がれていた。 また、自身を慰めようと駆け寄ってきたレオナルド君の心遣いに紳士的に応えたネイマールの振る舞いもやはり超一流だった。 <span class="paragraph-title">【動画】悲痛ネイマール、ペリシッチ息子が素晴らしい振る舞い</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Million heart brokes neymar crying <a href="https://twitter.com/hashtag/FIFAWorldCup?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FIFAWorldCup</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/Neymar?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Neymar</a> <a href="https://t.co/ENHlraFJJG">pic.twitter.com/ENHlraFJJG</a></p>&mdash; Henry (@shoaibA21211051) <a href="https://twitter.com/shoaibA21211051/status/1601277475316969474?ref_src=twsrc%5Etfw">December 9, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> Lovely moment as a child from the celebrating Croatia squad - looks like Ivan Perisic family - runs over to console Neymar after <a href="https://twitter.com/hashtag/HRV?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#HRV</a> shock Brazil to end <a href="https://twitter.com/hashtag/BRA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#BRA</a> dream of 1st <a href="https://twitter.com/hashtag/FIFAWorldCup?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FIFAWorldCup</a> since 2002 &amp; record-extending 6th title<a href="https://t.co/cyXMYoPulg">https://t.co/cyXMYoPulg</a><a href="https://twitter.com/TheAthleticFC?ref_src=twsrc%5Etfw">@TheAthleticFC</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/Qatar2022?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Qatar2022</a> <a href="https://t.co/HU2tZthP82">pic.twitter.com/HU2tZthP82</a></p>&mdash; David Ornstein (@David_Ornstein) <a href="https://twitter.com/David_Ornstein/status/1601275425040523264?ref_src=twsrc%5Etfw">December 9, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2022.12.10 06:30 Sat
twitterfacebook
thumb

2戦連続PK戦勝利のダリッチ監督「我々はPK戦に強い」

クロアチア代表を率いるズラトコ・ダリッチ監督が、9日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)準々決勝、ブラジル代表戦を振り返った。 クロアチアはブラジル戦、守護神リヴァコビッチの活躍で90分を0-0で終えると、延長戦ではFWネイマールにゴールを許して先制されるもFWペトコビッチ弾で追いつき、最終的にPK戦では4-2と制してベスト4に勝ち上がった。 激戦を終えたダリッチ監督は以下のように試合を回想した。 「美しい試合だった。我々にとって素晴らしい試合で、とても知的だった。クロアチア代表がどんなチームかを示せた。我々は小さな国だが、2大会連続ベスト4に進出した。そして優勝候補のブラジルを倒した。我々がベスト4に勝ち上がったのは普通のことではない」 また、ブラジル戦に向けた戦略について聞かれたダリッチ監督は「戦術を変えるつもりはなかった。我々の目的は中盤を支配することだったが、ブラジルがそうさせてくれなかった。チームの重心を低くしたくなかったが、そこはブラジルが上回った。それでもメンタルの強さを示せたと思う」と苦戦を強いられたことを認めた。 そして2戦連続PK戦を制したことについては「我々は決して諦めない。PK戦では勝機があると思った。我々はPK戦に強いからね。だからPK戦に持ち込むことが必要だった」とPK戦への強い自信を示した。 最後に殊勲の守護神リヴァコビッチに関して問われると「彼は我々を救ってくれた。多くのシュートを止めてくれた。我々に自信を与えてくれる存在だし、相手にとっては怖い存在になっている。本当に素晴らしいパフォーマンスを披露してくれた」と今大会大活躍の守護神を称賛した。 2022.12.10 06:05 Sat
twitterfacebook
thumb

無念敗退のブラジル、ネイマールがペレ氏持つFIFA公認のブラジル歴代最多得点記録に並ぶ

パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールがサッカーの王様として知られるブラジルの英雄、ペレ氏が持つ同国代表歴代最多得点の77ゴールに並んだ。 カタール・ワールドカップ(W杯)での偉業達成が期待されていたネイマールは、ラウンド16の韓国代表戦で今大会初ゴールを記録し、ペレ氏の持つ偉大な記録へ王手をかけていた。 そして、9日に行われたクロアチア代表との準々決勝では0-0で迎えた延長前半終了間際に圧巻のゴラッソで偉業を達成することになった。 延長前半アディショナルタイムの106分、相手陣内中央でボールを受けたネイマールは2人の味方との2度のパス交換でゴール前に抜け出すと、飛び出したGKドミニク・リバコビッチを巧みな右への持ち出しで交わした末に正確無比の右足シュートをニア上の完璧なコースに突き刺した。 そして、代表通算124試合目にして77ゴールに到達した30歳FWは、ペレ氏(92試合)の偉大な記録に肩を並べることになった。 なお、この77ゴールは国際サッカー連盟(FIFA)が公式に認定している記録で、ブラジルサッカー連盟(CBF)とペレ氏は以前から95ゴールを主張している。 この数字の認識の違いに関しては、FIFAが2カ国間の対戦のみを認めているのに対して、CBFとペレ氏はクラブチームと対戦した際に決めたゴールをカウントしていることによる相違となっている。 2010年8月10日に行われたアメリカ代表戦で初ゴールを挙げたネイマールは、W杯においては2014年ブラジル大会で4ゴール、2018年ロシア大会で2ゴール、今大会で2ゴールと通算8ゴールを記録。ただ、1958年大会、1962年大会、1970年大会で優勝を果たしたペレ氏とは異なり、W杯最高位は自身が負傷離脱した2014年大会のベスト4が最高位。 そして、自身最後の大会として臨んだ今大会でも前述の貴重な先制点は空砲に終わり、PK戦の末に敗れたブラジルは無念のベスト8敗退となった。 2022.12.10 02:56 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly