「バケモン」「本物」「神やな」反転ボレーでUNL5戦6発のハーランドが凄すぎる!「絶対ゴール決めるマン」「ノルウェーW杯で見たかった」

2022.09.27 13:42 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
この男がワールドカップで見られないことは本当に残念としか言えないだろう。24日、UEFAネーションズリーグ(UNL)リーグBグループ4第5節スロベニア代表vsノルウェー代表が行われた。

試合はスロベニアが2-1で勝利を収めたが、ノルウェーのエースであるアーリング・ハーランド(マンチェスター・シティ)はしっかりとゴールを記録した。
試合の47分、相手のクリアボールがモハメド・エルユヌシにあたってボックス内で跳ねると、これに反応したハーランドが反転ボレー。ゴール左隅に決まった。

ハーランドは今シーズンのUNLで5試合に全て出場し6ゴール1アシスト。6月9日のホームでのスロベニア戦こそゴールを決められなかったが、残りの4試合全てでゴールを記録している。

ファンは流石の得点力を評価。「ちゃんと点取るのバケモン」、「ハーランドは本物」、「オブラクが一歩も動けないシュート撃ってるのすごい」、「絶対ゴール決めるマン」、「ハーランド神やな」、「息するように点決めるの草」、「ノルウェーW杯で見たかった」とコメントが集まっている。

今夏加入したシティでもゴールを量産しているハーランド。残念ながらカタール・ワールドカップ(W杯)に出場することはなく、世界を相手に活躍する姿は見られないが、ゴールで楽しませ続けてくれることは間違いなさそうだ。

1 2

関連ニュース
thumb

日本ではお目にかかれない! 気温マイナス6度、斬新なピッチ入場方法が大注目「ノルウェーに行きたくなった」

寒冷地らしい光景と言ってよいのだろうか。斬新なピッチ入場方法が確認された。 ノルウェーの女子1.Division(トップセリエンに次ぐ2部相当)に所属するヘーネフォスは、今年最初のトレーニングマッチを1月27日に国内のナデルドで行った。 気温はなんとマイナス6度。芝面外側の斜面、ピッチの脇は文字通り凍り付いていた。 日本国内ではまずお目にかかれない状況だが、選手らは意に介さず、どころかスケートのように楽しそうに滑り降りていく。中には背中を使って滑っていく選手もおり、映る中では転ぶような選手は出ていない。 リーグの公式インスタグラムが「スタイリッシュにコートに入る」と紹介したところ、大手メディア『433』がこれを発見。「驚きのピッチ入場」とピックアップし、瞬く間に注目を集めた。 「怪我しないでね」、「何から何まで楽しんでいる」、「ノルウェーに行きたくなった」、「最も面白い女子サッカーの瞬間」、「濡れた背中をすぐに後悔するよ」、「ヒザスラを想像して」、「ピッチへの導線を確保しないのかい」など、愉快だとの声やもっともな指摘が届くこととなった。 <span class="paragraph-title">【動画】ピッチ脇が凍り付いたノルウェーではこのように入場するらしい…</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/reel/CoFs9RlLstl/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/reel/CoFs9RlLstl/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/reel/CoFs9RlLstl/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">433(@433)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2023.02.02 20:20 Thu
twitterfacebook
thumb

「僕世代のアイドル」アルバレスがメッシへの忠誠心語る「W杯優勝を手伝えて、この上ない誇り」

マンチェスター・シティのアルゼンチン代表FWフリアン・アルバレスが、同代表FWリオネル・メッシへの忠誠心を語った。アルゼンチン『アス』が伝えている。 アルバレスはカタール・ワールドカップ(W杯)で4得点を挙げ、アルゼンチン代表36年ぶりの優勝に大きく貢献。得点だけでなく、前線からの守備といった貢献度も光り、メッシ中心の攻撃陣を引き立てて見せた。 『DAZN』のインタビューでは大会を振り返り、優勝の喜びを語るとともに、少年時代からのアイドルだったというメッシのW杯トロフィー獲得を手助けできた事実を誇りに思うと口にした。 「僕たちが達成したことがどれだけ難しいものだったか、よく理解しているつもりだよ。多くの選手の夢であるW杯トロフィーを持ち上げられたんだ」 「僕の世代はメッシを見て育った。彼は僕たちのアイドルさ。国を代表し、チームを助け、多くの人に喜びをもたらしてきた彼が長年求めていたものこそW杯のトロフィーだ。僕がその達成を手伝えたことは大きな満足であり、喜びであり、この上ない誇りだ」 一方、自身のクラブキャリアに話が及ぶと、昨夏に揃ってシティへ加入したノルウェー代表FWアーリング・ハーランドに言及。センターフォワードの定位置を争うライバルに称賛の言葉を送っている。 「初めて会った日から信じられない光景を見た。紹介されて挨拶を交わし、そのあとすぐに練習があったんだ。彼のテクニック、フィジカル、スピードに驚かされた…」 「シティで始まったわけじゃない。彼はこれまでプレーした全てのクラブにおいて、ゴールによって自身の価値を証明してきた。それも信じられないほどにね」 W杯で輝きを放ったアルバレスは15試合で4得点だが、シティではプレミア19試合で25得点を叩き出す怪物ハーランドに完敗。今後はハーランドの定位置を脅かすほどの突き上げに期待したい。 2023.01.25 21:20 Wed
twitterfacebook
thumb

まさに化け物! 今季4度目のハットのハーランド、わずか19試合の達成で歴代のストライカーを置き去りに

マンチェスター・シティのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドがとんでもない記録を樹立してしまった。 22日、シティはプレミアリーグ第21節でウォルバーハンプトンと対戦した。 EFLカップ(カラバオカップ)のサウサンプトン戦に敗れ、その後のマンチェスター・ユナイテッドとのダービーでも敗れて公式戦連敗だったシティ。延期されていたトッテナム戦ではしっかりと勝利した中で迎えた。 試合序盤こそなかなかゴールを奪えなかったが、40分にハーランドのゴールで先制。すると、後半は立ち上がりに畳み掛け、50分にハーランドがPKを決めて追加点を奪うと、54分にもハーランドが決めて3-0。そのまま勝利を収め、首位のアーセナルにプレッシャーをかけた。 この試合で今シーズンのプレミアリーグのゴールを「25」にしたハーランド。初めて挑戦した世界最高峰のリーグで、20試合25ゴールを決めていること自体も驚きなのだが、それをも霞むとんでもない記録を樹立した。 ハーランドはこの試合で今シーズン4度目のハットトリックを記録。プレミアリーグデビューから19試合での達成となったが、圧倒的な記録となってしまった。 名だたるストライカーがプレーしてきたプレミアリーグ。これまではマンチェスター・ユナイテッドでプレーした元オランダ代表FWルート・ファン・ニステルローイ氏が記録した65試合が最速。リバプールで活躍したウルグアイ代表FWルイス・スアレスも81試合、元イングランド代表FWアラン・シアラー氏も86試合、元イングランド代表FWロビー・ファウラー氏も89試合かかっている。 その中で、ハーランドはたったの19試合。初めてプレーしたシーズンで、圧倒的なスピードで4度のハットトリックを記録したこととなった。 これまでもザルツブルクやドルトムントで圧倒的な得点力を見せつけてきたが、世界トップとも言われるプレミアリーグでも圧倒。2位のイングランド代表FWハリー・ケイン(トッテナム)に10点差をつける特典ランキングトップに立ち、シーズンを折り返した地点で昨シーズンの得点王だったエジプト代表FWモハメド・サラー(リバプール)、韓国代表FWソン・フンミン(トッテナム)の23ゴールを超えてしまった。 ◆4試合ハットトリック記録 19試合:アーリング・ハーランド(マンチェスター・シティ) 65試合:ルート・ファン・ニステルローイ(マンチェスター・ユナイテッド) 81試合;ルイス・スアレス(リバプール) 86試合:アラン・シアラー(ブラックバーン/ニューカッスル) 89試合:ロビー・ファウラー(リバプール/リーズ・ユナイテッド/マンチェスター・シティ) <span class="paragraph-title">【動画】圧倒的なハーランド、今季4度目のハットトリックをチェック</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="JaM8dd7aQsY";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.23 09:50 Mon
twitterfacebook
thumb

キャラガー氏、ハーランドへの懐疑論を一蹴「彼が保証したのはタイトルではなく…」

ジェイミー・キャラガー氏が、マンチェスター・シティのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドへの懐疑論を一蹴した。 ハーランドは昨夏にシティへ加入。自身初となるプレミアリーグの舞台で17試合21得点をマークし、得点ランキングで堂々のトップに。2位ハリー・ケインの15得点とは6点もの差をつけている。 だが、ハーランドの加入でシティが必ずしもリーグタイトル防衛、悲願のチャンピオンズリーグ(CL)制覇に近づくわけではないとの意見が存在。シティは直近の公式戦5試合で2勝、ハーランドも直近の出場3試合でノーゴールとやや苦戦気味だ。 キャラガー氏はイギリス『スカイ』の出演時にこの見解を一蹴。意味のない議論とし、ハーランド加入前、加入後の違いは、本職のセンターフォワードがいるかいないかに過ぎないと語った。 「ハーランドがシティに保証したのはタイトルではなく、『チームとしての新たな点の取り方』だ。彼自身は今後も多くのゴールを決めるだろうが、リーグタイトルに必要なのは90〜100ポイント(勝ち点)であり、個人のゴール数ではない」 また、ここ最近のシティについては、ベストの状態に戻るのに時間はかからないだろうとも述べた。 「ハーランドが来てシティは別のチームになった。ここ最近は確かに少し苦しい時期かもしれないが、私は期待している。近々強いシティが帰ってくるだろう。きっとトッテナムも倒してくれる」 2023.01.19 19:38 Thu
twitterfacebook
thumb

ハーランドが16~18歳を回想… 恩師スールシャールに感謝「僕は頭でボールを叩けなかった」

マンチェスター・シティのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドが、恩師オーレ・グンナー・スールシャール氏への感謝を述べた。 今季加入のシティでプレミアリーグ17試合21得点と大活躍中のハーランド。カタール・ワールドカップ(W杯)ではお目にかかれなかったが、22歳にして世界最高のストライカーの一人という評価を確立済みだ。 アメリカ『GQ』のインタビューではキャリアを振り返り、16~18歳を過ごした母国モルデ時代も回想。当時のスールシャール監督との出会いが飛躍のきっかけになったと語っている。 「スールシャールは当初僕にこんなことを言ったよ。『君はヘディングの仕方がわかっていない。君と僕はこの取り組みから始めよう』とね。モルデにいた2年間、僕らはずっとヘディングの練習に打ち込んでいたよ」 「あの頃の僕は頭でボールを叩くことができなかったのさ。だからあの日々は本当に良いものだった。今ではたくさん頭でゴールを決められる。全ては彼ら(コーチ陣)のおかげなのさ」 モルデを退団後、ザルツブルクとドルトムントを経てシティに辿り着いたハーランド。現在の活躍に至るまでには母国ノルウェーが誇る世界的ストライカー、スールシャール監督の教えがあったようだ。 2023.01.18 13:49 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly