再び恩師モウリーニョのもとへ、マティッチがローマ加入の理由明かす「新しい挑戦が必要だった」

2022.09.26 16:44 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元セルビア代表MFネマニャ・マティッチが、ローマ加入の理由を明かした。『フットボール・イタリア』が伝えている。

チェルシーでジョゼ・モウリーニョ監督の下、プレミアリーグ屈指の守備的MFに成長を遂げたマティッチ。2017年からはそのモウリーニョ率いるマンチェスター・ユナイテッドへと移籍し、主力として5年間プレーした。そして、今夏にはフリートランスファーでローマへと加入。今度はイタリアの地で恩師と3度目のタッグを組むことになった。

イギリス『タイムズ』のインタビューを受けたマティッチは、ローマ加入の理由は出場機会を得ることとしつつも、恩師であるモウリーニョ監督の存在も大きかったと本音を語った。
「正直なところ、僕はお金のためにサッカーを始めたわけではなく、ピッチに立ち続けるため、新しいチャレンジが必要だった。もっとプレーしたかったし、ジョゼから連絡があったときには自分の決断が正しかったと確信したよ」

「セリエAではもっと楽な仕事だと思っていたけど、まだまだたくさん走らないといけないね。ほぼ全試合に出てるけど、上手くやれていると自信を感じているよ。街も美しく、子供たちはすっかり馴染んだ。もう完璧だね」

「彼が史上最高の監督の一人であることは誰もが認めるところだ。個人的な付き合いは良好だけど、なぜかと聞かれてもわからない。僕は彼に特別なことを要求したことはないし、彼は常に勝利を望んでいる。良い結果を得られないと一緒に仕事をするのはとても難しいからね」

関連ニュース
thumb

ローマがスペイン代表DFディエゴ・ジョレンテ獲得! マドリ―ではモウの下でトップデビュー

ローマは31日、リーズ・ユナイテッドからスペイン代表DFディエゴ・ジョレンテ(29)を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は「14」に決定している。 なお、イギリス『スカイ・スポーツ』によると、買い取りオプションの金額は1800万ユーロ(約25億3000万円)になるという。 ローマへの加入が決定したジョレンテは、新天地での意気込みを語った。 「ローマに来る可能性が提示されたとき、二度考える必要はなかったよ。ここに来ることは、自分のキャリアにとって大きな前進であり、この機会を最大限に活用したいと思っている」 「ローマは美しく、信じられないほどの都市であり、フットボールをプレーするのにこれ以上の場所を見つけることはほとんど不可能だと思うよ」 「クラブは今シーズン、あらゆる面で素晴らしいことを達成するために戦っている。僕はそれに貢献する準備ができているよ」 レアル・マドリーのカンテラ出身のジョレンテは、現在ローマを指揮するジョゼ・モウリーニョ監督の下、2012-13シーズンにトップチームデビュー。以降はラージョ・バジェカーノ、マラガ、レアル・ソシエダを経て、2020年夏にリーズへ加入。マルセロ・ビエルサ前監督の下で主力に定着したが、今シーズンはジェシー・マーシュ監督の下で序列が低下しており、プレミアリーグでは8試合の出場にとどまっていた。 スペイン代表として10キャップを刻む186㎝のセンターバックは、右サイドバックや守備的MFでもプレー可能な多才なプレースタイルの持ち主。 ローマではアルバニア代表DFマラシュ・クンブラと共に3バックの控えからのスタートとなるが、ほかのライバルにはないビルドアップ能力を武器にポジション奪取を目指す。また、チーム状況次第では選手層に問題を抱える右ウイングバックでの起用の可能性もありそうだ。 2023.02.01 03:33 Wed
twitterfacebook
thumb

ローマがリーズのD・ジョレンテ獲得でクラブ間合意、選手はすでに現地入り

ローマがリーズ・ユナイテッドのスペイン代表DFディエゴ・ジョレンテ(29)の獲得に迫っているようだ。 セリエAで20試合を消化して6位につけるローマ。目標としているトップ4まで1ポイント差の好位置につけており、クラブは来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場を少しでも確実にするべく、今冬の移籍市場で補強に動いている。 移籍市場に精通するジャンルカ・ディ・マルツィオ氏によると、守備陣の強化を目指すジョゼ・モウリーニョ監督がジョレンテの獲得を強く希望。指揮官はレアル・マドリーで同選手を指導した経歴を持ち、そのクオリティを高く評価しているとのことだ。 ローマとリーズはすでに1800万ユーロ(約25億3000万円)の買い取りオプションが付随した半年のレンタル移籍で合意。選手も現在ローマ入りしており、書類へのサインがまとまり次第、獲得が正式発表される模様だ。 マドリーの下部組織出身であるD・ジョレンテは、2020年夏にリーズへ加入。マルセロ・ビエルサ前監督の下で主力に定着したが、今シーズンはジェシー・マーシュ監督の下で序列が低下しており、プレミアリーグではわずか8試合の出場にとどまっていた。 2023.01.31 18:12 Tue
twitterfacebook
thumb

ザニオーロ獲得失敗のミラン、代替案のチリ代表FWも交渉難航か

ミランのチリ代表FWダリオ・オソリオ(19)獲得に向けた交渉は難航しているようだ。 セリエA王者として迎えた今シーズン、序盤から安定した戦いで上位につけていたミラン。しかし、年明けからの公式戦7試合わずか1勝と急激に失速しており、セリエAでは5位まで順位を落としている。 巻き返しを図りたいクラブは、今冬の移籍市場でローマのイタリア代表FWニコロ・ザニオーロ獲得を模索。選手側も移籍を熱望し練習ボイコットなどの強硬手段をとったが、ローマの求める移籍金を提示できなかったことから破談となった。 そこで、ミランは次なるターゲットとしてウニベルシダ・チレに所属するオソリオをリストアップ。ウニベルシダ・チレに対して移籍金500万ユーロ(約7億円)のオファーを提示し、交渉を開始していた。 しかし、イタリア『スカイ』によると、こちらの交渉も難航している模様だ。ウニベルシダ・チレはアストン・ビラも関心を寄せるオソリオに1000万ユーロ(約14億円)以上の移籍金を求めており、交渉の時間が残されていないことから破談に終わる可能性が高いという。 オソリオはウニベルシダ・チレの下部組織出身であり、昨シーズンにプロデビュー。19歳ながらチームの主力に定着すると、国内リーグ27試合で7得点を記録する活躍を見せた。 2023.01.31 15:26 Tue
twitterfacebook
thumb

ザニオーロの態度にローマは激怒、移籍金を妥協せず飼い殺しも辞さない方針か

ローマがイタリア代表MFニコロ・ザニオーロ(23)の売却について、一切妥協しない方針を決定したようだ。 チームの主軸でありながら今冬の退団を希望し、練習参加をボイコットしたザニオーロ。しかし、本人が移籍を熱望したミランはクラブ間交渉で折り合わず、ボーンマスからのオファーはクラブ間合意こそしたものの、今度は国内移籍を望む選手側が拒否した。 イタリア『スカイ』によると、ローマは身勝手な振る舞いを続けるザニオーロに激怒。チームとしての規範を徹底するため、たとえ今冬に残留したとしても今後構想からは外す構えだという。 また、クラブ上層部は2024年6月まで契約を残すザニオーロの売却について、一切妥協しない決定も下したとのことだ。たとえ契約が残り1年になったとしても、今回ボーンマスから届いた移籍金3000万ユーロ(約42億3000万円)のオファーを下回る内容は受けつけず、飼い殺しを続けるプランだという。 実際、ローマはリーズ・ユナイテッドから届いた3000万ユーロの買い取りオプションが付随した半年レンタルのオファーを拒否。あくまで完全移籍を要求する姿勢を貫く模様だ。 ザニオーロ側も選手の母親がクラブへの不満を漏らし、本人も自身のSNSのプロフィールからローマ関連の記載を削除。両者の関係は修復不可能になっているが、今後双方の要求を満たすオファーは届くのだろうか。 2023.01.31 13:20 Tue
twitterfacebook
thumb

ボーンマス、ローマのウルグアイ代表DFビーニャを買取OP付きレンタルで獲得!

ボーンマスは30日、ローマからウルグアイ代表DFマティアス・ビーニャ(25)の買い取りオプション付きレンタル移籍を発表した。レンタル期間は2023年6月30日までとなる。 母国クラブのナシオナルでプロデビューを飾ったビーニャはパウメイラスを経て、2021年8月にローマへ加入。長期離脱中のMFレオナルド・スピナッツォーラの穴を埋める存在として公式戦37試合に出場したが、シーズン後半は出場機会が激減した。 今シーズンもジョゼ・モウリーニョ監督からの信頼を得ることはできず、セリエAでの出場は3試合のみ。昨年10月の第11節ナポリ戦を最後に出場はなかった。 また、ウルグアイ代表では昨年11月から開催されたカタール・ワールドカップ(W杯)のメンバーに選出。グループステージ2試合でピッチに立ったが、いずれも試合終盤の出場だった。 なお、買い取りオプション金額については公表されていないが、イギリス『The Athletic』によると、1500 万ユーロ(約21億円)に設定されているとのことだ。 2023.01.31 10:57 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly