アンリの最多得点記録にあと「2」と迫るジルー、フランス代表でのプレーに喜び「完全にフィットしている」

2022.09.26 10:50 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ミランのFWオリヴィエ・ジルーが、フランス代表でプレーする喜びを語った。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えている。

モンペリエ時代の2010年にフランス代表デビューを果たしたジルー。2018年のロシア・ワールドカップ(W杯)では全7試合に出場し、得点こそなかったものの、周りを活かすプレーに徹して優勝に大きく貢献した。

昨年にレアル・マドリーのFWカリム・ベンゼマが代表復帰して以降は出場機会が限られていたが、ベンゼマの負傷もあって22日にホームで行われたUFFAネーションズリーグ(UNL)のグループA・グループ1第5節のオーストリア戦に先発。後半に得意のヘディングシュートでゴールを決め、フランス代表での最年長得点記録を更新した。
フランス『テレフット』のインタビューに応えたジルーは、代表でのプレーに満足感を語った。

「オーストリア戦でも能力が発揮できたと思う。僕は監督の意図がわかるし、完全にチームにフィットしているんだ」

「ゴールを決めれたのは良いことだね。年齢を重ねても得点感覚は残っているし、チームに少しでも貢献したいという思いは常に持っている」

また、ティエリ・アンリ氏が持つ代表での歴代最多得点記録である51ゴールにあと「2」と迫ったことについても言及。自身と同じアーセナルでもプレーしたレジェンドに近づけることが光栄だと話した。

「アンリと肩を並べられるかどうかはわからないが、いずれにせよ、彼に近づいているということは、フランスサッカー界のレジェンドについて話しているのだから、それはもう大きな誇りだよ」

さらに、11月に開催されるカタールW杯に向けては「僕はピッチで何をすべきかということに集中している。監督が必要だと思えばそれに応えるだけだよ」と意気込んだジルー。25日に行われたUNLのデンマーク代表戦では先発するも、無得点に終わったが、大舞台で再び輝きを放つことができるだろうか。

関連ニュース
thumb

フランス代表歴代最多得点者になったジルー「もっとゴールを... 強迫観念かもね(笑)」

フランス代表FWオリヴィエ・ジルーが、同代表の歴代最多得点者となったことを喜んだ。イタリア『スカイ』が伝えている。 ワールドカップ(W杯)連覇を目指すフランス代表において、前回のロシア大会に続いて今回のカタールでも最前線に君臨する36歳のジルー。4年前は大会を通じて無得点に終わるも、今回は決勝トーナメント1回戦のポーランド代表戦までに、すでに3得点を記録している。 4日のポーランド代表戦で決めた先制点は、自身にとって記念すべき1点に。このゴールで国際Aマッチ通算52得点目とし、偉大なるストライカー、ティエリ・アンリ氏を上回り、フランス代表歴代1位のゴール数となった。 チームも3大会連続のベスト8進出を決め、試合後のインタビューでは、子どもの頃からの憧れだったというアンリ氏の記録を超えた喜びを口にしている。 「アンリを上回るストライカーになるのは、子どもの頃からの夢だったんだ。支えてくれる多くの人たちもこの夢を後押ししてくれたよ。だけど、それをW杯の舞台で成し遂げるだなんて、自分でも驚くべきことだよ」 「(ゴールを決めて)すぐに妻と子どものことを思い浮かべたな。記録については満足しているし、とても誇りに思うが、可能な限り前進しなければならない。チームと共にもっと多くのゴールを決める必要がある。ある種の強迫観念なのかもね(笑)」 「またひとつ、チームとして努力が報われた。道のりはまだまだ長い」 2022.12.05 21:18 Mon
twitterfacebook
thumb

W杯敗退の34歳レヴァンドフスキ、今後の進退は?「考える要素はたくさんある」

カタール・ワールドカップ敗退となったポーランド代表のFWロベルト・レヴァンドフスキがフランス戦を振り返った。 2大会連続9回目のW杯となったポーランド代表。グループステージではアルゼンチンやメキシコと同居したグループCを2位通過し、36年ぶりに決勝トーナメント進出を果たした。 ラウンド16の相手となったのは前回王者フランス。前半は何度か攻撃に出ていたものの、レ・ブルーのエース、キリアン・ムバッペに異次元のプレーを見せつけられる形で3失点し、ここで敗退となった。 後半アディショナルタイムにPKを決めて一矢報いたレヴァンドフスキは笑顔を浮かべていたが、全体を通して守勢に回った戦いぶりに不満を持っていたようだ。 「試合には楽しさが必要だ。それは近い将来においても重要な要素だ。かなり守備的にプレーしていれば、楽しさは全くない。アグレッシブにいけば、また違うものになるだろう」 「僕たちは全てを出し尽くし、懸命に戦って少なくともチャンスは作った。特に前半はね。でもそれを生かすことができなくて残念だよ。最初の失点の後、僕らは相手に問題を与えようとした。だけど十分ではなかったね」 そして、現在34歳ということもあり、ポーランド代表としての進退も気になるところだが、バルセロナFWは「決断を左右する要素はたくさんある」と含みを持たせた。 2022.12.05 14:10 Mon
twitterfacebook
thumb

「唯一の夢はW杯優勝」今大会初のメディア対応となったムバッペ「エネルギーを失いたくない」と理由説明、罰金の噂には「僕は個人的に支払う」

フランス代表のFWキリアン・ムバッペが、ポーランド代表戦を振り返った。フランス『レキップ』が伝えた。 4日、カタール・ワールドカップ(W杯)ラウンド16のフランスvsポーランドが行われた。 連覇を目指すフランスは試合を優位に進めると44分にオリヴィエ・ジルーが先制。1-0でリードして迎えた後半には74分にムバッペが追加点を奪うと、91分にもゴールを決めてダメ押し。ポーランドは最後にロベルト・レヴァンドフスキがPKを決めたが、3-1でフランスが勝利した。 今大会3度目のプレーヤー・オブ・ザ・マッチに選ばれたムバッペが、今大会初めてメディアの前に登場。これまで姿を現さなかった理由を明かした。 「僕はジャーナリストはみんなに対して何もしなかった。僕は常に自分のプレーに集中する必要がある。他のことでエネルギーを失いたくないし、これまで姿を出さなかった」 「でも、そのためにサッカー連盟が罰金を取られる危険性があると聞いた。だから、僕は個人的に支払おうと思う」 また、チームのベスト8進出については素直に喜びのコメントを残した。 「準々決勝に進出できてとても嬉しい。簡単な試合ではなかった。難しいチームと対戦したけど、重要な場面でゴールを決めることができた」 「前半は苦しい場面もあったけど、上手くコントロールできたと思う」 「冒険が続くことを嬉しく思う」 ただ、まだまだ目標からは遠いと語り、改めて連覇に意気込みを語った。 「これは僕にとって夢の舞台だ。この大会のためにシーズンを組み立て、フィジカル的にもメンタル的にも準備をしてきた」 「でも僕たちが設定した目標、そして僕も目指す優勝という目標にはまだ遠い」 ここまでの活躍を見れば、バロンドールの受賞も夢ではないムバッペ。ただ、バロンドールは目標ではないとし、あくまでもW杯優勝を目指すとした。 「正直に言って、僕の唯一の目標はW杯で優勝することだ。それが僕の夢。それが唯一の夢なんだ。だから、僕がここにいる理由だ」 「もちろん、それを獲得できたら、僕は幸せだよ」 <span class="paragraph-title">【写真】4年前の前回大会と完全一致!? ムバッペのパフォーマンス</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/ClwMz5-rQji/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/ClwMz5-rQji/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/ClwMz5-rQji/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">FIFA World Cup(@fifaworldcup)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.12.05 11:35 Mon
twitterfacebook
thumb

「今グリーズマンに怒られた?」試合中もネックレス着用のフランス代表クンデ、デシャン監督からもお叱り「許されない」

フランス代表のディディエ・デシャン監督がDFジュール・クンデを叱っている。 フランスは4日、カタール・ワールドカップ(W杯)ラウンド16でポーランド代表と対戦。現状のベストメンバーを起用し、3-1で勝利した。 ポーランド戦に右サイドバックで先発したクンデだったが、前半終了間際の41分に思わぬ形でスポットライトを浴びることとなった。 クンデがスローインを投げようとタッチラインに向かった際、副審があることを指摘。クンデの首につけられていたネックレスを外すように指示したのだ。クンデはすぐにスタッフの手を借りて外し、すぐにプレーは再開していた。 このことでクンデにカードは提示されなかったが、直後にはチームメイトのFWアントワーヌ・グリーズマンから厳しい表情で声を掛けられる場面もあり、ファンからは「今グリーズマンに怒られた?」、「グリーズマン怖かった」と注目が集まった。 また、試合後の記者会見ではデシャン監督もクンデを叱っている。 「彼にはその権利がない。彼がチェーンに何をつけているかは知らない。ジュールにはちょっとした迷信があって、トレーニングでもつけているのは知っている」 「その意味はわからない。私は彼にこう言ったんだ--『君が私の前にいないのは幸運だよ、さもなければ......』とね」 「レフェリーから、プレーが止まった時点で、選手はブレスレットやネックレスをつけてはいけないと言われていた。時計やサングラスも禁止だ」 「許されないんだ。私は彼がネックレスを外しているのだと思ったが、そうではなかった」 <span class="paragraph-title">【写真】虹色のチャーム付き クンデが試合中に着けていたと思われる実際のネックレス</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cky4qrMq86y/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cky4qrMq86y/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cky4qrMq86y/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Jules Kounde(@jkeey4)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> <span class="paragraph-title">【写真】グリーズマンに詰められるクンデ</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="pt" dir="ltr">Demorou 40 minutos, mas a arbitragem percebeu que o Koundé estava com um cordão e mandou tirar! Logo depois saiu gol da França... Já sabemos de quem é a culpa! <a href="https://twitter.com/hashtag/TNTSportsNoQatar?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#TNTSportsNoQatar</a> <a href="https://t.co/fJnptEk7NJ">pic.twitter.com/fJnptEk7NJ</a></p>&mdash; TNT Sports BR (@TNTSportsBR) <a href="https://twitter.com/TNTSportsBR/status/1599429985520975872?ref_src=twsrc%5Etfw">December 4, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.12.05 11:30 Mon
twitterfacebook
thumb

「喜びを共有したい」連覇へ前進のフランス、デシャン監督は2ゴールのムバッペ称賛「いつでも試合の流れを変える」

フランス代表のディディエ・デシャン監督が、ポーランド代表戦を振り返った。フランス『レキップ』が伝えた。 4日、カタール・ワールドカップ(W杯)ラウンド16のフランスvsポーランドが行われた。 連覇を目指すフランスは試合を優位に進めると44分にオリヴィエ・ジルーが先制。1-0でリードして迎えた後半には74分にキリアン・ムバッペが追加点を奪うと、91分にもゴールを決めてダメ押し。ポーランドは最後にロベルト・レヴァンドフスキがPKを決めたが、3-1でフランスが勝利した。 ベスト8に駒を進めたフランス。デシャン監督は、ポーランドを称えながらも、チームの団結力が優ったと語った。 「ポーランド代表は上手く組織化されていたので、簡単ではなかった」 「ただ、我々は常に多くの繋がりを見つける力を持っている。そして、そこにはキリアンがいて、多くの問題を解決してくれる。それは良かった」 「最初から団結力があった。明らかに、準々決勝に進出できることは良いことだ」 また、準々決勝までは今大会初めて中5日での試合となることに。「喜びを共有したい。もう少し時間があるため、計画通りに愛する人や家族と楽しむことができそうだ」と、デシャン監督は少しリラックスできるとした。 この試合でも2ゴールを記録し、W杯通算9ゴールに伸ばしたムバッペ。デシャン監督は、改めてその力を称えた。 「キリアンはキリアンだ。彼は足で会話し、とても上手い。彼はいつでも試合の流れを変えることができる能力を持っている」 「もちろん、フランスは偉大なキリアンを必要としていたし、これからも必要とするだろう」 2022.12.05 11:20 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly