突破目前のハンガリー代表監督「誰もこんなことができるなんて信じていなかった」

2022.09.24 09:35 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ハンガリー代表のマルコ・ロッシ監督がコメントした。欧州サッカー連盟(UEFA)の公式サイト『UEFA.com』が報じている。

UFFAネーションズリーグ(UNL)のグループA・グループ3でイタリア代表、イングランド代表、ドイツ代表を抑え込み、首位を走るハンガリー。23日の第5節では2位につけるドイツとのアウェイ戦に臨み、17分に左CKからFWアダム・サライの一発で先制すると、そのまま1-0で勝ち切った。

ドイツをグループ敗退に追いやり、突破の可能性を残してイタリアとの最終節を迎えるロッシ監督は決勝弾のサライを名指しで称えながら振り返った。
「サライは本当に称賛に値する。前半は良いパフォーマンスだったが、後半は非常に深くで守備をしなければならなかった。我々はイタリアとの試合でこのパフォーマンスを締めくくることができる。イタリア戦は私にとって特別な一戦になるだろうね。5試合を戦って10ポイントを上積めたのは喜ばしいこと。誰もこんなことができるなんて信じていなかった」

また、キャプテンを務める殊勲のサライは「イングランドに続いてドイツも倒せてすごく誇らしいよ。信じられないような結果だけど、チームは日々取り組んでいるし、偶然ではないね」と語っている。


関連ニュース
thumb

ハンガリー代表監督、最終節で力尽くも「これでヨーロッパの国々からリスペクトされるように」

ハンガリー代表は26日のUEFAネーションズリーグ(UNL)・リーグA・グループ3最終節でイタリア代表をホームに迎え撃ち、0-2で敗戦した。 この最終節を前に勝ち点10で首位に立つハンガリー。2ポイント差で2位に抑えるイタリアとの直接対決では引き分けでもファイナル4進出が決まったが、前後半に失点を重ね、逆転でのグループ敗退となった。 ドイツ代表とイングランド代表もひしめくグループで突破目前のところまで迫りながら、自国の底力に圧倒され、力尽きたマルコ・ロッシ監督だが、『UEFA.com』によると、試合後に満足感を示している。 「我々のファンは素晴らしい。他の国ではなかなか見られない。すべてにトライしたが、残念ながらミスの大きなツケを払わされてしまった。イタリアはヨーロッパの王者だけにね」 「姿勢に関しては文句のつけようがないよ。今夜はハンガリー人のハートを感じた。我々はこれでヨーロッパの国々からリスペクトされるようになったと思う」 <span class="paragraph-title">【動画】ハンガリーvsイタリア 試合ハイライト</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="wNY3pyrwSeE";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.09.27 10:15 Tue
twitterfacebook
thumb

イタリア代表指揮官マンチーニ、逆転でのUNL4強入りに「嬉しいよ」

イタリア代表が26日にUEFAネーションズリーグ(UNL)・リーグA・グループ3最終節のハンガリー代表に臨み、2-0で勝利した。 2位のイタリアからみて、2ポイント差で追いかける首位のハンガリーとの直接対決。敵地戦だったが、FWジャコモ・ラスパドーリの2戦連発弾にDFフェデリコ・ディマルコの追加点で勝利を収め、逆転での4強入りを決めている。 『UEFA.com』によれば、ロベルト・マンチーニ監督は「70分間は素晴らしかった。最後の20分間は好ましいものじゃなかったがね。嬉しいよ。このネーションズリーグで2度目の準決勝に勝ち進めたのが大事だ」とコメントした。 そんなイタリアだが、今年11月に迫るカタール・ワールドカップ(W杯)は2大会連続の不出場。ユーロでは王者に返り咲いたが、前回3位のUNLで完全復活の足がかりにしようと優勝を期した。 「このマイルストーンに再び到達できたのは重要だが、前回の結果は残念ながら残っていて、リスタートを切り、価値のあるグループを作れたというところ。目標? まずは12月をまたぐことだね」 <span class="paragraph-title">【動画】ハンガリーvsイタリア 試合ハイライト</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="wNY3pyrwSeE";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.09.27 09:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ラスパドーリ2戦連発のイタリアが逆転で2大会連続ベスト4、大善戦のハンガリーは2位フィニッシュ《UNL》

UEFAネーションズリーグ・リーグA・グループ3最終節、ハンガリー代表vsイタリア代表が26日に行われ、0-2でイタリアが勝利した。 首位ハンガリー(勝ち点10)と2位イタリア(勝ち点8)の準決勝進出を懸けた大一番。 ハンガリーはショボスライやオルバン、GKグラーチらがスタメンとなった。 一方、イタリアはボヌッチやGKドンナルンマ、バレッラらがスタメンとなった。 イングランド戦に続き[3-5-2]で臨んだイタリアは、2トップにラスパドーリとニョントを起用。 開始5分にGKグラーチのファンブルでゴールに近づいたイタリアが、自陣に引くハンガリーに対してハイプレスをかけていく展開となる。 すると27分に先制する。ニョントがナジのバックパスをカットしてルーズとなったボールをラスパドーリが決めた。 ラスパドーリの2戦連発弾で先制したイタリアは31分にディ・ロレンツォのカットインシュートで追加点に迫った中、ハーフタイムにかけてもは主導権を握り、1点をリードして前半を終えた。 迎えた後半、開始5分にハンガリーが同点のチャンス。ネゴ、スタイルズ、サライと立て続けにオンターゲットのシュートを放ったが、いずれもGKドンナルンマに立ちはだかられた。 すると52分、イタリアに追加点。バレッラのスルーパスでボックス右深くまで侵入したクリスタンテの折り返しをディマルコが押し込んだ。 2点をリードしたイタリアは55分、スタイルズのゴール至近距離からのヘディングシュートをまたしても守護神ドンナルンマのビッグセーブで防ぐと、その後はハンガリーの反撃を許さず。 2-0で勝利し、逆転で2大会連続ベスト4進出を果たした。敗れたハンガリーは死のグループに組み込まれた中、大善戦の2位フィニッシュとなっている。 2022.09.27 05:41 Tue
twitterfacebook
thumb

大躍進ハンガリー代表、伊代表戦ドロー以上でUNL準決勝へ… 指揮官「最大限の謙虚さで臨む」

ハンガリー代表を率いるマルコ・ロッシ監督が、イタリア代表戦の前日会見に臨んだ。イタリア『トゥットスポルト』が伝えている。 ハンガリー代表はUEFAネーションズリーグ(UNL)で、ドイツ代表、イングランド代表、イタリア代表という並みいる格上を抑え、リーグAのグループ3で堂々たる首位に立っている。23日にはアウェイでドイツ代表を下し、26日にホームでグループ最終戦のイタリア代表戦を迎えるという状況だ。 大躍進のハンガリー代表を率いるのはイタリア人のロッシ監督。現役時代はサンプドリアやトリノなどに在籍した同監督だが、イタリア代表歴はなし。引退後はイタリアの下位リーグやハンガリーのクラブなどを経て、2018年6月に現職となった。 残念ながらカタール・ワールドカップ(W杯)出場こそ逃したものの、ロッシ監督はUNLにおける躍進を選手たちのおかげと称え、来たるイタリア代表戦でもチーム一丸となって戦う姿勢を鮮明にした。 「我々は最大限の謙虚さを持ってイタリア戦に臨むべきだ。選手たちの素晴らしい仕事のおかげでここまで勝ち点10を積み上げたが、傲慢になることは許されない。我々は1つのチームとしてのみ、成功を収めることができる。常にハンガリー代表のシャツに敬意を払わなくてはならない」 ハンガリー代表はイタリア代表戦で引き分け以上の結果を得られれば、来年6月に開催される準決勝進出が決まる。 2022.09.26 16:37 Mon
twitterfacebook
thumb

ジョルジーニョ、2大会連続でW杯行き逃したアッズーリの再建を誓う「全員で乗り越える」

チェルシーのイタリア代表MFジョルジーニョが、代表チームの再建を誓った。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えている。 イタリア代表は23日、UEFAネーションズリーグ(UNL)のリーグAグループ3でイングランド代表に1-0で勝利し、ドイツ代表をかわして2位に浮上。26日には準決勝進出をかけ、アウェイで首位ハンガリー代表との大一番を迎える。 イタリア代表でも指折りの経験豊富な1人であるジョルジーニョはハンガリー戦に向けた前日会見の場で、代表チームで長らく共にプレーするDFレオナルド・ボヌッチの名を挙げつつ、2大会連続でワールドカップ(W杯)出場を逃したアッズーリの再建について言及している。 「ここには僕が最も信頼をおくプレーヤーがいて、彼は代表チームのために全力を尽くし、常に勝利を目指している。これはボヌッチと僕が示すべき姿勢だ。僕たち2人はいつだってチームやチームメイトのために最善を尽くしたいと考えている」 「イングランド戦が再建の第一歩? そうだね。あの試合ではこれまでと違う雰囲気があった。今のアッズーリは目の前の一戦に勝利するという明確な願望を持ち、歩みを続けなければいけない。苦しむ必要だってある。それさえも全員で乗り越えるべきだ。正しい道のりを進んでいるはずさ」 2022.09.26 15:39 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly