39歳パンデフが引退宣言…「これからは家族のために自分を捧げたい」

2022.09.22 13:35 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元北マケドニア代表FWゴラン・パンデフ(39)が、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のインタビューで引退する意向を明らかにした。

2002年のインテルでのプロデビューから、ラツィオやナポリで活躍してきたパンデフ。2014年夏からガラタサライでプレーした1年間を除けば、その後もジェノアやパルマなど、キャリアのほとんどをイタリアで過ごした。

セリエAでは通算493試合101ゴール58アシストを記録。2009-10シーズンにはインテルでスクデットを掲げており、冬の移籍市場で途中加入した同シーズンは、後半戦だけで公式戦29試合に出場し、伝説の三冠達成に大きく貢献した。
ラツィオやナポリ、ジェノアでも概ね主力として活躍し、在籍した全クラブを通じた成績では644試合139ゴール75アシストを誇る。また、5度のコッパ・イタリア制覇や2011年のクラブ・ワールドカップ優勝など、獲得した主要タイトルは12個を数えた。

北マケドニア代表でも輝かしい成果を残したパンデフ。2001年6月のトルコ戦で17歳でデビューして以降、歴代トップの122試合に出場。記録した39ゴールも無論歴代最多だ。母国では年間最優秀選手に5回選出されている。

直近では今冬にジェノアからパルマに移籍し、初めてセリエBを経験。11試合で1ゴール1アシストを記録し、夏の退団以降はフリーの状態が続いていた。

そして、この度応じた取材でスパイクを脱ぐ意向を明らかにした。

「20年か…。長男はもう13歳になるけど、シーズンとシーズンの間の休暇しか会うことができなかった。今は家族のために自分を捧げたい」

「でも何をすればいいかわからなかったから、いずれまたサッカーに関わっていくことになると思う」

「この夏はサッカーについて何一つ考えなかった。リラックスして、食事をして、少しだけ体を動かして。もうトレーニングを始めるつもりは全くないんだ」

関連ニュース
thumb

監督退任のスペイン代表、東京五輪で日本を下したデ・ラ・フエンテ氏が新監督に就任

スペインサッカー連盟(RFEF)は8日、スペイン代表の指揮官にU-21スペイン代表のルイス・デ・ラ・フエンテ監督(61)の就任を発表した。12日に正式就任となる。 カタール・ワールドカップ(W杯)に出場していたスペインは、日本代表と同じグループEに入り、ドイツ代表、コスタリカ代表と同居した。 グループステージでは初戦のコスタリカ代表戦で7ゴールを奪う大勝スタート。2戦目のドイツ戦は1-1のドローに終わると、第3戦の日本戦ではまさかの1-2と逆転負け。それでも2位でグループステージを突破した。 そのスペインだったが、ラウンド16ではモロッコ代表を相手にゴールを奪えず、0-0で120分間を終了。すると、PK戦では3人連続で失敗し、2人はGKボノにセーブされ、敗退となった。 8日にはルイス・エンリケ監督の退任を発表していたRFEFだが、すぐに後任を発表。長らくU-21スペイン代表を率いてきたデ・ラ・フエンテ氏を抜擢した。 現役時代にはアスレティック・ビルバオ、セビージャ、アラベスでプレー。引退後はビルバオ・アスレティック(Bチーム)で監督キャリアをスタート。その後、アラベスでも監督を務めると、2013年にU-19スペイン代表の監督に就任。U-18スペイン代表も含め、2018年まで指揮すると、2018年からはU-21スペイン代表を務めた。 2015年にはU-19スペイン代表を率いてU-19欧州選手権を制すると、2019年にはU-21スペイン代表を率いてU-21欧州選手権で優勝。2021年夏には東京オリンピックにも出場したチームを率い、日本代表とも準決勝で対戦。延長戦の末に勝利したが、決勝ではブラジル代表に2-1で敗れ、銀メダルに終わっていた。 現在のスペイン代表は東京五輪世代が多く招集されており、ほとんどの選手がデ・ラ・フエンテ監督の下でプレーしたことがある状況だ。 なお、デビュー戦は2023年3月に行われるユーロ2024予選のノルウェー代表戦、スコットランド戦になるという。 2022.12.08 21:48 Thu
twitterfacebook
thumb

DFB会長がフリック監督の続投を発表「全幅の信頼を寄せている」

ドイツサッカー連盟(DFB)の会長を務めるベルント・ノイエンドルフ氏が、ドイツ代表を率いるハンジ・フリック監督の続投を発表した。 ドイツ代表は11月20日から開幕したカタールW杯で優勝候補の一角と目されていたが、蓋を開けてみると初戦の日本代表戦でまさかの黒星を喫し、続くスペイン代表戦は1-1のドロー。グループE最終節のコスタリカ代表戦こそ4-2で勝利したものの、3位に終わり2大会連続でW杯グループステージ敗退となった。 フリック監督の去就が注目される中、DFBのノイエンドルフ会長は7日に「2024年に自国で開催されるユーロはドイツサッカーにとって素晴らしい機会になると確信している。我々の目標はこの大会をスポーツ面の成功させることだ。ハンジ・フリック監督がチームと共に、この挑戦を成し遂げることに全幅の信頼を寄せている」と、フリック監督への信頼を強調した。 また、フリック監督は「私とスタッフは自国でのユーロに向けて楽観的だ。カタールで示せた以上の成果を出すことができる。(カタールでは)絶好のチャンスを逃してしまったが、これを教訓として学ぶことができる。ホーム開催のユーロでドイツ全土が再び代表チームをサポートしてくれることを望んでいる」とコメントした。 2022.12.08 06:01 Thu
twitterfacebook
thumb

マイケル・オニール氏が北アイルランド代表監督に復帰! 2028年までの5年半契約

アイリッシュ・フットボール・アソシエーション(IFA)は7日、マイケル・オニール氏(53)を北アイルランド代表新監督に迎えたことを発表した。契約期間は2028年6月30日までの5年半となる。 2年8カ月ぶりに北アイルランド代表監督に復帰したオニール氏は、公式サイトで以下のように喜びを語った。 「北アイルランドのとても嬉しく思っている。選手たちとどんな戦いを見せられるか楽しみだし、再びナショナル・スタジアムで緑と白のチームの一員として戦えることが待ち遠しい」 北アイルランド代表は今年10月にイアン・バラクロフ監督を解任。その後、同国代表の指揮官は空席となっていたが、この度オニール氏の復帰が決定した。 オニール氏は2011年11月から2020年4月まで北アイルランドの監督を歴任。初出場となったユーロ2016ではチームをベスト16に進出させる手腕を発揮すると、2018年のロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選では、プレーオフに進出するもスイスとの激闘の末惜しくも出場は逃した。 2019年11月からはストーク・シティの監督を兼任していたが、2020年4月に新型コロナウイルスの影響でユーロ2020が来夏に延期されたことを受け、一本に絞ることを決意し、同代表の指揮官を辞任。 約2年半指揮したストークでの戦績は、公式戦通算142試合で55勝33分け54敗。今季は開幕5試合でわずか1勝とスタートダッシュに失敗し、8月25日に成績不振で解任されていた。 2022.12.07 23:40 Wed
twitterfacebook
thumb

ミラン、今季でアタランタ退団が濃厚のGKスポルティエッロと口頭合意か

ミランがアタランタのイタリア人GKマルコ・スポルティエッロ(30)と来夏加入で口頭合意に達したようだ。イタリア『カルチョ・メルカート』が伝えている。 現状ミランには、守護神のマイク・メニャンの控えとして元ルーマニア代表GKチプリアン・タタルサヌ(36)と、元イタリア代表GKアントニオ・ミランテ(39)が在籍しているが、共に高齢で引退を考慮する時期に差し掛かっている。 そうした状況を受け、ミランは新たな控えGKの補強を模索しており、これまでフィオレンティーナのイタリア人GKピエトロ・テラッチアーノらが候補に挙がっていた。 そんな中、『カルチョ・メルカート』の記者で移籍市場に精通するダニエレ・ロンゴ氏によると、ミランは今季終了後にアタランタとの契約満了を迎えるスポルティエッロと来夏の加入で合意に至ったとのこと。なお、契約は冬の移籍市場終了後の2月頃に結ぶと予想している。 アタランタの下部組織で育ったスポルティエッロは、下部リーグでのプロデビューを経て2012年夏に復帰。以降はフィオレンティーナやフロジノーネなどへのレンタル移籍も経験し、これまでセリエAで通算190試合の出場し53回のクリーンシートを達成。今季はGKフアン・ムッソの控えとしてこれまで6試合に出場している。 2022.12.07 23:06 Wed
twitterfacebook
thumb

ピカチュウがブラジルへ、J2降格の清水から古巣フォルタレザへ期限付き移籍「J1に復帰することを心から祈っています」

清水エスパルスは7日、MFヤゴ・ピカチュウ(30)がブラジルのフォルタレザへ期限付き移籍することを発表した。 ピカチュウは、長らくヴァスコ・ダ・ガマでプレー。2021年3月にフォルタレザへと完全移籍した。 カンピオナート・ブラジレイロ・セリエAで174試合に出場し32ゴール14アシストを記録。セリエB(ブラジル2部)でも97試合で21ゴール14アシストを記録していた中、今年7月に清水へ完全移籍で加入していた。 Jリーグ初挑戦となった中、明治安田生命J1リーグで12試合に出場もゴールは奪えず。チームはJ2に降格していた。 ピカチュウはクラブを通じてコメントしている。 「エスパルスに関わる全ての皆さん、私を歓迎していただき本当にありがとうございました」 「J2降格という結果になってしまい、私自身も力を発揮することができず申し訳なく思っています。来シーズン清水エスパルスがJ1に復帰することを心から祈っています。また会いましょう」 2022.12.07 15:15 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly