「これはボレー職人」ロシアW杯・ベストゴールのDFパヴァールが驚愕のジャンピングボレーを披露!「相変わらず上手い」

2022.09.21 20:25 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ロシア・ワールドカップ(W杯)のベストゴールを決めた実力は伊達ではないようだ。

UEFAネーションズリーグ(UNL)の戦いに向け調整を行っているフランス代表。22日にオーストリア代表戦を控えるなか、練習でDFバンジャマン・パヴァール(バイエルン)が魅せた。

練習では、パヴァール、DFラファエル・ヴァラン、MFエドゥアルド・カマヴィンガという守備的な選手たちでタッグを組むと、オーバーラップの練習を再三敢行。3人のうち1人がサイドに流れてクロス、ボックスに入った1人がニアで潰れ役に、ファーサイドの人物がフィニッシュというメニューを行っていた。
そしてパヴァールがフィニッシャー役となった場面。クロッサー役のカマヴィンガにスルーパスを送ってボックス内へと侵入すると、右サイドからのクロスに対し、見事なジャンピングボレーでゴールネットを揺らした。

相手DFのプレッシャーがない状況とはいえ、難しいボールを完璧に捉えていたパヴァール。4年前のロシアW杯では大会ベストゴールに選ばれた難しいバウンドのハーフボレーも決めていた。

フランスサッカー連盟(FFF)の公式SNSでこのゴールが伝えられると、「相変わらず上手い」、「これはボレー職人」、「バイエルンはレヴァンドフスキの後釜を見つけた」、「パヴァールのシュートはいつも豪快で素敵」、「なんでシュートはこんな上手いんだろう」とファンも改めてそのシュート技術に驚いている。

バイエルンでは守備面でこそ安定したパフォーマンスを見せているものの中々オーバーラップやミドルシュートがゴールに繋がらない状況が続いているパヴァールだが、代表でその攻撃性能が再び開花するか。




関連ニュース
thumb

ムバッペの2発でデンマークを下したフランスがGS連勝で突破一番乗り!《カタールW杯》

カタール・ワールドカップ(W杯)グループD第2節のフランス代表vsデンマーク代表が26日に行われ、2-1でフランスが勝利した。 4日前に行われたグループリーグ初戦でオーストラリア代表から逆転勝利を収めたフランスは、その試合からスタメンを3人変更。初戦で負傷したリュカやパヴァール、コナテに代えて負傷明けのヴァランやクンデ、テオ・エルナンデスを起用。オーストラリア戦同様に[4-2-3-1]の布陣で試合に臨んだ。 一方、初戦でチュニジア代表とゴールレスドローに終わったデンマークは、その試合からスタメンを4人変更。こちらも初戦で負傷したデラネイやドルベリやスコフ・オルセンらに代わりコーネリウス、ダムスゴーア、リンドストロームらが先発。コーネリウスを最前線に据えた[3-4-2-1]の布陣を採用した。 W杯前に行われたUEFAネーションズリーグ22-23でも対戦した両国の一戦は、立ち上がりから拮抗した展開に。そんな中、フランスは21分に敵陣で獲得したFKからグリーズマンが右サイドに展開すると、デンベレのクロスをラビオがドンピシャのヘッドで合わせたが、ややコースが甘くGKシュマイケルの好守に阻まれた。 その後は互いにアタッキングサードでの決め手を欠き、なかなかシュート数が増えていかない、膠着状態が続く。フランスは33分にジルーとのパス交換でボックス左深くまで侵入したグリーズマンが角度のない位置からシュート。さらにGKシュマイケルの弾いたボールをデンベレが落とすと、ボックス外からチュアメニが狙ったが、これは相手DFのブロックに阻まれた。 ピンチを凌いだデンマークは、36分に自陣中盤でボールを奪ったホイビュアがカウンター。最後はスルーパスに反応したコーネリウスがボックス右からようやく前半最初のシュートを放つが、これはゴール右に外れた。 対するフランスは、直後の37分にデンベレのサイドチェンジをボックス左のムバッペがダイレクトで折り返すと、走りこんだジルーがヘディングシュート。さらに40分には、右サイドを抜け出したデンベレの折り返しからムバッペが決定機を迎えたが、共にシュートは枠を外した。 ゴールレスで迎えた後半もフランスがゲームをコントロールすると、61分に先制する。左サイドからドリブルで仕掛けたムバッペがボックス左深くまでインナーラップしたテオ・エルナンデスとのワンツーでボックス中央左に切り込むと、右足でゴール右隅に流し込んだ。 先制を許したデンマークは、得点後にフランスがやや圧力を弱めたこともあり相手陣内でのプレーを続けると68分、エリクセンの右CKをニアのアンデルセンがフリックしたボールをゴール前に走りこんだクリステンセンが頭で流し込み、試合を振り出しに戻した。 さらにデンマークは、72分にもダムスゴーアの左クロスからリンドストロームが決定機を迎えたが、シュートはGKロリスの好セーブに防がれた。 追いつかれたフランスは、75分にデンベレとヴァランを下げてコマンとコナテを投入。すると77分、グリーズマンの右CKを走りこんだチュアメニがダイビングヘッドで合わせたが、これはメーレの背中に当たり枠を外れた。 膠着状態が続く中、フランスは86分に味方のロングパスから右サイド深くまで侵入したコマンの切り返しがカバーに来たグリーズマンの足元に転がると、ボックス右横から供給したクロスをファーサイドから走りこんだムバッペが右モモで押し込み、勝ち越しに成功した。 結局、これが決勝点となり2-1でフランスが勝利。2連勝を飾った王者フランスが一番乗りでグループステージ突破を決めた。 フランス 2-1 デンマーク 【フランス】 ムバッペ(後16) ムバッペ(後41) 【デンマーク】 クリステンセン(後23) 2022.11.27 03:12 Sun
twitterfacebook
thumb

W杯初戦で重傷のリュカ、手術が無事成功…近くリハビリ

フランス代表DFリュカ・エルナンデスの手術が成功した。所属先のバイエルンが25日に発表している。 フランス代表の一員としてカタール・ワールドカップ(W杯)に臨むリュカ・エルナンデスだが、22日に行われたグループD第1節のオーストラリア代表戦で早々に負傷交代。右ヒザの前十字じん帯断裂という重傷を負った。 クラブによると、リュカ・エルナンデスは24日の夜にオーストリアのインスブルックで手術。クリスチャン・フィンク医師が執刀し、無事に成功したとのことで、数日のうちにミュンヘンでリハビリを始めるという。 なお、全治は一部メディアの見立てで約半年といわれ、残るW杯欠場はもちろんのこと、バイエルンでの残りシーズンも絶望的な様相を呈している。 2022.11.26 09:15 Sat
twitterfacebook
thumb

フランス代表、ヴァランがデンマーク戦で復帰か?

フランス代表DFラファエル・ヴァランがデンマーク代表戦で復帰する可能性があるようだ。フランス『レキップ』が伝えている。 レ・ブルーのディフェンスリーダーを担うヴァランだが、先月中旬に所属するマンチェスター・ユナイテッドのリーグ戦で右ハムストリングを負傷。その際に人目もはばからず涙を流し、一時はカタール・ワールドカップ(W杯)欠場の可能性も報じられたが、最終的にメンバー入りを果たした。 その後、今月19日にトレーニング復帰を果たしたものの、オーストラリア代表とのグループリーグ初戦ではベンチ入りしたものの、出番はなかった。 その初戦ではDFダヨ・ウパメカノとDFイブラヒマ・コナテという若手センターバックコンビで臨み、チームは4-1の逆転勝利を収めた一方、ディフェンスラインはやや安定感を欠いていた。 そのため、26日に控えるグループ最大のライバル、デンマーク代表戦では29歳DFの復帰を期待する声も挙がる。 25日に行われた公式会見に出席したディディエ・デシャン監督は、そのヴァランの状態に言及。起用は明言しなかったものの、プレー可能な状態にあると語っている。 「彼の体調は良く、オーストラリア戦でも起用は可能だった。初戦でもフィットしていたし、2試合目に向けてもフィットしていないわけではない」 「彼には経験がある。最も重要なのは、彼が肉体的にも精神的にも準備ができていると感じているかどうかだ。個人的には彼がそうであると理解している」 2022.11.26 00:02 Sat
twitterfacebook
thumb

フランス代表MFラビオにアーセナル&チェルシーが接触、トッテナムも参戦へ?

ユベントスのフランス代表MFアドリアン・ラビオ(27)に、プレミアリーグの複数クラブが触手を伸ばしているようだ。 レ・ブルー(フランス代表の愛称)の一員としてカタール・ワールドカップ(W杯)に参戦中のラビオ。23日に行われたグループステージ初戦のオーストラリア代表戦ではフル出場し、1点ビハインドの27分に同点ゴールを記録するなど、4-1の勝利に大きく貢献した。 所属するユベントスでは今季限りで契約満了を迎える予定で、今大会前には「W杯で活躍し、キャリアを前進させたい」と発言。中断前はセリエAで11試合3得点、チャンピオンズリーグ(CL)でも5試合2得点を挙げるなど奮闘を見せていたが、来夏のフリー移籍も匂わせる格好となった。 イタリア『カルチョメルカート』によると、ユベントスはラビオとの契約延長交渉が未だ始まっておらず、現在の年棒700万ユーロ(約10億1000万円)を超える提示が難しい模様。そんななか、1000万ユーロ(約14億4000万円)超えのオファーがプレミアリーグからラビオに届いたという。 そのクラブとはアーセナルとチェルシーで、ここにトッテナムも加わる見込みとのこと。トッテナムのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるファビオ・パラティチ氏は、ユベントスでかつてGMを務めており、ラビオを連れてきた張本人。2人の関係性からも可能性はあるようだ。 2022.11.24 13:52 Thu
twitterfacebook
thumb

「えっ…」日本勝利を知らされたフランス代表デンベレのリアクションが話題に!「そりゃそうなる」

フランス代表FWウスマーヌ・デンベレが日本代表の勝利に驚いた。 日本は23日、カタール・ワールドカップ(W杯)グループE第1節でドイツと対戦。下馬評ではW杯通算4度優勝のドイツが優勢とされるなか、後半の見事な逆転劇で2-1と勝利した。 大金星とも言える勝利だったが、その衝撃は他国の選手にも知れ渡った。 22日に日本と同じアジアのオーストラリア代表を4-1と粉砕したフランスのデンベレは記者会見中にその事実を知らされることに。記者から日本勝利を聞かされると、思わず「えっ」と聞き返し、「そうなんだ…」と唖然とした様子だった。 このリアクションはSNS上でも大きな話題になり、「そりゃそうなる」、「かわいい」、「びっくりだよね」、「めっちゃ驚いてる」と反響を呼んだ。 日本の勝利は海外のメディアでも「奇跡」や「サプライズ」などと伝えられており、日本以外の国や選手にとっても大きな衝撃だったようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】日本勝利を知らされたフランス代表デンベレ(0:10~)</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr"> Quand Dembélé apprend en direct que l&#39;Allemagne a perdu contre le Japon : &quot;HEIN ???&quot; <a href="https://t.co/yCJ2nbCtNf">pic.twitter.com/yCJ2nbCtNf</a></p>&mdash; RMC Sport (@RMCsport) <a href="https://twitter.com/RMCsport/status/1595448208657891330?ref_src=twsrc%5Etfw">November 23, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.11.24 12:35 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly