ユナイテッド関心のベンフィカFWゴンサロ・ラモスがポルトガル代表に初招集…今季リーグ戦6試合4ゴール

2022.09.20 22:50 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ポルトガルサッカー連盟(FPF)は20日、ポルトガル代表にベンフィカのFWゴンサロ・ラモスを追加招集した。

ゴンサロ・ラモスはU-17から世代別のポルトガル代表を経験。U-21ポルトガル代表としては18試合で14ゴールを記録していた。今回がA代表初招集となる。

ゴンサロ・ラモスはベンフィカの下部組織育ちで、2020年10月にファーストチームに昇格。これまで公式戦71試合で22ゴール9アシストを記録していた。
今シーズンもプリメイラ・リーガで6試合4ゴール2アシストを記録。チャンピオンズリーグ(CL)予選では4試合で4ゴール2アシストを記録し、チームを本戦出場に導くと、本戦では2試合で1アシストを記録していた。

ポルトガル代表は、同じベンフィカに所属するMFラファ・シウバ(29)が今回招集を受けていたものの個人的な理由で代表引退を決断。合流しないことが決まっており、その代わりの招集となった。

なお、このゴンサロ・ラモスにはマンチェスター・ユナイテッドが関心を寄せており、“ネクスト“クリスティアーノ・ロナウドとして獲得に動く可能性があるようだ。

関連ニュース
thumb

ベスト8のポルトガルに痛手、MFダニーロのW杯も終了…PSGの2人がパリへ戻る

16年ぶりにベスト8に進出したポルトガル代表に再び離脱者が出てしまった。ポルトガルサッカー連盟(FPF)が発表した。 カタール・ワールドカップ(W杯)に出場しているポルトガル。エースでありキャプテンのFWクリスティアーノ・ロナウドにとっての最後の大会と見られている今大会。C・ロナウドが史上初の5大会連続ゴールを記録するなど、話題に事欠かない大会となった。 ラウンド16ではスイス代表と対戦すると、そのC・ロナウドはベンチスタートとなったものの、チームは6ゴールを奪う大勝でベスト8へと駒を進めた。 そのポルトガルだが、DFヌーノ・メンデスの負傷離脱が発表されていたが、MFダニーロ・ペレイラもケガの回復が見込めないことからチームを離れることが発表された。 ダニーロは初戦のガーナ代表戦に出場したものの、負傷し回復を目指していたが、思わしくなく、所属のパリ・サンジェルマン(PSG)で治療を続けるとのことだ。なお、ヌーノ・メンデスもPSG所属であり、PSGにとっても2人が離脱という痛手となってしまった。 2022.12.08 09:00 Thu
twitterfacebook
thumb

クリスティアーノ・ロナウド、サウジアラビア移籍を否定「事実ではない」

ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(37)が、サウジアラビアのアル・ナスル移籍の噂を否定した。スペイン『アス』が伝えている。 イギリスメディアのインタビューで監督やクラブ上層部への不満を漏らし、先月22日付でマンチェスター・ユナイテッドから契約解除が伝えられたC・ロナウド。現在はカタール・ワールドカップで活躍中だが、大会後の去就は高く注目されている。 ヨーロッパでは給与の問題から多くのクラブが門前払いとしてきた中で、新天地として現時点で最有力となっているのがサウジアラビア。先日にスペイン『マルカ』が報じた情報によれば、C・ロナウドとアル・ナスルの契約合意が迫っているとのことで、契約内容として広告収入を含めて年俸2億ユーロの2年半契約という破格の数字が伝えられた。 しかし、『アス』によれば、6日に行われたスイス代表戦の後、本人は「事実ではない」とコメントした模様。様々な憶測がなされる中で、現状で具体的な話は何もないようだ。 2022.12.07 19:00 Wed
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドの先発落ちに恋人ジョルジーナさんが不満を漏らす「ファンはあなたの名前を叫び続けていた」

スイス戦の先発落ちが話題となったポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドだが、パートナーのジョルジーナ・ロドリゲスさんが不満を漏らしているようだ。 グループステージを首位通過し、6日にラウンド16でスイス代表と対戦したポルトガル。この一戦ではエースで主将のC・ロナウドがベンチスタートとなり、試合前から大きな話題に。キックオフ直前の整列の際にはベンチの同選手に大勢のカメラが集中し、異様な光景と共に、その影響力の大きさを窺い知ることになった。 試合は代わりに今大会初先発となったゴンサロ・ラモスのハットトリックの活躍で6-1で勝利。見事16年ぶり8強進出を決めたが、恋人のジョルジーナさんははC・ロナウドの先発落ちに不満を示している。 「おめでとう、ポルトガル!」 「11人の選手が国家を歌っている間、全てのカメラはあなたに向けられていたわ。世界最高のプレイヤーを90分間フルで見られないなんて、なんてことなの?! ファンはみんなあなたを求め、名前を叫び続けていた」 「神とあなたの親愛なる友人であるフェルナンド(・サントス監督)が私たちの手を握り続けて、またスリリングな夜に連れて行ってくれることを願っているわ」 C・ロナウドがベンチスタートとなった理由に、一部ではフェルナンド・サントス監督との関係悪化が囁かれたが、同監督は憶測を否定。次のモロッコ戦の采配に注目だ。 <span class="paragraph-title">【写真】試合をスタンド観戦もC・ロナウドの先発落ちに不満…</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cl1-pf0B-Ui/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cl1-pf0B-Ui/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cl1-pf0B-Ui/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Georgina Rodríguez(@georginagio)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src=" //www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.12.07 18:40 Wed
twitterfacebook
thumb

主力選手が風邪…ポルトガルに大敗のスイス代表監督が無念の思い「シェアもヴィドマーも…」

スイス代表のムラト・ヤキン監督が、ポルトガル戦のチームは万全の状態ではなかったことを明かした。 ブラジルやカメルーン、セルビアといった強豪ひしめくグループステージを突破し、3大会連続の決勝トーナメント進出を果たしたスイス代表。ラウンド16では68年ぶりのベスト8を目指してポルトガルと対戦したが、結果は1-6の完敗となった。 打つ手なしという印象の試合だったが、ヤキン監督によればチームは満身創痍に近い状態だったとのこと。右サイドバックとしてグループステージの3試合で先発出場していたシルヴァン・ヴィドマーをはじめ、複数の主力選手が体調を崩していたようだ。 「彼は昨日もトレーニングをしていたのだが、昨晩から熱が出始め、そのまま体調を崩してプレーできなくなってしまった。(ハーフタイムで交代した)ファビアン・シェアも全力を出せず、ニコ・エルベディも4日前から体調を崩していた」 「今回のワールドカップでは自分の選択が正しかったと確信している。システムの問題ではなく、対戦相手が強かったのだと思っている。ポルトガルは我々よりはるかに優れていて、我々のプレーを予測していた。結局、走行距離の割には結果に現れなかったのだ」 2022.12.07 14:45 Wed
twitterfacebook
thumb

39歳ぺぺ、W杯決勝Tの最年長ゴール記録を更新!「我々は称賛に値する」

ポルトガル代表DFペペが、ワールドカップで偉大な記録を打ち立てた。 ペペ擁するポルトガル代表は6日、カタール・ワールドカップのラウンド16でスイスと対戦。試合前はクリスティアーノ・ロナウドの先発落ちが話題となったが、17分に代わりに今大会初先発となったゴンサロ・ラモスがネットを揺らし、幸先よく先制する。 33分にはCKを頭で合わせてペペも今大会初ゴール。サッカーの様々な統計を扱う『Opta』によれば、ペペのこのゴールは39歳283日というW杯の決勝トーナメントにおける最年長ゴールと記録されたようだ。 グループステージを含めた全体でも史上2番目の年長ゴールで、1位は1994年のアメリカ大会でカメルーンのロジェ・ミラが42歳39日で決めたロシア戦のゴール。同選手は1990年のイタリア大会では決勝トーナメントでゴールを決めており、今回でぺぺが更新するまで38歳34日という決勝トーナメントにおける最年長ゴール記録を持っていた。 なお、ポルトガル代表はその後、ゴンサロ・ラモスのハットトリックなど6ゴールを挙げてスイスを粉砕。準々決勝ではスペインを下したモロッコ代表と対戦する。 2022.12.07 13:50 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly