シュツットガルトがドルト退団のザガドゥ獲得! 4年契約にサイン

2022.09.20 00:35 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
シュツットガルトは19日、フランス人DFダン=アクセル・ザガドゥ(23)の加入を発表した。背番号は「23」に決定。契約期間は2026年6月30日までの4年となる。

昨季限りでドルトムントを退団したなか、ようやく新天地が決定した23歳DFはクラブ公式サイトを通じて意気込みを語った。

「ここにいられてとても幸せだよ。僕を信頼してくれたシュツットガルトの責任者の方々に感謝したい。すぐに新しいチームメイトと一緒にピッチに立つことを本当に楽しみにしているよ」
一方、ドルトムント時代にパリ・サンジェルマン(PSG)から同選手を獲得した経緯のあるスポーツディレクターのスヴェン・ミスリンタット氏は、早期フィットに自信を示す。

「ダクソ(ザガドゥ)はトップのセンターバックに必要なすべての資質を持っている」

「彼はアスリート能力が高く、パスワークに優れ、近年は国内外のレベルで貴重な経験を積んでいる。ブンデスリーガを知り尽くしているため、チームに溶け込むのにそれほど時間はかからないだろう」

「彼の献身的な働きにより、我々はディフェンシブエリアの空いたポジションを優秀なプレーヤーで埋めることができた。ダクソが我々を選んでくれたことを嬉しく思う」

PSGのアカデミー出身のザガドゥは2017年にドルトムントへ加入。加入当時は196cmの恵まれた体躯に加え、左サイドバックでもプレー可能なスピードを持つアスリート型のセンターバックとして将来が嘱望されていた。

しかし、3度のヒザの手術や筋肉系のケガと在籍5年間で度重なるケガに悩まされてきた同選手は、ここまで公式戦91試合の出場に留まっていた。そういった中、今夏にドルトムントを退団していた。

シュツットガルトは現在、ボーフムと並んで開幕7試合未勝利の16位に低迷。3バックではDF伊藤洋輝がDFコンスタンティノス・マヴロパノス、DFヴァルデマール・アントンと共に主力を担っているが、同じ左利きのザガドゥの加入によってポジション争いを強いられることになりそうだ。

関連ニュース
thumb

【ブンデスリーガ日本人選手】上月がブンデス初弾もシャルケは6失点で惨敗… 堂安vs鎌田の日本代表対決はドロー

ブンデスリーガ第17節がミッドウィークにドイツ各所で行われた。 今シーズンのブンデスリーガにはフランクフルトのMF鎌田大地、DF長谷部誠、シュツットガルトのMF遠藤航、DF伊藤洋輝らに加え、ボルシアMG、フライブルク、シャルケに加入したMF板倉滉、MF堂安律、DF吉田麻也3選手が新たに参戦。 新シーズンも多くの選手が活躍する中、今回の第17節では板倉、伊藤、遠藤、鎌田、堂安、原口、吉田、上月、浅野が先発出場した。 吉田と上月壮一郎が所属する最下位シャルケ(勝ち点9)は、ホームでライプツィヒと対戦。前半で4失点を喫したシャルケは、56分に上月が魅せる。フライのクサビのパスを中央で受けた上月はファーストタッチでDF2人の間をすり抜けてボックス内へ。GKとの一対一の局面を作り、見事にシュートを決めきった。 上月にブンデス初ゴールが生まれて勢いを取り戻しかけたシャルケだったが、80分に上月がピッチを後にした中、83分にダニ・オルモに巧みなループシュートを決められて5失点目。さらに90分にもY・ポウルセンにゴールを許したシャルケは6失点惨敗した。 また、堂安の所属するフライブルクと鎌田、長谷部の所属するフランクフルトによる日本代表対決は、42分にフランクフルトがコロ・ムアニのゴールで先制するも、後半開始早々にフライブルクがギンターのゴールで追いつき、1-1の引き分けに終わった。 ★板倉滉[ボルシアMG] ▽1/25 アウグスブルク 1-0 ボルシアMG ◆フル出場 ★鎌田大地[フランクフルト] ▽1/25 フライブルク 1-1 フランクフルト ◆64分までプレー ★長谷部誠[フランクフルト] ▽1/25 フライブルク 1-1 フランクフルト ◆ベンチ入りも出場せず ★堂安律[フライブルク] ▽1/25 フライブルク 1-1 フランクフルト ◆91分までプレー ★原口元気[ウニオン・ベルリン] ▽1/25 ウニオン・ベルリン 1-2 ホッフェンハイム ◆73分までプレー ★吉田麻也[シャルケ] ▽1/24 シャルケ 1-6 ライプツィヒ ◆フル出場 ★上月壮一郎[シャルケ] ▽1/24 シャルケ 1-6 ライプツィヒ ◆80分までプレー、56分にゴールを記録 ★伊藤洋輝[シュツットガルト] ▽1/24 ホッフェンハイイム 2-2 シュツットガルト ◆フル出場 ★遠藤航[シュツットガルト] ▽1/24 ホッフェンハイイム 2-2 シュツットガルト ◆フル出場、77分にゴールを記録 ★浅野拓磨[ボーフム] ▽1/25 レバークーゼン 2-0 ボーフム ◆70分までプレー 2023.01.26 07:20 Thu
twitterfacebook
thumb

「これはエグい」「凄すぎ」遠藤航が圧巻のパフォーマンス、ボール奪取から仕上げのミドル弾までの流れが完璧「デュエルに勝ってからゴールはやばい」

シュツットガルトの日本代表MF遠藤航が、鮮やかなゴールを決めてみせた。 24日、ブンデスリーガ第17節でシュツットガルトはホッフェンハイムとアウェイで対戦した。 DF伊藤洋輝と共にこの試合も先発した遠藤。1-1で後半を迎えると、77分に結果を残す。 自陣での遠藤のプレスが起点となると、カウンター発動。右サイドに展開すると、ボックス内右からのナウィル・アーマダのマイナスの折り返しをボックス手前中央で待っていた遠藤がダイレクトで蹴り込む。 ゴールの外側からカーブのかかったシュートがゴール右隅に決まり、シュツットガルトが逆転。遠藤にとっては今季のブンデスリーガで3点目のゴールとなった。 見事なミドルシュートにファンは「これはエグい」、「守備してからのゴールって凄すぎ」、「デュエルに勝ってからゴールはやばい」、「デュエルにミドルって」、「まさに大黒柱」、「こんなシュートもあるのか」とボールを奪ってからフィニッシュを決める姿に驚きの声が集まった。 なお、試合は後半アディショナルタイムに追いつかれ、2-2のドローとなった。 <span class="paragraph-title">【動画】ボール奪取からフィニッシュまで!遠藤航の圧巻ミドル</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">【ゴール速報】<a href="https://twitter.com/hashtag/%E9%81%A0%E8%97%A4%E8%88%AA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#遠藤航</a><br>遠藤が今季ブンデス3ゴール目をマーク!!!<br><br><a href="https://t.co/A7zKrwvkLw">https://t.co/A7zKrwvkLw</a><a href="https://twitter.com/wataru0209?ref_src=twsrc%5Etfw">@wataru0209</a><a href="https://twitter.com/VfB?ref_src=twsrc%5Etfw">@VfB</a><a href="https://twitter.com/VfB_JP?ref_src=twsrc%5Etfw">@VfB_JP</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%82%92%E4%BD%93%E6%84%9F%E3%81%9B%E3%82%88?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ドイツサッカーを体感せよ</a> <a href="https://t.co/yux91rkgug">pic.twitter.com/yux91rkgug</a></p>&mdash; ブンデスリーガ スポーツライブ+ powered by スカパー! (@skyperfectv) <a href="https://twitter.com/skyperfectv/status/1617996031542677510?ref_src=twsrc%5Etfw">January 24, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.25 08:20 Wed
twitterfacebook
thumb

遠藤が今季4点目!10人のシュツットガルトは土壇場被弾で2戦連続ドロー《ブンデスリーガ》

シュツットガルトは24日、ブンデスリーガ第17節でホッフェンハイムと対戦し2-2の引き分けに終わった。シュツットガルトの遠藤航はフル出場し77分にゴールを記録、伊藤洋輝はフル出場している。 3日前に行われたマインツ戦をドローで終えた16位シュツットガルトが、リーグ戦4連敗中の13位ホッフェンハイムのホームに乗り込んだ一戦。遠藤と伊藤が揃って先発となったシュツットガルトは前節同様の[4-3-3]を採用した。 立ち上がりから一進一退の展開が続く中、シュツットガルトは11分に先制を許す。右クロスのこぼれ球をボックス手前で拾ったスティラーが逆サイドに展開すると、ボックス左で受けたアンヘリーニョのダイレクトクロスをゴール前に抜け出したクラマリッチがジャンピングボレーで押し込んだ。 その後もやや劣勢の展開が続くシュツットガルトは、なかなか相手陣内の深い位置までボールを運べず。前半アディショナルタイム1分には、アーマダのパスを受けたサイラスがボックス右から侵入しシュートを放ったが、これは相手GKが正面で弾き出した。 このまま前半終了かと思われたが、シュツットガルトが終了間際に試合を振り出しに戻す。アディショナルタイム5分、中盤でのボール奪取からアーマダのスルーパスでDFの裏に抜け出したギラシーが冷静にGKとの一対一を制した。 1-1で迎えた後半も膠着状態が続く中、シュツットガルトは77分に勝ち越しに成功する。中盤でのカウンターを仕掛けるとペレアのパスをボックス右で受けたアーマダがマイナスの折り返すと、最後はペナルティアーク内の遠藤がダイレクトシュートをゴール右に突き刺した。 勝ち越しに成功したシュツットガルトだったが、このゴールでのゴールセレブレーションで観客席に飛び込んだアーマダがこの試合2枚目のイエローカードを受け、退場処分となった。 数的不利となったシュツットガルトは、終盤にかけてホッフェンハイムの猛攻を受けると、試合終了間際に追いつかれる。94分、アンヘリーニョのロングパスをボックス右で収めたクラマリッチがカットインから左足一閃。これがゴール左に突き刺さり、試合はそのまま2-2で終了した。 <span class="paragraph-title">【動画】ボール奪取からフィニッシュまで!遠藤航の圧巻ミドル</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">【ゴール速報】<a href="https://twitter.com/hashtag/%E9%81%A0%E8%97%A4%E8%88%AA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#遠藤航</a><br>遠藤が今季ブンデス3ゴール目をマーク!!!<br><br><a href="https://t.co/A7zKrwvkLw">https://t.co/A7zKrwvkLw</a><a href="https://twitter.com/wataru0209?ref_src=twsrc%5Etfw">@wataru0209</a><a href="https://twitter.com/VfB?ref_src=twsrc%5Etfw">@VfB</a><a href="https://twitter.com/VfB_JP?ref_src=twsrc%5Etfw">@VfB_JP</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%82%92%E4%BD%93%E6%84%9F%E3%81%9B%E3%82%88?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ドイツサッカーを体感せよ</a> <a href="https://t.co/yux91rkgug">pic.twitter.com/yux91rkgug</a></p>&mdash; ブンデスリーガ スポーツライブ+ powered by スカパー! (@skyperfectv) <a href="https://twitter.com/skyperfectv/status/1617996031542677510?ref_src=twsrc%5Etfw">January 24, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.25 06:44 Wed
twitterfacebook
thumb

【ブンデスリーガ日本人選手】鎌田、長谷部vs吉田、上月の日本人対決はフランクフルトが3発快勝!

ブンデスリーガ第16節が週末にドイツ各所で行われた。 今シーズンのブンデスリーガにはフランクフルトのMF鎌田大地、DF長谷部誠、シュツットガルトのMF遠藤航、DF伊藤洋輝らに加え、ボルシアMG、フライブルク、シャルケに加入したMF板倉滉、MF堂安律、DF吉田麻也3選手が新たに参戦。 新シーズンも多くの選手が活躍する中、今回の第16節では板倉、伊藤、遠藤、鎌田、堂安、原口、吉田、上月が先発出場、浅野が途中出場した。 鎌田、長谷部の所属するフランクフルトと吉田、上月の所属するシャルケによる日本人対決は、22分にコロ・ムアニのポストプレーを受けたリンドストロームが右サイドを持ち上がってDFをかわしボックス内へ。そのままシュートを決めきった。 先制を許したシャルケは、32分に上月がボックス右からポスト直撃のシュートを浴びせて牽制。さらに後半立ち上がりの47分にも上月がヘディングシュートでゴールに迫ったが、ここもGKトラップのファインセーブに阻まれた。 その後、74分に上月が、81分に鎌田がピッチを後にした中、フランクフルトは84分にリンドストロームが吉田をかわしてゴールネットを揺らした。さらに追加タイムには、ブタにもゴールが生まれたフランクフルトが3-0で勝利している。 ★板倉滉[ボルシアMG] ▽1/22 ボルシアMG 2-3 レバークーゼン ◆フル出場 <a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=435823">結果ニュース</a> ★鎌田大地[フランクフルト] ▽1/21 フランクフルト 3-0 シャルケ ◆81分までプレー ★長谷部誠[フランクフルト] ▽1/21 フランクフルト 3-0 シャルケ ◆ベンチ入りも出場せず <a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=435762">結果ニュース</a> ★堂安律[フライブルク] ▽1/21 ヴォルフスブルク 6-0 フライブルク ◆フル出場 <a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=435763">結果ニュース</a> ★原口元気[ウニオン・ベルリン] ▽1/21 ウニオン・ベルリン 3-1 ホッフェンハイム ◆64分までプレー ★吉田麻也[シャルケ] ▽1/21 フランクフルト 3-0 シャルケ ◆フル出場 ★上月壮一郎[シャルケ] ▽1/21 フランクフルト 3-0 シャルケ ◆74分までプレー <a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=435762">結果ニュース</a> ★伊藤洋輝[シュツットガルト] ▽1/21 シュツットガルト 2-0 マインツ ◆フル出場 ★遠藤航[シュツットガルト] ▽1/21 シュツットガルト 2-0 マインツ ◆フル出場 <a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=435768">結果ニュース</a> ★浅野拓磨[ボーフム] ▽1/21 アウグスブルク 3-1 ボーフム ◆72分からプレー 2023.01.23 06:00 Mon
twitterfacebook
thumb

遠藤が先制点アシストのシュツットガルト、終始優勢もマインツにドロー《ブンデスリーガ》

シュツットガルトは21日、ブンデスリーガ第16節でマインツをホームに迎え、1-1で引き分けた。 シュツットガルトのMF遠藤航とDF伊藤洋輝はフル出場している。 カタール・ワールドカップでは対照的な評価となった遠藤と伊藤が揃って先発となった16位シュツットガルト(勝ち点14)は[4-3-3]を採用した。 10位マインツ(勝ち点19)に対し、伊藤が左センターバック、遠藤が左インサイドMFでスタートしたシュツットガルトは、開始4分にサイラスのミドルシュートでGKを強襲した。 良い入りを見せたシュツットガルトが押し込む流れが続いた中、35分にギラシーがGK強襲のシュートを浴びせると、直後にシュツットガルトが先制する。 ボックス手前中央の遠藤がダイレクトで前方に叩くと、これに反応したギラシーがシュートを流し込んだ。 しかし38分、アーマダがPKを献上し、これをイングヴァルトセンに決められ1-1で前半を終えた。 迎えた後半もシュツットガルトが押し込むと、53分にはギラシーがボックス内から際どいボレーを放つ。 56分にはピンチを迎えたが、バルコクのシュートはバーに直撃。ひやりとしたシュツットガルトは60分に勝ち越しのチャンスが訪れるもギラシーのコントロールシュートはこちらもバーに直撃した。 終盤にかけても攻め立てたシュツットガルトは87分、CKの流れからゴール前のヴァグノマンがプッシュ。だが、シュートは枠を捉えられず1-1のままタイムアップ。勝ち点1を積み上げるに留まった。 2023.01.22 04:39 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly