「好感持てる!」古橋亨梧の健康的な“自炊料理”にファン注目「バランスいい」

2022.09.13 11:52 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セルティックの日本代表FW古橋亨梧が料理にも挑戦している。昨夏にヴィッセル神戸から加入した古橋は、欧州挑戦1年目から公式戦33試合出場で20得点5アシストと見事な成績をマーク。今シーズンもここまで公式戦7試合で6ゴールとゴールを量産している。

初めての海外挑戦を経験している古橋だが、慣れない自炊にも挑戦しているようで、これまでにも度々自身のツイッターで料理写真をアップ。12日にも「ある日の朝食#自炊シリーズ」と投稿した。
お椀によそった白米と、おかずにはオムレツ、切り干し大根とサラダという健康的な食事メニュー。ファンも「なんかもうね、愛おしさしかない」、「古橋くんは素敵なパパになる。想像ができる」、「バランスいいね!完璧」、「健康的」、「自炊しているところすごく好感持てるなぁ!!」といったコメントを寄せている。

リーグ戦だけでなくチャンピオンズリーグ(CL)の戦いにも身を置いている古橋だが、忙しい中でもしっかりと自炊しバランスのよい栄養摂取を心掛けているようだ。

1 2

関連ニュース
thumb

「理不尽ゴール集の中に日本人」三笘薫の衝撃ゴールがプレミア前半戦ベストゴールTOP10に選出!「三笘さん凄すぎ」

プレミアリーグを配信している『SPOTV NOW』が2022-23シーズンの前半戦ベストゴールTOP10を発表している。 カタール・ワールドカップ(W杯)による中断期間を経てからの再開後、約1カ月が経過したプレミア。全38節のうち、多くのチームが20試合までを消化している。 そのプレミアの前半戦ベストゴールには、リーグ上位のチームが多数選出。3位と躍進するニューカッスルの3選手が選ばれると、2位マンチェスター・シティのケビン・デ・ブライネや首位アーセナルのブカヨ・サカも選出されている。 一方、下位チームからもレスター・シティのユーリ・ティーレマンスは唯一の2ゴール選出。エバートンのデマライ・グレイのゴールも選ばれた。 残す2つのうち、1つはクリスタル・パレスのマイケル・オリーズ。そしてブライトン&ホーヴ・アルビオンの日本代表MF三笘薫が1月21日に行われたプレミアリーグ第21節レスター・シティ戦で沈めた糸を引くような右足ミドルも選ばれている。 三笘の選出には、ファンも「この理不尽ゴール集の中に日本人おるの凄すぎる」、「三笘すごすぎ」、「三笘さんはまだまだベストゴール更新しそう」、「錚々たるメンツの中で選ばれる三笘さん凄すぎ」とコメントを寄せている。 <span class="paragraph-title">【動画】あなたのお気に入りは?三笘のゴールも選ばれたプレミア前半戦ベストゴールTOP10</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">【TOP 10 GOALS】<br><br>プレミアリーグ前半戦ベストゴールTOP10<br>トリッピアーやデ・ブライネのFK弾、ティーレマンスのスーパーボレー2発がランクイン<a href="https://twitter.com/hashtag/%E4%B8%89%E7%AC%98%E8%96%AB?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#三笘薫</a> のカットイン→ミドルも<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%9F%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0%E5%85%A8%E8%A9%A6%E5%90%88%E8%A6%B3%E3%82%89%E3%82%8C%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%AFSPOTVNOW%E3%81%A0%E3%81%91?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#プレミアリーグ全試合観られるのはSPOTVNOWだけ</a><br>ハーフシーズンパス発売中 <a href="https://t.co/nJBIHF2DDq">pic.twitter.com/nJBIHF2DDq</a></p>&mdash; SPOTV NOW JAPAN (@SPOTVNOW_JP) <a href="https://twitter.com/SPOTVNOW_JP/status/1620277394191052800?ref_src=twsrc%5Etfw">January 31, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.02.01 12:30 Wed
twitterfacebook
thumb

エスコートキッズの女の子と目が合い…三笘薫のクールな表情が笑顔に切り替わった瞬間が反響「好感持てる」

ブライトン&ホーヴ・アルビオンがリバプール戦の裏側を公開している。 1月29日に行われたFAカップ4回戦でホームにリバプールを迎えたブライトン。試合は前半に1点ずつを奪いながら、後半はゴールがなかなか生まれず。90分が終了しようとしていた。 しかし、終了間際の後半アディショナルタイムに日本代表MF三笘薫が大仕事。ボックス手前右でFKからボールを繋ぐと、三笘は巧みなアウトサイドでのファーストタッチで浮かせてジョー・ゴメスをかわし、右足アウトで押し込み劇的な逆転ゴール。三笘のスーパーゴールで、ブライトンが5回戦へと駒を進めた。 2週間前のプレミアリーグでも勝利した相手に連勝したブライトンだが、1月31日にはクラブの公式YouTubeチャンネルを更新。リバプール戦の試合前後の三笘の様子を明かしている。 試合前の整列時には、集中した様子で表情を崩さない三笘。だが、次の瞬間、エスコートキッズを務める女の子と目が合うと、三笘は笑顔に。さらにサムズアップと握手を交わし、しばし表情をほころばせていた。 動画には、「ミトマを愛してる」、「好感が持てる」、「最高すぎる!!!!!!!!」といったコメントが寄せられており、三笘への注目度の高さがうかがえる。 <span class="paragraph-title">【動画】エスコートキッズの女の子と目が合い…三笘薫のクールな表情が笑顔に切り替わる瞬間</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="a4zA2XiO34s";var video_start = 160;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.02.01 12:20 Wed
twitterfacebook
thumb

「プレミアでも止められないんだから…」「Jリーグの最高傑作」三笘薫、川崎フロンターレでの無双プレー集をJリーグが公開!「レベチ」

Jリーグの公式SNSが、鮮烈な活躍を見せるブライトン&ホーヴ・アルビオンの日本代表MF三笘薫の川崎フロンターレ時代のプレーを公開している。 1月29日に行われたFAカップ4回戦で、リバプール相手に衝撃のゴールを決めて世界を震撼させた三笘。今季からブライトンでプレーしているが、2022年10月29日に行われたプレミアリーグ第14節のチェルシー戦で初アシストを記録すると、そこから11試合に出場し、8試合でゴールに絡む活躍。6ゴール2アシストと凄まじい結果を残している。 Jリーグは、そんな三笘のプレーを1分に凝縮した川崎F時代のプレー集を公開。無双ともいえるようなドリブル突破の数々には、ファンからも「プレミアで止めれないんだからJで止めれるわけない」、「これを1分にまとめるのはあまりにも贅沢すぎる」、「三笘選手、レベチ」、「Jリーグの最高傑作」と称賛の言葉が溢れている。 川崎Fの下部組織で育った三笘は、筑波大学へ進学した後に川崎Fの特別指定選手に承認されると、2020年に入団。1年目からJ1新人記録に並ぶ13得点を記録し、プロ1年目でベストイレブンを受賞。2020年夏にブライトンへと完全移籍し、ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズへのレンタルを経て、ブライトンでプレーしている。 <span class="paragraph-title">【動画】川崎フロンターレ時代の三笘薫のキレキレなドリブル突破!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="0l_i6WKxwFI";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】三笘薫、リバプール戦のスーパーゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="4VkPs7GBVU8";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.02.01 12:10 Wed
twitterfacebook
thumb

「ミトマジック!」「1000回みても驚ける」三笘薫のスーパーゴール、臨場感溢れる13台のカメラが捉えた様々な顔「ごはん3杯くらいいけそう」

ブライトン&ホーヴ・アルビオンが日本代表MF三笘薫の劇的ゴールをマルチアングルで楽しめる映像をアップした。 1月29日に行われたFAカップ4回戦でブライトンはホームにリバプールを迎えた。 2週間前にプレミアリーグで対戦した際には、3-0で快勝した相手。三笘はこの試合も先発出場。1-1で迎えた後半アディショナルタイムには華麗なテクニックを見せつけるスーパーゴールを決め、チームの勝利に貢献した。 ブライトンは、ボックス手前右でFKをもらうと、キッカーのパスカル・グロスが浮き球のボールを送る。これをボックス左で浮いたペルビス・エストゥピニャンが受けると浮き球で丁寧に折り返す。ファーサイドで待っていた三笘は、巧みなアウトサイドでのファーストタッチでわざと浮かせてジョー・ゴメスをかわすと、ボールが浮いた状態ですかさず右足アウトを使ったシュート。これがゴールネットに突き刺さった。 日本やイングランドだけでなく、イタリア、スペインでも話題となったこのゴール。リバプールのユルゲン・クロップ監督も三笘を称えるなど、このところの活躍ぶりが大きな注目を集めている。 ブライトンはその三笘の劇的スーパーゴールをマルチアングルで確認できる動画をアップ。実に13のカメラが捉えた三笘のゴールを楽しむことができる。 様々な角度から撮られている動画。三笘の華麗なトラップからのシュートはもちろんのこと、ゴールを決まった瞬間のスタンドのファンの反応やベンチの選手たちの反応、リバプール選手たちの反応など、スタジアムの雰囲気も味わえるものとなっている。 これにはファンも「ずっと見てられる」、「三笘は日本の誇り」、「日本の未来」、「こいつは正気か!」、「年間最優秀ゴールだ」、「メッシなんかよりミトマが好き」、「ごはん3杯くらいいけそう」、「1000回みても驚ける」、「なんという魔法だ」、「ミトマジック!」と改めて見てもその衝撃は薄まらないようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】何度見ても驚ける!13のカメラが捉えた三笘薫のスーパーゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Every angle of THAT <a href="https://twitter.com/kaoru_mitoma?ref_src=twsrc%5Etfw">@Kaoru_Mitoma</a> goal! <a href="https://t.co/9xLmIPFmSQ">pic.twitter.com/9xLmIPFmSQ</a></p>&mdash; Brighton &amp; Hove Albion (@OfficialBHAFC) <a href="https://twitter.com/OfficialBHAFC/status/1620348852824858624?ref_src=twsrc%5Etfw">January 31, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.02.01 11:50 Wed
twitterfacebook
thumb

遠藤&伊藤フル出場のシュツットガルトが終盤の2発で劇的逆転勝利、原口が後半から出場でデビュー《DFBポカール》

シュツットガルトは1月31日、DFBポカール3回戦でパーダーボルンとのアウェイ戦に臨み、2-1で逆転勝利した。シュツットガルトのMF遠藤航とDF伊藤洋輝はフル出場、MF原口元気は後半から出場している。 2回戦でビーレフェルトを下したシュツットガルトは、3日前のライプツィヒ戦のスタメンから3選手を変更。遠藤と伊藤は引き続き先発となり、ウニオン・ベルリンから電撃移籍の原口がベンチ入りした。 2部のパーダーボルンに対し、[4-3-3]で臨んだシュツットガルトは遠藤が右インサイドMF、伊藤が左センターバックでスタート。 そのシュツットガルトは開始4分に自らのミスで失点する。マヴロパノスが自陣ゴールに向かってバックパスを蹴ると、GKミュラーはゴールマウスを外したポジショニングを取っていたことから触れず。自陣ゴールにボールが吸い込まれていった。 もったいないオウンゴールで失点したシュツットガルトが押し込む流れで推移すると、10分にギラシーが直接FKでGKを強襲。 その後もシュツットガルトが押し込む展開が続いた中、31分には左サイドの伊藤のアーリークロスからゴール前に飛び込んだ遠藤がヘディングで合わせにかかる好機を迎えたが、シュートはミートできず。 結局、パーダーボルンに1本もシュートを打たせなかったものの1点ビハインドで迎えた後半、シュツットガルトは原口を右インサイドMFに投入。遠藤が左インサイドMFにポジションを変えた。 そのシュツットガルトが引き続き押し込む展開としたが、やはり好機を生み出すには至らない。 すると70分にはボックス内のプラッテにこの試合初シュートとなるボレーでパーダーボルンにゴールに迫られる。 終盤にかけても攻めあぐねていたシュツットガルトだったが、86分に追いつく。マヴロパノスのクサビのパスをファイファーがフリック。これをボックス手前右で受けたジウ・ディアスがゴール左へコントロールシュートを決めきった。 4分前に投入されていたジウ・ディアスの同点弾で1-1としたシュツットガルトは、延長戦に突入するかと思われた後半追加タイム5分、逆転に成功する。シュテンツェルの右CKからギラシーがヘディングシュートを叩き込んだ。 直後にタイムアップとなってシュツットガルトが劇的勝利。ベスト8進出を決めた。 2023.02.01 03:59 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly