「日本に戻ることになりました」札幌の元正守護神、韓国代表GKク・ソンユンが兵役終えて復帰も大邱FCと契約解除

2022.09.08 21:10 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
大邱FCは8日、かつて北海道コンサドーレ札幌でもプレーした韓国代表GKク・ソンユン(28)との契約解除を発表した。クラブの発表によれば、個人事情により双方合意の下での契約解除となる。

大邱FCは「ク・ソンユンに感謝の気持ちを伝え、将来に幸せと幸運が共にすることを願っています」とメッセージを送っている。
また、ク・ソンユンはクラブを通じてメッセージ動画を投稿。日本に戻るとコメントしている。

「こんにちは、ク・ソンユンです。僕が除隊をした後、個人的な理由で大邱FCと双方合意の上で契約を解消し、日本に戻ることになりました」

「大邱FCのファンの方はみんな待ってくれていたと思いますが、チームに復帰できずに申し訳なく思います」

「チームが難しい状況をさらに難しくしてしまい、僕も心苦しいですが、大邱FCはこのような状況を克服する力があると思います」

「ファンの皆さんは、たくさんスタジアムに足を運んでもらって、大きな声援を送ってもらえればと思います」

「大邱FCで過ごした日々は忘れることはできません。最後まで忘れることなく、遠くから大邱FCを最後まで応援しています。ありがとうございました」

ク・ソンユンは2012年7月にセレッソ大阪に加入。2015年1月に札幌へと完全移籍した。

C大阪時代は大先輩のGKキム・ジンヒョンの前に出番を得られなかったが、札幌では正守護神となると、公式戦175試合に出場。J1で101試合、J2で66試合プレーした。

その後、兵役の関係で2020年6月に大邱FCへと完全移籍。2021年5月からは軍隊のチームである金泉尚武へとレンタル移籍。その期間が終了し、7日に大邱へと復帰したが、そのまま退団となった。

メッセージ動画では、所々言葉に詰まりながらも大邱FCへと感謝の気持ちを述べたク・ソンユン。日本に戻るというのはどういうことなのか。古巣の札幌に加入することはあるのか、注目が集まる。

1 2

関連ニュース
thumb

3度目制覇目指す全北、120+1分弾で大邱に勝利しベスト8進出!《ACL2022》

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2022の東地区ラウンド16、大邱FC(韓国)vs全北現代(韓国)が18日に浦和駒場スタジアムで行われ、全北現代が1-2で勝利し、準々決勝進出を決めた。 東地区のラウンド16は全試合が埼玉スタジアム2002、浦和駒場スタジアムでの集中開催。18日と19日に分けて行われ、他の対戦カードに先立ってこの一戦が開催された。 先手を取ったのは全北。46分、右サイドの深い位置からハン・ギョウォンがセンタリングを上げ、ボックス内でDFのマークを外したソン・ミンギュが右足ダイレクトボレー。シュートはGKの正面を突いたが、処理しきれずに後逸し、ネットへと吸い込まれる。全北が後半キックオフからわずか38秒でリードを奪った。 だが、大邱がすぐさま同点とする。56分、自陣でのゴールキックからビルドアップを開始すると、センターサークル付近から前線にロングボールが入る。このボールは全北DFに難なく処理されるかと思われたが、目測を誤り、DFラインの背後に走り込んだゼカの足元へ。ゼカはボックス内まで運び、冷静にGKとの1対1を制した。 その後は1-1のまま推移し、90分で決着がつかずに延長戦へ。両チームとも幾度となくゴール前まで迫るが、肝心のネットを揺らすことはできず。とうとうPK戦に突入かと思われたが、延長後半アディショナルタイムに決勝点が生まれた。 121分、両チームとも疲労で足が止まるなか、全北はボックス左脇でモドゥ・バーロウがゴールを背にした状態でボールをおさめ、角度のない位置からセンタリングを供給。ファーサイドでムン・ソンミンが折り返すと、ゴール前で大邱DFのクリアが中途半端に。ルーズボールにいち早く反応した途中出場のキム・ジンギュが右足で豪快に蹴り込み、ネット上部に突き刺さった。 最後の最後に大邱を振り切った全北が1-2で勝利し、22日開催予定の準々決勝進出が決定。準々決勝の組み合わせ抽選会は20日に行われる。 大邱FC 1-2 全北現代 【大邱】 ゼカ(後11) 【全北】 ソン・ミンギュ(後1) キム・ジンギュ(延後15+1) 2022.08.18 20:15 Thu
twitterfacebook
thumb

ACLのスケジュールが決定! 日本勢は埼スタで試合、残りは駒場でラウンド16を開催

日本サッカー協会(JFA)は、8月に行われるAFCチャンピオンズリーグ(ACL)のノックアウトステージのマッチスケジュールを発表した。 新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で集中開催が行われているACL。東地区のノックアウトステージに関しては、開催地が未定だったが、日本が手を挙げるとそのまま決定。埼玉で開催されることとなった。 ラウンド16の4試合は2日に分けて、駒場スタジアムと埼玉スタジアム2002で開催することが決定している。 日本勢の試合はいずれも埼玉スタジアムで行われ、8月18日(木)にはヴィッセル神戸vs横浜F・マリノス、19日(金)にはジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)vs浦和レッズが開催。いずれもキックオフは20時に決まった。 また、駒場スタジアムでは18日に大邱FC(韓国)vs全北現代モータース(韓国)、19日にBGパトゥム・ユナイテッド(タイ)vs傑志(香港)が行われ、両日とも17時からとなる。 また、準々決勝は22日に埼玉スタジアムで行われ、16時と20時にそれぞれキックオフ。25日の準決勝は19時30分から埼玉スタジアムで行われる。 ▽8月18日(木) 《17:00》 大邱FC(韓国) vs 全北現代モータース(韓国) [駒場スタジアム] 《20:00》 ヴィッセル神戸 vs 横浜F・マリノス [埼玉スタジアム2002] ▽8月19日(金) 《17:00》 BGパトゥム・ユナイテッド(タイ) vs 傑志(香港) [駒場スタジアム] 《20:00》 ジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア) vs 浦和レッズ [埼玉スタジアム2002] ▽8月22日(月) 《16:00》 準々決勝第1試合 [埼玉スタジアム2002] 《20:00》 準々決勝第2試合 [埼玉スタジアム2002] ※対戦カードは8月20日(土)の組み合わせ抽選会で決定 ▽8月25日(木) 《19:30》 準々決勝勝者1 vs 準々決勝勝者2 [埼玉スタジアム2002] 2022.07.07 19:18 Thu
twitterfacebook
thumb

神戸vs横浜FMのJリーグ対決! ACLラウンド16の組み合わせ決定《ACL2022》

アジアサッカー連盟(AFC)は、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)のラウンド16組み合わせを発表した。 新型コロナウイルス(COVID-19)の影響を受け、東地区では昨年に引き続き、タイ、ベトナム、マレーシアの3カ国での集中開催することとなった。 また、大会直前には中国の上海海港が出場を辞退。ヴィッセル神戸が所属するグループJが3クラブでの争いになるなど、アジアNo.1を決める大会としては異例の状況となった。 Jリーグからは4クラブが出場した中、川崎フロンターレはマレーシアで、横浜F・マリノスはベトナムで、浦和レッズとヴィッセル神戸はタイで試合を行った。 5つのグループの首位チームと2位の3チームがラウンド16に進める中、横浜FM、浦和、神戸は無事にグループステージを突破。しかし、川崎Fはグループステージを2位で終えると、2位の中で最下位になり、グループステージでの敗退が決まった。 その他勝ち上がったのは、大邱FC(韓国)、全北現代モータース(韓国)、ジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)、傑志(香港)、BGパトゥム・ユナイテッド(タイ)となった。 ラウンド16では、神戸vs横浜FMの日本勢同士の対戦が決定。また、大邱FCvs全北現代の韓国対決も決定した。なお、浦和はJDTと、手倉森監督率いるBGパトゥムは傑志と対戦する。 なお、ラウンド16は8月18、19日に予定されている。 ■ACLラウンド16組み合わせ 【東地区】 ヴィッセル神戸 vs 横浜F・マリノス ジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア) vs 浦和レッズ 大邱FC(韓国) vs全北現代(韓国) BGパトゥム・ユナイテッド(タイ) vs 傑志(香港) 【西地区】 アル・ヒラル(サウジアラビア) vs シャバブ・アル・アハリ(UAE) アル・シャバブ(サウジアラビア) vs FCナサフ(ウズベキスタン) アル・ドゥハイル(カタール) vs アル・ラーヤン(カタール) アル・ファイサリー(サウジアラビア) vs フーラード(イラン) 2022.05.02 03:30 Mon
twitterfacebook
thumb

浦和に痛手…ACLで負傷したユンカー&大畑歩夢が骨折で手術

浦和レッズは1日、元デンマーク代表FWキャスパー・ユンカーとDF大畑歩夢の負傷情報を明らかにした。 ユンカーは、4月21日に行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2022・グループH第3節の大邱FC戦で負傷。現地の病院で精密検査を受診した結果、右手薬指の骨折と診断された。 一方の大畑は、ACL2022・グループH第3節の大邱FC戦で負傷し、現地の病院で精密検査を受診した結果、左眼窩底骨折と頬骨骨折と診断された。 なお、両者はすでに日本に帰国しており、ユンカーは26日に、大畑は28日に手術を受けたとのことだ。 2022.05.01 06:15 Sun
twitterfacebook
thumb

浦和は2位通過!大雨で1時間中断も大邱FCがLCSに逆転勝利で浦和を抜いてグループ首位《ACL2022》

30日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2022・グループF最終節のライオン・シティ・セーラーズ(LCS/シンガポール)vs大邱FC(韓国)が行われ、1-2で大邱が勝利した。 この結果、グループFは勝ち点13で大邱と浦和レッズが並んだものの、当該成績で上回った大邱が首位通過。浦和は最下位の山東泰山(中国)との勝ち点を引いた場合、勝ち点7を稼いでいるため、2位チームの中での上位3チームに入ることが確定し、グループステージ2位通過が決まった。 試合は一進一退の攻防が続く中、26分にLCSが先制。後方からのロングボールを相手DFがクリア。しかし、これを拾ったソン・ウイヨンがボックス手前から右足一閃。弾丸ミドルがゴール左に突き刺さり、LCSが先制に成功する。 LCSがリードして迎えた後半だったが、早い時間に大邱が追いつく。 54分、左サイドからクロスを入れると、ニアでゼカが触れなかったものの、ファーサイドに飛び込んだイ・グノが体ごとゴールに飛び込みゴール。同点に追いつく。 勝てば首位通過が見える大邱が同点に追いついた勢いで押し込んでいくが、雨足が急激に強まる事態に。試合は続行されたが、ピッチ上では至る所に水溜りができ、ボールが全く転がらない状況に。シュートを打っても、水飛沫の方が多く上がる状況となり、76分に試合が中断した。 その後1時間ほど中断。その間に雨足は弱まり、ピッチ上の水溜りも水かきをされて片付けられて試合が再開した。 すると79分、大邱がビッグチャンスを獲得。右サイドからのクロスに合わせようとキム・ジンヒョクが競ろうとしたが、アミル・アドリ・ビン・アズミが掴んで倒しPKを獲得。これをゼカがしっかりと決めて逆転に成功。そのまま逃げ切り、1-2で勝利した。 ライオン・シティ・セーラーズ 1-2 大邱FC 【LCS】 ソン・ウイヨン(前26) 【大邱】 イ・グノ(後9) ゼカ(後37[PK]) ◆グループF 順位表 (勝ち点/勝/分/負/得/失/得失/試合数) 1:大邱FC 13pt/4/1/1/14/4/10/6 2:浦和レッズ 13pt/4/1/1/20/2/18/6 3:ライオン・シティ・セーラーズ 7pt/2/1/3/8/14/-6/6 4:山東泰山 1pt/0/1/5/2/24/-22/6 2022.04.30 23:25 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly