ジエゴ・コスタのウルブス行きに暗雲、就労ビザ申請を却下される

2022.09.06 19:43 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウォルバーハンプトン行きの報道が加熱する元スペイン代表FWジエゴ・コスタ(33)だが、手続きで問題に見舞われてしまったようだ。

今年1月にアトレチコ・ミネイロとの契約を解除して以降、フリーのジエゴ・コスタ。最近の報道ではストライカーの相次ぐ故障で補強が急務となるウォルバーハンプトンのラブコールが噂されている。

当初こそトライアルを受けるとの見通しがなされたが、移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏は1年契約での合意済みを主張。一気に加入決定の様相を呈している。
しかも、6日にメディカルチェックともいわれるが、イギリス『The Athletic』のデイビッド・オーンスタイン記者によると、労働許可証の申請が点数不足で却下され、暗礁に乗り上げたという。

ただ、ウォルバーハンプトンは動きを止めていないようで、異議申し立てを行っている模様。元チェルシーのジエゴ・コスタにとって、この移籍が決まればプレミアリーグ復帰となるが、いかに。

関連ニュース
thumb

積極補強のウォルバーハンプトンがフラメンゴの逸材MFジョアン・ゴメスと加入合意、移籍金24億円…今冬6人目の新戦力

ウォルバーハンプトンが、MFジョアン・ゴメス(21)の獲得でフラメンゴと合意したようだ。イギリス『BBC』が伝えた。 フラメンゴの下部組織育ちのジョアン・ゴメスは、2021年7月にファーストチームに昇格。20歳の時にデビューを果たすと、これまでカンピオナート・ブラジレイロ・セリエA(ブラジル1部)で59試合に出場し2アシスト。コパ・リベルタドーレスで21試合に出場し1アシストを記録している。 ボランチを主戦場としており、ブラジルでは高い評価を得ており、かつてはリバプールと相思相愛とも見られていたが、移籍は実現しなかった。 2022年9月にフラメンゴとの契約を2027年8月まで延長したジョアン・ゴメスだが、フレン・ロペテギ監督が高く評価。今冬の移籍市場で獲得したい意向を示していた。 ジョアン・ゴメスにはリヨンも興味を持っており、フラメンゴは取引をしようと思っていたが、選手本人がプレミアリーグ行きを希望。来週にもイギリスへ渡り、メディカルチェックを受けることになるという。 移籍金は1500万ポンド(約24億円)とのこと。5年契約を結ぶと見られている。 ウォルバーハンプトンは、今冬の移籍市場で派手に動いており、アトレティコ・マドリーからブラジル代表FWマテウス・クーニャ(23)、ニースのガボン代表MFマリオ・レミナ(29)、パリ・サンジェルマン(PSG)からスペイン代表MFパブロ・サラビア(30)、ウェストハムからイングランド人DFクレイグ・ドーソン(32)、ブリストル・シティからGKダニエル・ベントリー(29)を獲得。契約すれば、6人目の補強になる。 2023.01.27 19:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ウルブス、若手FWファビオ・シウバのレンタル先をPSVへ変更

ウォルバーハンプトンは25日、U-21ポルトガル代表FWファビオ・シウバ(20)のレンタル先をアンデルレヒトからPSVに変更したことを発表した。 ベンフィカ、ポルトの下部組織で育ったファビオ・シウバは2019年7月にポルトのファーストチームに昇格。2020年9月にウォルバーハンプトンへと完全移籍すると、2シーズンで公式戦62試合に出場し4ゴール6アシストを記録。 昨夏にアンデルレヒトへ武者修行に出ると、今季はこれまで公式戦32試合に出場し11ゴール4アシストをマークし、UEFAカンファレンスリーグの決勝トーナメント進出に貢献していた。 アンデルレヒトでのファビオ・シウバの活躍に目を付けたPSVは、エールディビジで首位に立つフェイエノールトを3pt差で追っており、逆転でのタイトル獲得に向け急遽シウバの獲得を決定したようだ。 なお、ウルブスは同日にPSVへレンタル移籍中だったオランダ人DFキ=ヤナ・フーフェル(21)がクラブに復帰したことを発表している。 2023.01.26 00:30 Thu
twitterfacebook
thumb

「信じられない数字」アグエロ超えのハーランドをグアルディオラ監督も称賛、「彼は適応できないという…」と開幕前の評価を持ち出す

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、圧巻のパフォーマンスを見せたノルウェー代表FWアーリング・ハーランドについて語った。クラブ公式サイトが伝えた。 22日、シティはプレミアリーグ第21節でウォルバーハンプトンと対戦した。 EFLカップ(カラバオカップ)のサウサンプトン戦に敗れ、その後のマンチェスター・ユナイテッドとのダービーでも敗れて公式戦連敗だったシティ。延期されていたトッテナム戦ではしっかりと勝利した中で迎えた。 試合序盤こそなかなかゴールを奪えなかったが、40分にハーランドのゴールで先制。すると、後半は立ち上がりに畳み掛け、50分にハーランドがPKを決めて追加点を奪うと、54分にもハーランドが決めて3-0。そのまま勝利を収め、首位のアーセナルにプレッシャーをかけた。 シーズン4度目のハットトリックを記録したハーランド。19試合での達成はこれまでの元オランダ代表FWルート・ファン・ニステルローイ氏の65試合という記録を大幅に更新する偉業達成となった。 さらに、エティはど・スタジアムではすでに18ゴールを記録し、これは元アルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロが記録したシーズン最多の16ゴールを超え、新記録となった。 圧巻のパフォーマンスを見せ続けるハーランドについてグアルディオラ監督が称賛。ハーランドの姿勢とパフォーマンスを称えながら、もっと改善できるとした。 「信じられない数字だ。彼は、職業、仕事、情熱、愛のために24時間生きている」 「調子が良い時も悪い時も、彼はあまりストレスを感じていない。安定している。そして、打ち勝つことを意識している。本当に良い」 「彼はボックスの10m後ろでボールを奪う選手ではない、それは彼の能力ではない。彼は、周りの素晴らしい選手たちから可能な限り多くのボールを受けなければいけない」 「最初のゴールは彼がそこにいたからだ、ケビン(・デ・ブンライネ)からの配球は素晴らしかった。いつも私は信じている。我々はお互いを理解していることを」 「聞いてほしい。リバプールとの(コミュニティシールドでの)対戦で敗れた週、ウェストハム戦の10日前の議論は、彼がプレミアリーグに適応できないというものだった」 「彼がプレーして得点をした時、何点かはわからないが、彼はチームの解決策であり、全てであり、得点を決めない時はチームの問題になる。こういうものを見ると、すごい見方だなと思う」 「我々は彼のクオリティを知っている。お互いを理解している。彼は落ちてきてプレーする選手ではない。我々は偽9番でプレーさせない。彼に幾つかの動きを適応させる必要はある。それでも上手くやっている」 「何年かチャンピオンだったとき、勝ち点100を除いて、数字はとても似ている。だから、我々はその位置にいる。改善して、改善して、改善する。それが我々がやらなければいけないことだ」 <span class="paragraph-title">【動画】圧倒的なハーランド、今季4度目のハットトリックをチェック</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="JaM8dd7aQsY";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.23 10:35 Mon
twitterfacebook
thumb

完勝シティがアーセナルに暫定2pt差! ハーランドが今季4度目ハットで早くも昨季得点王超えの25ゴール《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第21節、マンチェスター・シティvsウォルバーハンプトンが22日にエティハド・スタジアムで行われ、ホームのシティが3-0で快勝した。 2位のシティはミッドウィーク開催のトッテナム戦を4-2の逆転勝利で飾りダービー敗戦を払しょく。この試合後に首位のアーセナルと3位のマンチェスター・ユナイテッドの直接対決を控える中、16位のウルブスを相手にライバルに重圧をかけるリーグ連勝を目指した。 グアルディオラ監督はトッテナム戦から先発2人を変更。アケとアルバレスに代えてラポルテとデ・ブライネを起用。なお、フォーデンはコンディションの問題でベンチ外となった。 今季途中までセビージャを率いたロペテギ監督が、指揮するチームをウルブスに変えて臨んだ今季3度目の同胞指揮官対決。試合はホームのシティが立ち上がりから80%を優に超えるボール支配率で押し込む展開に。 ファウルを辞さないウルブスのハードなコンタクト、主審のブレ気味なジャッジにフラストレーションを募らすシティだが、しっかりと主導権を握り続ける中で徐々にフィニッシュのシーンを増やしていく。 まずは19分、デ・ブライネからのスルーパスに抜け出したハーランドがボックス左から左足のシュートを放って最初の枠内シュートを放つと、以降は浮く場面が多い右サイドバックのリコ・ルイスのクロスや密集をこじ開けるデ・ブライネのパスでチャンスを窺う。そして、29分にはペナルティアーク左のグリーリッシュが鋭い右足のミドルシュートをゴール左隅へ飛ばすが、これもGKジョゼ・サのビッグセーブに遭う。 その後はウルブスもフィニッシュで完結こそできないものの、狙いとするカウンターを繰り出し始めて試合はやや膠着。だが、ホームチームは圧倒的な個の共演でゴールをこじ開ける。40分、中央のロドリからの浮き球のパスを右サイドのマフレズがうまく収めてボックス内に侵入。DF2人を引き付けてマイナスに落とすと、これに反応したデ・ブライネが完璧な右足ダイレクトクロスを供給。ゴール前にタイミング良く飛び込んだハーランドが打点の高いヘディングで合わせ、今季20試合目にして早くも昨季得点王のサラーとソン・フンミンに並ぶ23点目とした。 これで完全にノってきたホームチームは、ハーフタイムにかけて畳みかける攻めを見せる。そして、前半アディショナルタイムには鮮やかなカウンターからボックス左でギュンドアンからパスを受けたグリーリッシュが得意の角度から右足を振り抜くが、これはDFコリンズの見事なゴールカバーに遭い、2点リードでの試合折り返しには至らなかった。 相手に決定機はおろか1本のシュートも許さない圧倒した前半を1点リードで終えたシティは、リコ・ルイスを下げてアケをハーフタイム明けに投入。この交代でストーンズが右、アケが左のサイドバックに入った。対するウルブスはアダマ・トラオレ、ヒメネス、ファン・ヒチャンの3トップに代えてモウティーニョとクーニャ、新天地デビューのサラビアをピッチへ送り込んだ。 後半はウルブスがキックオフ直後に続けて2本のシュートを放ったが、先にゴールをこじ開けたのはやはりホームチーム。49分、ボックス内に抜け出したギュンドアンがネヴェスに倒されてPKを獲得。これをキッカーのハーランドがきっちり決め切って、昨季の得点王超えの24点目とする。 さらに、勢いが止まらないホームチームは54分、相手ビルドアップの際にGKジョゼ・サのミスパスをかっさらったマフレズからのプレゼントパスをボックス中央で受けたハーランドが難なく流し込み、今季4度目のハットトリックを達成した。 これで勝利を確信したグアルディオラ監督は、殊勲のハーランドをベンチに下げて61分にアルバレスを投入。ここから徐々にゲームコントロールを優先した戦い方にシフトすると、一矢報いたいウルブスの反撃を受け始める。だが、サラビアの決定機はDFアケのブロック、ポデンセのループシュートはGKエデルソンの冷静な対応で凌いでいく。 3点目を奪って以降はカウンターを軸にチャンスを作り出すホームチームは、マフレズやアルバレスが背後への抜け出しから4点目に迫るが、GKジョゼ・サの好守などに阻まれる。その後、試合終盤に入ると、デ・ブライネとロドリ、マフレズと要の選手を休ませ、ベルナルド・シウバとフィリップス、パーマーの投入で交代枠を使い切った。 そして、このまま3-0のスコアで試合をクローズすることに成功したシティがリーグ連勝を飾り、首位アーセナルとの暫定ポイント差を2ポイントに縮めてプレッシャーをかけることに成功。なお、シティは28日にFAカップ4回戦でアーセナルと、2月5日に行われる次節で再びトッテナムと対戦する。 2023.01.23 00:54 Mon
twitterfacebook
thumb

プレミア17位のウルブス、経験豊富なCBドーソンを獲得! 今冬4人目の新戦力

ウォルバーハンプトンは22日、ウェストハムからイングランド人DFクレイグ・ドーソン(32)の獲得を発表した。契約は2年半。背番号「15」をつける。移籍金額はイギリス『BBC』によると、330万ポンド(約5億3000万円)だという。 ロッチデールでデビューしてから、複数クラブを経て、2020年10月にウェストハム入りしたドーソン。プレミアリーグ通算246試合の実績を誇り、昨季もセンターバックの一角で公式戦50試合に出場した。 だが、今季はここまで公式戦13試合の出場で、プレミアリーグも8試合でプレーしたのみ。ウェストハム側は選手の移籍希望に同意するのを躊躇していたとのことだが、最終的にそれを認める形となったようだ。 一方、ウォルバーハンプトンのスポーツディレクターを務めるマット・ホブス氏によると、昨夏も獲得を狙ったが、ウェストハムが後釜を用意できずに破談。それでも、選手が望みを捨てず、移籍が叶ったという。 ウォルバーハンプトンにとってはFWマテウス・クーニャ、MFマリオ・レミナ、FWパブロ・サラビアに次ぐ今冬4人目の新戦力。プレミアリーグ19試合で17位と降格圏がちらつくなか、経験豊富な選手の獲得となった。 2023.01.22 19:24 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly