4失点で今季初黒星のローマ…モウリーニョ監督「4試合を0-1で負けるより、1試合を0-4で負ける方が良い」

2022.09.05 10:47 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ローマのジョゼ・モウリーニョ監督が今シーズン初黒星を喫した試合を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。

ローマは4日に敵地で行われたセリエA第5節でウディネーゼと対戦した。開幕3勝1分けと好スタートを切ったチームだが、この日は開始早々にミスから失点すると、反撃を試みるも同点ゴールを挙げられないままハーフタイムへ。後半もいくつかのチャンスを作りながら得点が遠い状況が続くと、逆に守備が崩れて3失点。FWタミー・エイブラハムの負傷交代もあり、最後まで勢いに乗れなかったチームは0-4で敗れた。

大敗で今季初黒星を喫した試合について、モウリーニョ監督は先制を許したことが痛恨だったと落胆。そのうえで、まだ1敗を喫しただけであり、ここから立ち直る必要性を強調している。
「タフな試合だった。相手が我々をタフな状況に追い込むのはわかっていたがね。このような試合では、基本的に早い段階でリードを許すわけにはいかない。相手はタイトでコンパクトな守備の仕方を心得ており、時間を使うのも巧みだ。クレバーで身体能力の高い選手たちがいるね。もし彼らにリードされたら、大変なことになる」

「我々もその後は良いスタートを切り、(パウロ・)ディバラに早い段階でチャンスがあった。最終的な結果がこうでも、私にとって彼はピッチ上で最高の選手だったよ。失点後の我々は、少しコントロールされてしまったと思う。彼らがボールを持つと、カウンターかゴールのどちらかに結びついた」

「タフなゲームになるという予感はあり、選手たちも理解していたとは思う。ビハインドを背負うのは、常に大変な状況だ。去年もそうだったが、あの時は20分しか本気でやれなかったという思いがあった」

「4試合を0-1で負けるより、1試合0-4で負ける方が良い。それは確かだ。この試合で勝ち点3を失ったが、もう3試合負ければ12ポイントも落とすことになるからね。我々にとってもファンにとってもこの結果は厳しいが、それが人生さ。明日はまたトレーニングがあり、木曜日にまた試合がある。だから、チームは前に進まないといけない」

関連ニュース
thumb

「ドログバと同じレベル」 モウリーニョ監督は絶好調オシムヘンを評価も「ダイブはやめるべき」

ローマのジョゼ・モウリーニョ監督が、ナポリのナイジェリア代表FWビクター・オシムヘンに忠告した。『フットボール・イタリア』が伝えている。 2020年夏にナポリへ加入して以来、負傷や新型コロナウイルス感染に悩まされながらもストライカーとして活躍してきたオシムヘン。3シーズン目を迎えた今季はセリエAの16試合で14ゴール4アシストの成績を収め、得点ランキングトップに立つ活躍を見せている。 29日に行われたセリエA第20節のローマ戦でも、圧巻の個人技から先制弾を決めてチームを勝利に導き、首位クラブのエースとして存在感を示した。 しかし、そんな絶好調のオシムヘンに対して、モウリーニョ監督は忠告があるようだ。直接対決が終わった後の記者会見で、指揮官はオシムヘンをかつての教え子であり、共に数多くの栄冠を手にした元コートジボワール代表FWのディディエ・ドログバ氏となぞらえて評価。一方で、将来的にプレミアリーグでプレーするなら、ダイブ癖を直す必要があると指摘した。 「ビクターはドログバと同じレベルにあると私は思っている。ただし、ディディエはああしたダイブはしなかった」 「これからビクターが変わるのであれば、何も問題はないさ。私が大金のあるクラブで指揮していたなら、彼の獲得に動くだろうね。ただ、もし彼がいつかイングランドに行く気であるなら、変わる必要があるだろう。なぜなら、イタリアの人々は彼のダイブに対して寛容な姿勢を見せているが、プレミアリーグでは容赦なく厳しい非難を浴びるだろう」 「私は彼に対して、『素晴らしいゴールを決めるのだから、ダイビングはやめなければならない』と言ったよ。今日も、彼のゴールは素晴らしかった。今シーズン初めに対峙したときも同じようなプレーを見せられたし、素晴らしい選手なのは間違いない。だが、ダイブはやめるべきだ」 2023.01.30 16:33 Mon
twitterfacebook
thumb

首位に善戦も新年初黒星…モウリーニョ監督は「十分勝利に値する試合だった」

ローマのジョゼ・モウリーニョ監督が、敗北を嘆いた。クラブ公式サイトが伝えている。 ローマは敵地で29日に行われたセリエA第20節で、ナポリと対戦した。年明けから無敗と好調を維持するチームは立ち上がりから強度の高い攻防を繰り広げると、徐々に首位相手に主導権を握ったが、17分にFWビクター・オシムヘンに圧巻の個人技を見せつけられ失点。後半も押し込む形を作ると75分にFWステファン・エル・シャーラウィのゴールで同点としたが、終盤に再びリードを許し1-2で敗れた。 デルビー・デル・ソーレに敗北して新年初黒星を喫したモウリーニョ監督は、試合後に内容に見合わない結果だったと強調。今日のようなパフォーマンスを引き続き示していきたいと意気込んだ。 「最初の1分から最高のパフォーマンスを見せられていた。オシムヘンにゴールを許して15分くらいは、失点のショックを受けていたように思う。だが、その後は常に主導権を握り、良いプレーができただろう。高い位置からプレスをかけ、ボールを奪い返し、よく守っていた」 「敗戦でも自信がつく試合はある。これは矛盾しているようだが、今回の試合後の感想はそれだ。我々がナポリにもっとも汗をかかせ、怖がらせたチームなのは間違いないだろう。いつもここは素晴らしい雰囲気のスタジアムだが、今日はまるで人がいないかのようだった」 「結果は明らかにネガティブだが、今日は前よりも自信を持ってここを去れる。そしてそれ以上に、交代で入った3人が昨シーズンはプリマヴェーラのピッチでプレーしていた若者だったこと、今日ここに来て彼らのしっかりとしたプレーを見られたことは、非常に嬉しく誇りだ」 「フットボールは時に不公平であり、勝つべきチームが負けることもある。今日の試合は十分勝利に値するものだっただろう。だから、結果にはがっかりだが、選手にはこう言ったんだ。『負けたときに笑ってはいられないだろう。悲しんでくれ。だが、今夜のような精神が必要なのだ。水曜日のクレモネーゼ戦では、オリンピコでみんなに会える』とね」 2023.01.30 12:29 Mon
twitterfacebook
thumb

ナポリがローマ下して首位キープ、指揮官「引き分けに甘んじないことが重要だった」

ナポリのルチアーノ・スパレッティ監督が勝利を喜んだ。イタリア『スカイ』が伝えている。 29日に行われたセリエA第20節でローマをホームに迎えたナポリ。立ち上がりから強度の高い攻防を続いた中、17分にナイジェリア代表FWビクター・オシムヘンが強烈な右足のボレーシュートを叩き込んで先制に成功する。しかし、試合を折り返してからは相手のチャンスが増え、75分には相手FWステファン・エル・シャーラウィのゴールを許して失点。一瞬の隙を突かれて追いつかれたが、86分にアルゼンチン代表FWジョバンニ・シメオネが見事な反転シュートを決めて勝ち越しに成功し、2-1で勝利を収めた。 今季2度目のデルビー・デル・ソーレで白星を挙げ、2位以下に13ポイント差を付けた首位ナポリ。スパレッティ監督は試合後、この勝利の重要性を強調した。 「用具係からベンチの最後の一人までが勝利への意志を示せば、こういった試合でも勝てる」 「今日は決して引き分けに甘んじないことが重要だった。チームは激しい戦いを繰り広げた」 また、見事なタッチから先制ゴールとなるボレーシュートを決めたオシムヘンを称賛。様々な局面において能力を発揮できるその万能性を高く評価した。 「オシムヘンのゴールには彼のクオリティ、テクニック、パーソナリティのすべてが詰まっている。彼は2人の相手DFのタイミングを外し、ゴールを決め切った」 「彼はカウンターで持ち味を出したり、相手にチェイスしたりと、試合における選手の枠をすべてを埋めてしまうような選手だ」 2023.01.30 11:53 Mon
twitterfacebook
thumb

レーティング:ナポリ 2-1 ローマ《セリエA》

セリエA第20節、ナポリvsローマが28日にディエゴ・アルマンド・マラドーナで行われ、ホームのナポリが2-1で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ナポリ採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/get20230130_0_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 メレト 6.0 失点は致し方なし。前後半に2度のファインセーブを見せたが、飛び出しの判断でキム・ミンジェと2度ほど危うい連係ミスがあった DF 22 ディ・ロレンツォ 6.0 攻撃時は決勝点の起点となるなど、絶妙な立ち位置や判断が光った。守備でも堅実な対応を見せていた 13 ラフマニ 6.5 イバニェスの決定機を見事なブロックで阻止。攻守両面で安定したパフォーマンスだった 3 キム・ミンジェ 6.5 マイボール時の判断ミスやメレトとの連携に難も見受けられたが、それを補って余りあるソリッドな守備でローマに立ちはだかった。攻撃時のカウンターで驚異の攻め上がりも 6 マリオ・ルイ 6.0 絶妙な立ち位置と判断で先制点の起点に。古巣相手に球際ではやや苦戦したが、攻守に質の高いプレーぶり (→オリベラ 5.5) 投入後に自サイドから失点した点は悔やまれるが、個人としては及第点の出来 MF 99 ザンボ・アンギサ 6.0 全体的に地味な役回りが多かったが、周囲とのバランスを意識しながら攻守両面で適切なプレーを選択していた 68 ロボツカ 6.5 攻守両面で機動力と戦術眼を生かしたプレーをみせ、相手中盤に対して優位性をもたらす。重要な局面での気の利いたプレーも光った 20 ジエリンスキ 7.0 決勝点をアシスト。ロボツカと共に相手のプレスをいなす巧みなプレーで攻撃のリズムを作り出し、守備の強度も非常に高かった (→エンドンベレ -) FW 11 ロサーノ 6.0 失点場面での対応は悔やまれる。攻撃面では快足を生かした見事な突破から幾度も決定機を演出したが、3対2の絶好のカウンターの場面は決め切りたかった (→ラスパドーリ 5.5) 決定的な仕事はなかったが、攻守にアグレッシブなプレーを見せて周囲を助けた 9 オシムヘン 6.5 セリエ4試合連発でキャリアハイのリーグ戦14ゴールに早くも到達。スモーリングの徹底マークに苦慮も、ゴールシーンは圧巻の一言 (→シメオネ 7.0) 価千金の決勝点を記録。終盤の身体を張ったキープで逃げ切りにも貢献 77 クワラツヘリア 6.5 今季リーグ最多の8アシスト目を記録。後半序盤の決定機逸など、復帰戦ということもありベストパフォーマンスではなかったが、やはり相手の脅威に (→エルマス 5.5) 求められた仕事をきっちりこなした 監督 スパレッティ 6.5 一瞬の隙を突かれて追いつかれたものの、的確な交代策で古巣相手に会心の勝利を挙げた ▽ローマ採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/get20230130_0_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 ルイ・パトリシオ 5.5 2失点を喫したが、前後半に2度のビッグセーブ。とりわけ、ロサーノの決定機阻止はその後の同点に繋がる流れを作るものだった DF 23 マンチーニ 5.5 後半序盤のクワラツヘリアの決定機阻止など守備ではよく粘った。マイボール時は中盤から前の問題もあるが、配球面でもう少し存在感を示したい 6 スモーリング 5.5 2失点目の対応は悔やまれるが、絶好調のオシムヘンを相手に再三の良い潰しで苦しめた 3 イバニェス 5.5 ロサーノの対応に苦慮。1失点目はもっとうまい対応もできたが、相手を褒めるべき。後半決定機に絡んだ一方、マンチーニ同様に繋ぎの局面で課題が出た MF 59 ザレフスキ 5.5 チェリクの累積警告による欠場を受けて不慣れな右サイドでプレー。失点場面で警戒すべきクワラツヘリアを離すなど、守備では後手の対応が目立った。後半は攻撃で精度の問題を抱えていた中、同点ゴールのシーンでは見事なクロスを供給 4 クリスタンテ 5.0 対人守備の強度は高かったが、失点場面ではいずれも判断の悪さが出た。マイボール時もボールの引き出し方や前を向けないプレーが相手中盤との差に (→ヴォルパート -) 8 マティッチ 5.5 前半はチームと共に苦戦を強いられたが、後半は攻守両面で要所を収めるさすがのプレーで盛り返した (→タヒロビッチ 5.0) 失点場面は難しい判断だったが、ディ・ロレンツォよりもジエリンスキをケアしたかった 37 スピナッツォーラ 5.5 抑えの利いた右足ボレーで前半最大の決定機に絡んだ。負傷の影響もあって久々のリーグスタメンとなった中、長期離脱前の躍動感には程遠いが、徐々に状態を上げている (→エル・シャーラウィ 6.5) 得意とするナポリ相手に貴重な同点ゴールを記録。攻撃面でダイナミズムを生んだ FW 21 ディバラ 5.0 絶好調で試合に臨んだが、試合を通して消える時間帯が長かった。チャンスシーンでも焦りがあったか、プレー精度がいまひとつ 9 エイブラハム 5.0 前回対戦同様に相手のセンターバック陣に苦戦。後半半ばにハムストリングを痛めて無念の負傷交代に (→ベロッティ 5.0) 本来であればシメオネのような活躍が期待されたが、ローマでの不完全燃焼の日々が続く 7 ペッレグリーニ 5.0 前半はコンディションの問題もあって重さが目立った。後半はだいぶ盛り返したが、カピターノとしては物足りないパフォーマンスに (→ボーヴェ 5.5) アグレッシブなプレーだったが、課題はアタッキングサードでの精度 監督 モウリーニョ 5.5 勝ち点1を持ち帰れそうな内容ではあったが、やはり交代選手の質を含めて力負けとなった ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! シメオネ(ナポリ) 試合を通した活躍ではジエリンスキ、ロボツカ、両センターバックが印象的だったが、やはり土壇場の決定機で完璧なフィニッシュを見せた頼れるジョーカーをMOTMに選出。この貴重なゴールによってセリエA70ゴールに到達し、父親ディエゴ(30ゴール)と併せた通算ゴール数が100の大台に。 ナポリ 2-1 ローマ 【ナポリ】 オシムヘン(前17) シメオネ(後41) 【ローマ】 エル・シャーラウィ(後30) 2023.01.30 07:00 Mon
twitterfacebook
thumb

首位ナポリが今季2度目のデルビー・デル・ソーレに競り勝って独走態勢継続! 途中投入シメオネが値千金の勝ち越し弾《セリエA》

セリエA第20節、ナポリvsローマが28日にディエゴ・アルマンド・マラドーナで行われ、ホームのナポリが2-1で勝利した。 コッパ・イタリアでは格下クレモネーゼに敗れる失態を演じたものの、セリエAでは16勝2分け1敗の見事な戦績を残し、2位以下に12ポイント差を付けて前半戦を終えた首位のナポリ。悲願のスクデットへ順調な歩みを見せるパルテノペイは、後半戦初戦で曲者ローマをホームで迎え撃った。リーグ3連勝中のチームは前節のサレルニターナ戦から先発1人を変更。エルマスに代えて負傷明けのクワラツヘリアを起用した。 一方、失速傾向で中断期間を迎えたローマは、年明け以降3勝1分けと安定して勝ち点を重ねトップ4圏内と勝ち点差なしの5位に浮上。後半戦も熾烈なトップ4争いが予想される中、絶好調の首位チーム相手に勝ち点奪取を狙った。2-0で勝利したスペツィア戦からは先発2人を変更。サスペンションのチェリクに代えてスピナッツォーラ、エル・シャーラウィに代えて負傷明けのペッレグリーニを起用した。なお、去就問題に揺れるザニオーロは引き続き招集外となった。 首位と5位による今季2度目のデルビー・デル・ソーレは、立ち上がりから両チームが強度の高い攻防を繰り広げる。中盤での潰し合いが目立つ中、5分には左サイドでボールを受けたクワラツヘリアが鋭いカットインからの右足のミドルシュートでGKルイ・パトリシオに好守を強いる。 一方、時間の経過と共に守備からリズムを作り始めるローマは12分、スピナッツォーラからの浮き球のクロスをエイブラハムがゴール前で競ると、GKメレトとDFキム・ミンジェのコミュニケーションミスから韓国代表DFのあわやオウンゴールというシーンを誘発するが、これはわずかに枠の左へ外れる。 デルビーらしい見応えのあるバトルが続く中、パルテノペイが誇るホットラインが開通。この試合2度目のチャンスを先制点に結びつける。17分、左サイドでの繋ぎから左のハーフスペースに侵入したマリオ・ルイがDFを引き付けてから外側でフリーのクワラツヘリアに繋ぐ。そのままドリブルでボックス内に持ち込んだジョージア代表FWが柔らかなクロスを上げると、ファーで胸トラップしたオシムヘンが腿を使ったボールコントロールから強烈な右足のボレーシュートを叩き込み、決勝点を挙げた前回対戦に続くファインゴールとした。 オシムヘンのリーグ戦4試合連続ゴールによって早くもスコアが動いたデルビーは、先制して余裕が出てきたホームチームがうまくゲームをコントロールしていく。球際での勝負はほぼ互角も、プレスの連動性とビルドアップの質で相手を凌駕。カウンター以外の局面でローマに自由を与えない。 前半終盤にかけてはよりオープンな展開になると、ローマもフィニッシュのシーンを増やしていく。37分にはマティッチの果敢な運びを起点にペッレグリーニのミドルシュート、前半アディショナルタイムには高い位置でのインターセプトから右サイドを崩し、ペッレグリーニのマイナスの折り返しからファーでフリーのスピナッツォーラに決定機が訪れるが、うまくヒザをかぶせて放った右足のシュートはGKメレトのビッグセーブに阻まれた。 ナポリの1点リードで迎えた後半、ビハインドを追うローマはスピナッツォーラを下げてエル・シャーラウィを同じ左のウイングバックに投入した。 後半の入りはローマが勢いを持って押し込む形となったが、先に決定機を作ったのは前半同様にホームチーム。55分、カウンターから右サイドのスペースに飛び出したロサーノがスライディングでのカバーを試みたDFスモーリングと入れ替わってボックス内に侵入。ボックス中央のクワラツヘリアに正確な折り返しを通すが、クワラツヘリアのファーストタッチが大きくなってしまい、DFマンチーニの好カバーに遭う。 何とか2失点目を凌いだローマはここから前に出ていくと、得意のセットプレーから続けて決定機を創出。62分、右CKの場面でペッレグリーニが右足アウトスウィングのボールを入れると、ニアに飛び込んだクリスタンテが頭でフリック。これが枠に向かうが、GKメレトの好守に遭う。さらに、こぼれ球を繋いで再びペッレグリーニが右サイドからクロスを上げると、ファーでスモーリングが丁寧に落としたボールをボックス中央のイバニェスがすかさず右足でシュート。だが、今度は相手DFの見事なシュートブロックに阻まれた。 守備陣の好守でリードを維持したホームチームは直後にビッグチャンス。相手セットプレーを撥ね返してのロングカウンターから3対2の数的優位を作り出すと、サイドの味方をオトリに中央突破を仕掛けたロサーノが右足を振るが、これはGKルイ・パトリシオのファインセーブに阻まれる。 前半終盤と同様にやや行ったり来たりの場面が増え始めると、先手を打ったスパレッティ監督はマリオ・ルイとクワラツヘリアを下げてオリベラ、エルマスとより守備面の強度が期待できるタレントを投入した。 一方のローマはロングスプリントの際に右のハムストリングを痛めたエイブラハムが自ら交代を要求し、ベロッティをスクランブル投入するアクシデントに見舞われるが、年明け好調のモウリーニョのチームは底力を見せる。75分、マンチーニの意表を突く攻撃参加からクロスのこぼれ球を回収したザレフスキがボックス手前右でクロスを上げると、ファーサイドのエル・シャーラウィがマークに付いていたロサーノの死角から一瞬前に出て巧みな右足ハーフボレーをニアに流し込んだ。 一瞬の隙を突かれて追いつかれたナポリは失点直後にオシムヘンとロサーノを下げてシメオネとラスパドーリを投入し、ここから攻撃のギアを上げていく。対して守勢に回り始めたローマは、疲労が見えるペッレグリーニとマティッチを下げてボーヴェ、タヒロビッチと生え抜きの若手をピッチに送り込んだ。 以降はナポリ優勢の時間帯が続くと、好調の首位チームが押し切る。86分、相手を押し込んだ流れからディ・ロレンツォ、ジエリンスキと中央で繋いで一瞬浮いたシメオネの足元にボールが入る。ここでシメオネが見事な左足の反転シュートをゴール右隅へ突き刺した。 エースに代えて投入したシメオネの価千金のゴールによって土壇場で勝ち越したナポリは、ここから完全に逃げ切り態勢に入る。そして、パワープレーに移った最終盤のローマの猛攻を冷静に凌ぎ切って2-1の勝利。 今季2度目のデルビー・デル・ソーレも競り勝った首位チームがリーグ4連勝を達成。後半戦初戦を白星で飾ると共に、2位以下に13ポイント差を付けて独走態勢を継続している。 2023.01.30 06:56 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly