「#パパ」「休日は家族と」シュミット・ダニエルが2人の愛娘とテーマパークでリフレッシュ!

2022.08.25 21:45 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©STVV
シント=トロイデンの日本代表GKシュミット・ダニエルがパパの一面を見せた。シュミットは2019年夏にベガルタ仙台からシント=トロイデンへと完全移籍。次第に出場機会を増やし守護神の座を掴むと、今シーズンもここまでジュピラー・プロー・リーグ全5試合でゴールマウスを守っている。

そのシュミットはレギュラーシーズンの合間を縫って家族との時間も設けたようだ。24日に自身のSNSを更新すると、「休日は家族と」と綴り、愛娘2人と一緒にテーマパークを満喫する姿を投稿した。
黒いキャップにサングラスをかけ、大きめのネックレスも身に着けたシュミットは大きな腕でパークのマップを広げ、2人の娘は次に行く場所を決めているのか、真剣にマップを見つめている。

パパ仕様のシュミットはハッシュタグで「#娘 #パパ #family #休日の過ごし方」とも記したが、チームメイトの元日本代表FW岡崎慎司も絵文字で反応。また、今夏にシント=トロイデンからジュビロ磐田に移籍したDF松原后も「みんなが恋しいよ」とコメントすると、シュミットも「この子たちも寂しがってる」と返しており、ベルギー時代の関係性をうかがわせていた。

シュミットは2015年10月に入籍を発表。2016年6月と2019年1月に娘が誕生していた。

1 2

関連ニュース
thumb

香川真司が13年ぶりにJリーグ復帰へ? シント=トロイデンを1年で退団と地元紙が報道

シント=トロイデンに所属する元日本代表MF香川真司(33)がJリーグへ復帰する可能性があるようだ。ベルギー『Het Belang van Limburg』が伝えた。 セレッソ大阪でプレーした香川は、2010年7月にドルトムントへと完全移籍。その後、マンチェスター・ユナイテッドやベシクタシュ、レアル・サラゴサ、PAOKテッサロニキでプレー。2022年1月にシント=トロイデンに加入した。 ドルトムント時代はブンデスリーガ優勝、ユナイテッド時代もプレミアリーグ優勝と栄光を味わった一方で、近年はパフォーマンスを上げることができず、ケガなどの影響もあり厳しい戦いが続いていた。 昨年11月には慢性的な痛みを抱えていた足の手術を実施。トレーニングには復帰している状況だが、今シーズンも厳しいシーズンとなっている。 その香川だが、Jリーグへの復帰の可能性があるとのこと。今週末も背中の痛みがあり、OHルーヴェン戦は欠場するという。 そんな中、地元メディアの『Het Belang van Limburg』がJリーグ復帰を報道。クラブ名こそ明かされていないが、近日中にも発表されるとのこと。シント=トロイデンは移籍金を手にすることになるようだ。 入団から1年での退団に。決定となれば、C大阪を退団してから13年ぶりの日本復帰となるが、果たしてどのクラブに戻ることになるのだろうか。 なお、シント=トロイデンでは公式戦18試合に出場し2ゴール1アシストを記録していた。 <span class="paragraph-title">【動画】香川真司がCKから直接ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="nl" dir="ltr"> <a href="https://t.co/pt35a5mvhH">pic.twitter.com/pt35a5mvhH</a></p>&mdash; Eleven Sports (NL) (@ElevenSportsBEn) <a href="https://twitter.com/ElevenSportsBEn/status/1581404801115443200?ref_src=twsrc%5Etfw">October 15, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.28 20:10 Sat
twitterfacebook
thumb

FW原大智がシント=トロイデンへレンタル移籍、アラベスとは2年の契約延長…今季はスペイン2部で15試合1ゴール

アラベスは23日、FW原大智(23)がシント=トロイデンにレンタル移籍することを発表した。 なお、レンタル期間は今シーズン終了まで。また、アラベスは今夏で満了となる原との契約を2シーズン延長するオプションを行使することも発表している。 原はFC東京の下部組織で育ち2018年2月にトップチーム昇格。2021年2月にクロアチアのイストラへと完全移籍した。 初の海外挑戦となった中、半年で結果を残すと、オーナーが同じアラベスに2021年7月に完全移籍。2021-22シーズンはシント=トロイデンへとレンタル移籍していた。 シント=トロイデンでは、ジュピラー・プロ・リーグで28試合に出場し8ゴール3アシスト。鹿島アントラーズへと移籍したFW鈴木優磨の穴を埋める活躍を見せていた。 レンタル期間が終了しアラベスに戻った原は、昨年夏の時点でも移籍の噂があがったが残留。今シーズンはセグンダ・ディビシオン(スペイン2部)で15試合に出場し1ゴール、コパ・デル・レイで1試合に出場し1ゴールを記録していた。 予てから噂のあったシント=トロイデンへ2年連続で移籍する原。今シーズンはGKシュミット・ダニエル、DF橋岡大樹、MF香川真司、FW林大地、FW岡崎慎司が所属しており、6人目の日本人選手となる。 2023.01.23 19:15 Mon
twitterfacebook
thumb

「100%間違っている!」「明らかにPKだ」林大地が後ろから倒されたシーンの判定に疑問の声も「身体強すぎてPK取られなかった説」

シント=トロイデンのFW林大地のプレーを巡って議論が行われている。 21日に行われたジュピラー・プロ・リーグ第21節で敵地でのクラブ・ブルージュ戦に臨んだシント=トロイデン。ケガの香川真司はメンバー外だったものの、林に加え、シュミット・ダニエル、橋岡大樹、岡崎慎司の日本人選手4人が先発で出場した。 しかし、リーグ上位のクラブ・ブルージュに主導権を握られると、林に1つ決定機が訪れたものの決めきれず、26分に失点。先制を許した。 早めに同点に追いつきたいシント=トロイデンは、36分に左サイドを突破した流れからノックス内の林にボールが渡ると、対峙したDFデニス・オドイと上手く入れ替わり、前を向いた。林はその直後にオドイに倒されPK獲得かと思いきやファウルはなく、VARが介入することもなくチャンスを失ってしまった。 微妙な判定だったが、ベルギー『GVA』も「PKを与えるべきだったか?」とこのプレーに注目。『Eleven Sports』の現地ツイッターもこのプレーをピックアップすると、「100%間違っている!」、「明らかにPKだ」といった声のほか「林大地の身体が強すぎてファールに見えなかったのかも」、「強すぎてPK取られなかった説」といった声も集まっている。 林にゴールは生まれなかったが、シント=トロイデンは77分に橋岡のクロスから相手GKのミスもあり同点弾。1-1の引き分けで試合を終えている。 <span class="paragraph-title">【動画】林大地の体の強さが光る!ファウルすらなかった疑惑のシーン</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="nl" dir="ltr"> | Was dit een penaltyfout van Denis Odoi? <a href="https://twitter.com/hashtag/STVCLU?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#STVCLU</a> <a href="https://t.co/jEhUT1Mh7j">pic.twitter.com/jEhUT1Mh7j</a></p>&mdash; Eleven Sports (NL) (@ElevenSportsBEn) <a href="https://twitter.com/ElevenSportsBEn/status/1616176313819086854?ref_src=twsrc%5Etfw">January 19, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.20 18:45 Fri
twitterfacebook
thumb

ベルギー代表GKが痛恨の失態…橋岡大樹のクロスがミス誘発、シント=トロイデンを救う!

シント=トロイデンのDF橋岡大樹が同点ゴールを導いた。 シント=トロイデンは21日、ジュピラー・プロ・リーグ第21節でクラブ・ブルージュとアウェイで対戦した。シュミット・ダニエル、橋岡大樹、林大地、岡崎慎司は先発し、フル出場。香川真司はメンバー外となっている。 裏を抜けた林に決定機が訪れるなどしたシント=トロイデンだが、26分にオウンゴールで先制点を献上。後半も岡崎が一対一をGKに防がれ、ビハインドで終盤に差し掛かった77分、橋岡が同点ゴールを演出した。 左サイドの敵陣中央でボールを保持したシント=トロイデンは、中央を経由して逆サイドへ展開。受けた橋岡が縦への突破からクロスを入れると、飛び出したGKシモン・ミニョレがファンブルし、こぼれ球をジャンニ・ブルーノが蹴り込んだ。 橋岡の仕掛けが同点ゴールにつながったシント=トロイデンは、このまま1-1でタイムアップを迎えて勝ち点「1」を積み上げ、プレーオフ2圏内の7位につけている。 <span class="paragraph-title">【動画】橋岡が縦突破から同点弾を演出</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="jeSevGYxORs";var video_start = 388;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.20 14:25 Fri
twitterfacebook
thumb

シント=トロイデンがボルシアMGから若手MFライツを再レンタル

ベルギーのシント=トロイデンVVは17日、ボルシアMGからドイツ人MFロッコ・ライツ(20)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ボルシアMGの下部組織出身のライツはセントラルMFを主戦場に中盤から前の複数ポジションをカバーするマルチロール。 アンダーカテゴリーで着実に結果を残してきた生え抜きMFは、2020年10月24日に行われたブンデスリーガのマインツ戦で18歳と148日でのトップチームデビューを飾った。 しかし、以降はトップチーム定着には至らず。今シーズンここまではブンデスリーガ、DFBポカールに1試合ずつ途中出場したのみだった。 なお、ライツは昨シーズンに1年間シント=トロイデンでプレーしており、リーグ戦23試合2ゴール1アシストの数字を残していた。そのため、2度目のレンタルでは即戦力としての活躍が期待されるところだ。 2023.01.18 06:30 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly