ナポリ、サッスオーロのイタリア代表FWラスパドーリを買取義務付きレンタルで獲得

2022.08.21 06:30 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ナポリは20日、サッスオーロのイタリア代表FWジャコモ・ラスパドーリ(22)を買い取り義務付きレンタルで獲得したことを発表した。ナポリの会長を務めるアウレリオ・デ・ラウレンティス会長が自身のツイッターで明かしている。

レンタル料は500万ユーロ(約6億9000万円)、移籍金は2500万ユーロ(約34億4000万円)、アドオン500万ユーロとなっているとのことだ。

ラスパドーリはサッスオーロの下部組織出身。ファーストチーム昇格後は着実に序列を高め、2021-22シーズンはセリエA36試合10得点6アシストを記録。才能溢れる若きタレントが多いチームの中でも際立った存在感を見せつけていた。
ラスパドーリは21日に行われるセリエA第2節モンツァ戦で早速デビューする可能性があるとのことだ。


関連ニュース
thumb

「ローマは僕の全て…」“生粋のロマニスタ” フラッテージ、古巣復帰断念の今夏を回想

サッスオーロのイタリア代表MFダビデ・フラッテージが、今夏にローマ復帰が叶わなかった経緯を明かしている。 生まれも育ちもローマで、自身もASローマの下部組織出身という生粋のロマニスタ、フラッテージ。憧れの選手はダニエレ・デ・ロッシと明言し、幼い頃から愛してやまないというクラブへの愛着を、再三にわたって口にしてきた。 昨季にサッスオーロで大ブレイクし、今夏はローマからの関心が大きな話題に。だが、一時は移籍で合意に達したとの観測が広がるも、結局は残留。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のインタビューで、古巣復帰が叶わなかった今夏を振り返った。 「ローマは僕の全て… (ローマ復帰を)確信していたんだ。でも、なかなか事が進まず、トレーニングにさえ集中できていない僕を何度か監督が外したんだ。当然のことだよね」 「サッスオーロの立場を理解している。スカマッカとラスパドーリを売って大きな利益を得たから、もう僕を売る必要はなかった。ローマの方も、夏の間ずっと待ってくれるわけではなかった」 「代理人は僕の気持ちを汲み取ってくれた。ローマとの話し合いで、僕がお金ではなく、ただただローマのためにプレーしたいと思っていることを伝えてくれたよ」 今夏のいきさつを詳細に説明し、率直な胸の内も明かしたフラッテージ。一方、来年1月の移籍市場で何らかの動きがあるかと問われると、こちらについてはキッパリと否定している。 「そうは思わない。サッスオーロが僕を必要としてくれている。次の夏はまだまだ先だ。サッスオーロで幸せだし、ここでは多くの人が良くしてくれる。クラブとファンに最大限の敬意を払っているよ」 2022.11.20 21:33 Sun
twitterfacebook
thumb

「チームの努力が1人の選手によって裏切られた」モウリーニョ監督がある選手を猛批判、ローマは2戦未勝利

ローマのジョゼ・モウリーニョ監督が、ドローとなった試合後に特定の選手を批判した。クラブ公式サイトが伝えている。 前節ラツィオとのローマ・ダービーで痛恨の黒星を喫したローマは、9日に行われたセリエA第14節でサッスオーロと対戦した。 数人の選手を入れ替えて臨んだ一戦、前半は攻撃が思うように機能せず、最後の決め手を欠いたままハーフタイムへ。後半は苦しい時間帯を乗り越え、80分にFWタミー・エイブラハムがヘディングシュートを決めてようやく先制点を挙げたが、5分後に追いつかれるとその後スコアは動かず1-1のドローに終わった。 セリエAで2試合未勝利となったモウリーニョ監督は、試合後にダービー後の厳しい試合を戦ったチームを称えた。 「良いパフォーマンスだった。もちろん、限界はあったが自分たちにできることはやったと思う。ダービー敗戦後の2日間、周囲の雰囲気はかなり重く、選手たちも元気がなかった。それでも今日は前向きな姿勢を見せ、真剣で、集中していたと思う。選手たちは勝利を目指し、自分たちの限界を乗り越えようとしていた」 そんな中、とある選手を猛烈に批判。チームへ対する裏切り行為だと、怒りを露わに。指揮官は選手名を明かさなかったが、イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』によると該当の選手はDFリック・カルスドルプだと報じられている。 「チームの努力が1人の選手のプロ意識に欠ける態度によって裏切られたことに、私は失望している。ラツィオ戦での(ロジェール・)イバネスのミスについて、私はこうしたコメントをしなかった。それは、ミスもゲームの一部だからだ。選手もそれはわかっている」 「しかし、プロフェッショナルではない態度、チームメイトと比較して間違っていると感じた態度は私を悩ませる。とはいえ、勝ち点1、アウェーでの勝ち点1なのだから、ネガティブではない結果だ。チームの姿勢には、おおむね満足している」 「今夜は16人の選手を起用し、そのうち15人の態度には満足だ。態度が気に食わなかった選手には、すでにそれを伝えている。そしてもう1人には、なぜ毎試合今夜のような態度を見せないのか質問したところだ。それ以外の選手たちには満足している」 2022.11.10 12:59 Thu
twitterfacebook
thumb

エイブラハム弾で先制も逃げ切り失敗のローマが2戦未勝利…《セリエA》

セリエA第14節、サッスオーロvsローマが9日にマペイ・スタジアムで行われ、1-1のドローに終わった。 前節、ラツィオとのデルビー・デッラ・カピターレに0-1と惜敗し、6位に後退したローマ。デルビー敗戦の屈辱を払しょくしたいモウリーニョのチームは、13位のサッスオーロとのアウェイゲームに臨んだ。 そのラツィオ戦からは先発4人を変更。負傷でメンバー外のペッレグリーニに加え、エイブラハム、カルスドルプ、マディ・カマラがベンチスタートとなり、チェリクとマティッチ、今季初先発のショムロドフ、ヴォルパートが起用された。 互いに後方からの組み立てに苦戦し、守備からのカウンターでチャンスを窺う立ち上がりに。ザニオーロを起点に縦へ速い攻撃を狙うローマだが、全体の押し上げの遅さや連携不足もあってフィニッシュまで持ち込めない停滞した状況が続く。 逆に、幾度か不用意なロストからピンチを招くと、17分には古巣対戦のフラッテージに強烈なミドルシュートを枠に飛ばされる。だが、ここはGKルイ・パトリシオの見事なワンハンドセーブで事なきを得る。 時間の経過と共にマティッチを配球役に、前線の選手がアクションの量を増やして攻撃に変化を付け始めるアウェイチーム。32分には鋭いカウンターからボックス右でザニオーロのラストパスを受けたショムロドフにビッグチャンスが訪れるが、スムーズさを欠いた右足のシュートはGKコンシーリがうまく残した右足にはじき出され、ファーストチャンスをモノにできない。 30分を過ぎた辺りから共にギアが上がって球際の攻防が激しくなると、行ったり来たりのオープンな展開からフィニッシュの数が増えていく。シュート数ではホームチームが上回るが、ローマもフィードに反応したショムロドフが不用意にエリア外へ飛び出したGKコンシーリをかわしたシュート。チェリクの右クロスをファーでフリーのザレフスキがダイレクトで合わすなど、際どいシーンを作り出した。 共に最後の決め手を欠き試合はゴールレスで後半に突入。交代なしで臨んだ後半も拮抗した展開が続く。 前半終盤とは異なり後半は攻撃の形を作り出せないローマは65分に3枚替えを敢行。チェリクとザレフスキの両ウイングバックをカルスドルプ、エル・シャーラウィに入れ替え、ショムロドフに代えてエイブラハムを投入。さらに、ヴォルパートを下げてボーヴェをピッチへ送り込む。 だが、この交代も即時流れを引き寄せる一手とはならず。逆に、76分には相手の高速カウンターを受けて絶体絶命のピンチ。左サイドからカットインしたローリエンにボックス右でフリーのハメド・トラオレにラストパスを送られる。だが、ここはGKルイ・パトリシオが見事な寄せでシュートコースを消してチームを救うビッグセーブ。 すると、ピンチの後にチャンスあり。直後の80分には攻撃参加したマンチーニが右サイド深くで正確なクロスを上げると、これをゴール前で競り勝ったエイブラハムが強烈なヘディングシュートで右隅に突き刺した。 苦しみながらもようやく先制点を奪ったローマだったが、相手の反撃を受けるとリードを守り切れない。85分、ディフェンスラインを揃えられずに左サイドのローリエンに背後への抜け出しを許すと、正確なグラウンダーの折り返しをニアに飛び込んだピナモンティにダイレクトで蹴り込まれた。 これで再びゴールが必要となったアウェイチームは、ギアを上げて攻撃に出るが、同点ゴールで勢いづくサッスオーロ相手に苦戦。後半アディショナルタイムにはパワープレーで勝ち越しゴールを目指したものの、最後まで相手のゴールをこじ開けられず。 この結果、敵地で1-1のドローに終わったローマは2戦未勝利と上位争いにおいて厳しい勝ち点逸となった。 2022.11.10 04:28 Thu
twitterfacebook
thumb

オシムヘンがトリプレッタ、クワラツヘリアが1G2Aのナポリが快勝で公式戦連勝を13に伸ばす《セリエA》

ナポリは29日、セリエA第12節でサッスオーロをホームに迎え、4-0で快勝した。 前節はローマの堅守に苦戦しながらもオシムヘンの豪快弾でウノゼロ勝利とした首位ナポリ(勝ち点29)は、3日前に行われたチャンピオンズリーグでは主力を温存した中、レンジャーズに快勝とし公式戦連勝を12に伸ばした。そのナポリはレンジャーズ戦で出場機会のなかったオシムヘンやクワラツヘリアがスタメンに戻った。 9位サッスオーロ(勝ち点15)に対し、ナポリが開始4分に先制する。右サイドからディ・ロレンツォが上げたクロスをクワラツヘリアがヘッドで逸らし、ファーサイドのオシムヘンが拾って蹴り込んだ。 あっさり先制したナポリは7分、マリオ・ルイのミドルシュートがバーに直撃すると、19分にリードを広げる。ボックス右で縦に仕掛けたクワラツヘリアがクロスを入れると、これをオシムヘンが合わせて追加点とした。 止まらないナポリは36分、マリオ・ルイの浮き球パスをボックス左で受けたクワラツヘリアがシュートを決めきって3-0として前半を終えた。 3点をリードして迎えた後半、サッスオーロの反撃を許さずに試合を進めたナポリは、71分にクワラツヘリアをお役御免とした中、77分に4点目。 相手のミスパスを拾ったオシムヘンがGKとの一対一を決めてトリプレッタとした。このまま4-0でナポリが快勝。オシムヘンとクワラツヘリアの活躍で公式戦連勝を13に伸ばした。 2022.10.30 00:03 Sun
twitterfacebook
thumb

サッスオーロに逆転勝利のアタランタが暫定首位浮上《セリエA》

アタランタは15日、セリエA第10節でサッスオーロをホームに迎え、2-1で逆転勝利した。 前節ウディネーゼとの上位対決を2-2の引き分けに持ち込まれた2位アタランタ(勝ち点21)は、ウディネーゼ戦で1ゴール1アシストの活躍を見せたムリエルがルックマンと2トップを形成、パシャリッチがトップ下に入った。 前節インテルに善戦した9位サッスオーロ(勝ち点12)に対し、アタランタが押し込む入りとすると、14分に先制のチャンス。ルックマンとのワンツーでボックス中央に侵入したパシャリッチがシュート。しかしGKコンシーリのセーブに阻まれた。 さらに19分、メーレがルックマンのラストパスを受けてボックス左に侵入、シュートに持ち込むもここもGKコンシーリに立ちはだかられた。 その後もアタランタペースで試合が進んだが、41分に失点。ダンドレアの右クロスからキリアコプーロスに豪快なボレーを叩き込まれた。 しかし前半追加タイムに追いつく。コープマイネルスの左クロスを受けたソピーが冷静にラストパス。ゴール前でフリーのパシャリッチが確実にネットを揺らした。 そして迎えた後半開始1分、アタランタが逆転する。ソピーのパスを受けたルックマンがボックス右に侵入、DFをかわして冷静にシュートを決めきった。 64分にベラルディのミドルシュートがバーに直撃してひやりとしたアタランタだったが、終盤にかけてはサッスオーロの反撃を許さずに逃げ切り。 逆転勝利のアタランタが暫定首位に浮上し、ナポリにプレッシャーをかけている。 2022.10.16 05:37 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly