マルセイユ、ポーランド代表FWミリク放出を検討? ユーベなどが関心

2022.08.18 16:15 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マルセイユがポーランド代表FWアルカディウシュ・ミリク(28)の放出を検討しているようだ。

ミリクはレバークーゼンやアヤックス、ナポリなどを経て、2021年1月からマルセイユに在籍。これまでプレーした各クラブで高い決定力を見せつけてきた孤高のストライカーは、フランスの名門でも通算55試合30得点とゴールを量産している。

だが、ここに来て退団の可能性が浮上。先月上旬にナポリからの完全移籍に切り替わったばかりだが、フランス『レキップ』によると、マルセイユの首脳陣らは欧州各国のクラブに対してミリクの逆オファーをかけているという。
その結果、関心を示したクラブの1つがユベントス。完全移籍、もしくは買い取り義務付きのレンタルを検討しているという。対するマルセイユの要求額は2000万ユーロ(約27億5000万円)。しかし、実現度は低く、ユベントスが優先するターゲットはバルセロナのオランダ代表FWメンフィス・デパイ(28)とみられている。

また、ドルトムントやバレンシアもミリクに関心を寄せていたものの、ドルトムントは経済的な観点から手を引き、資金難のバレンシア行きも難しいと考えられている。

関連ニュース
thumb

マルセイユがW杯で躍動したモロッコ代表MFウナイの争奪戦制す! 4年半契約での加入決定的に

マルセイユが、アンジェのモロッコ代表MFアゼディン・ウナイ(22)を巡る熾烈な争奪戦を制したようだ。移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏ら複数メディアが報じた。 報道によると、マルセイユは総額1000万ユーロ(約14億1000万円)の移籍金に加え、将来のリセール時の移籍金の一部を支払うことでアンジェとクラブ間合意に至ったという。また、選手サイドとは2027年までの4年半契約で同じく合意に至ったとのことだ。 モロッコ生まれで、フランスのストラスブール、アヴランシェのリザーブチームを経て2020年にアヴランシェに加入したウナイ。その翌年にアンジェに完全移籍し、リーグ・アンデビューを飾ると、ここまでリーグ戦48試合に出場し、2ゴール2アシストを記録している。 そのアンジェでの活躍が評価され、昨年1月にヴァイッド・ハリルホジッチ前監督の下でモロッコのフル代表デビュー。そして、先のカタール・ワールドカップ(W杯)ではフィオレンティーナMFソフィアン・アムラバトと共に中盤の要として圧巻のパフォーマンスを披露し、アフリカ勢初のベスト4進出の立役者となった。 豊富な運動量と献身性を生かした堅実な守備に加え、繊細なボールタッチと独特のリズムで相手の逆を取る、巧みなドリブルとキープ力。182cmの痩身から繰り出す強烈なミドルシュートや正確なパスとプレーの引き出しが非常に多い、万能型MFだ。 アンジェの財政難もあって今冬の退団が既定路線となっていた中、当初はレスター・シティやリーズというプレミアリーグの中堅クラブ、ナポリ移籍が有力視されていた。しかし、その新天地はフランス屈指の名門となった。 2023.01.28 07:30 Sat
twitterfacebook
thumb

マルセイユのコラシナツの自宅に強盗…居合わせた妻と娘がトラウマに

マルセイユのボスニア・ヘルツェゴビナ代表DFセアド・コラシナツの自宅が強盗に襲われた。フランス『レキップ』が報じている。 事件があったのは20日に行われたクープ・ドゥ・フランスのレンヌ戦の最中。この試合で先発出場していたコラシナツの自宅に強盗が押し入り、金目の物を盗んでいったという。 この時、奥さんと娘が在宅中で、身体的被害は受けなかったものの、2人はあまりの恐怖にトラウマを抱えてしまったようだ。 マルセイユとの契約は今季限りとなっており、現在は契約延長について交渉中のコラシナツ。今後の去就については家族の意見が重要になりそうだ。 2023.01.24 15:50 Tue
twitterfacebook
thumb

フランス代表FWトヴァンがティグレスと契約解除…フリーで新天地探しへ

メキシコのUANLティグレスは23日、フランス代表FWフロリアン・トヴァン(29)の契約を双方合意の下で解除したことを発表した。 2021年夏にティグレスに移籍したトヴァン。それまでマルセイユに通算9シーズン在籍し、絶対的なエースとして公式戦281試合86ゴール61アシストを記録していた。 ティグレスにはマルセイユで同僚だったアンドレ=ピエール・ジニャックが在籍しており、2015年夏からプレーする同選手は、通算で180得点以上を記録しているレジェンド。トヴァンには同様の活躍が期待されたが、在籍1年半での成績は38試合8ゴール5アシストにとどまった。 元々2026年までの契約だったが、アルゼンチン人FWニコラス・イバニェスが1月に加入したことで、外国人枠確保のためにトヴァンがチームを去ることに。元ニューカッスルFWの去就は今のところ不明だ。 2023.01.24 14:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド保有DFバイリー、レッドで7試合出場停止に… 今季からマルセイユでプレー

マルセイユのコートジボワール代表DFエリック・バイリーに長期の出場停止処分が下された。フランス『フットメルカート』が伝える。 マンチェスター・ユナイテッドからマルセイユにレンタル移籍中のバイリー。プレミアリーグ時代同様にケガが多く、リーグ・アンでも6試合の出場にとどまり、フル出場は1度しかない。 7日に行われたクープ・ドゥ・フランスのラウンド32、イェール戦ではスタメン出場も相手選手に危険なタックルをお見舞いし、開始15分で一発退場に。これにより、直近のリーグ戦2試合が出場不可だったが、正式に公式戦7試合の出場停止処分が下されたという。 すでに2試合分は消化したが、今後5試合も出場不可。3位マルセイユは28日にリーグ・アン第20節で4位モナコとの直接対決が控えるなど重要なゲームが続くため、少なからず痛手にはなりそうだ。 イゴール・トゥドール監督は19日の記者会見で「受け入れるべきだが、厳しすぎるとも思う」とコメント。クラブは処分に対する上訴を示唆している。 2023.01.20 15:26 Fri
twitterfacebook
thumb

セビージャ退団のイスコ、新天地決めを焦らず? マルセイユ&サウジ行き却下

セビージャとの契約を解除した元スペイン代表MFイスコ(30)だが、新天地を決めかねているようだ。 昨夏にレアル・マドリーとの契約を終え、セビージャに移籍したイスコ。主力として公式戦19試合に出場していたが、昨秋のフレン・ロペテギ監督解任に端を発してスポーツ・ディレクター、モンチ氏との関係が悪化し、昨年12月に契約解除が発表された。 半年足らずでのスピード退団となったが、年末には恩師ロペテギ監督が率いるウォルバーハンプトンを筆頭に、ミランやユベントス、さらにはアメリカ・メジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーなどからの関心が報じられた。 しかし、スペイン『Relevo』はイスコの新天地を「謎」と表現しており、同選手がマルセイユからのオファーを却下した上で、サレルニターナからのオファーを保留中と紹介。新天地を熟考していると考えられる。 また、移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によれば、サウジ・プロフェッショナルリーグのアル・ハリージからの巨額オファーもすでに退けているとのことだ。 2023.01.16 21:05 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly