36歳ナチョ・モンレアルが現役引退を表明…昨季はヒザの問題で出場ゼロに

2022.08.16 22:10 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元スペイン代表DFナチョ・モンレアル(36)が、インスタグラムを通じて引退を表明した。

今夏に3年在籍したレアル・ソシエダを退団していたモンレアル。ここ数年は慢性的なヒザのケガに悩まされ、昨夏に再生治療を実施がクラブから発表されると、結局昨季は一度も公式戦に出られないまま、退団を迎えていた。

そして、そのヒザの問題と36歳という年齢から、モンレアルは引退を決断。インスタグラムを通じてフットボールに感謝の気持ちを送った。
「サッカーを始めて36年、そのうちプロとして16年。想像を絶するほど体を酷使し、限界に挑んできた。そんな私にこのヒザははっきりと『もう続けられない!』というメッセージを送ってきた」

「発狂するかって? いいや! 私はそれに耳を傾け、状況を受け入れて、すべてに感謝する。ひとつのステージが終わり、次のステージが始まるのだ。私は幸せで気分は良い。もう一度言うよ。気分は最高だ!!それが心に安らぎを与えてくれるんだ」

「人生は贈り物であり、私は感謝したい。オサスナ、スペイン代表、マラガ、アーセナル、レアル・ソシエダへ、私に道を歩ませてくれてありがとう。最高の数年間だった…」

オサスナの下部組織出身のモンレアルは、2006年8月に行われたチャンピオンズリーグ予選のハンブルガーSV戦でプロデビュー。オサスナで不動の地位を築いたのち、2011年夏にマラガ、2013年1月にはアーセナルへとステップアップを果たす。

6年半在籍したアーセナルでは、通算251試合10ゴール20アシストを記録。3度のFAカップ優勝と、同じく3度のコミュニティ・シールド制覇に貢献した。

そして、2019年夏に加入したソシエダでは通算69試合の出場に。加入から2年は主力として活躍したものの、前述のように昨季の出場はゼロ。契約満了をもってクラブを退団していた。

関連ニュース
thumb

ジョー・アレンがウェールズ代表引退…黄金世代の一員として悲願のユーロ&W杯出場に貢献

スウォンジー・シティに所属するMFジョー・アレン(32)が、ウェールズ代表からの引退を発表した。 2009年のデビュー以降、通算74試合に出場するなど、13年に渡ってウェールズ代表の主力として活躍してきたアレン。しかし、近年ケガに悩まされてきた32歳は、このタイミングでの代表引退を決断した。 同選手は7日、ウェールズサッカー協会(FAW)を通じて、以下のコメントを残している。 「ウェールズ代表としてプレーすることは、僕の人生において大きな情熱であり、愛であり、とても大きな幸運でもありました」 「僕はこの旅を素晴らしい人々と分かち合いました。家族、チームメイト、スタッフ、そしてファンがこの旅を特別なものにしてくれました。皆さんに心から感謝しています」 「僕らの国からのサポートは刺激的であり、このシャツを着ることが大きな誇りを与えてくれました。そして、とても多くの忘れられない経験をしました」 「しかし、残念ながら時間やケガという要因もあり、次の世代のために道を譲る譲るときが来ました」 「ウェールズフットボールの未来は明るい。幸運を祈っています、ジョーより」 スウォンジーのアカデミーからトップチームに昇格した小兵MFは、2009年5月に行われたエストニア代表戦でウェールズのA代表デビュー。その後、リバプールでもプレーした質と量を約束する中盤のダイナモは、ガレス・ベイルやアーロン・ラムジー、ベン・デイビスらと共に黄金世代の一員として代表チームを牽引。 ユーロ2016で58年ぶりのユーロ本大会出場に導くと、その後もユーロ2020、昨年のカタール・ワールドカップ(W杯)では64年ぶりとなる本大会出場を果たしていた。 2023.02.08 06:30 Wed
twitterfacebook
thumb

モンペリエが今季2度目の監督解任…降格圏と2pt差の苦境受けピトー監督を更迭

モンペリエが今シーズン2度目の指揮官解任に踏み切った。 モンペリエは7日、ロマン・ピトー監督(45)のレイオフを発表した。 モンペリエは昨年10月中旬にオリヴィエ・ダロリオ前監督を解任。そして。クラブはアシスタントコーチを務めていたピトー監督を暫定指揮官に据えた。 しかし、ピトー新体制ではここまでのリーグ・アンで11試合で2勝2分け7敗と低迷。前体制の11位から15位まで順位を下げており、クラブは降格圏とわずか2ポイント差の苦境を受け、同監督の更迭を決断した。 現役時代の晩年にモンペリエに加入し、2013年に現役を退いたピトー監督。以降はユースチームやリザーブチームの指揮官を歴任し、2021年7月からトップチームのアシスタントコーチを務めていた。 2023.02.08 05:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ブレストが元仏代表FWロイク・レミの獲得を正式発表! 2年半ぶりの母国復帰

スタッド・ブレストは6日、元フランス代表FWロイク・レミ(36)をフリートランスファーで獲得した。契約期間は今季終了までで、背番号は「14」を着用する。 リヨンでプロデビューを飾ったレミは、RCランスやニース、マルセイユに在籍後、イングランドに渡りQPR、ニューカッスル、チェルシー、クリスタル・パレスでプレー。その後はスペインに渡り、ラス・パルマス、ヘタフェでプレーし、2018年7月から再び母国のリールでプレー。 2020年以降はトルコのリゼスポル、アダナ・デミルスポルでプレー。ただ、アダナ・デミルスポルでは完全に構想外の扱いとなっており、リーグ戦わずか2試合の出場で昨年7月に退団。以降は半年以上フリーの状況が続いていた。 2023.02.07 07:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ブレーメン、ベテランDFグロスとの契約を2024年まで延長

ブレーメンは6日、ドイツ人DFクリスティアン・グロス(33)との契約を2024年6月30日まで延長したことを発表した。 新契約にサインしたグロスは、公式サイトで以下のようにコメントしている。 「僕がこのクラブでとても心地よく過ごしていることは、誰もが知っていること。の1年半で築いた素晴らしいストーリーを継続するために、自分の役割を果たしたいと思っているよ」 2018年の夏にブレーメンに加入したグロス。加入当初はセカンドチームでプレーしていたが、大量の負傷離脱など非常に苦しいシーズンとなった2019-20シーズンにトップチームへ昇格。センターバックや守備的MFとしてこれまで公式戦87試合に出場し1ゴール4アシストを記録している。 2023.02.07 06:30 Tue
twitterfacebook
thumb

17位に沈むリーズがマーシュ監督の解任を発表

リーズ・ユナイテッドは6日、ジェシー・マーシュ監督(49)を解任したことを発表した。 マルセロ・ビエルサ監督の後任として昨年2月から指揮を執っていたマーシュ監督。昨季途中までRBライプツィヒを率いたアメリカ人指揮官は、自身初となるプレミアリーグで、低迷していたチームを17位に導きプレミア残留に成功。 昨夏にアメリカ代表MFタイラー・アダムスや同代表MFブレンデン・アーロンソン、デンマーク代表DFラスムス・クリステンセンらを積極補強して臨んだ今季は、開幕3戦負けなしと好スタートを切ったが、第4節でブライトンに敗れたあたりから不調に。以降16試合で2勝5分け9敗と大きく負け越しており、降格圏の18位エバートンと同勝ち点の17位に沈んでいた。 リーズは解任したマーシュ監督に対して「ジェシーと彼のスタッフたちの努力に感謝し、彼らの今後の活躍を祈りたい。」と、感謝の声明を発表している。 また、後任監督については「新たな監督を選任するプロセスは進行中であり、今後数日間を通してサポーターに最新情報を提供し続ける」と明かしている。 2023.02.07 01:30 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly