「もしかして見えてない?」チアゴ・シウバも目の前のラフプレーを見逃した主審を非難「髪を引っ張ることは許されるのか」

2022.08.16 11:31 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェルシーのブラジル代表DFチアゴ・シウバがアンソニー・テイラー主審を非難した。

14日にスタンフォード・ブリッジで行われたプレミアリーグ第2節のチェルシーvsトッテナムは、2-2のドローに終わった。

試合はチェルシーが2度のリードを奪うなど、優勢に試合を進めたものの、アンソニー・テイラー主審の微妙な判定の影響もあり、トッテナムが2度のビハインドを追いつき、最終的には後半アディショナルタイムにFWハリー・ケインが決めた劇的同点ゴールによってドロー決着となっていた。

試合後の会見においては、チェルシーのトーマス・トゥヘル監督もテイラー主審を含む審判団を強い口調で非難していたが、見逃された場面の1つに後半アディショナルタイムのプレーがあった。

ケインの同点ゴールが生まれたトッテナムのCKの際、クリスティアン・ロメロがチェルシーDFマルク・ククレジャの長いカーリーヘア―を引っ張り、そのまま地面になぎ倒していた。この場面はテイラー主審の目の前で起きていたが、ファウルが取られることはなかった。

チアゴ・シウバは、この瞬間をスクリーンショットした画像を添え、自身のインスタグラムのストーリーズを更新。「もしかして、見えてない?あり得ないだろ。髪を引っ張ることは許されるのか?」と怒りを隠さなかった。

あまり、感情を露わにすることは多くないチアゴ・シウバだが、この日は試合中からテイラー主審に詰め寄る場面もあり、判定への疑問はかなり大きかったようだ。

1 2

関連ニュース
thumb

負傷者続出のミラン、カラブリアとケアーが右ハムストリングのケガで離脱

ミランのイタリア代表DFダビデ・カラブリアとデンマーク代表DFシモン・ケアーが負傷したようだ。イタリア『スカイ』が報じている。 両選手は1日に行われたセリエA第8節のエンポリ戦に先発出場。しかし、カラブリアは39分に右足を負傷しDFピエール・カルルとの交代。ケアーは73分までプレーしたが右足を痛めDFセルジーニョ・デストとの交代を余儀なくされた。 『スカイ』によれば、カラブリアは右ハムストリング付近の筋腱損傷、ケアーは右ハムストリングに軽度の損傷が見つかったとのこと。なお、同紙は離脱期間についてカラブリアは約3カ月、ケアーは15日程度の離脱になると伝えている。 現在ミランでは、守護神のマイク・メニャンやテオ・エルナンデス、アレッサンドロ・フロレンツィ、ジュニオール・メシアス、ズラタン・イブラヒモビッチ、ディヴォク・オリジら負傷者が続出しており、2選手の離脱はチームにとって更なる打撃となる。 満身創痍のミランは今後、5日と11日にチャンピオンズリーグでチェルシーと、8日にセリエAでユベントスとの対戦が予定されている。 2022.10.03 23:20 Mon
twitterfacebook
thumb

チェルシーがフランス代表FWエンクンクの獲得に迫る…85億円の契約解除条項を支払う準備も金額交渉中

チェルシーがRBライプツィヒのフランス代表FWクリストファー・エンクンク(24)の獲得に迫っているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 予てから獲得の噂が浮上していたエンクンクだが、ここに来て獲得が現実味を帯びてきている状況だ。 エンクンクは今夏の移籍市場でも多くのクラブが興味を示していたが、今年初めにライプツィヒと2年契約を結び、2026年まで契約を延長していたこともあり、移籍は実現しなかった。 そんな中、チェルシーは来夏の獲得を真剣に検討。他クラブが動き出す前に、契約解除条項の6000万ユーロ(約85億円)以上のオファーを出す準備を整えているという。 一部では、既にチェルシーのメディカルチェックを受けているとのこと。ただ、クラブ間の金額交渉が行われており、チェルシーは契約解除条項を支払う前に、値下げを求める考えがあるようだ。 パリ・サンジェルマン(PSG)の下部組織で育ったエンクンクは、2019年7月にライプツィヒへ完全移籍。ここまで公式戦148試合で55ゴール48アシストを記録。今シーズンもブンデスリーガで8試合6ゴールを記録している。 2022.10.03 22:10 Mon
twitterfacebook
thumb

「間違いなく赤だ」「手が伸びるのは偶然なわけがない」チェルシーDFチアゴ・シウバが退場を免れる珍事?「またVARを買収した」と揶揄する声も

またもやプレミアリーグではVARが物議を醸すことになりそうだ。 世界的に導入されているVAR。決定的な場面での誤審がなくなり、不要なゴールの取り消しや見逃されていたファウルなどは無くなっている。 一方で、ミリ単位の厳密すぎるジャッジや、スローや静止画での印象の違いなどが問題になることも少なくない。 特にプレミアリーグではVARのレビューの要請を無視する主審や、VARでチェックしながらも誤審が起きるなど問題が多く起きている。 そんな中、新たに物議を醸す事件が起きている。 それは1日に行われたプレミアリーグ第9節のクリスタル・パレスvsチェルシーの一戦。ブラジル代表DFチアゴ・シウバのプレーが問題視されている。 この試合はチェルシーにとってはグレアム・ポッター監督が初めてリーグ戦で指揮を執る試合に。しかし、開始7分に失点し、ビハインドからスタートする。 すると30分過ぎ、チアゴ・シウバが抜け出そうとしたジョルダン・アイェウをストップ。決定機阻止かと思われたが、VARチェックの結果、イエローカードで終わっていた。 しかし、問題はファウルの仕方ではない。この場面、切り取った画像を見ると、チアゴ・シウバは手でボールを触っている。明らかな故意のハンドであり、本来であれば退場処分となるはずだったが、VARのチェックは決定的な得点機会阻止かどうかという点だったため、イエローカードに終わった。 これには「間違いなく赤だ」、「馬鹿げた判定」、「手が伸びるのは偶然なわけがない」とのコメントが。さらに「チェルシーはまたVARを買収した」と、これまで何度もVARの判定で利益を得ていることを揶揄するコメントも多く集まった。 1点ビハインドで1人少なくなる予定がイエローカードで済んだわけだが、この件が大きく話題になる理由はその後。チェルシーの同点弾を決めた元ガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンのゴールをアシストしたのがチアゴ・シウバだったから怒りが収まらない。 最終的に90分にコナー・ギャラガーのゴールでチェルシーは逆転勝利。退場していれば違った結果になっていたのではないか?という疑問が多くのファンの中で燻る結末となってしまった。 <span class="paragraph-title">【写真】チアゴ・シウバ、退場なのでは?と物議醸すハンド疑惑</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CjLPXEOMsfs/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CjLPXEOMsfs/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CjLPXEOMsfs/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">ESPN FC(@espnfc)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.10.02 22:07 Sun
twitterfacebook
thumb

ククレジャ、パレス戦欠場の理由は喉の問題

チェルシーのスペイン代表DFマルク・ククレジャが喉の問題で入院しているようだ。イギリス『フットボール・ロンドン』が伝えている。 今夏の移籍市場でブライトンから5500万ポンドの移籍棋院で加入したククレジャ。プレミアリーグ開幕節のエバートン戦で途中出場からデビューを果たすと、以降のリーグ戦では5試合連続で先発出場していた。 ところが、1日に行われたクリスタル・パレス戦では、先発どころかベンチにも登録されておらず、たちまちその状態が心配されることになった。 伝えられるところによれば、ククレジャは現在、喉の問題で入院しているとのこと。ただ、体調は良好のようで、来週には復帰できると見込まれている。それでも、5日に行われるチャンピオンズリーグのミラン戦は欠場濃厚のようだ。 また、負傷離脱が続いていエンゴロ・カンテについてはパレス戦での復帰が期待されていたが、グレアム・ポッター監督は来たる10月の連戦に向けて大事を取って休ませたとのこと。エドゥアール・メンディについても週明け以降の復帰となるようだ。 2022.10.02 14:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ポッター監督がチェルシー就任後初勝利! 決勝点のギャラガーに「見事」

チェルシーのグレアム・ポッター監督が就任後初勝利を振り返った。イギリス『フットボール・ロンドン』がコメントを伝えている。 1日にプレミアリーグ第9節でクリスタル・パレスと対戦したチェルシー。ポッター新監督のリーグ戦初陣で注目が高まった中、開始7分に先制を許す展開に。 その後も低調な内容が続いたが、38分にピエール=エメリク・オーバメヤンの移籍後初ゴールで同点とし、圧倒的なボール支配率でもって試合を進めていく。 それでも攻撃精度が上がらず、1-1のまま試合は終盤へ。そんな中、勝敗を決めたのは古巣戦のコナー・ギャラガーだった。90分にボックス手前左でパスを受けると、そこから迷わず右足一閃。強烈なシュートがゴール右上に突き刺さり、土壇場で白星をもたらした。 この活躍にポッター監督もギャラガーを手放しで称賛。同点ゴールのオーバメヤンにも触れ、改めて初勝利を喜んだ。 「コナーにしても、チームにしても、交代選手がインパクトを残したことに関しても、私は嬉しく思う。これこそ皆が望んでいることだ」 「もちろん、選手たちはプレーしたくて悔しい思いをしているだろうが、それを良い形で表現し、ピッチに立ったときに力になれるような存在であってほしいと思う」 「その点では良い手応えがあった。このチームは最初から本当にいいチームだったし、コナーも素晴らしい一発だった。彼がクリスタル・パレスに大きな敬意を持っていることは見ていてわかったと思う。しかし、彼は今はチェルシーの選手で、我々のために重要なゴールを決めてくれた」 「オーバメヤンのゴールも重要なゴールだった。彼はプレミアリーグのフィットネスに達するまで懸命に働き、私は本当に感心したよ。だが、どんなフォワードでも得点することが大事だと言うだろうし、我々にとっても大事なゴールだった」 「個人的なレベルとしては、初勝利を収めることができて安心している。アウェイで良いスタートを切っても、その後失点して3ポイントを取り逃すというパターンが多かったため、選手たちのことを思うと本当に嬉しいよ」 2022.10.02 14:00 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly