「もしかして見えてない?」チアゴ・シウバも目の前のラフプレーを見逃した主審を非難「髪を引っ張ることは許されるのか」

2022.08.16 11:31 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェルシーのブラジル代表DFチアゴ・シウバがアンソニー・テイラー主審を非難した。14日にスタンフォード・ブリッジで行われたプレミアリーグ第2節のチェルシーvsトッテナムは、2-2のドローに終わった。

試合はチェルシーが2度のリードを奪うなど、優勢に試合を進めたものの、アンソニー・テイラー主審の微妙な判定の影響もあり、トッテナムが2度のビハインドを追いつき、最終的には後半アディショナルタイムにFWハリー・ケインが決めた劇的同点ゴールによってドロー決着となっていた。
試合後の会見においては、チェルシーのトーマス・トゥヘル監督もテイラー主審を含む審判団を強い口調で非難していたが、見逃された場面の1つに後半アディショナルタイムのプレーがあった。

ケインの同点ゴールが生まれたトッテナムのCKの際、クリスティアン・ロメロがチェルシーDFマルク・ククレジャの長いカーリーヘア―を引っ張り、そのまま地面になぎ倒していた。この場面はテイラー主審の目の前で起きていたが、ファウルが取られることはなかった。

チアゴ・シウバは、この瞬間をスクリーンショットした画像を添え、自身のインスタグラムのストーリーズを更新。「もしかして、見えてない?あり得ないだろ。髪を引っ張ることは許されるのか?」と怒りを隠さなかった。

あまり、感情を露わにすることは多くないチアゴ・シウバだが、この日は試合中からテイラー主審に詰め寄る場面もあり、判定への疑問はかなり大きかったようだ。

1 2

関連ニュース
thumb

アーセナルがチェルシー司令塔ジョルジーニョを獲得! アルテタ「知性と深いリーダーシップを備えたMF」

アーセナルは31日、チェルシーからイタリア代表MFジョルジーニョ(31)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「20」に決定している。 イギリス『The Athletic』によれば、移籍金は1200万ポンド(約19億3000万円)となり、ジョルジーニョは1年間の延長オプションが付く2024年夏までの1年半契約にサインしたという。 手薄な中盤に実力者を迎え入れたミケル・アルテタ監督は、大きな期待を口にしている。 「ジョルジーニョは知性と深いリーダーシップを備えたミッドフィールドプレーヤーであり、プレミアリーグと国際的な経験が豊富だ。ジョルジーニョはそのキャリアで勝利を収めているが、彼はまだここで貢献したいという渇望と大きな意欲を持っている」 「ジョルジーニョと契約することができて、彼と家族をクラブに迎えられることをとても嬉しく思う」 ジョルジーニョは、ブラジルにルーツを持つイタリア人。エラス・ヴェローナでキャリアをスタートさせると、ナポリで飛躍。マウリツィオ・サッリ監督の下で大きく羽ばたき、イタリア代表にも選出されるようになると、2018年7月にサッリ監督と共にチェルシーへ完全移籍していた。 アンカーとして長短のパスを使い分けてゲームメイクができる中盤の選手で、ポジショニング能力と戦術眼に長けており、PKキッカーとしても活躍。チェルシーでは公式戦213試合に出場し29ゴール9アシストを記録。プレミアリーグでも143試合で21ゴール5アシストの成績を残していた。 アーセナルは当初、ブライトンのエクアドル代表MFモイセス・カイセドの獲得に力を注いでいたが、相手クラブの徹底抗戦に遭ったことで、最終的にイタリア代表MFの獲得にこぎ着けた。 2023.02.01 05:20 Wed
twitterfacebook
thumb

チェルシー、エンソ・フェルナンデス獲得に向けリスボンでのメディカルチェックを準備

チェルシーが、ベンフィカのアルゼンチン代表MFエンソ・フェルナンデス(22)の獲得へ最後の勝負に出たようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 今冬の移籍市場で超大型補強を敢行しているチェルシー。だが、中盤の目玉補強と目されたフェルナンデス獲得は、ベンフィカの徹底抗戦によって交渉が長期化。 しかし、移籍市場閉幕間際に最後の勝負に出たブルーズは、1億2000万ユーロ(約170億円)に設定された契約解除金の満額支払いを決断。ただし、6回の分割払いを条件としているようで、一括での支払いを要求するベンフィカとの交渉は平行線を辿っている。 それでも、イタリア代表MFジョルジーニョ(31)をアーセナルに売却する決断を下したクラブは、幾つかの保険を用意しながらもフェルナンデス獲得に全力を注いでおり、粘り強くクラブ間交渉を継続。 さらに、『スカイ』によると、チェルシーは年俸1000万ユーロ(約14億1000万円)の7年半契約で個人間合意に至るフェルナンデスのメディカルチェックをリスボンで実施する準備を進めており、デッドライン・デーぎりぎりでの交渉成立を目指しているようだ。 2023.02.01 01:41 Wed
twitterfacebook
thumb

アーセナルが19.3億円でジョルジーニョ獲得合意、メディカルチェックも完了

アーセナルがチェルシーのイタリア代表MFジョルジーニョ(31)獲得を確実なものとしたようだ。 ジョルジーニョは、ブラジルにルーツを持つイタリア人。エラス・ヴェローナでキャリアをスタートさせると、ナポリで飛躍。マウリツィオ・サッリ監督の下で大きく羽ばたき、イタリア代表にも選出されるようになると、2018年7月にサッリ監督と共にチェルシーへと完全移籍していた。 アンカーとして長短のパスを使い分けてゲームメイクができる中盤の選手で、ポジショニング能力と戦術眼に長けており、PKキッカーとしても活躍。チェルシーでは公式戦213試合に出場し29ゴール9アシストを記録。プレミアリーグでも143試合で21ゴール5アシストの成績を残している。 ブライトン&ホーブ・アルビオンのエクアドル代表MFモイセス・カイセドの獲得に力を注いでいたアーセナルだったが、交渉が上手くいかずにジョルジーニョにターゲットを変更したとのことだ。 『The Athletic』によれば1200万ポンド(約19億3000万円)の移籍金で合意したとのこと。2024年夏までの契約となり、1年間の延長オプションもついているという。 また、移籍に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によれば、ジョルジーニョはアーセナルのメディカルチェックに合格したとのこと。残すは契約するだけとなったようだ。 2023.01.31 22:43 Tue
twitterfacebook
thumb

エリクセン離脱のユナイテッド、緊急補強としてザビッツァーの名前浮上

マンチェスター・ユナイテッドが、バイエルンのオーストリア代表MFマルセル・ザビッツァー(28)の緊急補強に動いているようだ。ドイツ『スカイ』が報じている。 元々、中盤セントラルの選手層に問題を抱えるユナイテッドは、さらに直近のレディング戦で足首を痛めたデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンが3カ月程度の長期離脱を強いられることに。 これを受け、クラブはエリクセンの穴埋め補強としてバイエルンで準主力の立場にあるザビッツァーの獲得に動いているという。 2020年の夏にRBライプツィヒからバイエルンにステップアップしたザビッツァー。恩師であるユリアン・ナーゲルスマン監督に誘われる形で加入したが、ドイツの盟主では中盤のバックアッパーに甘んじている。 今季ここまでは公式戦24試合に出場し、1ゴール1アシストの数字を残しているが、そのほとんどが途中出場となっている。 なお、ザビッツァーに関してはベンフィカのアルゼンチン代表MFエンソ・フェルナンデスの獲得が難航するチェルシーからの関心からも伝えられるが、現在は別のターゲットの獲得を考慮している模様だ。 2023.01.31 22:39 Tue
twitterfacebook
thumb

トッテナムがチェルシーのU-19イングランド代表FWスーンサップ=ベルを獲得、2025年6月までの契約に

トッテナムは31日、チェルシーのU-19イングランド代表FWジュード・スーンサップ=ベル(19)の加入を発表した。 契約期間は2025年6月までの2年半となる。 スーンサップ=ベルは、タイにもルーツを持つイングランド人。チェルシーではU-13のアカデミーに参加。2021年初めにプロ契約を結んだ。 チェルシーのファーストチームでは1試合の出場経験があり、現在はU-21チームでプレー。U-21チームでは公式戦40試合で5ゴール2アシストを記録している。 世代別のイングランド代表ではU-15からU-19までプレー。将来も期待されるストライカーだ。 2023.01.31 21:15 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly