「よく戻ってきた」「寂しかったぞ」5月以来の実戦復帰となった冨安健洋に現地アーセナルファンも興奮「おかえりトミ」「愛してる」

2022.08.14 11:53 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本代表DF冨安健洋がついに実戦復帰を果たした。13日、プレミアリーグ第2節でアーセナルはホーム開幕戦を迎えた。

本拠地エミレーツ・スタジアムにレスター・シティを迎えた一戦。ケガで離脱していた冨安もベンチ入りした。
試合は前半に今夏獲得したガブリエウ・ジェズスが初ゴールを含む2点を記録してリードを奪う。

後半早々にオウンゴールで失点するも、55分にはグラニト・ジャカがゴール。74分に失点すると、75分に冨安はベン・ホワイトと交代してピッチに。5月16日以来の公式戦のピッチに立った。

失点直後の起用ということもありミケル・アルテタ監督からの信頼も感じられる冨安。プレシーズンも1試合もプレーしなかったことから、ファーストチームでは今季初の試合出場となったが、直後にガブリエウ・マルティネッリがネットを揺らし、チームはリードを広げ4-2とする。

冨安は右サイドバックとして危なげないプレーを披露。ビルドアップにしっかりと参加した他、相手のカウンターをファウルで止めるなどしスタンドを沸かせた。

試合後にインスタグラムを更新した冨安は「いつもながらホームの雰囲気が最高でした!!応援ありがとうございました」とホームのファンの後押しに感謝した。

この投稿には多くのアーセナルファンが反応。「よく戻ってきたトミ」、「良いパフォーマンスだった」、「寂しかったぞ」、「おかえりトミ」、「愛してる」と、久々の復帰となった冨安の帰りを待ち侘びていたことが分かるコメントの嵐となった。

今季はポジション争いも激化。ここから冨安がどのようなパフォーマンスを見せるか注目だ。

1 2

関連ニュース
thumb

カイセドの今冬ブライトン残留が決定的に! ジョルジーニョ確保アーセナルとの新たな交渉はなし

ブライトンのエクアドル代表MFモイセス・カイセド(21)の今冬残留が決定的となったようだ。 今冬の移籍市場でステップアップを求めたカイセド。しかし、相思相愛と思われたアーセナルから届いた6000万ポンド(約96億2000万円)、7000万ポンド(約112億2000万円)の2度のオファーは、今冬の主力流出を望まないブライトンにいずれも拒絶された。 その頑ななシーガルズの姿勢を受け、今冬の獲得が困難と判断したアーセナルは、チェルシーのイタリア代表MFジョルジーニョ(31)にターゲット変更。移籍金1200万ポンド(約19億3000万円)でクラブ間合意に至り、同選手は1年の延長オプションが付帯する2024年夏までの1年半契約を結ぶ見込みだ。 そして、移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏は、ブライトンとアーセナルの間で新たな交渉が行われていないことを確認。さらに、ブライトンが今冬のカイセド残留のプランを変更していないとし、事実上の残留を明言した。 2023.02.01 01:55 Wed
twitterfacebook
thumb

アーセナルが19.3億円でジョルジーニョ獲得合意、メディカルチェックも完了

アーセナルがチェルシーのイタリア代表MFジョルジーニョ(31)獲得を確実なものとしたようだ。 ジョルジーニョは、ブラジルにルーツを持つイタリア人。エラス・ヴェローナでキャリアをスタートさせると、ナポリで飛躍。マウリツィオ・サッリ監督の下で大きく羽ばたき、イタリア代表にも選出されるようになると、2018年7月にサッリ監督と共にチェルシーへと完全移籍していた。 アンカーとして長短のパスを使い分けてゲームメイクができる中盤の選手で、ポジショニング能力と戦術眼に長けており、PKキッカーとしても活躍。チェルシーでは公式戦213試合に出場し29ゴール9アシストを記録。プレミアリーグでも143試合で21ゴール5アシストの成績を残している。 ブライトン&ホーブ・アルビオンのエクアドル代表MFモイセス・カイセドの獲得に力を注いでいたアーセナルだったが、交渉が上手くいかずにジョルジーニョにターゲットを変更したとのことだ。 『The Athletic』によれば1200万ポンド(約19億3000万円)の移籍金で合意したとのこと。2024年夏までの契約となり、1年間の延長オプションもついているという。 また、移籍に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によれば、ジョルジーニョはアーセナルのメディカルチェックに合格したとのこと。残すは契約するだけとなったようだ。 2023.01.31 22:43 Tue
twitterfacebook
thumb

プレミア優勝目指すアーセナルに痛手、MFエルネニーが右ヒザを手術…長期離脱が確定

アーセナルは31日、エジプト代表MFモハメド・エルネニーの負傷状況を発表した。 クラブの発表によると、エルネニーはヒザを負傷。トレーニングで痛めたとされ、右ヒザに重傷を負っていることが検査の結果分かったという。 ケガの詳細は明かされていないが、ロンドンで受けた手術は成功とのこと。長期間欠場することとなり、リハビリの初期段階が完了した後に、復帰時期が判明するとのことだ。 エルネニーは2016年1月にバーゼルからアーセナルに加入。中盤のバックアッパーとしても重要な役割を担っていた中、徐々に出番を失い、2019年9月にはベシクタシュにレンタル移籍。2020年8月に復帰した。 ミケル・アルテタ監督の下、2021-22シーズンは手薄となったボランチを支える活躍。今シーズンは出番が限られていたが、公式戦8試合で1ゴールを記録していた。 エルネニーの負傷に加え、ガーナ代表MFトーマス・パルティが負傷。ボランチが手薄となっているアーセナルは、チェルシーのイタリア代表MFジョルジーニョの獲得に合意したとされており、さらにもう1名補強する動きを見せるようだ。 2023.01.31 22:15 Tue
twitterfacebook
thumb

アーセナルのMFサンビ・ロコンガがクリスタル・パレスへ? 出場機会のためにレンタル移籍の可能性

アーセナルのベルギー代表MFアルベール・サンビ・ロコンガ(23)がクリスタル・パレスへと移籍する可能性があるようだ。イギリス『フットボール・ロンドン』が伝えた。 今冬の移籍市場でボランチの選手を獲得しようと動いているアーセナル。エジプト代表MFモハメド・エルネニーがヒザの負傷で離脱中。ガーナ代表MFトーマス・パルティも負傷と、19年ぶりのプレミアリーグ優勝に向けてボランチが手薄になっている。 ブライトン&ホーヴ・アルビオンのエクアドル代表MFモイセス・カイセドの獲得に動いたが失敗。チェルシーのイタリア代表MFジョルジーニョの獲得ではチェルシーと1200万ポンド(約19億3000万円)の移籍金で合意したと報じられている。 そんな中、貴重なボランチの人材であるサンビ・ロコンガにチームを離れる可能性があるという。 加入1年目の昨シーズンは公式戦24試合に出場。攻撃面での特徴を出していた一方で、ボランチとしての守備の強度の低さが課題とされていた。 今シーズンはヨーロッパリーグ(EL)ではグループステージの全6試合に出場。しかし、プレミアリーグでは出番が限られ、公式戦では15試合でプレーするにとどまっている。 サンビ・ロコンガにはモナコが関心を寄せているとされていた中、クリスタル・パレスが興味。シーズン終了までのレンタル移籍でのオファーを出しているという。 クリスタル・パレスはクラブOBでもあるパトリック・ヴィエラ監督が指揮。成長を促したいという考えがあるようだ。 2023.01.31 21:08 Tue
twitterfacebook
thumb

ノリッジがアーセナルFWマルキーニョスのレンタル移籍を発表…アーセナルでは6試合1ゴール1アシスト

ノリッジ・シティは31日、アーセナルのブラジル人FWマルキーニョス(19)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は今シーズン終了まで。背番号は「13」を着用することとなる。 マルキーニョスは2022年6月にサンパウロからアーセナルに加入したマルキーニョス。左右のウイングでプレーし、今シーズンは6試合に出場し1ゴール1アシストを記録した。 プレミアリーグでは1試合、ヨーロッパリーグでは3試合に出場し1ゴール1アシストを記録していた。 マルキーニョスはクラブを通じてコメントしている。 「ノリッジにこられて本当に嬉しいし、試合でプレーできることにとても興奮している」 「ここイングランドでの適応の一環として多くのことを学んだ。ブラジルとは全く違う。より集中力が必要だが、ノリッジを助けるためにうまく適応しいてきたい」 「また、新たなクラブ、新たな文化、新たな都市を知ることができて本当に嬉しい。ファンのみんなは僕が欲望を示すことを期待しているだろう」 2023.01.31 18:20 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly