ファン・ウィジョ、フォレスト移籍か…ボルドーに総額6.8億円のオファー

2022.08.13 11:45 Sat
Getty Images
ボルドーの韓国代表FWファン・ウィジョ(29)を巡り、ノッティンガム・フォレストが獲得に乗り出しているようだ。

母国クラブの城南FCでキャリアを始め、ガンバ大阪でのプレーを挟み、2019年夏からボルドーでヨーロッパに舞台を移したファン・ウィジョ。ボルドー2年目から2シーズン連続でリーグ・アン二桁ゴールをやってのけるなど、確かな存在感を示す。
だが、ボルドーは昨季のリーグ・アンで最下位に終わり、リーグ・ドゥに降格。さらに深刻な財政事情により、戦力の売却で赤字のカバーを迫られている状況といわれ、2023年まで契約を残すファン・ウィジョにも今夏移籍の噂が浮上している。

韓国代表としても45キャップを誇り、来るカタール・ワールドカップのピッチにも当然ながら立つとされる29歳を巡ってはフランスだけでなく、イングランドからも視線が注がれ、ウォルバーハンプトンからのオファーがあったといわれる。

そして、フランス『レキップ』の続報によると、プレミアリーグ昇格1年目の今季を戦い抜くため、今夏の積極補強でそれ仕様のチームを築き上げるフォレストもウォルバーハンプトンに追随して、ボルドーに獲得オファーを出したという。
フォレストからの提示額は基本移籍金400万ユーロ+ボーナス100万ユーロの総額500万ユーロ(約6億8000万円)。ボルドー側はそのオファーを受け入れたとみられ、ファン・ウィジョ本人もプレミアリーグでのプレーを希望している模様だ。

このフォレスト移籍が実現すれば、トッテナムのFWソン・フンミン、ウォルバーハンプトンのFWファン・ヒチャンに続く3人目の韓国人プレーヤーとしてプレミアリーグ上陸となるが、いかに。
関連ニュース

FAカップ欠場の遠藤航、今週末出場は…? クロップ監督が負傷者情報を共有

リバプールのユルゲン・クロップ監督が日本代表MF遠藤航の現状に言及した。 先のカラバオカップ決勝では120分の奮闘で今季1つ目のタイトルを呼び込み、評価が高まるばかりの遠藤。だが、試合後に松葉杖姿が目撃され、その3日後に行われたサウサンプトン戦とのFAカップ5回戦ではメンバーから外れた。 評価高まるばかりの遠藤が欠場したのはアジアカップ参戦による一時離脱の期間を除くと、公式戦で13試合ぶりのことに。2日に行われるプレミアリーグ第27節のノッティンガム・フォレスト戦では出場となるのだろうか。 イギリスの地元メディア『Liverpool Echo』によれば、ドイツ人指揮官は今週末の試合に先立った会見で、負傷者情報を共有。まずはダルウィン・ヌニェス、ドミニク・ソボスライ、モハメド・サラーについて触れた。 「ダルウィンとドム(ソボスライ)は昨日、ともにトレーニングをした。彼らはいい表情だったし、どんな反応があるかを見極める必要がある」 「モーはそんなに遠くないと思うが、明日は出られない。残念だが、モーに関してはこの状況がもう少し続く。来週のどこかで戻ってくると思うがね」 また、遠藤とアンドリュー・ロバートソンについては1日のトレーニングから復帰予定ではあるものの、状態を確認してみる必要があるという。 「ワタルとロボ(ロバートソン)は(昨日の)トレーニングをしなかったが、今日から参加する予定だ。そういう感じだが、本当にそうなるかを確認しないといけない」 2024.03.02 12:55 Sat

「情けないこと」テン・ハグ監督がB・フェルナンデスへのSNS批判をバッサリ、相手の狙いにも言及「フォレストが狙っていた」

マンチェスター・ユナイテッドのエリク・テン・ハグ監督が、SNS上の批判に言及した。イギリス『BBC』が伝えた。 28日、FAカップ5回戦でユナイテッドはフォレストとアウェイで対戦した。 試合はフォレストの圧力の前になかなか良い形を作れず、ゴールを奪えないユナイテッドだったが、終了間際の89分にカゼミロが値千金のゴール。0-1で勝利を収め、準々決勝に駒を進めた。 試合後、テン・ハグ監督は1つの問題について言及。ポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスが狙い撃ちされていたと言及した。 「フォレストが彼を狙っているのが見えた。彼には多くのファウルがあり、彼がボールを持った瞬間、ファウルは彼にとても厳しく迫っていた」 B・フェルナンデスは、24日に行われたプレミアリーグ第26節のフルアム戦で負傷。しかし、ユナイテッド加入後にケガで欠場したことはなく、タフガイぶりを発揮。この試合も先発フル出場を果たした。 しかし、フォレスト戦では厳しいマークに遭い、ピッチを去る時には足を引きずる姿も。ただ、それでもカゼミロの劇的ゴールをアシストし勝利に貢献していた。 一方で、SNSでは演技をすると批判の対象に。テン・ハグ監督は、投稿を批判するとともに、B・フェルナンデスは我慢強い選手であると語った。 「ソーシャルメディアでは、彼を批判しているのを目にする。情けないことだ。彼は重傷を負ったが、土曜日もプレーを続け、この試合に出場するために戦った」 「彼は痛みのいき値が非常に高く、昨年のスパーズ戦でも準決勝(ブライトン&ホーヴ・アルビオン戦)でも同様のことをしていた。それは、彼のリーダーシップを示している」 <span class="paragraph-title">【動画】あえてバウンドさせるトリッッククロス!カゼミロが技ありのヘッドで劇的決勝ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="ukFhTfJIKdg";var video_start = 131;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.29 11:30 Thu

「本当に寂しかった」約4カ月の離脱から復帰しチームも上向き、劇的弾のカゼミロをテン・ハグ監督が称える「リーダーシップの模範」

マンチェスター・ユナイテッドのエリク・テン・ハグ監督が、ノッティンガム・フォレスト戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 28日、FAカップ5回戦でユナイテッドはフォレストとアウェイで対戦した。 試合はフォレストの圧力の前になかなか良い形を作れず、ゴールを奪えないユナイテッドだったが、終了間際の89分にカゼミロが値千金のゴール。0-1で勝利を収め、準々決勝に駒を進めた。 カゼミロの土壇場ゴールについてテン・ハグ監督は振り返り、リーグ戦のフルアム戦でアディショナルタイムに失点して敗れていたことを持ち出し、喜んだ。 「最後に得点するというのは最適なタイミングだ。土曜日(フルアム戦)はアディショナルタイムで敗れた。今日は終了間際に得点でき、良いタイミングでゴールを奪えた」 そのカゼミロは、昨年10月から今年1月まで欠場。2月に入り復帰すると、チームもリーグ戦4連勝と結果を残していた。 この試合でも勝利を呼び込む劇的ゴールを決めたカゼミロに対し、テン・ハグ監督は称賛の言葉を並べた。 「間違いなく、リーダーシップの模範であり、彼は素晴らしい選手だ。彼は我々のためにたくさんのゴールを決めてきてくれたと思う」 「ユナイテッドでのキャリア全体で、これまで以上のゴールを決めた。カゼミロのような選手がチームにいるというのは素晴らしいことだ。なぜなら、10月、11月、12月、1月と、彼がそこにいなくても、彼が我々にとってどれほど重要かがわかるからだ」 「彼はチームの構造、リーダーシップを確立し、それが我々のプレーをより良くしてくれている。我々は彼がいなくて本当に寂しかった。もちろん、彼のボールへのクオリティもだ」 ベスト8に進出したユナイテッドの次の相手はリバプールに決定。ホームでの試合となる中、まずは今週末のマンチェスター・シティとのダービーが大事になるとした。 「今、ホームにリバプールを迎えることになる。素晴らしいドローだ。楽しみにしている」 「ただ、我々はカップを隠さなければならないが、まずはリーグ戦を楽しみにしている。特に最初のゲームは重要だ」 「シティとの試合は、良いゲームになるだろう。そして我々はそこに集中している」 <span class="paragraph-title">【動画】難しいクロスをカゼミロが技ありのヘッドで劇的決勝ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="ukFhTfJIKdg";var video_start = 131;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.29 10:55 Thu

カゼミロ土壇場弾でフォレストに競り勝ったユナイテッドがベスト8進出! 週末ダービーへ弾み【FAカップ】

FAカップ5回戦、ノッティンガム・フォレストvsマンチェスター・ユナイテッドが28日にシティ・グラウンド・スタジアムで行われ、0-1で勝利したユナイテッドがベスト8進出を決めた。 4回戦でフットボールリーグ2(4部)のニューポート・カウンティを4-2で下したユナイテッドは、準々決勝進出を懸けて同じプレミアリーグ勢のノッティンガム・フォレストと対戦した。 直近のフルアムとのリーグ戦を1-2で落とし、公式戦連勝が「5」でストップした赤い悪魔はリーグ前回対戦で敗れた相手にバウンスバックの勝利を狙った。テン・ハグ監督は前節から先発3人を変更。負傷のマグワイアに代えてアムラバトを左サイドバックに置き、リンデロフをヴァランの相棒に据えた。さらに、メイヌーとフォーソンに代えてマクトミネイ、アントニーを起用した。 立ち上がりから比較的オープンな展開で試合が進むと、アウェイのユナイテッドが続けて決定機を創出。まずは4分、左CKの場面でキッカーのブルーノ・フェルナンデスが入れたボールをファーで回収したアントニーが左足を一閃。これの鋭いシュートがクロスバーを叩く。続く8分にはB・フェルナンデスの右クロスをゴール前に走り込んだマクトミネイが頭で合わせるが、今度はGKターナーの好守に阻まれた。 一方、ピンチを凌いだフォレストは時間の経過と共にアウォニイ、エランガのスピードを活かしたカウンターで押し返していく。18分にはボックス右に持ち込んだアウォニイが強烈な右足シュートを枠に飛ばすが、これはGKオナナの好守に阻まれた。 前半半ばから終盤にかけてはボールを握るユナイテッド、カウンターで応戦するフォレストという構図の下で一進一退の攻防が繰り広げられる。 なかなか効果的にフィニッシュまで持ち込めないアウェイチームだったが、37分には久々の決定機。ダロトが鮮やかなターンからボックス右に持ち込んで正確なクロスを供給。これをニアに走り込んだマクトミネイが頭で合わせるが、これはGKターナーの好守に遭い、先制点に繋げることはできなかった。 1勝1敗だった今季リーグ戦を踏襲する形でゴールレスでの折り返しとなった試合。後半の入りはホームのフォレストが優勢に進めていく。開始直後にはアウォニイ、オリジがボックス内で鋭いシュートを枠に飛ばすが、いずれもGKオナナの好守に阻まれる。 立ち上がりの守勢を凌いだユナイテッドは徐々にボール保持率を高めて押し込む展開に持ち込むと、ボックス付近でアイデアを見せるB・フェルナンデスが技ありの右足アウトを使ったシュート、ミドルシュートで際どいシーンを演出する。 後半半ばを過ぎると、ユナイテッド優勢の時間が続くが、相手のコンパクトな守備ブロックに手を焼いてなかなか決定機を作れず。また、最前線に入るラッシュフォードも淡白なプレーが目立ってゴールが遠い。 拮抗した状況のまま試合は最終盤を迎え、延長戦突入かに思われたが、ユナイテッドが土壇場で地力を示す。89分、相手陣内左サイドで得たFKの場面でキッカーのB・フェルナンデスがゴール前のスペースへ速いボールを入れると、ニアに飛び込んだカゼミロが頭に当ててコースを変えてゴールネットを揺らした。 そして、百戦錬磨のブラジル代表MFの土壇場ゴールによってフォレストとの接戦を制したユナイテッドが、ベスト8進出を果たすと共に週末のマンチェスター・ダービーへ弾みを付けた。 2024.02.29 06:48 Thu

フォレストとの打ち合い制したアストン・ビラがリーグ連勝で4位死守!【プレミアリーグ】

アストン・ビラは24日、プレミアリーグ第26節でノッティンガム・フォレストと対戦し4-2で勝利した。 前節フルアムに勝利した4位アストン・ビラ(勝ち点49)が、16位に沈むフォレスト(勝ち点24)をホームに迎えた一戦。 試合は開始早々にスコアが動く。ビラは4分、マッギンのスルーパスで右サイドを抜け出したベイリーがそのままボックス右深くまで切り込み折り返すと、最後はワトキンスがワンタッチでゴールネットを揺らした。 立ち上がりの先制弾で主導権を握ったビラは、29分に追加点。ボックス手前でパスを受けたキャッシュがそのままボックス内に侵入すると、折り返しをラムジーが繋ぎ、最後は中央に走り込んだドウグラス・ルイスがダイレクトシュートを流し込んだ。 勢いづくビラは39分にも、右CKの二次攻撃から右サイドでパスを受けたマッギンがクロスを供給すると、ゴール前のドウグラス・ルイスがヘディングシュートを叩き込み、立て続けに3点目を奪った。 このまま前半終了かと思われたが、フォレストは終了間際の50分にギブス=ホワイトの右CKをファーサイドのアウォニイが頭で折り返すと、ゴール前のニアカテが胸で押し込み、1点を返した。 両チーム共に選手を入れ替えて臨んだ後半、ビラは開始早々に失点を許す。48分、自陣バイタエルエリアでオリジにルーズボールを拾われると、ラストパスをゴール前に抜け出したギブス=ホワイトに流し込まれた。 1点差に詰め寄られたビラだったが、61分に再びリードを広げる。敵陣でハイプレスからパスカットに成功したティーレマンスがスルーパスを供給。これに反応したワトキンスが飛び出したGKを引きつけて折り返すと、最後は走り込んだベイリーが無人のゴールにシュートを流し込んだ。 結局、試合はそのまま4-2でタイムアップ。打ち合いを制したビラがリーグ戦連勝を飾った。 2024.02.25 06:00 Sun
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly