鹿児島が東京VからFW端戸仁を期限付き移籍で獲得!

2022.08.11 13:25 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
鹿児島ユナイテッドFCは11日、東京ヴェルディからFW端戸仁(32)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。背番号は「25」に決定。移籍期間は8月13日より、2023年1月31日までとなる。

端戸は横浜F・マリノスのユース出身で、2009年1月にトップチーム昇格。その後はギラヴァンツ北九州や湘南ベルマーレを経て、2019年2月に東京Vへ期限付き移籍。その翌年に完全移籍へと切り替わった。

昨シーズンは後半戦に負傷離脱するまで明治安田生命J2リーグで29試合に出場し、5得点を記録。しかし、今シーズンも序盤戦から負傷に悩まされた影響もあり、リーグ戦5試合の出場にとどまっていた。
自身初のJ3リーグ参戦となる32歳のレフティは、両クラブの公式サイトを通じて以下のコメントを残している。

◆鹿児島ユナイテッドFC
「はじめまして、端戸仁です。この大事な昇格争いのなかオファーをいただき感謝しています。目指すところはただ一つだと思うので、そこに向けて色々な角度からチームの力になれればと思います」

「鹿児島県はまだ個人的に一度も足を踏み入れたことがないので是非色々教えてください! よろしくお願いします」

◆東京ヴェルディ
「3年半お世話になりました。ヴェルディに来てから半分以上は怪我で時間を過ごしたと思います。それでも試合に出ているときは一生懸命チームのために戦ったつもりですが、思うような結果を残せず申し訳なく思っています。チームを離れますが、ヴェルディの昇格を願っています。ありがとうございました」

関連ニュース
thumb

屋久杉の木目や年輪をイメージ!鹿児島の新ユニフォームは大自然が生み出した“MADE in KAGOSHIMA”のデザインに

鹿児島ユナイテッドFCは6日、2023シーズンの公式戦ユニフォームを発表した。 4年ぶりのJ2復帰に一歩及ばなかったが、明治安田生命J3リーグ3位でフィニッシュし鹿児島。2023シーズンも特定のブランド等のサプライヤー契約は行わず、胸には、公益社団法人日本プロサッカーリーグとライセンス契約を締結している、三菱商事ファッション株式会社との協働プロジェクト「ANGUA」のシンボルが入る。 10年目のシーズンを迎える鹿児島の新ユニフォームは、久杉や屋久杉工芸品をモチーフに、5種のユニフォームを制作。クラブカラーをベースに、屋久島の緑のグラデーションをイメージしたカラーも取り入れ、クラブ初となる「襟付き」のゲームシャツとして仕上げられている。 1stユニフォームは、屋久杉の代表的な杢(木目)の1つであり、希少価値の高い“虎杢”(とらもく)をイメージした不均一のボーダーに。まさに大自然が生み出した”MADE in KAGOSHIMA”のボーダーだ。フィールドプレイヤーはクラブカラーの紺、GKは赤がベースカラーになっている。 一方、2ndユニフォームは、屋久杉の年輪をイメージ。屋久杉は他の木に比べて長寿で、年輪も細かいと言われているそうだ。フィールドプレイヤーはクラブカラーの白、GKは黒がベースカラーになっている。 そして、GKのみ屋久島の緑をイメージした3rdユニフォームも展開される。 また、オーセンティックユニフォームは13,200円(税込)からとなっており、業界最安値(クラブスタッフ調べ)の衝撃価格とのことだ。 <span class="paragraph-title">【写真】屋久杉の年輪や木目をイメージした鹿児島の新ユニフォームはまさに大自然そのもの</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">屋久杉の代表的な杢の1つであり、希少価値の高い <a href="https://twitter.com/hashtag/%E8%99%8E%E6%9D%A2?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#虎杢</a>(とらもく)は、工芸品の材料として高く評価されています<br><br>まさに大自然が生み出した&quot;Made in KAGOSHIMA&quot;のボーダー<br><br>きめ細やかな縦の目とあわせ、屋久杉の美しさや力強さを全身で表現しました<a href="https://twitter.com/hashtag/%E9%B9%BF%E5%85%90%E5%B3%B6%E3%83%A6%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%83%86%E3%83%83%E3%83%89FC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#鹿児島ユナイテッドFC</a><a href="https://twitter.com/hashtag/ANGUA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ANGUA</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%B1%8B%E4%B9%85%E5%B3%B6?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#屋久島</a> <a href="https://t.co/iSDR1r0kme">pic.twitter.com/iSDR1r0kme</a></p>&mdash; 鹿児島ユナイテッドFC (@kagoshimaufc) <a href="https://twitter.com/kagoshimaufc/status/1599962485414846464?ref_src=twsrc%5Etfw">December 6, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">2ndユニフォームは、屋久杉の <a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%B9%B4%E8%BC%AA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#年輪</a> をイメージ<br><br>屋久杉は他の樹木に比べて長寿で、年輪も細かいと言われています<br><br>これまでのクラブの成長に感謝し、そしてこれからのクラブの成長を祈り、エンブレムを中心として年輪を表現しました<a href="https://twitter.com/hashtag/%E9%B9%BF%E5%85%90%E5%B3%B6%E3%83%A6%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%83%86%E3%83%83%E3%83%89FC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#鹿児島ユナイテッドFC</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/ANGUA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ANGUA</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%B1%8B%E4%B9%85%E5%B3%B6?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#屋久島</a> <a href="https://t.co/FKJxo2Uo3K">pic.twitter.com/FKJxo2Uo3K</a></p>&mdash; 鹿児島ユナイテッドFC (@kagoshimaufc) <a href="https://twitter.com/kagoshimaufc/status/1599962727048704000?ref_src=twsrc%5Etfw">December 6, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.12.07 16:35 Wed
twitterfacebook
thumb

鹿児島が法政大学DF堀江貴大の来季加入内定を発表「J3優勝、J2昇格に貢献できるよう」

鹿児島ユナイテッドFCは6日、法政大学のDF堀江貴大(22)の来季加入内定を発表した。 堀江は大宮アルディージャのジュニアユースから昌平高校へと進学。その後、法政大学へと進学していた。 今シーズンは関東大学サッカーリーグ1部で14試合に出場。背番号は「22」になる。 堀江はクラブを通じてコメントしている。 「この度、2023シーズンから鹿児島ユナイテッドFCに加入することになりました法政大学の堀江貴大です。鹿児島ユナイテッドFCという素晴らしいクラブでプロサッカー選手のキャリアをスタートできることを大変嬉しく思います」 「まず法政大学のスタッフの方々をはじめこれまで自分に携わってくれた指導者の方々、目標に向かって切磋琢磨した仲間たち、一番近くで応援し何不自由なくサッカーに打ち込める環境を作ってくれた家族、すべての方々のおかげで今このスタートラインに立てていることを感謝します」 「そして、1日でも早くファン・サポーターの皆様の前でプレーし、鹿児島ユナイテッドFCのJ3優勝、J2昇格に貢献できるよう全力で闘います!応援よろしくお願い致します」 <span class="paragraph-title">【写真】来季から鹿児島に加入が内定したDF堀江貴大</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">【堀江 貴大 選手 来季加入内定のお知らせ】<br><br>この度、法政大学所属の <a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%A0%80%E6%B1%9F%E8%B2%B4%E5%A4%A7?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#堀江貴大</a> 選手の来季新加入が内定いたしましたのでお知らせいたします。<a href="https://t.co/EqTpFiR9C1">https://t.co/EqTpFiR9C1</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E9%B9%BF%E5%85%90%E5%B3%B6%E3%83%A6%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%83%86%E3%83%83%E3%83%89FC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#鹿児島ユナイテッドFC</a> <a href="https://t.co/l7VauKSKYt">pic.twitter.com/l7VauKSKYt</a></p>&mdash; 鹿児島ユナイテッドFC (@kagoshimaufc) <a href="https://twitter.com/kagoshimaufc/status/1600022959082860545?ref_src=twsrc%5Etfw">December 6, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.12.06 16:15 Tue
twitterfacebook
thumb

鹿児島、今季15GのFW有田光希の契約更新を発表「ユニホームの売り上げに期待しています」

鹿児島ユナイテッドFCは5日、FW有田光希(31)の契約更新を発表した。 新潟県出身の有田は、北越高校から2010年に入団したヴィッセル神戸でプロデビュー。その後は愛媛FC、京都サンガF.C.、ヴァンフォーレ甲府を経て、今シーズンから鹿児島入りを果たした。 新天地で早速ポジションを掴むと、明治安田生命J3リーグで34試合に出場して、15ゴールをマーク。チームは目標としていたJ2昇格を逃したものの、初年度から2桁ゴールを記録する活躍を見せた。 新シーズンもエースとしての活躍が期待される有田。クラブを通じてサポートへの感謝を述べつつ、来季のJ2昇格を誓った。 「愛する鹿児島ユナイテッドFCファミリーの皆さんへ。こんにちは!みんなのありたんです!この度2023シーズンも鹿児島ユナイテッドFCでプレーさせていただく事になりました!」 「改めて、2022シーズンご支援、ご声援頂いたスポンサー様、ファン、サポーターの皆様。皆様と共に目指したJ2昇格という目標を達成出来ず申し訳ありません。最終的に勝ち点1差という惜しい状況かもしれませんが、大きな差だと思っています。この悔しさを忘れず、2023シーズンこそJ2昇格を掴み取り、皆様と笑って終われる一年にする為に全身全霊をかけて戦っていきたいと思います!」 「どんな時も鹿児島ユナイテッドFCに関わる皆さんが明るく前を向いていけるよう、プレーはもちろんピッチ外でも皆さんを引っ張っていきます!そして開幕前のユニホームの売り上げが伸びている事を今から期待しています!どうぞよろしくお願いします!」 2022.12.05 18:23 Mon
twitterfacebook
thumb

鹿児島、今季加入のDF井原伸太郎の退団を発表「幸せで夢のような毎日でした」

鹿児島ユナイテッドFCは5日、DF井原伸太郎(31)の契約満了を発表した。 山口県出身の井原は、2014年に日本経済大学からラオスのラオ・トヨタFCへ加入。2シーズン在籍した後、九州サッカーリーグのJ.FC MIYAZAKI(現ヴェロスクロノス都農)、テゲバジャーロ宮崎を経て、今シーズンから鹿児島でプレーしている。 しかし、新天地ではなかなかポジションを掴むことができず。明治安田生命J3リーグで16試合に出場したものの、先発はわずか5試合にとどまった。 加入からわずか1年で鹿児島を去ることになった井原。クラブを通じて充実の日々を振り返りつつ、サポートへの感謝を述べた。 「今シーズンで鹿児島ユナイテッドFCを退団することになりました。徳重代表、登尾GMはじめチーム関係者の皆さん、鹿児島でプレーするチャンスを与えてくださりありがとうございました」 「素晴らしい環境で毎日トレーニングができて、白波スタジアムで毎試合最高の雰囲気を作ってくれるサポーターの前で試合ができて、鹿児島でプレーしたかった僕にとっては幸せで夢のような毎日でした。個人的には、やれることは全てやりましたが、結果としてはまだまだ足りなかったのかなと感じています。その足りなかった部分を追い求めていきたいなと思います」 「ファン、サポーターのみなさん!今シーズン、ホームでもアウェイでも熱い応援ありがとうございました。来シーズンもどんなときも熱い応援よろしくお願いします。1年間、ありがとうございました。チェスト!!」 2022.12.05 17:37 Mon
twitterfacebook
thumb

鹿児島がYS横浜のFW河辺駿太郎を完全移籍で獲得、今季はJ3で26試合5得点

鹿児島ユナイテッドFCは4日、Y.S.C.C.横浜のFW河辺駿太郎(26)が完全移籍で加入することを発表した。 河辺は大分県出身で、明治大学からドイツの下部リーグへと渡ることに。2020年10月に大分県のジェイリースFCへ加入すると、2021年にYS横浜へと完全移籍で加入した。 2021シーズンは明治安田生命J3リーグで22試合に出場し1得点を記録。今シーズンは26試合で5得点を記録していた。 鹿児島に加入する河辺は両クラブを通じてコメントしている。 ◆鹿児島ユナイテッドFC 「鹿児島ユナイテッドFCに関わる全ての皆様、はじめまして。この度、Y.S.C.C.より加入する事になりました、河辺駿太郎です。鹿児島ユナイテッドFCの一員になれる事を心から嬉しく思います」 「オファーをいただいた際に、クラブのビジョン、目標、フィロソフィー等丁寧に説明していただきました。それら全てに感銘を受け、鹿児島の力になりたいと強く思い、入団を決意しました。鹿児島ユナイテッドFCのJ3優勝、J2昇格に貢献できるよう、勇猛果敢にプレーします」 「これからの皆様との挑戦が楽しみです。地元が大分県という事もあり、再び九州の地でプレーできる事にとてもワクワクしています!1日でも早く皆様に認めてもらえるように、精一杯頑張ります。応援よろしくお願い致します!」 ◆Y.S.C.C.横浜 「Y.S.C.C.に関わる全ての皆様」 「この度、鹿児島ユナイテッドFCに移籍する事になりました。直接、お別れのご挨拶ができない事をお許し下さい」 「まずは、夢であったJリーグの舞台でプレーするチャンスをくれたこのクラブに最大の感謝を伝えたいです。ありがとうございます」 「そして、平素より多大なるサポート、ご支援いただいているパートナー企業様、どんな時も共に闘ってくれたファン、サポーターの皆様、誠にありがとうございました」 「この2年間、Y.S.C.C.の選手としてプレー出来た事を誇りに思います。ニッパツでのデビュー戦、宮崎でのJリーグ初ゴール、勝てない日々とそれを皆で乗り越えて勝利した瞬間など、全てが僕の財産です」 「この決断は簡単ではありませんでした。後悔なく、全てをやり切ったとかそういう清々しさはまるでありません。あのシュートを決めてれば、あのパスを通していればという試合が沢山あり、もっとこのクラブの勝利に貢献したかったのが正直な気持ちです」 「しかし、今までもそうであったように、常に自分の可能性に挑戦し続けたいという気持ちと、成し遂げたい目標の為にこの決断を致しました。Y.S.C.C.を離れても、僕の中で特別なクラブである事は変わりません」 「新たな挑戦、背中を押して応援していただければ幸いです。更に成長した姿を見せられるように、精一杯頑張ります。改めて、2年間ありがとうございました! 2022.12.04 20:15 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly