ポルトガル代表FWゲデスがウォルバーハンプトン移籍! 推定移籍金44.8億円の5年契約

2022.08.09 08:45 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウォルバーハンプトンは8日、バレンシアからポルトガル代表FWゴンザロ・ゲデス(25)の獲得を発表した。契約期間は5年で、背番号は「17」に。イギリス『BBC』によると、取引額は2750万ポンド(約44億8000万円)とみられる。

以前からステップアップを望み、財政難のバレンシア側も適切なオファーが届けば、移籍を容認するスタンスだったゲデス。今夏に同胞のジョゼ・モウリーニョ監督が率いるローマの関心も取り沙汰されたが、最近になり、ウォルバーハンプトン行きの様相を呈している状況だった。

ゲデスは2017年夏にパリ・サンジェルマンから加わって以降、通算178試合で36得点30アシストをマーク。センターフォワードを任されるなどプレーの幅を広げ、昨季は36試合に出場したラ・リーガでキャリアハイの11得点を決め、公式戦でも42試合で13得点という数字を収めた。

ウォルバーハンプトンではメキシコ代表FWラウール・ヒメネスが主砲に君臨するが、プレシーズン中の負傷で先のプレミアリーグ開幕戦を欠場。ストライカーポジションの補強が求められていた。

関連ニュース
thumb

今季1stゴールのグリーリッシュ「周りは移籍金額で僕の話をしがちだけど…」

マンチェスター・シティのイングランド代表MFジャック・グリーリッシュがコメントした。 17日のプレミアリーグ第8節でウォルバーハンプトンのホームに乗り込んだシティ。グリーリッシュは代表ウィーク前最後の一戦に先発すると、開始1分にシーズン第一号となる電光石火の先制弾。それもあって勢いづいたチームは3-0で勝利している。 昨夏の移籍に1億ポンドの巨額を記録とあって、公式戦を通じても6得点に終わった昨季以上の数字が求められるが、今季は開幕からゴール、アシストともになし。にもかかわらず、今月のイングランド代表メンバーに選出され、懐疑的な声もあった。 それもこれも裏返せば期待の表れでもあるが、そうした声を払拭して、イングランド代表の活動に合流を果たす27歳は試合後、イギリス『BT Sport』で喜びを語っている。 「今日は楽しめたよ。久々のゴールだったから。ゴールは昨季のウェストハム戦が最後だったし、今季のスタートラインに立ててよかった。早く決められたね」 また、「もっとゴールを決めて、もっとアシストもしていかないとね。僕にできるのはそれだけ」とも話すと、周囲からの移籍金額と比較して貢献度を評価される風潮にも釘を刺した。 「周りは移籍金額で僕の話をしがちだけど、キャリアを振り返っても、アストン・ビラ時代だってゴールやアシストを量産してきたわけじゃない」 2022.09.18 17:20 Sun
twitterfacebook
thumb

「ゴールやアシストがない状況は時間の問題だった」 周囲黙らす今季初弾のグリーリッシュにペップも満足

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督がイングランド代表MFジャック・グリーリッシュに賛辞の言葉を送った。イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』が報じている。 昨夏に推定移籍金1億ポンドでシティ入りとあって、数字の部分がクローズアップされるグリーリッシュ。トータルで6得点4アシストに終わった昨季以上の結果が求められる今季も開幕から出場した5試合でゴール、アシストともになしだった。 数字的にも目立った活躍なく、今月のイングランド代表メンバーにも入ったことで疑問の声も少なくなかったが、17日に行われたプレミアリーグ第8節のウォルバーハンプトン戦では開始1分に雑音をかき消すゴール。3-0の勝利に貢献した。 このウォルバーハンプトン戦前から擁護のコメントを残すグアルディオラ監督も試合後、喜びの思いを口に。そして、改めて信頼を強調している。 「何度も言っているが、彼らがここにいるのは私が無条件に信頼しているから。私は彼らのことをよくわかっている。ジャックも例外ではない」 「彼はゴールを決め、良いパフォーマンスだった。彼がボールを持つと、常にサイドバックとの一対一に持ち込む。ゴールやアシストがない状況だったが、そんなの時間の問題だった」 「我々がファイナルサードのところでもっと走らせて、彼のためにもっと時間を作ってあげられていなかったんだ。私は感謝される必要なんてない。私は彼ら全員のことを信頼している」 「そして、彼らは彼らのためにプレーしないといけない。もちろん、勝利や彼の信じられないようなパーソナリティを思うと、私は幸せだ。だから、彼のゴールは私も嬉しいよ」 2022.09.18 10:15 Sun
twitterfacebook
thumb

シティが10人ウルブスに3発完勝! グリーリッシュ開始55秒弾にハーランドが公式戦7戦連発《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第8節、ウォルバーハンプトンvsマンチェスター・シティが17日にモリニュー・スタジアムで行われ、アウェイのシティが0-3で勝利した。 前々節はアストン・ビラ相手に痛恨のドローとなったシティ。だが、チャンピオンズリーグ(CL)ではセビージャ、ドルトムントという難敵相手に連勝を飾り、きっちりバウンスバックを果たした。2週間ぶりとなるリーグ戦では曲者ウルブスのホームに乗り込んだ。 中2日と過密日程で臨んだこの試合では先発3人を変更。アケとギュンドアン、マフレズに代わってルベン・ディアス、ベルナルド・シウバ、フォーデンが起用された。 エリザベス女王に対する敬意に溢れる厳かなムードの中でスタートした試合は、いきなり王者がホームチームに牙をむく。 キックオフから50秒過ぎに左サイドからロドリ、デ・ブライネ、フォーデンとスムーズに右サイドへボールが展開される。そして、フォーデンのヒールパスで右サイドの深い位置を取ったベルギー代表MFがGKとディフェンスラインに完璧なグラウンダークロスを届けると、ニアのハーランドには合わずもファーから絞ってきたグリーリッシュがDFをブロックしながら左足で合わせた。 シチズンズの電光石火のいきなり動いた試合は早くも一方的な展開になるかに思われたが、ウルブスも失点直後には流れるような相手陣内での繋ぎからボックス左で仕掛けたゴンサロ・ゲデスがGKエデルソンを脅かすシュートを放つなど、ボールは握られながらも反撃の姿勢を示す。 しばらく受けに回る時間が続いたアウェイチームだが、絶好調の怪物がこの試合でも決定的な仕事を果たす。 16分、相手陣内左のハーフスペースでベルナルド・シウバからパスを受けたハーランドはそのままドリブルで内側に切り込むと、ファーを匂わせながら利き足とは逆の右足のグラウンダーシュートをゴール左隅のブラインドサイドに流し込んだ。なお、これで公式戦7試合連発のノルウェー代表FWは、加入からアウェイゲーム4試合連発となりプレミアリーグ記録を樹立している。 今季ここまで複数得点がない相手に対して、この2点目で大きく勝利に近づいたシティだが、安定したボールポゼッションに加えてネガティブトランジションも徹底されて全く隙を与えない。 すると、33分にはウルブスDFコリンズがグリーリッシュに対して足裏を見せた危険なキックを腹部に見舞い、一発退場。数的優位まで手にした。その後、やや省エネモードに切り替えたシティは危なげなくゲームをコントロールし、2点リードで試合を折り返した。 後半はラージ監督のハーフタイムの強烈な檄もあってか、ウルブスが数的不利を感じさせないアグレッシブな戦い方をみせ、押し込む入りに。しかし、ゲデスやポデンセらの最後の局面での精度が足りず、決定機まであと一歩という状況が続く。 一方、後半は失点こそないものの、思ったような戦い方ができないシティ。ピッチサイドのグアルディオラ監督も強い口調でピッチ内の選手に改善を要求する そういった中、ハーランドの中央突破で最初の決定機を作り出すと、直後の69分には右サイドに流れたハーランドのキープから深い位置に抜け出したデ・ブライネが再び高精度のグラウンダークロスを供給。今度はニアに飛び込んだフォーデンが右足でうまく合わせてゴール左下隅へ流し込んだ。 この3点目で勝利を決定づけたアウェイチームは、フォーデン、デ・ブライネら主力を下げて控え選手を次々に投入。アルバレスとハーランドの2トップに、ストーンズを中盤で起用するなど、今後に向けたオプション構築を意識した戦い方にシフトした。 その後、ウルブスに一矢報いることを許さずに試合をクローズしたシティが、リーグ2試合ぶりの白星を飾ってインターナショナルマッチウィークの中断期間に入ることになった。 2022.09.17 22:24 Sat
twitterfacebook
thumb

ウルブス痛恨…デビュー戦で負傷のカライジッチに9カ月離脱見通し

ウォルバーハンプトンで新たな一歩を踏み出した矢先にケガを負ってしまったオーストリア代表FWサーシャ・カライジッチだが、今季中に復帰できれば良い方なのかもしれない。 シュツットガルトでの3シーズンを経て、今夏の移籍マーケット最終盤に基本移籍金1800万ユーロ(約25億7000万円)+ボーナスでウォルバーハンプトンに移ったカライジッチ。身長2mのサイズを誇るストライカーで、プレミアリーグ史上でも5番目の長身選手として大きな注目を集めた。 メキシコ代表FWラウール・ヒメネスに代わるターゲットマンとして期待されるなか、3日にホームで行われたプレミアリーグ第3節のサウサンプトン戦でさっそく先発入りし、新天地デビュー。しかし、ハーフタイムに交代を余儀なくされ、後にヒザの前十字じん帯損傷が判明している。 そして、クラブからの続報によると、カライジッチは6日に手術を受け、無事に成功。リハビリの初期段階に入ったが、同じようなケガの前例からしても復帰までに術後9カ月前後を要する見込みだという。 なお、同じくケガで離脱中のラウール・ヒメネスに関しても復帰までにまだ数週間を要する見通し。そうした事情もあって、ウォルバーハンプトンはフリーだった元スペイン代表FWジエゴ・コスタの獲得を決めている。 2022.09.17 09:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ウルブス加入のジエゴ・コスタがプレミア復帰に感激「常に世界最高のリーグだと思っていた」

ウォルバーハンプトンに加入した元スペイン代表FWジエゴ・コスタが、プレミアリーグ再挑戦への意気込みを語った。 今年1月にアトレチコ・ミネイロとの契約を解除して以降、フリーの状態が続いたジエゴ・コスタ。ウルブス加入を巡っては就労ビザ申請が通らず、一時は破談の可能性もあった。 だが、クラブの異議申し立てが実り、晴れてウルブス移籍が決定。12日に公式発表され、4年半ぶりにプレミアリーグに復帰することになった。 ウルブスについては優秀な選手が揃い、ポルトガル人が多く在籍していることが加入の理由になったと評価したジエゴ・コスタ。しかし、やはりもう一度プレミアリーグでプレーする野望があったようだ。 「ここはフットボールが何たるかを知る素晴らしい選手が揃う一流のクラブだ。なにより、もう一度プレミアリーグでプレーするチャンスであることが一番大きかった」 「テクニカルな面や選手の質という観点だけでなく、ポルトガル人が多く在籍していることが移籍をスムーズに進めてくれたし、適応することもずっと簡単だと思う」 「常にプレミアリーグが世界最高のリーグだと思っていた。リーグの雰囲気も良いし、試合のレベルも優れている。満員のスタジアムは素晴らしいし、ピッチコンディションも完璧だ。選手間でリスペクトし合っているところもね」 「自分がフィジカル的にもメンタル的にもこの新しいチャレンジの用意ができているかを考えた。難しいだろうが、メンタル的には問題ない」 「肉体的や精神的なレベルでは、本来の調子にもどるのに2~3週間はかかるだろう。しばらく何もしていないからそれは当たり前だ。でも、できると信じているよ」 なお、ウルブスでは、今夏にシュツットガルトから獲得したサーシャ・カライジッチがデビュー戦で十字じん帯損傷の重傷を負ってしまっていた。 2022.09.13 20:40 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly