エンポリがアタランタのFWラマースをレンタルで獲得…昨季はフランクフルトでプレー

2022.08.07 18:45 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
エンポリは7日、アタランタのオランダ人FWサム・ラマース(25)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。

ラマースは、ヴィレムⅡやPSVの下部組織で育ち、2015年にプロ契約。セカンドチームのヨングPSVでプレーしていた中、2017年7月にファーストチームに昇格した。

2018年6月からはヘーレンフェーンへとレンタル移籍。2020年9月にアタランタへと完全移籍すると、昨シーズンはフランクフルトへとレンタル移籍を経験していた。

フランクフルトではブンデスリーガで15試合に出場し1ゴールを記録。ヨーロッパリーグでも7試合に出場し1ゴールを記録し、優勝に貢献していた。

なお、世代別のオランダ代表を経験している。


関連ニュース
thumb

後半ATに合計3ゴール! 見事に勝利したミラン指揮官「意志と精神の勝利だ」

ミランのステファノ・ピオリ監督が、エンポリ戦を振り返った。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えた。 1日、ミランはセリエA第8節でアウェイでエンポリと対戦した。 そのミランは代表戦で選手が負傷。さらに、この試合でもMFアレクシス・サーレマーケルス、DFダビデ・カラブリア、DFシモン・ケアーが負傷交代する不運に。手負の状況となってしまった。 それでも79分にラファエル・レオンが先制ゴールを記録。逃げ切るかと思われたが、アディショナルタイムにエンポリにゴールを奪われ、追いつかれてしまう。 それでも諦めなかったミランは、94分にフォデ・バロ=トゥーレのゴールで勝ち越すと、97分にはレオンが2点目を奪い勝負有り。終盤の劇的ゴールで1-3で勝利を収めた。 試合後、ピオリ監督は「意志と精神の勝利だ」と語り、中断前の前節でナポリに1-2で敗れ、久々の黒星を喫していただけに、しっかりと勝ちたかったとコメントした。 「とても長い間負けなしだった中、ナポリに負けたのだから、良いスタートを切ることが重要だった」 「エンポリは我々に困難をもたらし、負傷者が出たことで連係が欠けてしまった」 「私は偏見を持っているが、選手たちはいつも私を興奮させ、それが私がいつも経験している素晴らしいことだった」 また、ケガ人が試合中も続出しているミラン。こういったことは起こりうるとし、良い選手がたくさんいることは良いことだとした。 「これはグループの勝利だ。我々には結束力があり、意思のある集団だ」 「忙しいシーズンにはケガはつきものだが、これだけ多くの選手がいて、全員が揃って、しかも正しい状態で臨めるというのは幸運なことだ」 <span class="paragraph-title">【動画】後半ATに合計3ゴールの劇的展開!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="0OzLdMfhNKQ";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.10.02 10:55 Sun
twitterfacebook
thumb

負傷者続出ミラン、代役たちの活躍でエンポリに劇的勝利《セリエA》

ミランは1日、セリエA第8節でエンポリとのアウェイ戦に臨み、3-1で競り勝った。 代表ウィーク前の前節、ナポリに屈した5位ミラン(勝ち点14)は、代表戦で負傷した守護神メニャンに代わってGKタタルサヌ、テオ・エルナンデスに代わってバロ・トゥーレを起用した。 14位エンポリ(勝ち点7)に対し、立ち上がりからミランが押し込む展開とすると、7分に好機。右サイドに流れたレオンのクロスをジルーがヒールで合わせたシュートがわずかに枠を外れた。 さらに21分、レオンの突破からサーレマーケルスが決定的なシュートを放つも、こちらもわずかに枠を捉えきれず。 前半半ば以降、サーレマーケルス、カラブリアが負傷交代となったミランはハーフタイムにかけては攻めあぐね、ゴールレスで前半を終えた。 迎えた後半、押し込まれる入りとなったミランは主導権を握れない状況が続く。 そして後半半ばにはケアーも負傷交代となったミランは、74分に大ピンチ。トナーリがバイラミとの競り合いで負けて独走を許し、GKと一対一に。しかしシュートはGKタタルサヌが好守で救った。 すると79分にミランに先制弾。レオンがロングスローを受けてボックス右に侵入。クロスを送り、途中出場のレビッチが押し込んだ。 終盤にかけてはエンポリに好機を許さずに逃げ切れるかに思われたが、追加タイム2分に落とし穴。ボックス手前左で許したFKをバイラミに直接決められた。 しかし直後、ミランに劇的ゴールが生まれる。ラフなボールをクルニッチがヘッドで落とし、ゴール前に詰めていたバロ・トゥーレが押し込んだ。 そしてレオンがロングカウンターから3点目を決めたミランが苦しみながらも勝利。バックアッパーたちの活躍で白星を取り戻し、チャンピオンズリーグのチェルシー戦に臨むことになった。 2022.10.02 05:46 Sun
twitterfacebook
thumb

「7分間のATは永遠に感じる」逃げ切り勝利のモウリーニョ監督、1点差の長いアディショナルタイムに言及

ローマのジョゼ・モウリーニョ監督が、エンポリ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 前節のウディネーゼ戦、そしてヨーロッパリーグ(EL)のルドゴレツ戦と公式戦で連敗していたローマ。12日には、セリエA第6節でエンポリと対戦した。 試合は17分にパウロ・ディバラのゴールで先制。しかし、43分にフィリッポ・バンディネッリのゴールで追いつかれる。 勝ち越す必要があったローマは、71分にタミー・エイブラハムがゴール。1-2で勝ち越し、勝利を収めた。 モウリーニョ監督は、試合後にどうしても勝つ必要があったとコメント。 「我々はリーグ戦の最後の試合(ウディネーゼ戦)で負けていた。もっとドラマチックに言うなら、ここ2試合で負けていたた。そして3つめの負けを記録することは、メンタル的にも数学的にも難しかっただろう。なぜなら、リーグ戦に必要な3ポイントを取ったからだ」 「良いチーム、良いプレーをするチーム、すでに良いプレーをしていて、他にもクオリティの高い選手がいる」 「前半の守備でも、ゴールのチャンスでも、多くのものを与えてはいけないという難しい試合だった」 「2-1の後、我々はPKだけでなく、試合を終了させる必要もあったが、終わらなかった」 「2-1で勝っているチームにとって、7分間のアディショナルタイムは永遠に感じる。しかし、2敗した後だったので、勝つことが重要だった。今は木曜日のことを考えている」 2022.09.13 13:33 Tue
twitterfacebook
thumb

エイブラハムの復帰弾で逃げ切ったローマが公式戦3試合ぶりの白星!《セリエA》

ローマは12日、セリエA第6節でエンポリと対戦し2-1で勝利した。 前節のウディネーゼ戦で今季初黒星を喫したローマが、4戦連続ドロー中のエンポリのホームに乗り込んだ一戦。 ミッドウィークに行われたヨーロッパリーグ(EL)でルドゴレツ(ブルガリア)に敗戦したローマは、その試合から先発を3人変更。ベロッティ、ザレフスキ、GKスヴィラールに代えて負傷明けのエイブラハムやスピナッツォーラ、GKルイ・パトリシオを起用した。 リーグ戦初勝利を狙うエンポリに対し、ローマは7分にチェリクの右クロスをゴール前でエイブラハムが競り合うと、こぼれ球をディバラがシュート。しかし、これは右ポストに弾かれた。 チャンスを逃したローマだったが17分、マンチーニの右クロスのこぼれ球をペナルティアーク手前で拾ったディバラが左足一閃。見事なコントロールショットがゴール左に突き刺さった。 幸先良く先制したローマだが、23分にピンチを迎える。パリージの左クロスをゴール前のサトリアーノが頭で合わせられたが、これは左ポストに救われた。 その後は膠着状態が続いたが、ローマは前半終了間際に失点する。43分、ピアツァのサイドチェンジを右サイドで受けたストヤノビッチがアーリークロスを供給すると、ワンバウンドしたボールを走りこんだバンディネッリが頭でゴールに突き刺した。 1-1で迎えた後半、ローマは開始早々に左CKの二次攻撃からチャンスを作る。49分、左CKのこぼれ球を拾ったマティッチのパスをボックス右で受けたペッレグリーニがクロス。これをイバニェスが頭で合わせたが、シュートはゴールカバーに入ったパリージにクリアされた。 互いになかなかシュートまで持ち込めない展開の中、ローマは70分にピンチ。ドリブルで中央を持ち上がったアクパ・アクプロのスルーパスからサトリアーノに決定機を作られたが、シュートははゴール左に逸れた。 ローマは直後71分、右サイドを持ち上がったディバラのクロスをファーサイドに走りこんだエイブラハムが右足ボレーで流し込み、勝ち越しに成功。 さらに77分には、敵陣でルーズボールを拾ったイバニェスがドリブルで持ち上がると、ボックス右でカカーチェに倒されてPKを獲得。しかし、ペッレグリーニのPKはクロスバーを叩き3点目のチャンスを逸した。 嫌な流れになりそうだったが、ローマに追い風。85分、相手の左クロスをヘディングでクリアしようしたスモーリングと、足を高く上げた状態でクロスを受けようとしたアクパ・アクプロが交錯。すると、VARの末にアクパ・アクプロにレッドカードが提示された。 数的優位となったローマは終盤、ホームで意地を見せたいエンポリの猛攻を受けたが、集中した守りでこれをシャットアウト。エイブラハムの復帰弾で逃げ切ったローマが公式戦3試合ぶりの白星を飾った。 2022.09.13 05:45 Tue
twitterfacebook
thumb

ユーベで構想外のピアツァがエンポリにレンタル

エンポリは1日、ユベントスから元クロアチア代表FWマルコ・ピアツァ(27)を買い取り義務付きの1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 2016年にディナモ・ザグレブからユベントスに加入したピアツァ。しかし、前十字じん帯を断裂するなど大きなケガにも見舞われ、ユベントスでは主力に定着できず、シャルケやフィオレンティーナ、アンデルレヒトにジェノア、トリノとレンタル移籍を繰り返していた。 昨夏にレンタルで加入したトリノではセリエA24試合に出場し、3ゴールを記録。クラブ間の契約では一定の出場数をクリアした場合、買い取り義務が発生することになっていたが、最終的に今夏ユベントスにレンタルバックしていた。 2022.09.01 22:39 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly