フランクフルト、アタランタから新9番ラマースをレンタル!

2021.09.01 00:25 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フランクフルトは8月31日、アタランタからオランダ人FWサム・ラマース(24)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は「9」に決定した。

ヴィレムIIやPSVの下部組織で育ったラマースは、2016-17シーズンに19歳でトップチームデビュー。191㎝のターゲットマンでありながら、スピードや足元の技術や戦術理解にも長けたモダンなストライカー。2018-19シーズンにレンタルで加入したヘーレンフェーンでは、リーグ戦31試合で16ゴール5アシストを記録した。

その後、昨夏に加入したアタランタでは加入直後のリーグ戦で2試合連続ゴールを挙げるなどブレイクの兆しを見せたものの、加入1年目は公式戦17試合2ゴールの数字に留まっていた。


関連ニュース
thumb

ブンデス公式が11月の月間新人賞候補を発表、シュツットガルト・伊藤洋輝もノミネートされる

ブンデスリーガ公式サイトは7日に11月度月間新人賞候補を発表、シュツットガルトのDF伊藤洋輝(22)がノミネートされた。 伊藤は11月に行われたブンデスリーガの3試合にフル出場。11月26日第13節のマインツ戦では、的確な攻め上がりから加入後初ゴールも記録した。 シュツットガルトは11月の成績が1勝2敗、3得点4失点と決して好調だった訳ではない。その中でも伊藤は対人守備で力を発揮し、デュエルの勝率は69%を記録。ファウル数はゼロという、クリーンなディフェンスを見せている。 また、1試合平均のボールタッチ数は96回で、得意としている左足のフィードから好機を演出した。パス成功率は87%を記録し、スプリントの最高速度は時速34.1kmをマーク。マインツ戦においては先述の通り、勝利につながる価値あるゴールも決めている。伊藤にとっても自身が出場したリーグ戦としては、初めての白星でもあった。 試合後には指揮官も新人レフティーを高く評価。「伊藤は非常によくやっている。彼は非常に安定していて、良いボールプレーをし、よく守っている。彼が今日得点したのは偶然ではない」と、手放しで賛辞を送っている。 なお、その他のノミネート選手は、フランクフルトの3連勝に貢献したデンマークの新星FWイェスパー・リンドストローム(21)。今季からドルトムントに加入し、シュツットガルト戦でのブンデスリーガ初ゴールを含む2得点を挙げたオランダ代表FWドニエル・マレン(22)となっている。 チーム成績などを踏まえた客観的な印象では、伊藤は他の2名によりは劣るかもしれない。だが、ブンデスの屈強な攻撃陣を相手に絶大なインパクトを残したのも事実。否が応でも受賞の期待は高まってしまうだろう。 <span class="paragraph-title">【動画】伊藤を含むブンデスリーガ11月新人賞候補紹介映像</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="de" dir="ltr">Wer wird der <a href="https://twitter.com/hashtag/BLRookie?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#BLRookie</a> des Monats November - <a href="https://twitter.com/jobbe2902?ref_src=twsrc%5Etfw">@jobbe2902</a>, Donyell <a href="https://twitter.com/hashtag/Malen?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Malen</a> oder Hiroki <a href="https://twitter.com/hashtag/Ito?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Ito</a>? <a href="https://twitter.com/Eintracht?ref_src=twsrc%5Etfw">@Eintracht</a> <a href="https://twitter.com/BVB?ref_src=twsrc%5Etfw">@BVB</a> <a href="https://twitter.com/VfB?ref_src=twsrc%5Etfw">@VfB</a> <br><br>Jetzt abstimmen! <a href="https://t.co/Gr6xcsROKR">https://t.co/Gr6xcsROKR</a> <a href="https://t.co/QH4PavHdEr">pic.twitter.com/QH4PavHdEr</a></p>&mdash; BUNDESLIGA (@Bundesliga_DE) <a href="https://twitter.com/Bundesliga_DE/status/1467871450694500358?ref_src=twsrc%5Etfw">December 6, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【動画】伊藤洋輝が待望のブンデスリーガ初ゴール!</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="f8gvLO1yySk";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.12.07 21:35 Tue
twitterfacebook
thumb

鎌田&長谷部先発フランクフルト、ホッフェンハイムに逆転負けで5戦ぶり黒星《ブンデスリーガ》

フランクフルトは4日、ブンデスリーガ第14節でホッフェンハイムとのアウェイ戦に臨み、2-3で敗れた。フランクフルトのMF鎌田大地は68分までプレーし、DF長谷部誠はフル出場している。 前節ウニオン・ベルリンに後半追加タイム弾で勝利した12位フランクフルト(勝ち点18)は、鎌田と長谷部が引き続きスタメンとなった。 5位ホッフェンハイム(勝ち点20)に対し、[3-4-2-1]で臨んだフランクフルトは鎌田が2シャドーの一角で、長谷部が3バックの中央でスタートした。 そのフランクフルトは15分に先制する。CKの流れからリンドストロームの鋭いクロスをボレが頭で合わせた。 しかし24分、ガイガーに見事なコントロールシュートを決められて試合を振り出しに戻されると、30分に逆転されてしまう。 ロングカウンターを受けた流れから最後はラターに押し込まれた。 迎えた後半、フランクフルトがペースを握り始めていたが、59分に3失点目。長谷部のミスパスからカウンターを受け、最後はサマセクにシュートを決められた。直後はオフサイド判定が下ったものの、VARが入り長谷部の足が残っていたためゴールが認められてしまった。 結局、72分にパシエンシアが一矢報いたフランクフルトだったが、2-3で敗戦。リーグ戦5試合ぶりの黒星となった。 2021.12.05 01:35 Sun
twitterfacebook
thumb

フランクフルトSD、来月で38歳の長谷部誠を称賛 「チームの中で最高の選手」

フランクフルトのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるマルクス・クレシェ氏が、元日本代表MF長谷部誠を称賛した。ドイツ『キッカー』がコメントを伝えている。 フランクフルトでの8シーズン目を過ごしている長谷部。今季はオリヴァー・グラスナー新監督の下、序盤はなかなか出番が与えられなかったものの、10月以降は出場機会を増やし、第12節では同メディアによるブンデスリーガベストイレブンにも選出。ここまで公式戦11試合に出場し、3バックの一角としてチームを支えている。 その長谷部を、今シーズンからクラブに加わったクレシェ氏が「チームのカギ」であると手放しで称賛。豊富な経験を活かしたチームメイトへのコーチングについても言及している。 「誠はチームの中で最高の選手の1人だ。特にビルドアップの面ではすばらしい役割を果たしている。ここ数週間、彼は我々のサッカーのカギとなっているよ」 「彼は非常に知的で、経験豊富な選手だ。自分が長所を出せるように、他の選手たちを上手くコーチングしている」 「それに、さまざまな状況をよく予測している。彼はチームを前進させてくれるのだ」 来月には38歳を迎える長谷部。チームは現在リーグ12位に低迷しているが、ここからの巻き返しに貢献できるだろうか。 2021.12.01 20:58 Wed
twitterfacebook
thumb

「常軌を逸している!」フランクフルトの長谷部誠がラストプレーでの劇的勝利に興奮「今はクタクタ」

フランクフルトのMF長谷部誠が、ウニオン・ベルリン戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 28日、ブンデスリーガ第13節でフランクフルトはウニオン・ベルリンをホームに迎えた。 フランクフルトのMF鎌田大地とDF長谷部誠はフル出場、ウニオンのMF原口元気は58分までプレーした。 試合は、22分にジブリル・ソウのゴールでフランクフルトが先制。一方で、62分にPKをマックス・クルーゼに決められ、1-1のまま試合は推移する。 試合はタイスコアのまま終盤へ。後半アディショナルタイムに入り、1-1のまま終わると思われたラストプレーで、左からの鋭いクロスをあがっていたエヴァン・エンディカがヘッド。これが決まり、フランクフルトが土壇場で勝ち越して勝利を収めた。 劇的なラストプレーでの勝利を試合後に長谷部がコメント。ハードワークした結果が実ったことを喜んだ。 「常軌を逸している!90分間、サッカー的にもフィジカル的にもとても上手くいきました。最終的には勝利が重要です」 「今はクタクタですが、まだまだプレーできます。大切なのは、仕事を続けていくことです」 <span class="paragraph-title">【動画】起死回生! ラストプレーでの劇的ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="QddplppDTec";var video_start = 96;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.11.29 10:40 Mon
twitterfacebook
thumb

鎌田&長谷部フル出場のフランクフルト、ラストプレー弾で原口先発のウニオン撃破《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第13節、フランクフルトvsウニオン・ベルリンが28日に行われ、2-1でフランクフルトが勝利した。 フランクフルトのMF鎌田大地とDF長谷部誠はフル出場、ウニオンのMF原口は58分までプレー、MF遠藤渓太はベンチ入りしなかった。 前節、3位と好調なフライブルクとのアウェイ戦をシャットアウトで制し、リーグ戦3勝目を挙げた11位フランクフルト(勝ち点15)は、3日前に行われたヨーロッパリーグのアントワープ戦を2-2の引き分けに持ち込み、決勝トーナメント進出を決めた。この試合でゴールを決めた鎌田、そして長谷部が引き続き先発となった。 一方、前節ヘルタ・ベルリンとのダービーを制した5位ウニオン(勝ち点20)は原口が引き続きスタメンとなった。 開始7分にボレがネットを揺らしたもののわずかにオフサイドに阻まれたフランクフルト。直後、長谷部のミスからアウォニーに決定的なシュートを許したが、フランクフルトがポゼッションする展開で推移する。 そのフランクフルトは22分に押し切る。ショートコーナーの流れからソウがコントロールシュートを流し込んだ。 さらに25分、コスティッチの左クロスから鎌田のヘディングシュートがバーに直撃したフランクフルトは、続く29分にもCKからヤキッチが決定的なダイビングヘッドを放った。 攻め込み続けるフランクフルトは41分、コスティッチの左クロスからボレが合わせる決定機を演出するも、1-0で前半を終えた。 迎えた後半もフランクフルトが押し込む中、58分に原口がピッチを後に。すると60分、ウニオンがPKを獲得する。アウォニーがボックス内でエンディカに倒された。このPKをクルーゼが決めてウニオンが追いついた。 同点後もフランクフルトがコスティッチを起点に攻め込み続ける中、70分にはパシエンシアのボレーシュートが枠を捉えるも、GKルセのセーブに阻まれた。 そして5分の追加タイムがあった中、ラストプレーでフランクフルトが勝ち越す。コスティッチの左クロスからエンディカがヘッドでねじ込んだ。このままタイムアップを迎え、フランクフルトがELに続き、追加タイム弾でのゴールで勝利を手にしている。 2021.11.29 01:36 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly