アタランタ、PSVからオランダ人ストライカー、サム・ラマースを獲得!

2020.09.22 17:40 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アタランタは22日、オランダ人FWサム・ラマース(23)をPSVから獲得したことを発表した。オランダメディアによると、移籍金は1000万ユーロ(約12億2800万円)程度。ヴィレムIIやPSVの下部組織で育ったラマースは、19歳だった2016-17シーズンにトップチームデビュー。そのシーズンのエールディビジでは5試合に出場し、2試合連続ゴールを決めている。

189㎝の長身を生かしたプレーが特徴でありながら、足元の技術や戦術理解に長けたモダンなセンターFW。フィニッシュの精度も一流で、18-19シーズンにレンタルで加入したヘーレンフェーンでは、リーグ戦31試合で16ゴール5アシストを記録した。

昨季はPSVに復帰したものの、ヒザのケガで長期離脱を強いられ、公式戦出場は10試合にとどまった。

また、各世代のオランダ代表にも名を連ねた逸材で、U-21では11試合3ゴール、U-19では14試合で10ゴールをマークしている。
コメント
関連ニュース
thumb

吉田フル出場のサンプドリアが強豪アタランタを下して3連勝!《セリエA》

セリエA第5節、アタランタvsサンプドリアが24日に行われ、1-3でサンプドリアが勝利した。サンプドリアのDF吉田麻也はフル出場している。 前節ナポリ戦ではまさかの4失点完敗を喫し、開幕からの連勝が3で止まったアタランタ。ただ、3日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ではミッティラン相手に自慢の攻撃力が炸裂して4-0の快勝を飾った。そのアタランタはミッティラン戦のスタメンから7選手を変更。D・サパタやゴセンズ、ハテブールにフロイラーら主力がベンチスタートとなった。 対するサンプドリアは前節ラツィオ戦を3-0と快勝し2連勝。連勝に貢献した吉田は3試合連続スタメンとなった。 [3-5-2]で臨んだアタランタは2トップにイリチッチとラマース、トップ下にアレハンドロ・ゴメスを据えた。 そのアタランタが押し込む展開としていたが、サンプドリアが13分に先制する。カウンターの流れからダムスゴーアのパスを受けたクアリアレッラがボックス左に侵入し、DFを外してシュート。左足で放たれた強烈なシュートがネットを揺らした。 引き続き押し込むアタランタは21分にイリチッチが枠内シュートを放つも、自陣に引くサンプドリアを崩すことができない。 すると41分、ダムスゴーアがボックス右から折り返したクロスがモヒカの手に当たると、VARの末にハンド判定となり、サンプドリアにPKが与えられる。しかし、キッカーのクアリアレッラが枠の左上を狙ったシュートはGKスポルティエッロに止められ、サンプドリアは前半を1点のリードで終えた。 迎えた後半、アタランタは3枚替えを敢行する。D・サパタ、ゴセンズ、トロイと主力を投入。吉田はD・サパタとのマッチアップとなった。 そのアタランタの攻勢を受け止めるサンプドリアは59分に加点する。ボックス手前右のヤンクトのクロスをゴールエリア左に飛び込んだトールスビーがダイビングヘッドで押し込んだ。 集中した守備でアタランタに付け入る隙を見せずにいたサンプドリアだったが、76分にPKを献上する。サパタに対してケイタの足が身体に入ってしまった。 このPKをサパタが決めて1点差に詰め寄ったアタランタだったが、追加タイムにヤンクトがダメ押しゴールを奪ったサンプドリアが勝利し、3連勝としている。一方のアタランタはリーグ戦2連敗となった。 2020.10.24 23:54 Sat
twitterfacebook
thumb

【CLグループD展望】一昨季王者リバプールにアヤックスとアタランタが挑む!初出場ミッティランには関門に

2020-21シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)グループステージが10月20日に開幕する。21日に第1節を迎えるグループDは、一昨シーズンの王者リバプールや、そのシーズンにベスト4入りしたアヤックス、さらには昨季のベスト8アタランタなど、リバプールを本命に、以下2チームがどこまで勝ち点を積めるかという展開が予想される。本戦初出場のデンマーク王者ミッティランにとっては非常に厳しいグループとなってしまったが、どこまで食い下がれるか。 ◆編集部予想 ◎本命:リバプール ○対抗:アタランタ △連下:アヤックス ☆大穴:ミッティラン ◆GS突破は至上命令! 見据えるはビッグイヤーのみ~リバプール~<div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/Get20201019_14_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> グループDの大本命に位置付けられるリバプール。一昨シーズンに同大会を制覇し、昨シーズンには30年ぶりにイングランドの頂に立った。現フットボール界の最強チームとの呼び声も高い中、今季リーグ戦では、第4節のアストン・ビラ戦で2-7という歴史的大敗を喫する一幕も。 燃え尽き症候群も指摘する声もあるが、今夏はバイエルンからMFチアゴ、ウォルバーハンプトンからFWジョッタを獲得し、不動のメンバーに新たな風が吹き込むことになった。とりわけチアゴは、改めて二冠以上を目指すチームに百戦錬磨の経験値を与えるとともに、リバプールに欠けていた生粋のパサーとして、チーム内外から大きな期待が寄せられている。 しかし懸念材料はDFファン・ダイクの怪我。直近のプレミアリーグのエバートン戦で足を挟まれる形でヒザを負傷。手術を余儀なくされ、離脱期間は半年以上とも言われており、グループステージはおろか、たとえ勝ち進んでも決勝トーナメントもろくに戦えない困難な状況になってしまった。実際にエバートン戦ではファン・ダイクの交代以降、クロスへの対応ミスから失点を重ねており、オランダ代表DFの不在は大きな戦力ダウンになることが証明されている。 ◆2年目のCL挑戦、昨季のベスト8超えなるか~アタランタ~<div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/Get20201019_14_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> アタランタは智将ガスペリーニ監督の下、初出場だった昨シーズンにベスト8進出という偉業を成し遂げた。ラウンド16ではバレンシアを合計スコア8-4で粉砕。準々決勝では決勝まで進んだパリ・サンジェルマン(PSG)に敗れてしまったものの、堂々の成績を残しイタリアに凱旋した。そして、今季のセリエAでも勢力は衰えず、開幕3試合までで13ゴールと自慢の攻撃陣が躍動し、快調なスタートを切っている。 今夏の移籍市場の動きとしては、主力MFパシャリッチを完全移籍に切り替えたほか、攻撃的MFのミランチュクや、FWサム・ラマースを補強。前者はハムストリングのケガで未デビューのままだが、後者はリーグ戦4試合で途中出場しており、2ゴール決めている。そのほか、ユベントスからDFロメロ、サンプドリアからDFデパオリをレンタルしている。 一方で、DFカルダーラが左ヒザの手術で10月から最大3カ月の離脱が決定。昨年の初出場から2大会連続の参加となるアタランタ。マンチェスター・シティやディナモ・ザグレブと同居した前回大会よりも厳しい戦いが予想されるが、果たして昨季の成績を超えることは出来るだろうか。直近のナポリ戦で1-4の大敗を喫したことは気がかりだが、初戦のミッティラン戦で良いスタートを切りたいところだ。 ◆新たな才能を見出し、2年前の再現を~アヤックス~<div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/Get20201019_14_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 2シーズン連続でエールディビジを制覇し、11大会連続の出場となったアヤックス。上述したように一昨シーズンの同大会ではベスト4という見事な成績を残したが、当時のメンバーはごっそり引き抜かれ、今夏もMFツィエクやMFファン・デ・ベーク、DFデストを放出。明らかに2年前からは戦力ダウンしている。 それでも、今夏は新たな若手新戦力を補強。同組のミッティランとデンマークで鎬を削るノアシェランから獲得したガーナ代表MFモハメド・クドゥスは、昨季はティーンエイジャーながらリーグ戦21試合で9ゴールを記録。アヤックス加入後の今季も、3試合で1ゴール3アシストを記録している。また、ブラジルのサンパウロからは、U-23ブラジル代表FWアントニーを獲得。オランダではすでに5試合で3ゴールを挙げており、大器を予感させている。 なお、チームはここまでエールディビジ5試合を終えて4勝1敗と上々の滑り出し。大会初戦のリバプール戦が、現アヤックスの力量を計る試金石となりそうだ。 ◆初出場のデンマーク王者、強豪3チームを前に劣勢模様~ミッティラン~<div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/Get20201019_14_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 大会初出場のミッティラン。昨季は26勝4分け6敗という成績で、2位のコペンハーゲンに勝ち点差「14」つけ、2シーズンぶりのリーグ優勝を成し遂げた。率いたのは昨年8月に就任したブライアン・プリスケ監督。現役時代にはデンマーク代表でもプレーした人物で、前任者の解任に伴いアシスタントコーチから昇格すると、1年目でリーグ制覇に導いた。 注目選手は、今夏に4年ぶりに復帰したデンマーク代表MFピオネ・シスト。この4年間はセルタに在籍し、通算135試合で18ゴール14アシストをマークした。今季はここまで5試合で2ゴール1アシストを記録中だ。また、各年代の同代表に名を連ねてきた22歳のMFアンドレス・ドレイヤーも必見。右ウイングから切り込むドリブラーで、今季はここまで2ゴール2アシストの成績を残している。 だが、やはりこのグループでは実力が劣るのは事実。予選では見事に2回戦から3連勝で本戦出場を決めたが、まずは1勝することが目標か。 2020.10.21 18:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ロサーノ2発にオシムヘン移籍後初弾のナポリがアタランタを4発粉砕!《セリエA》

セリエA第4節、ナポリvsアタランタが17日に行われ、4-1でナポリが圧勝した。 前節ユベントス戦ではチーム内にコロナ陽性者が出たことでトリノへの遠征ができず、ドタキャンとなってしまったナポリ。まずい対応で不戦敗扱いとなった上に勝ち点1剥奪となった中、新戦力のバカヨコを先発で起用。[4-2-3-1]で臨み、最前線にオシムヘン、2列目に右からポリターノ、メルテンス、ロサーノを据えた。 対するアタランタは前節、カリアリ相手に5発圧勝とし、開幕3連勝スタート。こちらも新戦力のデパオリが右サイドでデビューを飾り、前線は2トップにD・サパタと、鬱病を患っていたと報じられていたイリチッチが復帰し、トップ下にアレハンドロ・ゴメスが入った。 マンツーマン気味にハイプレスをかけてくるアタランタに対し、ナポリが良い入りを見せると、4分にロサーノが決定的なシュートを放てば、11分にはオシムヘンが枠内シュートを浴びせていく。 そして23分に押し切った。ポリターノのスルーパスでボックス右深くまで侵入したディ・ロレンツォのクロスをファーサイドのロサーノが押し込んだ。 さらに27分、ナポリが追加点を奪いきる。メルテンスのパスを受けたロサーノがボックス手前左からゴール右へコントロールシュートを流し込んだ。 止まらないナポリは30分、右サイドからカットインしたポリターノがゴール右にミドルシュートを叩き込み、一気に3-0とした。 そして43分にはGKオスピナのフィードを受けたオシムヘンがボックス手前中央から右足を振り抜き、ゴール左を射抜いて移籍後初ゴールを記録。 4点を追うまさかの展開となったアタランタは後半からD・サパタに代えてモヒカを左サイドに投入し、前がかる姿勢を見せる。しかしシュートには持ち込めず、敗勢のアタランタは55分にアレハンドロ・ゴメスを下げ、ラマースを投入した。 来週のミッドウィークに行われるチャンピオンズリーグを見据えた選手交代を敢行する中、アタランタは69分にラマースが移籍後初ゴールで一矢報いるも、反撃はここまで。 ナポリがアタランタに圧勝してアタランタの開幕からの連勝を3で止めている。 2020.10.17 23:55 Sat
twitterfacebook
thumb

アタランタがCL登録メンバーを発表、イリチッチがメンバー入り

アタランタは7日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージの登録メンバーを発表した。 昨季のセリエAで3位となり、2季連続でのCL出場となったアタランタは、主力のMFアレハンドロ・ゴメスやFWドゥバン・サパタ、MFマルテン・デ・ルーンらを選出。また、7月11日に行われた昨季のユベントス戦から欠場が続いているMFヨシプ・イリチッチがメンバー入りしている。イリチッチは一部報道ではうつ病を患っていると報じられていた。 さらに左ヒザの膝蓋腱を手術して約3カ月の離脱となるDFマッティア・カルダーラもメンバー入りとなった。 昨季初出場でCLベスト8入りしたアタランタはリバプール、アヤックス、ミッティランと対戦する。発表されたメンバーは以下の通り。 ◆アタランタCL登録メンバー GK ピエルルイジ・ゴッリーニ マルコ・カルネセッキ マルコ・スポルティエッロ フランチェスコ・ロッシ DF ラファエウ・トロイ ホセ・ルイス・パロミーノ クリスティアン・ロメロ ベラト・ディムスティ ハンス・ハテブール ロビン・ゴセンズ クリスティアーノ・ピッチーニ ファビオ・デパオリ ホアン・モヒカ マッティア・カルダーラ MF レモ・フロイラー マルテン・デ・ルーン マリオ・パシャリッチ マッテオ・ペッシーナ ルスラン・マリノフスキー アレハンドロ・ゴメス ヨシプ・イリチッチ FW ドゥヴァン・サパタ ルイス・ムリエル アレクセイ・ミランチュク サム・ラマース 2020.10.07 23:00 Wed
twitterfacebook
thumb

アタランタDFカルダーラが最大3カ月の離脱へ…左ヒザの手術を決断

アタランタに所属するイタリア代表DFマッティア・カルダーラが最大3カ月の戦線離脱となる見込みだ。イタリア『スカイ・スポルト』が報じている。 カルダーラは、今シーズンのチーム開幕戦となったセリエA第2節のトリノ戦でスタメン起用されたが、前半終了時にピッチを退いていた。その翌節のラツィオ戦ではベンチに入ったものの、直近のカリアリ戦ではベンチからも外れていた。 『スカイ』が伝えるところによれば、ミラン時代の2019年5月に左ヒザ前十字じん帯の手術を受けているカルダーラは今回、同じ左ヒザの膝蓋腱を損傷しており、手術を受けることを決断したという。そして、離脱期間は2~3カ月となる見込みだ。 ただ、アタランタはカルダーラをチャンピオンズリーグ(CL)のグループステージの登録メンバーに入れており、12月初旬に開催されるグループ最終節までに復帰が可能だと考えているようだ。 2020.10.07 17:38 Wed
twitterfacebook